現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 消防本部 > 警防課 > 寄附金を財源として2台の救急車を更新整備しました。


寄附金を財源として2台の救急車を更新整備しました。

ID番号 1018031 更新日  平成28年11月14日  印刷

2台の救急車を最新の車両に更新整備し、宝塚市西消防署及び宝塚市東消防署に配置しました。

更新配置された2台の救急車

 本市には、常時出動する救急車7台と非常用救急車1台、合計8台の救急車があり、年間約1万件(平成27年:10,748件)の救急事案に出動していますが、市の財政状況等もあり、多くの車両の老朽化が進んでいる状況です。

 新たに配置した車両は、車内に多くの高度な救急資機材を積載しており、救急救命士を含む3名の救急隊員が乗車し、救急救命処置を行いながら傷病者を適切な医療機関に安全に搬送することができる最新の車両です。

 2台の救急車の更新によって、より安全・確実・迅速に救急活動が実施できるように、引き続き隊員の知識や技術の向上、安全管理教育の推進に努めます。

前面

後面

 患者監視装置
         患者監視装置

自動体外式除細動器
      自動体外式除細動器

人工呼吸器
         人工呼吸器

吸引器
          吸引器

このページに関するお問い合わせ

消防本部 警防課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1946(警防担当) 0797-73-1949(機械担当)
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC