現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成30(2018)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(27面)


平成30(2018)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(27面)

ID番号 1025978 更新日  平成30年5月14日  印刷

フォトニュース(27面)

【27面】

**********
フォトニュース
**********
………………………………
<大相撲宝塚場所>
大相撲の魅力を堪能
………………………………
4月6日、市立スポーツセンターにおいて平成30年春巡業「大相撲宝塚場所」が開催されました。昨年に引き続き2回目となる今年も、満員御礼となる3000人を超える観客が集まりました。
力士との握手会や記念撮影などが行える巡業は、本場所とは違った魅力があり、「ちびっこわんぱく相撲」では大きな力士に子どもたちが勢いよく挑戦しました。横綱の鶴竜関と白鵬関の土俵入りでは、四股(しこ)を踏むたびに「よいしょ!」の掛け声が上がるなど、観客の皆さんは迫力ある力士たちの取組を楽しみました。

………………………………………………………
<第5回宝塚だんじりパレード>
勇壮なだんじり13台 花のみちを練り歩く
………………………………………………………
4月14日、第5回宝塚だんじりパレードが花のみちと武庫川河川敷を会場に開催され、のべ1万2000人が来場しました。
この日は市内にある19台のだんじりのうち13台が花のみちを練り歩き、勇壮な姿を披露。曳(ひ)き手による力強い掛け声とともにだんじりが方向転換をするたび、歓声が上がりました。また、武庫川河川敷ではだんじり押し体験や綱曳(つなひ)き体験などのイベントも開催され、親子連れから外国人まで、参加された多くの人がだんじりとの触れ合いを楽しみました。

…………………………………………………
<宝塚音楽学校入学式>
40人が舞台人として第一歩を踏み出す
…………………………………………………
4月17日、宝塚音楽学校で第106期生の入学式が行われ、約24倍の難関を突破した40人が舞台人としての第一歩を踏み出しました。
宝塚歌劇団星組組長 万里 柚美(まり ゆずみ)さんから「宝塚歌劇104年の歴史と伝統を胸に刻み、自分の選んだ道を力強く歩んでほしい」と祝辞が送られました。また、新入生を代表して木村 鞠菜(きむら まりな)さんが、支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを述べるとともに、「『清く 正しく 美しく』の教えを守り、限りない芸の道に精進し、必ず立派な舞台人になれるよう努力します」と答辞を述べました。
2年後、宝塚大劇場の初舞台に立つ彼女たちの活躍に期待しましょう。

〈広報課が取材した内容をFacebookで発信しています。市ホームページからご覧いただけます。〉

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC