現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 暮らし・手続き > 市税 > 当社は、法人市民税の確定申告を行うのですが、均等割額と法人割額の税率を教えてください。なお、決算期末の資本金は1億5千万円で、宝塚市内の従業者数は50人で、法人税額(国税)は、3,774,875円です。


市税 よくある質問

ID番号 5000104 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 当社は、法人市民税の確定申告を行うのですが、均等割額と法人割額の税率を教えてください。なお、決算期末の資本金は1億5千万円で、宝塚市内の従業者数は50人で、法人税額(国税)は、3,774,875円です。

回答

均等割の税率(年税額)と法人税割の税率に分けて説明します。均等割の税率は、資本等の金額と宝塚市内の従業者数によって、9段階に分かれています。貴社の場合、資本金が1億円を超え10億円以下で、かつ、従業者数が50人以下の区分に該当するので、均等割の額は19万2千円となります。法人税割の税率には、12.3%(標準税率)と14.7%(制限税率)の2種類があり、法人税(法人税割の課税標準額)の額及び資本等の金額により、どちらの税率が摘用されるか決まります。
まず、12.3%の税率に該当するかをみてみると、法人税額は3,774,000円(千円未満は切り捨てます。)で400万円以下という条件に合致しますが、資本金の額が1億円を超えているため、12.3%の税率には該当せず、14.7%の税率が適用されることになります。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 市税収納室 市民税課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2055(諸税担当) 0797-77-2056(普通徴収担当) 
    0797-77-2057(特別徴収担当)
ファクス:0797-71-6188
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC