現在位置:  ホーム > 防災のページ > 家庭の備え(自助) > 停電等の事故を防止するために(関西電力から)


停電等の事故を防止するために(関西電力から)

ID番号 1030256 更新日  2019年9月13日  印刷

 台風が接近すると、トタンや看板、養生シート、テレビのアンテナ等が強風で飛散し、電柱や電線に接触することにより電力設備が被害を受け、停電が発生することがあります。また、折れた電柱や切れて垂れ下がった電線は感電事故を発生させる可能性があり、非常に危険です。飛散防止、感電事故防止についての注意喚起にご協力をお願いいたします。

(1)飛散防止のお願い

台風接近に伴い、思いもよらない強い雨風が予想されます。トタンや看板、養生シート、テレビのアンテナなどは風に飛ばされやすく危険です。これらが電柱や電線に接触し、停電の原因になることがありますので、大雨が降る前、風が強くなる前に、しっかり固定するなど早めの対策をお願いいたします。

(2)感電事故防止のお願い

台風によって切れた電線や折れた電柱などは、感電のおそれがあり大変危険です。絶対に近づいたり、触れたりせずに、関西電力までご連絡ください。

 

<電線の断線や建物内の設備不具合に関する関西電力へのご連絡>

お電話:0800-777-3081(フリーコール)

停電情報は関西電力ホームページをご覧ください

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 危機管理室 総合防災課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2078 ファクス:0797-77-2102
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC