エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育委員会 > 学校教育 > 命の大切さ・思いやりの心を持つ子どもの育成 > 地域少子化対策重点推進交付金事業


ここから本文です。

地域少子化対策重点推進交付金事業

ID番号 1022129 更新日  平成30年4月17日  印刷

地域少子化対策重点推進交付金事業

子どもと子育てにやさしいまちをめざして、子育て世代が抱く将来の不安を緩和し、子どもを安心して生み育てられるように、保健、医療、福祉、教育などの各分野で連携した施策を実施するとともに、地域と行政が一体となって支援する環境を整えることを目的とし、宝塚市では平成29年度からこの交付金を活用しています。平成30年度も引き続き以下の事業を実施します。

実施期間:平成30年4月2日から平成31年3月31日

交付申請額:268千円

生命の尊さ講座事業

 教育の分野で、様々な体験的・実践的な活動を通して、命の大切さを知り、思いやりの心を持つ子どもを育てるための施策として実施します。
 また、家庭・地域と連携し、子どもの発達を支援するため、学校・家庭・地域の連携を強め、発達段階に応じた体験活動の充実を図る事業として実施します。

(1)生命の尊さ講座
  市立中学校12校の中学生に生命の尊さについて学ぶ機会を作ります。
  産婦人科医、助産師、思春期保健士等に講演を依頼し、各中学校ごとに実施します。
  また、DVD教材等を利用し、新しい命の誕生や妊娠出産に関する正しい知識を学びます。

(2)赤ちゃん学校へ行こう!
  地域の児童館等と連携して就学前の乳幼児とその保護者を中学校に招き、生徒が乳幼児に触れ、乳幼児の保護者に「いのちと関わること」を取材する授業を行います。
 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育部 学校教育室 学校教育課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2028(学校教育担当) 0797-77-2040(人権教育担当)
ファクス:0797-71-1891
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。