エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 図書館 > みんなのたからづかマチ文庫


ここから本文です。

みんなのたからづかマチ文庫

ID番号 1026582 更新日  平成30年8月27日  印刷

マチ文庫をつくるための連続講座 2018「 あの人に聞く宝塚の町のはなし」

「 あの人に聞く宝塚の町のはなし 第1回 梅野町のマドンナ登場!」を開催します

■ 日時:9月29日(土曜日) 13時30分~15時

■ 場所:中央図書館 集会室 申込不要 先着順・定員は約50名 直接会場にお越しください

 あの人に聞く宝塚の町のはなし」 第1回 梅野町のマドンナ登場!
かつては数十軒の旅館が軒を並べ、武庫川にかかる宝来橋の上を芸者さんがそぞろ歩いていた宝塚温泉街。
夕暮れとともに、三味線の音が響き、白粉の香りが漂う艶やかな街でありました。
そんな街の思い出話を、最近では『ブラタモリ』にも出演された旧検番の元芸者、桑野さんにうかがいます。

■「マチ文庫をつくるための連続講座 2018」
今年度は、これまでとは少し趣向を変えて、2年間行ってきた座学形式の入門講座は行わず、毎回、宝塚に関わりの深い人をゲストにお招きし、聞き手がその人にインタビューをして、その内容を1冊にまとめるという形のイベントを行います。
参加の皆さんには、インタビュアーの話の引き出し方や、聞き取った内容がどんな形で本にまとめられるか、その過程を実地に見て、本(冊子)の作り方を学んでいただきます。

もちろん、お話を聞きたいだけ、という皆さんの参加も大歓迎です。

■ マチ文庫のイベントは、全て参加自由です。参加したからといって、必ずマチ文庫を作らなければならないというようなものではありませんので、興味をお持ちの方、ちょっとだけ気になっている方… 皆さま気軽にお立ち寄りください。

「みんなのたからづかマチ文庫」2018

今年もやります!「みんなのたからづかマチ文庫」

「みんなの たからづか マチ文庫」は、あなたの「宝塚」への思いを込めた1冊を、図書館に所蔵し、公開し、次代に伝えていくプロジェクトです。個人の視点で切り取った「宝塚」のまちの魅力や歴史、まちへの思いなどを1冊の本・冊子にまとめていただき、図書館の蔵書として未来へ伝えていきます。
2018年8月からは、2017年度応募の新作20数点を加え、約70冊のマチ文庫を市立中央図書館と西図書館で公開、展示しています。中央図書館では聖光文庫内、西図書館ではカウンター前で常設展示しており、自由に手に取ってご覧いただけます。また、完全手作りの数冊を除き、貸出用も用意していますので、貸出はもちろん、窓口、インターネットからの予約にも対応しています。
宝塚市立図書館でしか読めない本「たからづか マチ文庫」を、どうぞご利用ください。

また、あなたの「宝塚」への思いを形にして、公開し、伝えていく、このプロジェクトに、ぜひご参加ください。

 

「みんなのたからづかマチ文庫」2018オープニングイベントを開催しました

■ 7月29日(日曜日) 中央図書館 研修室にて「2018オープニングイベント」を開催、多くの皆さんにご参加いただきました。
平成29年度に応募いただいたマチ文庫20点を初公開、作者ご自身に作品の紹介と解説を、マチ文庫アドバイザーの皆さんに、作品についての感想などをお聞きし、アドバイスをいただきました。
 司会 岩淵拓郎さん(マチ文庫プロデューサー)
 出演 小早川優さん(マチ文庫アドバイザー)/細川貂々さん(同)/藤田理代さん(同)

■ 平成29年度の新作マチ文庫20点は、中央図書館聖光文庫、西図書館カウンター前にて展示、公開しています。ここに展示しているものは貸出をしませんので、開館時間中、開室時間中であれば、いつでも、今回の20点を含む約70点の全作品をご覧いただくことができます。一部手作り作品を除いて、貸出用も用意しており、貸出はもちろん、予約もできます。新作20点についても順次に用意しますので、どうぞご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 社会教育部 生涯学習室 中央図書館
〒665-0836 宝塚市清荒神1丁目2-18
電話:0797-84-6121 ファクス:0797-81-0598
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。