エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 青少年育成 > 平成23年度市立中学校生徒宅火災事案に関する調査報告書について


ここから本文です。

平成23年度市立中学校生徒宅火災事案に関する調査報告書について

ID番号 1001067 更新日  平成26年11月10日  印刷

「市立中学校生徒宅火災事案に関する調査報告書の提言に対する具体的取組みについて」の進捗状況をまとめました。

平成22年7月9日に、市内公立中学校生徒2人による自宅放火により、一方の生徒の母が死亡、母の内縁の夫及び異父妹が重体となった事件が発生しました。

市としては、このような不幸な事件が二度と起こることがないよう、同年8月に、外部有識者による調査専門委員を設置して、事件の原因究明と再発防止策の検討を依頼し、昨年5月2日に報告書をいただきました。

この報告書の提言について、市として取組みを検討するため庁内に連絡会を設置し、都市経営会議を経て、昨年8月に市としての具体的取り組みを取りまとめるとともに、着実な実施のため、進行管理を行うことといたしました。

今般、平成23年度の取組み結果及び本年度の状況について取りまとめました。

引き続き、具体的取組みの着実な実施により、今回のような不幸な事案が二度と起きることがないよう取り組んでまいります。

市立中学校生徒宅火災事案に関する調査報告書

この報告書の利用にあたってはプライバシーに配慮した取り扱いをお願いします。

委員構成

代表委員
才村 純
(関西学院大学大学院人間福祉研究科教授)
委員
  • 井出 浩
    (関西学院大学人間福祉学部教授)
  • 稲垣 由子
    (甲南女子大学人間科学部総合子ども学科教授)
  • 野口 善國
    (弁護士、兵庫県弁護士会所属)
  • 羽下 大信
    (甲南大学文学部人間科学科教授)

検証の目的

平成22年7月に発生した市内公立中学校生徒2名による自宅放火事件について、本事件が発生した経緯や背景、関係機関や関係者の対応について分析・検証を行い、事件の再発防止を図ることを目的とする。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

子ども未来部 子ども家庭室 子育て支援課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2196(手当等) 0797-77-2128(ひとり親相談・給付金等)
ファクス:0797-74-9948
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。