市長のページ

市長メッセージ(平成26年(2014年)9月1日)

    〜自然の猛威〜

     週末になると雨が降り、その量も尋常ではなく、ゆっくりした動きで雨を降らせ た台風11号、そして台風が去った翌週の豪雨で、地盤がゆるんでいた市内各地に大 きな被害をもたらしました。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。宝塚 市の北部、西谷地域では、武田尾で床上浸水5戸、床下1戸、立合新田で家屋損壊が 1棟ありました。また、今回は本市で初めて市内小中学校全てで避難所を開設しま した。
     10年前の台風23号以来の大きな被害で、現在、仮住居などでの不便な生活が続い ています。県下では丹波市が災害救助法の適用を受けるなど甚大な被害に遭いまし た。今回の台風11号では、警報が発令されると、対策本部を設置し、市役所に最大 で約620人の職員が集まり、夜を徹して災害対応に従事しました。台風が去った翌 日、甚大な被害を受けた武田尾地区の調査とともに被害に遭われた方々へのお見舞 いと激励に赴き、出来る限りの支援をお約束しました。
     台風の季節は終わったわけではありません。これから来る台風や豪雨についても、 普段からできる備えはしっかりと整え、気を付けていただきたいと思います。
     また、20日未明に広島市内では局地的豪雨による大規模土砂災害が発生し、多く の命と家屋が濁流にのまれ、この手紙を書いている今も行方不明者の捜索や救助が 夜通し続いています。お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈り申し 上げます。
     さて、8月15日は69回目の終戦記念日でした。被爆アオギリ二世、被爆クスノキ 二世が青々と葉を繁らせ、平和祈念ベンチのある末広中央公園の一角を“平和祈念 ゾーン”として、市は“平和の鐘”を設置しました。多くの市民の皆さんからご寄 附いただき制作した鐘に永遠の平和を願い「初鳴らし式」を行いました。鐘が鳴り 響いた時、空は青く晴れ渡り、まるで天上からの音のように澄みきった音色が辺り 一面を包みました。平和の鐘の響きが世界中の人々に届くように皆さんと共に祈り を捧げました。平和の大切さ、命の尊さへの認識をさらに深め、未来ある子どもた ち、またすべての人々が安心して暮らせる平和な社会の実現に向けて共に努力して まいりたいと思います。
     夏休みも終わり、子どもたちは元気に2学期を迎えることと思います。夏の疲れ が出やすい頃ですので、どうかお体を大切になさってください。



過去のメッセージ


 平成26年(2014年) 8月1日 〜夜空に咲いた思い出の花火〜
 平成26年(2014年) 7月1日 〜読書から広がる世界〜
 平成26年(2014年) 6月1日 〜つながる 花のまち 〜
 平成26年(2014年) 5月1日 〜未来へ紡ぐ宝塚60年の思い 〜
 平成26年(2014年) 4月1日 〜心躍(おど)る春の訪れ 〜
 平成26年(2014年) 3月11日 〜東日本大震災発生から3年 〜
 平成26年(2014年) 3月1日 〜夢を未来へ紡ぐまち 〜
 平成26年(2014年) 2月1日 〜誓いを新たに、未来へ〜
 平成26年(2014年) 1月1日 〜年頭のごあいさつ〜
 平成25年(2013年)12月1日 〜ゆく年くる年〜
 平成25年(2013年)11月1日 〜人も野山も秋の装い〜
 平成25年(2013年)10月1日 〜台風18号が過ぎ去って〜
 平成25年(2013年)9月1日 〜平和の誓いを胸に〜
 平成25年(2013年)8月1日 〜皆さまの支えに心からの感謝を〜
 平成25年(2013年)7月1日 〜季節の楽しみ〜
 平成25年(2013年)6月1日 〜たからづかのこれから 宝塚市施政方針2013〜
 平成25年度施政方針(PDFファイル.355KB)

 平成25年(2013年)5月1日 〜新たなる一歩〜

 平成25年(2013年)4月19日 〜ごあいさつ〜            

             

 

情報掲載担当部署


   企画経営部   政策室   秘書課

   〒665-8665   宝塚市東洋町1番1号   本庁・3階

   電話番号: 0797-77-2060 (直通)

   ファックス番号: 0797-77-2080