現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > ◆給付(介護保険を利用したサービスの種類や費用負担、各種助成制度など) > 介護保険で利用できるサービス


介護保険で利用できるサービス

ID番号 1000259 更新日  平成31年2月6日  印刷

家庭などで利用する「在宅サービス」と施設に入所して利用する「施設サービス」と住み慣れた地域で利用する「地域密着型サービス」があります。

事業者一覧データは添付ファイルをご覧ください。

在宅サービス

家庭を訪問するサービス

訪問介護・介護予防訪問型サービス(ホ-ムヘルプ)

ホ-ムヘルパ-が家庭を訪問し、入浴、排せつなどの身体介護や調理、洗濯、掃除などの生活援助を行います。また、通院時などのための乗車・降車等の介助もあります。

訪問入浴介護・介護予防訪問入浴介護

浴槽を自宅に運び入れて入浴の介助を行います。

訪問看護・介護予防訪問看護

医師の指示に基づき看護師などが家庭を訪問し、療養上の世話や診療の補助を行います。

訪問リハビリテ-ション・介護予防訪問リハビリテーション

医師の指示に基づき理学療法士や作業療法士が家庭を訪問し機能回復のための訓練を行います。

居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師などが家庭を訪問し、療養上の管理および指導を行います。

日帰りで受けられるサ-ビス

通所介護・介護予防通所型サービス・地域密着型通所介護(デイサービス)

デイサ-ビスセンターで、食事、入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための支援を行います。(送迎を含む)
※「地域密着型通所介護(定員18人以下の小規模通所介護)」の利用は原則として施設所在地の被保険者に限られます。

通所リハビリテ-ション・介護予防通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人保健施設、医療機関などに送迎し、理学療法など医療としてのリハビリを中心として、食事、入浴などのサ-ビスを行います。

施設への短期入所サ-ビス(ショ-トステイ)

短期入所生活介護・介護予防短期入所生活介護(ショ-トステイ)

介護老人福祉施設などで、短期間介護の必要な人の入浴、排せつ、食事などの日常生活の世話を行います。

短期入所療養介護・介護予防短期入所療養介護(ショ-トステイ)

医学的管理が必要な人を短期間、介護老人保健施設や病院などの医療施設で介護します。

その他のサ-ビス

特定施設入所者生活介護・介護予防特定入居者生活介護

有料老人ホ-ムやケアハウスなどに入所している人に、施設が介護や日常生活上の世話などを行います。

居宅介護支援

ケアプランの作成、各事業所との調整など各種手続きの代行を行います。

福祉用具の貸与・購入や住宅改修、配食

福祉用具の貸与

車いすやベッドなどの福祉用具を貸与します。
対象となるのは12種類です。

福祉用具購入費の支給

福祉用具のうち、貸与になじまない入浴や排せつのための用具を購入した場合に、年間10万円を上限額とし購入費の9割分、8割分または7割分を支給します。対象となるのは5種類です。

住宅改修費の支給

手すりの取り付けや段差の解消など、小規模な一定種類の住宅改修を行った場合に、20万円を上限額とし改修費の9割分、8割分または7割分を支給します。

配食サ-ビス宝塚市指定業者

  • 宅配クック ワン・ツゥ・スリー
  • 中央フードサービス

自宅まで食事(1日につき、昼食、夕食の2食まで利用できます。)を届け、安否確認を行います。普通食のほか、きざみ食、お粥、糖尿食、減塩食も可能です。自己負担は1食あたり、利用者負担1割の方は540円、利用者負担2割の方は580円、利用者負担3割の方は620円です。

施設サービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホ-ム)

常に介護が必要で自宅での生活が困難な寝たきりや認知症の高齢者を介護する施設です。
利用対象者:原則要介護3~5の認定を受けた人

介護老人保健施設(老人保健施設)

病状が安定している人が在宅復帰できるよう、リハビリを中心としたケアを行う施設です。
利用対象者:要介護1~5の認定を受けた人

介護療養型医療施設

長期療養が必要な高齢者に、医学的管理のもとで心身の特性に応じた看護や医療を行う施設です。
利用対象者:要介護1~5の認定を受けた人

宝塚市内入所・通所施設情報マップ

市内の介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・小規模多機能型居宅介護の事業所から提供された資料をまとめたものです。入所や利用については、ご本人・ご家族が直接お申し込みください。入所や利用の相談・希望施設の選定の参考にしていただければ幸いです。

※この情報は、平成30年(2018年)1月時点のものです。                      内容が変更されている場合がありますのでご注意ください。                        詳しい内容については施設に直接お問い合わせください。

地域密着型サービス

住み慣れた地域での生活を支援します。

認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護(グル-プホ-ム)

認知症の高齢者を対象とし、9人以内のグル-プによる共同生活を通して、入浴、排せつ、食事などの日常生活の世話を行います。
要支援1と認定された方は利用できません。

小規模多機能型居宅介護・介護予防小規模多機能型居宅介護

通所を中心に、利用者の選択に応じて訪問系のサービスや泊まりのサービスを組み合わせて、入浴や食事、日常生活上の支援や機能訓練などを行います。

夜間対応型訪問介護

24時間安心して在宅生活が送れるよう、巡回や通報システムによる夜間専用の訪問介護を行います。
利用対象者:要介護1~5の認定を受けた人

認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護

認知症の人を対象に専門的なケアを提供する通所介護です。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

日中・夜間を通じて、定期的な巡回と随時の通報により居宅を訪問し、入浴、排せつ、食事などの介護や日常生活上の緊急時の支援などを行います。
利用対象者:要介護1~5の認定を受けた人

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

定員が30人未満の小規模な介護老人福祉施設に入所するための介護サービスです。

地域密着型特定施設入居者生活介護

定員が30人未満の小規模な介護専用型特定施設に入居した人のための介護サービスです。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 介護保険課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2136(給付担当) 0797-77-2162(保険料担当) 
    0797-77-2038(認定担当)  0797-77-2069(資格担当)
ファクス:0797-71-1355
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC