現在位置:  ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > ◆給付(介護保険を利用したサービスの種類や費用負担、各種助成制度など) > 高額介護(介護予防)サービス費・第1号事業高額介護予防サービス費


高額介護(介護予防)サービス費・第1号事業高額介護予防サービス費

ID番号 1000269 更新日  平成30年2月14日  印刷

自己負担額が高額になったときには

 在宅サービスや施設サービスにかかる利用者負担の1カ月の世帯合計額が高額になり、所得に応じて設定される負担上限額を超えたとき(下表参照)は、上限額より超えた金額について「高額介護サービス費」もしくは「第1号事業高額介護予防サービス費」(総合事業のサービスを利用された場合)が、市から支給されます。
ただし、下記の利用者負担額については、この制度の算定の対象となりませんのでご注意ください。

  • 居住費(滞在費)及び食費
  • 福祉用具購入費の利用者負担額
  • 住宅改修費の利用者負担額
  • 日常生活費等、介護保険の適用とならない利用者負担額
  • 要介護状態区分別の支給限度額を超えてサービスを利用した際の利用者負担額
所得別の負担上限額(月額)               
段階 区分 負担上限額
第5段階 現役並み所得者に相当する方がいる世帯 44,400円
第4段階 一般世帯

44,400円

+年間上限額の設定(※)

第3段階 世帯全員が住民税非課税の世帯
(第2段階以外の方)
24,600円
第2段階 世帯全員が住民税非課税の世帯
(合計所得金額と課税年金額の合計が年額80万円以下の方)
15,000円
第1段階 世帯全員が住民税非課税の世帯
(老齢福祉年金受給者、生活保護の受給者)
15,000円

ただし、上限額は「世帯」で考えますので、同じ世帯で2名以上サービスをご利用の場合、基準額はその中で一番高い段階(一番高い上限額)を基準に再計算した後支給します。

※1割負担者(年金収入280万円未満)のみの世帯については、年間の負担上限額が446,400円(37,200円×12ヶ月)となります。(3年間の時限措置)

 

高額介護サービス費の支給申請手続きについて

  • 対象者には市役所から申請書をお送りします。
     毎月の利用実績に基づいて、対象者には市役所から上記の申請書をお送りしますので、記入・押印のうえ、市役所介護保険課まで申請してください。なお、一度申請をされると、それ以後の申請は不要となります。
    (注)ただし、口座等の変更があったときは、その都度提出していただきます。

高額医療・高額介護合算制度について

  介護保険と医療保険の利用者負担を年間で合算し、高額になった場合は、自己負担限度額を超えた分が申請によって後日支給される「高額医療・高額介護合算制度」があります。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 介護保険課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2136(給付担当) 0797-77-2162(保険料担当) 
    0797-77-2038(認定担当)  0797-77-2069(資格担当)
ファクス:0797-71-1355
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC