現在位置:  ホーム > よくある質問トップページ > 分野から探す > 安全・都市基盤 > 救急 > 救急車を呼んだのに、なぜ消防車が来るの?


救急車を呼んだのに、なぜ消防車が来るの?

ID番号 5001084 更新日  平成27年7月31日  印刷

 本市では、119番受信時に救急患者の心臓や呼吸の停止など人命の危険が疑われる場合、救急車と消防車の同時出場をしています。また、このために宝塚の消防車両にはAEDを含む救命処置のできる資機材を積載しています。

 この同時出場のメリットとしては、(1)救急車、消防車のどちらか早く現場についた方が処置を開始できる。(現場到着の時間短縮) (2)宝塚の救急車には必ず救命士が同乗し、処置を行いますが、状況により薬剤の投与等医療行為の一部を行うこともあり救急車1台3名の乗員では人的余裕がなく、消防車両の人員が現場サポートとして役立ちます。以上のことから、救える命を救うための万全の態勢づくりを考えておりますのでご協力をお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

消防本部 救急救助課
〒665-0033 宝塚市伊孑志3丁目14番61号
電話:0797-73-1944(救急担当) 0797-73-1948(救助担当)
ファクス:0797-77-3951
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC