エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育委員会 > 幼児教育センター > 保育所(園)・幼稚園の連携と小学校への滑らかな接続の推進


ここから本文です。

保育所(園)・幼稚園の連携と小学校への滑らかな接続の推進

ID番号 1020859 更新日  令和1年7月29日  印刷

保育所(園)・幼稚園の連携と小学校への滑らかな接続を推進します。

 保育所(園)・幼稚園の枠を超え、公立、私立を問わず、宝塚市の就学前の子どもたちがスムーズに小学校教育につながるように支援していきます。

リーフレット『夢と希望をもったTAKARAっ子を育てよう』

 市教育委員会では、保幼小中連携教育プロジェクト委員会を中心に「健やかな体」「豊かな心」「確かな学力」の3つの柱を基盤に、就学前から小・中学校教育へと連続性・一貫性のある学びを家庭と共に実施できるようリーフレット『夢と希望をもったTAKARAっ子を育てよう』を作成しました。

 基本的生活習慣の確立は、子どもの自立心を培い、「生きる力」の基礎となります。家庭を基盤に、保育所(園)、幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校が連携をして、子どもたちの基本的生活習慣の確立をめざし、「生きる力」を育みたいと考えます。

 リーフレットは、市内公私立保育所(園)・幼稚園の5歳児、市立小学校・中学校・特別支援学校の家庭、また各学校園所の教職員に配布しています。

 子どもと向き合うかけがえのない時間の積み重ねが「生きる力」を育みます。各家庭において子どもに合わせて、できるところから取り組んでいただき、共に子どもたちの育ちを応援していきましょう。

リーフレット

冊子「小・中学校連携の取組例」を作成しました!

 宝塚市教育委員会では、保幼小中連携プロジェクト委員会を立ち上げ、就学前施設と義務教育との連携教育の実践に取り組んできました。その中で、小学校と中学校の連携をより効果的に進めていくために、各中学校区での具体的な取組例をまとめ、「小・中学校連携の取組例」を作成しました。

 児童が、小学校から中学校への進学において、新しい環境にスムーズに移行できるように円滑な接続を図ることが重要となってきます。児童生徒に対する教育が各学校段階内において完結するのではなく、小・中学校の9年間の発達や学びを確保し、単年度ではなく恒常的な取り組みを進めていきたいと思います。

保幼小中連携の啓発用のぼり旗を作成しました!

 宝塚市では、各中学校区ブロックごとに保幼小中の連携に力を入れ、様々な取り組みを行っています。定期的にブロック内の管理職同士が集まり、地域の子ども達をどのように育てていくかを話し合ったり、各学校園所の行事や授業交流、合同の研修会など工夫して取り組んでいます。

 宝塚第一中学校区では、めざす子ども像を『あいさつができる人』『話がしっかり聴ける人』『思いやりのある人』と定め、各学校園所でそれぞれの子どもの実態に応じ、実現に向けての取り組みを進められています。この取り組みを、保護者や地域の方々に知っていただくために、啓発用ののぼり旗を作成し、各学校園所や自治会館等の公共施設に掲げています。こののぼり旗のデザインは、宝塚第一中学校の生徒が作成したもので、とても温かみのある素敵なものに出来上がりました。

 11月11日(土曜日)には、良元地区まちづくり協議会良元コミュニティによる『花ランドまつり』が開催され、宝塚第一中学校の吹奏楽部の演奏や、良元小学校の音楽隊・バトン隊の発表など、地域の方々とのつながりを感じる中、のぼりのお披露目をしました。日々のあいさつや声かけを通して地域の方とのつながりを深め、『みんなで育てよう 地域の子』という思いを強く感じました。ぜひ、近くに行かれた際には、のぼり旗を見てくださいね。

様子1

のぼり

幼児教育センターでは小学校への滑らかな接続を目指します。

 幼児教育センターでは、小学校への滑らかな接続の推進を目指して56の公私立幼稚園・保育所(園)を中学校区を基盤としてブロックごとに区分けし、近隣の幼稚園・保育所(園)の連携が深まるよう取り組んでいます。

「配慮を要する子どもへの支援のあり方について」手引書を作成しました。

 幼稚園・保育所(園)から小学校へのよりよい移行をめざし、子どもたち一人一人のニーズは一人一人違うという考え方のもと、子どもたちにとって必要な支援を学校、幼稚園、保育所(園)で実践し、つないでいくための手引きとして手引書を作成しました。

TAKARAっ子ジョイントカリキュラム(保幼小中連携事業)を作成しました。

 宝塚市の教育目標である「自分を大切に 人を大切に ふるさと宝塚を大切にする人づくり」をめざし、子ども達が健やかに育つよう、就学前と就学後の接続の核となるTAKARAっ子ジョイントカリキュラムを作成しました。

保育所(園)・幼稚園・小学校の合同研修会を実施します。

 保育所(園)、幼稚園、小学校の教職員が合同で研修を行うことで、互いの保育・教育内容の理解に努め、学びを深めます。

「つながろう!プレ1年生!!」事業を実施します。

 就学前の5歳児を対象とし、普段接することが少ない子ども同士がふれあい、友達の輪を広げ、小学校への期待につなげられるように実施しています。市内を15ブロックに分け、近隣の保育所(園)・幼稚園が連携し、交流を図っています。

 また、保育所(園)・幼稚園の連携推進の一つとして、他園の職員と協力し合い、同じ目的のもと事業を実施しています。

第13ブロック(長尾南幼稚園・山本南保育園・やまぼうし保育園・やまぼうし保育園分園・宝山保育園)が実施しました!!

6月26日(水曜日)、長尾南小学校体育館で、「つながろう!プレ1年生!!」を実施しました。

長尾南幼稚園、山本南保育園、やまぼうし保育園、やまぼうし保育園分園、宝山保育園の子ども達120名集まりました。

「おはようございます!」と元気な声で挨拶をしながら体育館に集まってきた子ども達。他園の友達の姿を見つけると、「もうお友達来ているね!」と今から始まる活動に期待を膨らませていました。

各幼稚園、保育園の紹介では「かけっこを頑張ります!」と気合の入った言葉に他園から拍手が送られました。

まずは「イルカDEショー」体操で準備運動。そして、最初のプログラムは「かけっこ」です。「どんどんかけっこ」は名前の通りどんどん休むまもなく走るかけっこで、子ども達のスピードもアップ!その後も「わらべうた」「デカパン競争」「ボール運び」「玉入れ」と楽しいプログラムが次々と進められ、子ども達の緊張も解け、他園の友達と「あはは」と笑い合う声と同じチームの友達に「がんばれ~!」と声援する声が大きくなり、楽しそうな元気な声が体育館いっぱいに広がりました。

最後には、今日の楽しかったことを発表し合い、「またねー」「じゃあねー」と再会を楽しみにしながら手を振り合って別れました。長尾南小学校の校長先生も来てくださり、子ども達の楽しむ姿を見守ってくださいました。 また小学校で会えるのが楽しみですね。

warabeuta

2ボール

デカパン

玉入れ

第5ブロック(西山幼稚園・野上幼稚園・野上あゆみ保育園)が実施しました!!

 令和元年(2019年)6月6日(木曜日)、西山小学校体育館で、「つながろう!プレ1年生!!」を実施しました。

 武庫山幼稚園は残念ながら今回は参加できませんでしたが、西山幼稚園、野上幼稚園、野上あゆみ保育園の総勢111名の子どもたちが集まりました。

 朝からとても良い天気!野上幼稚園と野上あゆみ保育園の子どもたちは、西山小学校まで歩いて来た疲れも見せず、今から始まる楽しさに期待を膨らませている様子。

 初めの、各幼稚園、保育園の紹介では、クラス名を聞き合い、「花の名前だね」「クラスの名前一緒!」など、興味津々でした。

 その後、一般財団法人スポーツリズムトレーニング協会シニアインストラクターの乙倉悠里子先生をはじめ、4人の講師の先生と元気に挨拶をかわし、いよいよ楽しみにしていたリズムジャンプの始まりです!

 まずは、柔軟体操やリズムに合わせた動きからスタート!「できるできる!」と子どもたちはやる気満々!少し苦手な子ども、先生の「すごいね!」「できてるよ!」「その調子!」などの言葉で、一層はりきります。

 そして、「さあ!リズムジャンプを始めるよ!」という言葉に「やった~!!」と大歓声。

 軽快なリズムと共に、「5、6、せーの!」に合わせていよいよスタートです。両足ジャンプ、手の動きを入れてのジャンプ、回転ジャンプ等、難しい動きにも、笑顔いっぱい元気いっぱい取り組む子どもたちの笑顔が素敵でした。

 最後には、全員で人数集めゲーム「買い物にいこうよ」をしました。この頃には他園の友達や先生と声を掛けながら誘い合う姿も見られました。互いの名前を伝えたり、お喋りをしたりして、楽しいひと時になったようでした。

 西山小学校の校長先生も来てくださり、最後まで子どもたちの楽しむ姿を見守ってくださいました。

 また小学校で会えるのが楽しみですね!

511

522

533

544

第1ブロック(末成幼稚園・わかくさ保育所・宝塚さくら保育園)が実施しました!!

 平成30年12月5日(水曜日)、末成幼稚園・わかくさ保育所・宝塚さくら保育園の110名程の5歳児の子どもたちが集まり、末成小学校体育館で「つながろう!プレ1年生!!」が行われました。

  「一緒に遊ぼうね!」「よろしくおねがいします!!」と体育館いっぱいに子どもたちの元気な声が響き渡り、これから楽しいことが始まるというワクワク感が膨らみます。

 『エビカニクス』のリズムカルなダンスでスタートです。音楽に合わせて体を動かすと、少し緊張がほぐれ、笑顔が見られました。

 『オセロゲーム』では同じグループの友達と力を合わせてオセロをひっくり返します。時間いっぱい、何度も何度もひっくり返し・・・・・自分たちのグループが勝つと「やった!!」と跳び上がって喜び合う子どもたち。次の『猛獣狩りに行こう』『じゃんけん列車』では、次々と友達と見付け、仲間づくりをしたり、ジャンケンをして長く連なったり。自分から友達を見付けていく子どもたちからは、4月から1年生になる頼もしさが感じられました。

 次は、同じ小学校に入学する友達と輪になり『からすかずのこ』のわらべうたです。「♪からすかずのこにしんのこ おしりをねらってかっぱのこ」の言葉に合わせて鬼の子どもが友達のお尻を優しく叩くとほんわかした温かい気持ちが広がりました。

 そして、お楽しみはまだまた続きます。今後は、末成幼稚園に移動してお弁当タイムです。

大きなシートに同じ小学校に入学する子どもたちが座わり、「お弁当の中で何が好き?」「私はウインナー」「ハンバーグ」と聞き合いながら、おしゃべりも弾みます。

 そして、お別れの時間です。「楽しかったよ」「また遊ぼうね」とハイタッチをしながら声を掛け合う姿から楽しかった気持ちが伝わってきました。

 途中、高司小学校・末成小学校の校長先生が来られて声を掛けてくださり、1年生になる期待が膨らみ、楽しい『プレ1年生』になりました。

 

b11

b12

b13

b14

第2ブロック(良元幼稚園・バラホーム保育所・宝塚さくらんぼ保育園)が実施しました。

 平成30年(2018年)11月26日(月曜日)、つながろう!プレ1年生!!が、良元小学校体育館で開催され、2ブロックの良元幼稚園、バラホーム保育所、宝塚さくらんぼ保育園の子どもたち60名が集まりました。良元小学校の校長先生も見に来て下さり、子どもたちもとてもうれしそうでした。

 フレンズ・スポーツクラブの鈴木 勝也先生に来ていただき、子どもたちと元気いっぱい触れ合い遊びを楽しみました。最初は緊張気味の子ども達でしたが、鈴木先生の元気パワーに、子ども達の心もすぐに打ち解け、笑顔いっぱいになりました。

 最初は準備体操!体を伸ばしたり、ほぐしたり、鈴木先生の楽しいリードに自然と心も体もほぐれてきました。座る姿勢から一番早く、かっこよく立てた子どもがチャンピオン!舞台の上で自己紹介!!とってもかっこよかったですよ。

 その次は「握手でこんにちは」。握手をした後に、じゃんけんをし、負けた子どもは『大砲どか~ん』とおしり相撲で飛んでいくおまけ付き。初めての子どもとたくさん触れ合うことができました。

 ジャングル探検では、動物の名前の数だけ友達を見つけます。この頃には子どもたちも打ち解けてきて、初めて出会った友達ともグループを作ることができました。できたグループは花に変身!そこへかまきりがやってくると花をつぼみにし、ちょうや蜂がやってくると、花を開きます。グループのみんなと息を合わせて、花を開いたり閉じたり、子どもたちも大盛り上がりでした。

 楽しいふれ合い遊びの後は、待ちに待ったお弁当です。小学校ごとにグループになり、楽しく話をしながら、お弁当を食べ、自然と友達とのつながりができたようです。

 最後に子どもたちから、「同じ小学校にいく友達がいてよかった」「(違う園の)友達と遊べて楽しかった」との感想が聞かれ、小学校に行くのがますます楽しみになりましたね!!

チャンピオン紹介

準備体操

ふれあい遊び

ふれあい遊び 花びら開いた

お弁当交流

第14ブロック(長尾幼稚園・なかよし保育園・わかばのもり保育園・宝塚COCORO保育園)が実施しました!!

 平成30年11月22日(木曜日)、長尾幼稚園・なかよし保育園・わかばのもり保育園・宝塚COCORO保育園の125名程の5歳児の子どもたちが集まり、長尾幼稚園で「つながろう!プレ1年生」が行われました。

 はじめは話す声から、ドキドキ感が伝わってくる自己紹介からスタートです。

 『じゃんけん列車』の応用編の『ほかほかじゃん』。初めて出会った友達とジャンケンポン!負けた子どもが勝った子どもの背中をさすりながら後ろにつきます。これこそ『ほかほかじゃん』。友達と連なり、背中をさすって、体も心もポッカポカです。

 チーム対抗の『ひっくり返しゲーム』では、同じチームの友達と力を合わせてオセロをひっくり返します。勝ったチームは、「やった!!」と声をあげて跳び上がります。どんどん友達との距離が縮まりました。

 最後の『きこりのきょうだい』では、ふれ合って遊んだことで、友達見付けが早くなった子どもたち。音楽に合わせてダンスを楽しみました。

 楽しかった時間はすぐに過ぎ、お別れの時間です。「みんなと体を動かして楽しかったよ!」「みんなと遊べて楽しかったね!」と子どもたちから感想が聞かれました。

 そして、最後は、会の始めから見守ってくださっていた山手台小学校の古芝校長の「友達と一緒に頑張ろうとしていたことが素晴らしいですね。4月、小学校で待っています!!」という言葉に、子どもたちは笑顔いっぱい!小学校への期待がより膨らみました。

 1年生になることが楽しみですね。一緒にふれ合いを楽しんだ『プレ1年生』でした。

14-1

14-2

14-3

14-4

14-5

第8ブロック(川面保育所・川面ちどり保育園・御殿山あゆみ保育園・自然幼稚園・にじの森保育園宝塚南口・キンダーキッズ宝塚校)が実施しました!

 11月20日(火曜日)ソリオホールで、「つながろう!プレ1年生!!」を実施しました。

 6つの園所から次々にソリオホールに到着すると、「次はどこの保育園、幼稚園かな?」と、ワクワクした様子で入り口を見つめる子どもたち。皆で149名の友達が集まりました。

 初めはアトム体操からスタート。まだ少し緊張も見られましたが、元気いっぱい体を動かし、自然と笑顔も見られました。

 次は、園所が入り混じったチームに分かれ、折り返しリレーです。チームの中に、他の園所の友達がいるので、少しドキドキしている様子でしたが、リレーが始まると、「頑張れ!!」と歓声が沸き起こり、顔を見合わせて「絶対勝とうね!」と盛り上がっていきました。順位発表では、抱き合って喜ぶ姿も見られ,2回戦では、1回戦に遊んだ子どもから、「頑張ってね!」とハイタッチで応援する姿も見られました。

 次のジャンケン列車では、最後に一番長い列車が勝ちというルールで行いました。先頭の子が最後に人数を数えるのですが、周りの友達が一緒に数えたり、数えやすいように手伝う姿など、5歳児らしい優しいかかわりが見られ、温かい気持ちになりました。

 最後は、みんなで大きな円になり、「世界中のこどもたちが」を歌いました。

 別れ際には、「もっと遊びたかったね!」「また遊ぼうね!」と声を掛け合っていました。

 「1年生で隣のクラスや隣の席になるかもしれない友達だよ」という先生の言葉に、嬉しそうに顔を見合わせる子どもたちの表情が印象的でした。

 1年生への期待が膨らんだ1日になったことと思います。

1

2

3

第11ブロック(雲雀丘学園幼稚園、生成幼稚園、平井保育所)が実施しました!

 11月9日(金曜日)、雲雀丘学園幼稚園で、「つながろう!プレ1年生!!」を実施しました。

 雲雀丘学園幼稚園、生成幼稚園の総勢124名の子どもたちが集まりました。

 生成幼稚園のバスが到着すると、大歓声が上がり、大喜びの雲雀丘学園幼稚園の子どもたち。

 あいにくの雨でしたが、子どもたちの元気パワーに、途中からは晴れ間も見え始めました。

 初めに、「エビカニクス」のダンスです。先生の「エビ!」「カニ!」の掛け声に合わせて、可愛いエビとカニのポーズ!軽快な音楽に、子どもたちは、ノリノリ!

 その後は、しゅりけん忍者の遊びです。「実は・・・先生は・・・忍者なのです!」という生成幼稚園の先生!「えー!!?」と驚く子どもたち。「みんなも子ども忍者だよ!」の言葉にちょっぴり照れる様子もありましたが、音楽が始まると、124人の元気な忍者たちに大変身!!

 猛獣狩りでは、初めは、同じ幼稚園の友達と一緒に遊んでいましたが、繰り返すうちに、違う幼稚園の友達を探したり、1人でいる友達に、「こっちおいで!」「一緒にしよう!」と誘う姿もでてきました。

 最後は、「きらきらじゃんけん列車」。雲雀丘花屋敷駅から2人列車でスタートして、分かれたりつながったりしながら、4人列車をめざし、ゴールは平井車庫まで行こう!という少し難しいルールでしたが、さすが年長組です!作戦をしっかり考えていました。

 あっと言う間に時間は過ぎ、「もう終わり?」「早すぎる」とまだまだ遊びたい気持ちがいっぱいの子どもたちでしたが、「小学校に行ったら、たくさん友達に出会うし、いっぱい遊べるよ!」という言葉に、期待を膨らませていました。

 今回、平井保育所が残念ながら参加できなかったのですが、所長が来てくださり、挨拶をしてくださいました。 

 また、小学校で会えるといいですね!

pure111

pure1112

pure113

pure114

第13ブロック(長尾南幼稚園、山本南保育園、やまぼうし保育園、宝山保育園)が実施しました!

 平成30年(2018年)11月5日(月曜日)、つながろう!プレ1年生!!が長尾南小学校体育館で開催されました。13ブロックの長尾南幼稚園、山本南保育園、やまぼうし保育園、宝山保育園の子どもたち118名が集まり、職員、子ども同士で触れ合いながら遊びました。長尾南小学校の校長先生も見に来て下さり、子どもたちもとてもうれしそうでした。

 最初は、「ゆび忍者」体操で元気いっぱい体を動かし、子どもたちの体も心もほぐれ、大盛り上がりでした。その後は、各園混合の4チームに分かれ、「ボール運びリレー」。ボールを落とさないように他園のお友達と2人1組で力を合わせます。みんなで一生懸命応援している姿がとってもかっこよかったですよ。

 「じゃんけん列車」では、初めての友達とじゃんけんをして長い列を作るのを楽しみました。最後には先頭になったお友達による自己紹介も上手にできていました。わらべうた「くまさん くまさん」では、友達同士目と目を合わせながらの触れ合い遊びです。次々と友達が交代し、たくさんの友達と触れ合うことができました。

 かけっこでは、子どもたちが次々とゴールに向かって走ります。走る姿はさすが年長さん!力強さやたくましさを感じました。玉入れでも、一生懸命かごを目掛けて入れたり、応援したり、元気いっぱいの子どもたちでした。

 見に来てくれた校長先生も体育館いっぱいに広がる子どもたちの元気な声を聴いて頼もしさを感じられ、入学を楽しみにされていました。子どもたちも、たくさんの友達と触れ合うことができて、一層小学校への期待がふくらんだことでしょう。

 

 

ゆび忍者体操

ボール運びリレー

かけっこ

玉入れ

第12ブロック(丸橋幼稚園・花屋敷幼稚園・丸橋保育園・パディントンハウス)が実施しました。

 平成30年(2018年)11月1日(木曜日)、つながろう!プレ1年生!!が丸橋幼稚園で開催されました。12ブロックの丸橋幼稚園、花屋敷幼稚園、丸橋保育園、パディントンハウスの子どもたち121名が集まり、職員、子ども同士で触れ合いながら、遊びました。丸橋小学校の校長先生も見に来て下さり、子どもたちもとてもうれしそうでした。

 最初は、「エビカニクス」体操で元気いっぱい体を動かしました。そのあとは、各園混合の4チームに分かれ、「ボール運び競争」。ボールを落とさないように他園のお友達と2人1組で力を合わせます。

 初めてのお友達とも、お互いに声を掛け合いながら、大盛り上がりとなりました。オセロゲームでは、チームで力を合わし、オセロをひっくり返します。応援の声もとってもにぎやかです。

「じゃんけん列車」でも、初めての友達とじゃんけんをして長い列を作るのを楽しみました。「動物園にいこうよ」では、グループで集まって、自己紹介。最初は恥ずかしくて言えなかった子どもも、少しずつ打ち解けて、言うことが出来ました。

 最後は、遊戯室に集まってみんなでたまごマラカスを持って、「ともだち讃歌」を歌いました。みんなで簡単な振り付けをして踊っている姿がとてもかわいかったですよ。 

 そして…最後には飛び入りで『忍者』が登場!!子どもたちの遊んでいる様子をこっそり見てくれていたようですよ!!さて、この『忍者』の正体は…?小学校に行くのが、ますます楽しみになりましたね。

 

体操「エビカニクス」

ボール運び競争

オセロゲーム

忍者登場!

第4ブロック(伊孑志保育園・逆瀬川保育所・逆瀬川幼稚園)が実施しました!

 平成30年11月1日(木曜日)、末広小学校体育館で、「つながろう!プレ1年生!!」が実施されました。伊孑志保育園・逆瀬川保育所・逆瀬川幼稚園・の5歳児の子ども達85名が集まりました。 

 それぞれの保育園(所)・幼稚園の名前を呼ばれると子ども達は大きな声で返事をし、「楽しく遊びましょう」「よろしくお願いします!」と元気な挨拶を交わしました。まずは『アトム体操』で体をほぐし準備OKです。

 その後は、体育講師の江殿先生が遊びを進めてくださいました。「帽子の違う色のお友達と2人組」という掛け声に、ドキドキしながらも「一緒にしよう」と声を掛ける子ども、黙って手を差し出し友達の手を繋ぐ子ども、なかなか見つからずに最後になってしまう子どもと様々でしたが、2人で手押し車に挑戦し始めると、どの子どもも笑顔になりました。

 次に足を出して座っている友達の足を次々に跳び越える人間ハードル。跳び越える友達が1人、2人と増え「次は3人」という先生の声に「ヤッター」と大喜び。跳ぶ幅が広くなり、友達の足を踏まないように跳ぶのは少し難しいですが、子とも達は真剣に取り組みました。マットで前回りができない友達が泣いていると「何回もしたら、できるよ」と優しく声を掛ける子ども。初めて出会った友達の気持ちがわかる素敵な姿もありました。

 最後にチーム対抗のボール流しゲーム。ビニールの長い道の両脇をみんなで持ち、「高くして」「アー、落ちそう」とスムーズにボールが送れるように高低をつけたり、落ちないように両脇のガードを固めたりとみんなで考えあってボールを流します。就学を控えた5歳児らしい育ちがあちらこちらで見えました。みんなで協力した結果、3つのチームそれぞれが優勝しました。

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、「4月にはいろいろな小学校でまた会えるといいね」という思いで、「楽しかったね」「ありがとう」と手を振りながら『さようなら』をしました。

411

422

433

444

455

第6ブロック(めふ保育所・宝塚じあい保育園・ルンビニ学園幼稚園・宝塚ふたば幼稚園)が実施しました!

 平成30年(2018年)10月29日(月曜日)、めふ保育所で「つながろう!プレ1年生!!」を実施しました。

 めふ保育所、宝塚じあい保育園、ルンビニ学園幼稚園、宝塚ふたば幼稚園の子どもたち139 名が集まり、ふれあい遊びを楽しみました。

 各園の紹介をし、アトム体操で元気いっぱい体を動かしスタート!!最初のゲームは「猛獣狩り」です。集まった友だち同士で自己紹介。最初は恥ずかしがっていた子ども達も、次第に打ち解け、名前を言い合った後、話が盛り上がっていました。

 次は、グループに分かれてパラバルーンです。初めましてのお友達と初めての振付に挑戦!!どうなるかな~と思っていましたが、さすがは年長!!話をよく聞き、とっても上手に踊っていました。色とりどりのパラバルーンの輪が園庭いっぱいに広がり、とってもきれいでしたよ。

 パラバルーンの後は、「おたんじょうびおともだち」の歌に合わせての踊りです。園庭いっぱいにみんなで1つの大きな輪を作り、自分たちの誕生月になると、子ども達、先生たちが真ん中に集まって踊ります。みんな、自分の番が回ってくるのをわくわくしながら期待して待ちます。いざ回ってくると張り切って手をつなぎ、楽しそうに踊っていました。同じ誕生月のお友達と仲良くなったかな!

 最後はみんなで、「世界中の子どもたちが」の歌を元気いっぱい歌って、お別れしました。139名のお友達が和気あいあいと楽しめたプレ1年生となりました。小学校で会えるのが、楽しみですね。

アトム体操

猛獣狩りゲームで自己紹介

パラバルーン

おたんじょうびのおともだち

第15ブロック(中山五月台幼稚園・西谷認定こども園・雲雀丘学園中山台幼稚園)が実施しました!!

 平成30年10月25日(木曜日)、中山五月台幼稚園・西谷認定こども園・雲雀丘学園中山台幼稚園の130名程の5歳児の子どもたちが集まり、中山桜台小学校体育館で「つながろう!プレ1年生」が行われました。

  

 小学校の広い校庭を走ったり、園にはない遊具で遊んだりして大喜び!!そこへ小学生がやってきて、「どこの幼稚園?」「遊び方教えてあげるよ」と幼稚園の子どもたちの所へ一目散に走っていきます。少しの間でしたが、小学生とのふれあいを楽しむことができました。

 

 「みなさん、おはようございます」と西谷認定こども園の吉田園長の手話の挨拶で、プレ1年生がスタート!!中山桜台小学校の藤井校長の「ようこそ桜台小学校へ!!」という言葉に小学校への期待がどんどん膨らみました。

 

 始めは、『色見付ゲーム』。「まだ入れるよ」「ここは赤色だよ、おいで」と友達に声を掛け合う子どもたち。あっという間に違う園の子どもたちが集まりました。そして、その友達で『なべなべそこぬけ』に挑戦!!「やった!大成功!!」とうまく返れたグループ。「あかん、手が絡まっている」と悪戦苦闘のグループとそれぞれでしたが、気持ちを合わせて遊ぶことができました。次は3園混合グループ対抗の『玉入れ競争』。さっき出会ったばかりの子どもたちでしたが、グッと距離が縮んだようでした。

 

 楽しい時間はあっという間に過ぎ、お別れの時間です。

 「あー楽しかった!」「また遊びたい~!」とつぶやく子どもたち。一緒に遊んだ嬉しさを感じ、また会えることへの期待が膨らんだようでした。

15b連携

15b連携2

15b連携3

15b連携5

第7ブロック(小浜幼稚園、厚生幼稚園、米谷保育所、宝塚ひよこ保育園)が実施しました!

10月25日(木曜日)、小浜幼稚園で、「つながろう!プレ1年生!!」を実施しました。

小浜幼稚園、厚生幼稚園、米谷保育所、宝塚ひよこ保育園の7ブロック総勢106人が集まりました。

挨拶を交わした後、互いに園名とクラスを紹介。初めての出会いに少々緊張した様子も見られましたが、忍者のポーズや手裏剣飛ばしの動きなど、友達と顔を見せ合いながら元気いっぱいの忍者体操で気持ちがほぐれました。

その後、「なんかドキドキしてきた!」と、友達とドキドキわくわくの気持ちを伝え合う子どもたちでしたが、4園所の子どもが混じり合い、触れ合いダンスが始まると、可愛い動きに合わせて、笑顔もどんどん増えていきました。ジェンカでは、「誰が先頭になる?」とジャンケンを始める程打ち解けていました。

玉入れでは、赤色が僅差で勝てず、落ち込んでいましたが、「ジャンプしたらいいねんで」「いっぱい持つんだよ」「狙って!」など、互いにコツを伝え合う姿も見られ、最後の最後、玉の片付け競争で勝つことができた時には、大喜びの子どもたちでした。白色の子どもたちも拍手を送っていました。

ボール運びリレーでは、ボールが何度も落ちながらも、友達と気持ちを合わせたり、最後になった友達を、全員が「頑張って!」「もう少し!」と声援を送ったりする姿から、1年生になる子どもたちの頼もしさを感じました。

「同じ小学校やね」「一緒に行こうね」と、1年生の約束を交わす姿も見られました。

最後には記念写真をし、思い出に残る1日になりました。

1年生が楽しみですね!

はじめ

途中

最後

第10ブロック(安倉幼稚園・安倉中保育所・あひる保育園・第二あひる保育園)が実施しました!

 平成30年(2018年)10月24日(水曜日)、秋晴れの下、つながろう!プレ1年生!!が開催されました。10ブロックの安倉幼稚園、安倉中保育所、あひる保育園、第二あひる保育園の子どもたち88名が集まり、職員、子ども同士で触れ合いながら、元気いっぱい体を動かして遊びました。

 最初は、「ゆびにんじゃ」体操で、みんなで忍者に変身!!その後は、赤、青、黄チームに分かれて、わらべうたあそび、オセロゲーム、100%玉入れをし、みんなで力を合わせて頑張りました。100%玉入れでは、玉が全部入るまで挑戦です。なかなか最後の玉が入らないこともありましたが、最後まであきらめずに入れることが出来ました。

 最後は、「さんぽ」の曲に合わせてチームごとにパラバルーンをしました。3つのパラバルーンが園庭いっぱいに広がり、みんなの気持ちが一つにまとまった瞬間でした。

 体をたくさん動かした後は、各園所の子どもたちが入り混じってみんなでお弁当タイム。園庭で、一緒においしくお弁当を食べながら、また一人新しいお友達が増えたことでしょう!!

 安倉中学校、安倉小学校の校長先生も来てくださり、元気いっぱいの子どもたちの姿を見られてびっくりしながらも、微笑ましく見守ってくださいました。子どもたちも、小学校への期待がいっぱいふくらんだことと思います。

 

体操「ゆびにんじゃ」

わらべうた

100%玉入れ

パラバルーン

第9ブロック(宝塚幼稚園・すみれ幼稚園・はなみずき保育園・はなみずき保育園分園・すみかキッズたからづか)が実施しました!

10月24日(水曜日)、宝塚市立幼稚園で、「つながろう!プレ1年生!!」を実施しました。

宝塚幼稚園、すみれ幼稚園、はなみずき保育園、はなみずき保育園分園、すみかキッズたからづかの合わせて5園、190名の子どもたちが、気持ちの良い秋晴れの中、続々と集まってきました。子どもたちの表情は期待いっぱいに輝き、園庭に入ると、思わず走り出す姿がありました。

初めはみんなで「アトム体操」。その後、紹介を兼ねて、各園の運動会で頑張ったことを見せ合いました。すみれ幼稚園の太鼓の音に合わせた元気いっぱいの組体操、はなみずき保育園のリズミカルなダンス、はなみずき保育園分園の掛け声のそろったパラバルーン、宝塚幼稚園の友達と気持ちを合わせたパラバルーン、どれも素敵で、それぞれの園に大きな拍手と歓声が上がりました。

その後の仲間集めでは、手首につけたリストバンドの色を目印に、他の園の友達を誘い合って遊びました。「何人いる?」「こっちおいで!」と声を掛け合う子どもたち。自己紹介をしたり、ぎゅっとハグをしたり、照れながらも、触れ合っていくにつれ、少しずつ打ち解けた様子でした。

玉入れでは、仲間あつめの6色に分かれての勝負。応援の声にも熱が入り、勝ったチームは立ち上がって大喜び!負けたチームは、悔しそうにしながらも、「2回戦頑張れ!」と次のチームを応援する姿も見られました。

最後には、みんなで「ともだち讃歌」を元気いっぱい歌いました。

門を出る時には、「また遊ぼうね!」と互いにタッチ。

1年生になる楽しみがまた一つ増えたようでした。

アトム体操

パラ

玉入れ

第3ブロック(仁川幼稚園・めぐみ学園幼稚園・仁川ウエル保育園)が実施しました!!

 平成30年10月24日(水曜日)、仁川幼稚園・めぐみ学園幼稚園・仁川ウエル保育園の130名程の5歳児の子どもたちが集まり、仁川幼稚園園庭で「つながろう!プレ1年生」が行われました。

 

 130人の子どもたちがぐるりと大きな輪になり、顔を見合わせての自己紹介!自分のクラス名を話す声からもドキドキ緊張が伝わってきます。でも、『ほめほめソング』を歌い出すと少しずつ緊張がほぐれ、子どもたちの笑顔が見られました。

 今回は、YMCA西宮ブランチの大塚雅人先生が講師として来てくださいました。

 まずは、好きな色が同じ子ども、誕生月が同じ子どもが集まる『グループ作りゲーム』。「青色が好きな人はここに来て!」「こっちは黄色だよ!」などと、他園の友達にも声を掛けたり、誘ったりする姿が見られます。

 次に、友達と手をつないだまま、フープを隣へと送っていく『フープ通しゲーム』。他園の友達と手をつないだままで、体をくねらせフープを送ります。ここでも、「足を通して」「頑張って」と声を掛け合い、力を合わせる様子が見られました。

 そして、『保育園・幼稚園対抗ボール運びゲーム』。同じ園の友達と気持ちを合わせて、ボールを後ろ後ろへと運びます。「速く、速く」と応援の声もあがり、大盛上がり!

 最後は『やってみよう』ダンスで締めくくり!!

手をつないだり、リズムに合わせたりしてふれ合いながら踊っている姿から、一緒に遊び、友達になれた嬉しい気持ちが伝わってきました。

 

 そして、お別れの時間・・・「ありがとう!」「また遊ぼうね!」とハイタッチをする子どもたち。ふれ合いを楽しんだ『プレ1年生』でした。

3b9

3b1

3b3

3b4

3b5

第5ブロック(西山幼稚園・野上幼稚園・宝塚武庫山幼稚園・野上あゆみ保育園)が実施しました!

 平成30年6月29日(木曜日)に、今年度最初の「つながろう!プレ1年生!!」が開催されました。

 「つながろう!プレ1年生!!」は、近隣の幼稚園・保育所の5歳児が集い、ふれあい遊び等を通して、共に就学する友達を意識し、就学への期待につなげられるよう平成27年度から実施をしています。

 当日は、宝塚第一小学校に、宝塚市立西山幼稚園、野上幼稚園、宝塚武庫山幼稚園、野上あゆみ保育園の子どもたち129名が集まりました。5ブロックでは、開始当初からリズムジャンプに取り組んできました。子どもたちは思いっきり体を動かし、とても晴れやかな表情をしていました。猛獣狩りやなべなべそこぬけなどのふれあい遊びを通して交流を深め、友達ができた子どももいたようです。

 残り14ブロックは、9月~12月かけて実施する予定です。今年度も新たな出会いに期待を弾ませ、小学校へつないでいきたいと思います。

リズムジャンプ

猛獣狩り

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 学校教育部 学校教育室 幼児教育センター
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2132
ファクス:0797-71-1891
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。