エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 教育委員会 > トピックス > 元プロ野球選手から教わりました(中山五月台小学校)(11月12日)


ここから本文です。

元プロ野球選手から教わりました(中山五月台小学校)(11月12日)

ID番号 1031447 更新日  令和1年11月14日  印刷

11月12日、中山五月台小学校のグラウンドで、プロ野球の試合にも劣らぬ熱闘が繰り広げられました。

この日は、元プロ野球選手で阪神タイガースOBの鶴直人、柴田講平、若竹竜士の3名にコーチとしてお越しいただき、3年生、4年生に特別授業をしていただきました。

準備体操の後、子どもたちはボールの投げ方や受け方を教わり、相手の取りやすい場所に目がけて投げることを意識して、キャッチボールを行いました。

続いて、学年毎に2チームに分かれ、ベースボール型ミニゲームを行いました。ミニゲームは、実際の野球と違い、攻撃側がホームからボールを投げてスタートです。守備側が内野を経由してホームまでボールを戻す間に、投げた子どもが進んだ塁の分だけ得点になるというルールで、攻撃側の子どもはより遠く、より取られにくい場所へ投げ、守備側の子どもは、中継の子どもが取りやすいボールを投げ、より早くボールを戻すことを意識して戦い、子どもたちはベースボール型ミニゲームを大いに楽しみました。

子どもたちからは、「すごく楽しかった」「野球っておもしろい」という声が聞かれました。この授業を通して、子どもたちは、キャッチボールのときのように相手のことを考えて行動する優しい気持ちを深め、野球への興味を深めることができたことでしょう。

キャッチボール

ベースボール型ゲーム

集合写真

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 管理部 管理室 教育企画課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2025 ファクス:0797-71-1891
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。