現在位置:  ホーム > 安全・都市基盤 > 消防本部 > 総務課 > 過去の行事紹介 > 平成27年度 > 災害対応力向上研修で南三陸町へ行ってきました。


災害対応力向上研修で南三陸町へ行ってきました。

ID番号 1015560 更新日  平成28年3月15日  印刷

災害対応力向上研修【東日本大震災被災地派遣】で南三陸町へ行ってきました。

 平成28年3月9日(水曜日)から3月12日(土曜日)の間、平成27年度災害対応力向上研修【東日本大震災被災地派遣】で宮城県南三陸町へ行ってきました。

 この研修は、職員の退職・新規採用の増加により、阪神・淡路大震災などの大規模な災害を経験した職員が減少する中で、人材育成の一環として採用2年目の職員を対象として、被災地の現状を自分の目で見て、復興について、災害が起こった際の対応についてなどを考える機会とすることを目的としています。

 今回で4回目の被災地派遣研修で、今年は消防本部からの2名を含め、宝塚市から合計22名(他、引率2名。)が3月9日の夕方、バスに乗って末広中央公園から宮城県南三陸町へ出発しました。

研修1日目

宝塚市民が描いた絵を贈呈

3月10日の8時過ぎに南三陸町役場に到着し、まず、南三陸町長と面談し、被災地の皆さんの心を癒せるようにと宝塚市民が描かれた絵をお渡ししました。

遠くに見える元南三陸町防災庁舎

次に、津波で大きな被害を受けた志津川地区の復興作業現場を視察しました。

多くの場所で土が高く積まれ土地がかさ上げされており、「未来へ向けた新しいまちづくり」の土台作りが着々と進んでいました。

遠くに見えるのは、元南三陸町防災庁舎です。それよりも高く土地がかさ上げされているのがわかります。

その後、南三陸町地方卸売市場建設工事現場などを視察し、南三陸町さんさん商店街で昼食をとり、午後は仮設住宅を訪問しました。

ビンゴ大会の様子

ビンゴ大会の様子

 

 

 

 

 

 

 

仮設住宅では、まず親睦を深めるため、宝塚市名産品などを景品としたビンゴ大会をしました。

大盛り上がりで皆さん非常に喜んで下さいました。

ビンゴ大会で笑顔の参加者

涙ながらに震災時のお話をして下さる様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビンゴ大会の後、震災の時の様子や、今の仮設住宅での生活などについて各テーブルで自由にお話していただきました。

 涙しながらお話して下さる方もおられ、それを聞く職員もまた涙していました。つらいことを思い出させてしまい申し訳ないと思いましたが、「こうして話して、吐き出して、私たちもまた気持ちを整理することができる。」、「また、来てよ。」と、最後は笑顔で見送っていただき、本当に嬉しかったです。

研修2日目

追悼式典での南三陸町長のことば

 研修2日目の3月11日は、南三陸町総合体育館で執り行われた「東日本大震災犠牲者南三陸町追悼式」の応援業務として、式典受付や献花、場内の案内、駐車場での車両整理等をさせていただきました。
 式典開始前に、各担当の責任者と打ち合わせをした後、各自で会場や自分の立ち位置の確認など、しっかりと準備をして式典にのぞみ、滞りなく各自の役割をこなすことができました。
 式典では、遺族代表の手紙に会場中からすすり泣く声が漏れ、5年が経過した今でも、遺族や被災者の皆様の心は深く傷ついたままであると感じました。
 

最後に南三陸町長・副町長と集合写真

 インフラや復興住宅の整備など、目に見える復興は着実に進んでいますが、被災者の皆さんの心に震災前の穏やかさが戻る日はまだ遠いのかもしれません。
 これからも宝塚市として、被災者の皆さんの心に寄り添っていくことができればと思います。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 総務課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号 3階
電話:0797-73-1141 0797-73-1941
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC