現在位置:  ホーム > 教育・子ども・人権 > 公民館 > 【終了しました】令和元年度「平和」みる・きく・伝える展


【終了しました】令和元年度「平和」みる・きく・伝える展

ID番号 1029226 更新日  令和1年11月20日  印刷

イベントカテゴリ: その他のカテゴリ

宝塚市非核平和都市宣言記念事業「平和」みる・きく・伝える展

日程

令和1年7月4日(木曜日)
令和1年7月5日(金曜日)
令和1年7月6日(土曜日)
令和1年7月7日(日曜日)
令和1年7月9日(火曜日)
令和1年7月10日(水曜日)
令和1年7月11日(木曜日)
令和1年7月13日(土曜日)
令和1年7月14日(日曜日)
令和1年7月15日(月曜日)
令和1年7月16日(火曜日)

時間詳細

午前10時から午後5時

対象

どなたでも

施設

公民館
宝塚市立東公民館  7月4日(木曜日)~7日(日曜日)
宝塚市山本南2丁目5番2号【阪急電鉄山本駅下車】
展示時間/10:00~17:00

宝塚市立西公民館  7月9日(火曜日)~11日(木曜日)
宝塚市小林2丁目7番30号【阪急電鉄小林駅下車】
展示時間/10:00~17:00

宝塚市立中央公民館  7月13日(土曜日)~16日(火曜日)
宝塚市末広町3番53号【阪急電鉄逆瀬川駅下車】
展示時間/10:00~17:00

内容

1945(昭和20)年8月6日、広島に人類史上最初の原子爆弾が投下されました。この日、まちは破壊され多くの人が亡くなり傷つきました。

戦争が終結して70年余の歳月が流れるなかで、戦争の悲惨さやむなしさは私たちの記憶から薄れてゆく一方で、今日の繁栄した社会が当然のこととされるようになりました。しかし、私たちが願った世界の平和が実現されたとはいえません。今もなお戦火のなかに身をおく人たちや、飢えや病に苦しむ人たちが存在しています。

市民一人ひとりが生命の尊さや平和であることの大切さをともに考え、歴史の教訓を学び、貴重な体験を次の世代に伝える場として、第34回「平和」みる・きく・伝える展を開催します。

■ヒロシマ・ナガサキ原爆写真ポスター展
広島平和記念資料館から資料提供を受けて、広島・長崎の原爆被害の実相や現在の核兵器の状況などについて、写真や図表を用いて分かりやすく説明したポスターを展示します。

また、被爆者からのメッセージを証言映像や被爆後に撮影された映像、それを受け継ぐ若い世代の取組を紹介する「ヒロシマ被爆者からの伝言」を各会場にて上映します。

■広島市民が描いた原爆絵画展
1974年~75年にNHK広島放送局に寄せられた市民が描いた原爆の絵を展示します。
 

主催

宝塚市・宝塚市教育委員会

協力

広島平和記念資料館・NHK広島放送局

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末からiCalendarに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ヘルプ

イベント情報をGoogleカレンダーに取込みます。 パソコンから取込ボタンをクリックする場合は、スマートフォンでご利用のGoogleアカウントを使用してください。

ヘルプ

イベント情報をiCalendarに取込みます。 注意!
パソコンでスマホ表示をご覧になっている場合、イベント情報は取り込みできません。iPhone,iPad等の端末でご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 社会教育部 生涯学習室 社会教育課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2029 ファクス:0797-71-1891
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC