現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成30(2018)年7月号 自動翻訳機能対応テキスト版(17面から22面)


平成30(2018)年7月号 自動翻訳機能対応テキスト版(17面から22面)

ID番号 1026660 更新日  平成30年7月19日  印刷

くらしのガイド(17面から22面)

【17面~22面】

**********
くらしのガイド
**********

〈暮らし・手続き〉

……………………………………………………………
新築・増築家屋の調査にご協力を [ID 1008863]
……………………………………………………………
今年1月2日以降に新築・増築された家屋は、平成31(2019)年度から固定資産税・都市計画税の課税対象となります。対象家屋の評価額を算出するため、市職員が家屋調査に伺います。調査の際には、市職員証および固定資産評価補助員証を提示します。対象家屋所有者の皆さんのご協力をお願いします。
[問い合わせ先]資産税課(電話番号 77・2059 ファクス番号 71・6188)

…………………………………………………………………
国民年金保険料の納付が困難なときは [ID 1000514]
…………………………………………………………………
所得の状況に応じて、保険料の支払いが免除(全額・一部)または納付猶予される場合があります。未納期間がある場合、年金の受給が制限されることもありますので、保険料を納められない場合は免除、猶予の申請をしてください。
今年度の申請は7月2日(月曜日)から受け付けます。年金手帳(平成28年12月31日以降に離職した人は離職票等)を持って、窓口サービス課または各サービスセンター・サービスステーションへお越しください。
[問い合わせ先]窓口サービス課(電話番号 77・2066 ファクス番号 76・2006)

………………………………………………
国民年金保険料の追納 [ID 5001128]
………………………………………………
国民年金保険料の免除(全額免除・一部納付)・納付猶予・学生納付特例の承認を受けた期間がある場合には、保険料を全額納めたときよりも老齢基礎年金の受け取り額が少なくなります。そこで、将来受け取る老齢基礎年金を増額するために、10年以内であれば、これらの期間の保険料をさかのぼって納めること(追納)ができます。ただし、免除などの承認を受けた期間の翌年度から起算し3年度目以降に追納すると、当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされますので、お早めの追納をお勧めします。
[問い合わせ先]ねんきん加入者ダイヤル(電話番号 0570・003・004)

===========================
国民健康保険税 第1期分
固定資産税・都市計画税 第2期分 [ID 1000487]
市税収納課(電話番号 77・9101 ファクス番号 77・9105)
===========================
<納期限は7月31日(火曜日)>
金融機関、コンビニエンスストア、市役所、各サービスセンター・雲雀丘サービスステーション(他のサービスステーションでは納付できません)で納めてください。納税には、便利な口座振替をご利用ください。

…………………………………………………………………………………………………
休日臨時窓口でマイナンバー(個人番号)カードを受け取れます [ID 1013581]
…………………………………………………………………………………………………
申請されたマイナンバーカードを受け取るための休日臨時窓口を開設します。
[日時]7月29日(日曜日)・8月26日(日曜日)・9月23日(祝日)の9時~正午
[場所]市役所1階 窓口サービス課
[問い合わせ先]窓口サービス課(電話番号 77・2217 ファクス番号 76・2006)

…………………………………………………………………
福祉医療費受給者証が切り替わります[ID 1000623]
…………………………………………………………………
市は、高齢期・乳幼児等・こども・障がい者・母子家庭などの人を対象に「福祉医療費助成制度」を実施しています。7月以降も引き続き対象となる人には、6月下旬に新しい受給者証を送付しました。新たに受給要件を満たした人が助成を受けるには申請が必要ですので、7月以降に医療助成課または各サービスセンター・サービスステーションで手続きをしてください(申請には健康保険証などが必要、所得制限あり)。
[問い合わせ先]医療助成課(電話番号 77・2064 ファクス番号 77・2085)

………………………………………………………………………………
後期高齢者医療保険料額決定通知書を送付します[ID 1000519]
………………………………………………………………………………
後期高齢者医療保険加入者(75歳以上の人と障がい認定を受けた65歳以上の人)へ、7月中旬に保険料額決定通知書を送付します。また、新しい被保険者証は7月下旬に送付しますので、8月1日からは新しい被保険者証を医療機関の窓口で提示してください。

◆保険料の計算方法
[均等割額4万8855円]+[所得割額(総所得金額等-33万円)×10.17パーセント]=[年間保険料(限度額62万円)]

また、8月診療分から、後期高齢者医療保険加入者の自己負担限度額が変わります(非課税区分は現行のまま)。
※8月以降に医療助成課または各サービスセンター・サービスステーションに申請することで「限度額適用認定証」が交付されます。

区分/所得要件/自己負担限度額(1か月)<外来(個人)/外来+入院(世帯)>
現役並み
所得要件:3 住民税課税所得690万円以上
自己負担限度額(1か月)<外来(個人)/外来+入院(世帯)>…252,600円+(総医療費-842,000円)×1パーセント
現役並み
所得要件:2 住民税課税所得380万円以上 690万円未満
自己負担限度額(1か月)<外来(個人)/外来+入院(世帯)>…167,400円+(総医療費-558,000円)×1パーセント
現役並み
所得要件:1 住民税課税所得145万円以上 380万円未満
自己負担限度額(1か月)<外来(個人)/外来+入院(世帯)>…80,100円+(総医療費-267,000円)×1パーセント

一般
所得要件:住民税課税所得145万円未満
自己負担限度額(1か月)<外来(個人)>…18,000円年間上限額(144,000円)
自己負担限度額(1か月)<外来+入院(世帯)>57,600円
●上記は所得要件にあてはまる被保険者がいる世帯の人に適用されます。

[問い合わせ先]医療助成課(電話番号 77・9103 ファクス番号 77・2085)、県後期高齢者医療広域連合コールセンター(電話番号 078・326・2612)

=========================
くらしの情報 [ID 1010030]
ネットを使ったもうけ話にご注意
~市内で実際に相談のあった事例をご紹介します~
=========================
「コピペ(※)するだけで簡単に稼げる」とうたい、多額の金額を支払わせる事業者にご注意ください。わずかな時間の作業で高収入が得られるという内容で、消費者庁が注意を呼びかけています。
インターネットを使って簡単に儲けることができるという勧誘メールや、配信された動画を見て、収入を得る方法が載っている高額な情報などを購入したものの、実際には収益を得ることができなかったという相談があります。
インターネット上には、「誰でももうかる」「必ずもうかる」「簡単にもうかる」「返金保証」などといった表現を用いて、契約させる業者が多くあります。業者の言葉をうのみにせずに、冷静に考えるようにしましょう。
※コピー&ペーストの略語。コンピューター等を使用し、他の文章や画像から一部分の写しを取り、別の場所に貼り付けること。
暮らしに関する質問や相談は消費生活センター(電話番号 81・0999 ファクス番号 83・1011)、消費者ホットライン(電話番号 188)へ。


〈観光・文化・産業〉

…………………………………………………………
国際交流助成金対象事業を募集 [ID 1012140]
…………………………………………………………
応募資格=市内を中心に活動拠点があり、政治、宗教活動を主な目的としない非営利の法人、団体、グループまたは個人
対象事業=今年度に実施される国際協力・支援事業、国際交流事業
[申し込み]宝塚市国際交流協会で配布する申請書を同協会へ。8月31日(金曜日)必着。
[問い合わせ先]特定非営利活動法人 宝塚市国際交流協会(電話番号 76・5917(水曜を除く) ファクス番号 76・5918)

=============================
平成30年度 宝塚観光花火大会の休止について [ID 1012416]
市国際観光協会(観光企画課内)、
観光企画課(電話番号 77・2012 ファクス番号 74・9002)
=============================
宝塚観光花火大会は、これまでの会場では周辺環境の変化などにより開催が困難となり、また、新会場(市役所横周辺の武庫川河川敷)では安全面・費用面の問題から実施が難しく、引き続き休止せざるを得ないこととなりました。
開催を心待ちにしていただいた皆さんには申し訳ありませんが、今後も花火大会実施や新たな催しなどの検討を続けてまいりますので、ご理解いただきますようお願いします。


〈健康・福祉〉

……………………………………
介護保険に関するお知らせ
……………………………………
(1)介護保険料決定通知書を送付します[ID 1012282]
65歳以上の人に7月中旬に送付します。通知書に納付書が同封されている人は、納期限までに納付してください。納期は7月から翌年3月までの各月末(年9回)です。保険料が年金から特別徴収される人、口座振替の手続きをしている人には、期別ごとの保険料と振替月を通知します。7月24日(火曜日)までに通知書が届かない場合は、介護保険課に連絡してください。また、特別な事情で納付が難しい場合は、同課へ相談してください。
(2)8月1日から現役並みの所得がある人の利用者負担が変わります[ID 1012403]
現役並みの所得がある65歳以上の人が介護保険サービスを利用した場合、これまでの1割または2割の自己負担割合に、3割が追加されます。3割負担となる人の要件は、年金収入+その他の合計所得金額の合計額が単身世帯で340万円以上、または2人以上世帯で463万円以上の方です。また、現在お持ちの負担割合証の有効期限は7月31日(火曜日)までです。8月以降の負担割合証については、7月下旬に送付します。
(3)介護保険負担限度額認定証などの更新手続きは7月末までに[ID 1021296]
介護保険負担限度額認定証の有効期限は7月31日(火曜日)です。現在、認定証をお持ちの人には更新案内の書類を送付していますので、引き続き限度額認定を受ける場合は7月末までに更新の手続きをしてください。また、社会福祉法人等利用者負担軽減の認定を受けている人も、更新の手続きが必要です。
[問い合わせ先]介護保険課((1)は電話番号 77・2162、(2)(3)は電話番号 77・2136 ファクス番号 71・1355)

……………………………………………………………………………………………
指定難病・特定疾患(スモン)および小児慢性特定疾病の更新申請について
……………………………………………………………………………………………
有効期限が9月30日までの受給者証をお持ちの人に更新手続きの案内を6月下旬に郵送しています。届いていない場合は必ず宝塚健康福祉事務所まで連絡してください。10月1日以降も引き続き交付を希望する人は案内に記載の期間に申請してください。
[問い合わせ先]宝塚健康福祉事務所(電話番号 72・0054 ファクス番号 74・7091)

==================================
災害時要援護者支援制度の同意書の返送をお願いします [ID 1026275]
地域福祉課(電話番号 77・0653 ファクス番号 71・1355)
==================================
災害時に自力で避難することが困難な高齢者や障がい者などの災害時要援護者に同意書と災害時要援護者支援カードを発送しました。同封の書類にご記入の上、7月17日(火曜日)までにご返送ください。
また、すでに同意されている人には、同意確認書をお送りしています。今年度も個人情報の提供に同意いただいているものとして、引き続き避難支援組織への情報提供を行います。
同意を取り下げたい場合や、施設・病院に長期入所、入院されている人は対象外ですので、同意取り消し書を7月17日(火曜日)までに地域福祉課へご返送ください。


〈安全・都市基盤〉

………………………………………………………………………
武庫川氾濫時の浸水想定区域を見直します [ID 1026315]
………………………………………………………………………
水防法の改正を受け、兵庫県から最大想定規模降雨にかかる武庫川洪水浸水想定区域図が発表されました。詳しくは、市ホームページをご覧ください。
[問い合わせ先]公園河川課(電話番号 77・2021 ファクス番号 77・9119)、総合防災課(電話番号 77・2078 ファクス番号 77・2102)

…………………………………………………………………………………
生産緑地地区の指定に関する相談を受け付けます [ID 1012007]
…………………………………………………………………………………
[日時]7月2日(月曜日)~17日(火曜日)平日9時~17時半
[場所]市役所2階 都市計画課
[対象]新たに生産緑地地区の指定を希望する人
必要書類=▽農地の面積、地目、土地所有者が分かる書類▽農地の範囲と耕作状況が分かる写真
[問い合わせ先]都市計画課(電話番号 77・2088 ファクス番号 74・8997)

……………………………………………………………………………………
国土調査法に基づく官民境界等先行調査を実施します [ID 1026152]
……………………………………………………………………………………
土地所有者の皆さんの立ち会いにより、官有地・道路などとの境界を調査・測量します。今年度は鶴の荘地区の一部で実施します。
[問い合わせ先]道路管理課(電話番号 77・2093 ファクス番号 77・2102)

…………………………………………………………………………
80年前の阪神大水害の記憶をお寄せください [ID 1026557]
…………………………………………………………………………
昭和13年の阪神大水害から80年を迎え、災害の経験・記憶を記録して後世に伝承するためのデジタル・アーカイブを制作します。当時の様子が分かる写真や文書、地域に残る被害の痕跡や体験談などの情報を広く募集します。
[問い合わせ先]阪神大水害80年行事実行委員会事務局(電話番号 ファクス番号 0120・123・464)

……………………………………………………
少年非行と犯罪からの被害を防止しよう
……………………………………………………
夏休み期間中には、解放感から非行に走る子どもや、インターネット等を介して知り合った相手から性的な被害を受ける子どもが後を絶ちません。地域ぐるみで、子どもたちに声をかけるなど、非行防止、犯罪被害防止に取り組みましょう。
[問い合わせ先]宝塚警察署(電話番号 85・0110 ファクス番号 86・9090)


〈環境〉

………………………………………………………………………
犬の登録と狂犬病予防注射をお願いします [ID 1000741]
………………………………………………………………………
生後91日以上の犬は、生涯に1回登録が必要です。未登録の犬を飼う場合は、新規登録手続きが必要です。また、所有者の住所等に変更があった場合には変更手続きが必要です。各種手続きについては、生活環境課または市獣医師会加入獣医科医院で受け付けしています。狂犬病予防注射接種=狂犬病予防法により、犬の所有者または管理者は、毎年6月30日までに当該年度分の狂犬病予防注射を1回受けさせ、狂犬病予防注射済票を犬に装着することが義務づけられています。まだ注射が済んでいない場合は、できるだけ早く受けさせてください。
狂犬病予防注射猶予申請=病気などの理由により、今年度予防接種を受けることができないと獣医師が判断した場合、獣医師の診断書を添えて「狂犬病予防注射猶予申請」を行ってください。
[問い合わせ先]生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)

………………………………………………………………………………
この夏、緑のカーテンに取り組んでみませんか?[ID 1016125]
………………………………………………………………………………
市では、節電や自然との触れ合いを目的として、緑のカーテンの普及に努めています。市民の皆さんの環境への取り組みを広めるため、「緑のカーテンコンテスト」を実施します。
[対象]市内で緑のカーテンを設置している個人・団体・学校
[申し込み]環境政策課、各サービスセンター・サービスステーションで7月2日(月曜日)から配布する応募用紙(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入の上、郵便番号 665・8665(住所不要)「市役所環境政策課」へ郵送または持参。10月1日(月曜日)から11月30日(金曜日)必着。
[問い合わせ先]環境政策課(電話番号 77・2070 ファクス番号 71・1159)

………………………………………………………………………………
剪定(せんてい)枝ごみの戸別収集を行っています [ID 1000659]
………………………………………………………………………………
申し込みにより、ご自宅の植木を剪定したごみの戸別収集をしています。直径5センチメートル以下、長さ50センチメートル以下の剪定枝が対象で、一束5キログラム以下でひもで縛ってください。
収集できないもの=竹類、解体材、紙類、プラスチック類、手袋などの布類、土が混じったもの、金属類、市外で発生した剪定枝、業者が剪定したものなど。
[申し込み]予約・受付センター(電話番号 87・3363 9時~17時まで)
※収集希望日前日の正午までに申し込んでください。土・日曜、祝日の収集はありませんが予約は可能です。
[問い合わせ先]クリーンセンター業務課(電話番号 87・7883 ファクス番号 81・1941)

……………………………………………………………………
夜間花火の巡回パトロールを実施します [ID 1000747]
……………………………………………………………………
市では、22時から翌朝6時までの間、市内すべての公園や河川敷等の公共の場所で、爆発音の出る花火や打ち上げ花火の使用を禁止しています。また、罰則の適用がある夜間花火禁止区域を指定しています。花火のシーズンに向けて、市民の皆さんが快適に暮らせるよう巡回パトロールなどを実施して協力を呼び掛けます。ご協力をお願いします。
[問い合わせ先]生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)

………………………………………………………………………………………
市庁舎および公共施設における節電の取り組みについて [ID 1021096]
………………………………………………………………………………………
冷房等で増加するエネルギー消費量を抑制するため、9月28日(金曜日)までの間、空調温度管理の徹底や、緑のカーテンの設置などの節電の取り組みを行います。市民の皆さまのご理解とご協力をお願いします。
[問い合わせ先]管財課(電話番号 77・2031 ファクス番号 72・1419)

……………………………………………………………………
大気中の放射線量測定結果(5月・6月) [ID 1000684]
……………………………………………………………………
平成30年5月9日、6月1日市内5か所で測定した、大気中の放射線量は毎時0.07~0.10マイクロシーベルトで、日本地質学会による宝塚市域の自然放射線量(0.10マイクロシーベルト前後)の範囲内でした。
[問い合わせ先]環境政策課(電話番号 77・2070 ファクス番号 71・1159)

=======================================
宝塚すみれ墓苑からのお知らせ [ID 1012262]
~芝生墓所の大型区画(広面積)を新規募集・返還区画の再貸し出しを開始します~
生活環境課(電話番号 77・2146 ファクス番号 71・1159)
=======================================
大型の芝生区画(9平方メートル・12区画)について、今年度から新規募集を開始します。また、昨年度中に返還のあった16区画についても再募集を行います。その他の募集区画は随時受け付け中です。
[申し込み]7月10日(火曜日)から
※10日(火曜日)は9時から受け付け、10時の時点で希望区画をお聞きし、重複した人のみ抽選で使用者を決定します。抽選会終了後は生活環境課にて先着順で受け付けます。
[抽選会場]市役所3階 大会議室
※9時~10時に入室した人のみ対象
[持ち物]使用者が確定した区画については、その場で受け付けますので、住民票(本籍記載)と認印を持参ください。
合葬式墓所の埋蔵室安置後合葬方式について多数のご要望がありましたので、引き続き来年3月29日(金曜日)まで随時受け付けます。長尾山霊園の募集については8月号でお知らせします。


〈まちづくり・市政情報〉
…………………………………………………………………………
ふれあいトーク(出前講座)を活用しませんか[ID 1000363]
…………………………………………………………………………
ふれあいトークとは、市職員が市民の皆さんのもとへ出向き、市政に関するテーマについてお話しするとともに、市民の皆さんの声をお聞きし市政に生かそうとするものです。
[対象]市内在住・在勤の人で市政やまちづくりに関心のある10人以上のグループ
テーマ=市が設定した93のテーマから選択
実施日時=原則、平日の9時~21時 1回あたり2時間以内
※土・日曜、祝日の実施を希望する場合は、各担当課へご相談ください。
会場=申し込みグループでご用意ください(費用はグループの負担となります)。
[申し込み]実施希望日の4週間前までに市民相談課へ。テーマ一覧表と申込用紙は、市民相談課、各サービスセンター・サービスステーション、各市立公民館・図書館で配布しています(市ホームページからもダウンロード可)。
[問い合わせ先]市民相談課(電話番号 77・2003 ファクス番号 77・2086)

………………………………………………………………………………
平成31年度コミュニティ助成事業の募集について [ID 1026384]
………………………………………………………………………………
コミュニティ助成事業は、宝くじの社会貢献広報事業として、財団法人自治総合センターが行っている事業で、コミュニティ活動に必要な備品や集会施設の整備、自主防災活動に必要な物品の購入など、地域文化への支援や活動の充実、強化を図ることにより、地域社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与することを目的としています。
毎年度、9月ごろに募集がある予定です。募集が始まりましたら市ホームページ等で周知します。募集期間が短いため、応募を検討される場合は事前にご相談ください。
[問い合わせ先]市民協働推進課(電話番号 77・2051 ファクス番号 77・2086)、消防本部予防課(電話番号 73・1953 ファクス番号 73・3951)

…………………………………………………
議会報告会を開催します [ID 1000989]
…………………………………………………
6月定例会での議案の審議内容について市議会議員が報告し、質問にお答えします。
[日時]7月14日(土曜日)10時~正午
[場所]中央公民館
※一時保育あり(7月5日(木曜日)までに要予約)。手話通訳・要約筆記が必要な人は前日までにご連絡ください。
定員=先着45人
[問い合わせ先]議会事務局 議事調査課(電話番号 77・2168 ファクス番号 74・6902)

…………………………………………………………
明るい選挙啓発ポスターを募集 [ID 1001032]
…………………………………………………………
 「明るい選挙」を呼びかけるポスターを募集します。大きさは四つ切り・八つ切り画用紙程度で画材は自由です(参加賞あり)。
[対象]市内在住・在学の小学生~高校生
[申し込み]9月7日(金曜日)までに、作品の裏右下に郵便番号・住所・氏名(ふりがな)、学校名・学年を書いて所属する学校へ。市外に在学している人は選挙管理委員会へ持参または郵送。
[問い合わせ先]選挙管理委員会事務局(電話番号 77・2032 ファクス番号 74・1818)

………………………………………………………
市指定金融機関を変更します [ID 1026048]
………………………………………………………
市の公金(上下水道局、市立病院を除く)を取り扱う金融機関を総括する市指定金融機関を、7月1日付で池田泉州銀行から三井住友銀行に変更します。
[問い合わせ先]会計課(電話番号 77・2107 ファクス番号 77・9104)

…………………
市への寄附
…………………
大阪ガスグループ 小さな灯運動―移乗ボード(安倉西身体障害者支援センターで使用)

============
パブリック・コメント
============
◆意見募集
皆さんからの意見を募集します。素案は道路政策課および市民相談課、各サービスセンター・サービスステーションなどで配布。市ホームページにも掲載。
●自転車ネットワーク計画(案) [ID 1025733]
市では、安全・快適に歩行者と自転車が通行できる空間を整備し、自転車関連事故の発生を抑制するため、自転車ネットワーク計画を策定します。
自転車は都市内交通において重要な交通手段となっており、健康志向の高まりやライフスタイルの変化を背景にますます利用ニーズが高まっている一方で、市内の自転車関連事故の件数は近年、増加に転じています。市内では狭い道路に自転車と歩行者が混在している状況で、自転車と歩行者の通行空間の分離が急務となっています。
本計画では、今後10年間に、自転車レーン等の自転車通行空間を現在の2.4キロメートルから8.8キロメートルに拡大するとともに、事故の多い若年層を中心とした交通安全啓発等のソフト施策を併せて実施することとしています。
[募集期間]7月2日(月曜日)~31日(火曜日)
[問い合わせ先] 道路政策課(電話番号 77・2096 ファクス番号 77・9119)

=========
市民委員を募集
=========
●宝塚市民文化芸術振興会議委員[ID 1026191]=2人。任期は委嘱の日から2年間。
[対象]市内に1年以上在住する満18歳以上の人(ただし、本市の市議会議員・職員・他の審議会などの委員は除く)。報酬は市の規定により支給。
[申し込み]文化政策課、市民相談課、各サービスセンター・サービスステーションなどで配布する申込書と「私の考える『創造力を育む 文化芸術の薫り高い 宝塚』とは」をテーマにした小論文(800字程度)を文化政策課へ郵送または持参。7月20日(金曜日)必着。選考は7月下旬~8月上旬。応募者全員に結果を通知します。
[問い合わせ先] 文化政策課(電話番号 77・2009 ファクス番号 77・2171)

===========================
<リボンの騎士プロジェクト>
観光大使サファイアのお宝さんぽ Vol.2 [ID 1011206]
観光企画課(電話番号 77・2012 ファクス番号 74・9002)
===========================
「観光大使サファイアのお宝さんぽ」は、宝塚市の観光大使である私たち、リボンの騎士サファイアが、「まちの宝」を紹介するシリーズです。第2回目は、市内で唯一の映画館「シネ・ピピア」。阪急売布神社駅からすぐの複合施設「ピピアめふ」5階にあります。
「ピピアめふ」は、阪神・淡路大震災の復興事業として再開発されました。普段は地域交流の場として、緊急時には避難所として利用できる施設です。その中に「シネ・ピピア」がオープンしたのは、宝塚市にはかつて映画製作所(宝塚映画製作所)があり、シネマとのつながりが深かったこと、そして市民の皆さんが映画館をつくる運動を長年続けていたことがきっかけとなりました。
「シネ・ピピア」は、50席×2スクリーンのミニシアターではありますが、全国でもトップレベルの音響設備やこだわりの映像環境を備えており、リラックスして映画をお楽しみいただけます。シネマだけでなく、カフェやガーデンテラスが併設されており、映画の待ち時間や交流の場に利用できる憩いの場です。また、ピピアめふ会員には鑑賞券プレゼントや電話による整理券予約サービスなど、おトクな特典もあります。
毎年11月ごろには、市民による「宝塚映画祭」が開催され、かつての宝塚映画製作所で製作された映画などが劇場に復活します。
この夏はシネ・ピピアでおトクな会員になって、ゆっくり映画鑑賞はいかがでしょうか。

◆サファイアダイアリーをぜひご覧ください! [ID 1011206]
サファイアダイアリーは、宝塚市観光大使リボンの騎士「サファイア」が発信する公式ブログです。観光大使として行った活動レポートや、市内のおすすめスポット&グルメ情報など、宝塚市の魅力がたくさん詰まっています!市ホームページから見ることができます。
ぜひご覧ください。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC