エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 図書館 > 明治150年記念展示「宝塚と鉄道」


ここから本文です。

明治150年記念展示「宝塚と鉄道」

ID番号 1026854 更新日  平成30年9月28日  印刷

明治150年記念展示「宝塚と鉄道」

写真
阪鶴鉄道(現・JR福知山線)宝塚駅(大正初め頃)

今年平成30年(2018)は、明治元年(1868)から150年の年にあたります。そして、宝塚市は明治期に宝塚温泉や阪鶴鉄道(はんかくてつどう・現在のJR福知山線)や箕面有馬電気軌道(現在の阪急電鉄)などが開業されたことで栄えてきました。日本が近代化へと変革した時期、宝塚市も大きく変わっていきました。

中央図書館では、明治150年記念事業として、11月24日(土曜日)に「近代日本史のなかの阪鶴鉄道-福知山線はなぜ敷設されたのか―」と題して歴史講演会を開催します。今回この歴史講演会に合わせて、宝塚市域を通る鉄道の歴史について展示します。

宝塚市の歴史について少しでも多くの方に知っていただけたらと思いますので、ぜひお越しください。

開催期間

開催日時:10月20日(土曜日)~11月26日(月曜日)10時~17時

 注:毎週水曜日・11月9日(金曜日)は休館

場所:中央図書館・聖光文庫展示コーナー

問い合わせ先

宝塚市立中央図書館・市史資料室

 電話:0797-85-0648

  注:月曜日~金曜日の10時~17時まで可能

  

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 社会教育部 生涯学習室 中央図書館
〒665-0836 宝塚市清荒神1丁目2-18
電話:0797-84-6121 ファクス:0797-81-0598
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。