現在位置:  ホーム > 観光・文化・産業 > 文化・国際交流 > 市立文化芸術センターについて > 基本計画・基本設計等 > 宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用基本構想について


宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用基本構想について

ID番号 1021733 更新日  平成29年7月22日  印刷

宝塚ガーデンフィールズ跡地は、かつて市内外の多くの皆様に親しまれ、賑わいを見せた宝塚ファミリーランドの面影が唯一残された空間でもあり、多くの市民にとって、わがまちを象徴する貴重な一角です。

本市は、当該跡地について、緑をはじめとする現在の良好な環境を活用し、新たな宝塚文化の創造につながるような土地活用を図るため、手塚治虫記念館の北側部分の土地を取得する方針を示しています。こうした方針に沿って、本市の発展に資する土地活用の方法を検討し、ワークショップなどにおける市民の意見を効果的に取り入れながら、跡地利活用の目標、方針や機能などを示した基本構想を、平成26年5月に策定いたしました。

宝塚ガーデンフィールズ跡地利活用基本構想(概要版)

この基本構想に基づく土地利活用の具体化を図っていくにあたり、基本設計策定等に係る有識者等検討会を開催します。今後、このページで利活用について周知していきます。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 文化政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2009 ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC