現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 安全・都市基盤 > 消防 > ガソリンを詰め替え又は運搬するにはどのような容器を使用すればよいのでしょうか。


消防 よくある質問

ID番号 5000520 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 ガソリンを詰め替え又は運搬するにはどのような容器を使用すればよいのでしょうか。

回答

ガソリンを詰め替え又は運搬する容器の種類は、金属製、ガラス製及びプラスチック製の3種類があります。(飲料用のペットボトルなど、危険物の運搬容器として性能確認試験を受けていない容器を使用することはできません。)
ただし、ガソリンの入った容器を乗用車で運搬する場合は、金属製容器又は金属製ドラム(天板固定式のものに限る)で最大容積22リットルまでのものを使用するよう消防法令で定められています。
(使用する容器は、危険物保安技術協会による試験確認済証などの表示が付いた容器を使用することを推奨します。)
なお、運搬の際には、必ず容器の口をしっかりと閉め、転倒や落下しないように注意してください。

  • 危険物の規制に関する規則第39条の3、第43条第1項(別表3の2及び別表3の4)第43条の3
  • 危険物の規制に関する規則第42条、第43条第2項
  • 危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示第68条の4参照

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1953 0797-73-1957
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC