現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 安全・都市基盤 > 消防 > 住宅用火災警報器の交換時期は?


消防 よくある質問

ID番号 5000739 更新日  平成26年11月12日  印刷

質問 住宅用火災警報器の交換時期は?

回答

住宅用火災警報器本体の寿命は、おおむね10年です。設置後10年が経過したら、新しい警報器に交換しましょう。
警報器の電池の寿命は、種類によってことなります。乾電池で約2年、リチウム電池で10年程度です。
電池切れの時には「電池切れです」と音声でお知らせするか、ピッ・・・ピッ・・・と短い音が一定の間隔で鳴って知らせますので、新しい電池に交換してください。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 予防課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1953 0797-73-1957
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC