現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成30(2018)年7月号 自動翻訳機能対応テキスト版(26面・27面)


平成30(2018)年7月号 自動翻訳機能対応テキスト版(26面・27面)

ID番号 1026663 更新日  平成30年7月19日  印刷

教育のページ(26面・27面)

【26面・27面】

教育のページ
教育委員会教育企画課(電話番号 77・2025 ファクス番号 71・1891)

*********************************
たからづか学校応援団 ボランティア募集! [ID 1001368]
~できることを・できるときに・できることから~
教育委員会社会教育課(電話番号 77・2029 ファクス番号 71・1891)
*********************************

「たからづか学校応援団」は、学校・地域・家庭が一体となって子どもを育てることを目的に、市内小中学校で学校支援のボランティア活動に取り組んでいます。
「できることを できるときに できることから」を合言葉に、本の読み聞かせや登下校の見守り、園芸、稲刈り・ジャガイモ収穫などの農業体験指導補助のほか、ミシン指導補助、トイレ掃除、行事補助など、学校からの依頼に基づき、さまざまな場面で活躍中です。ボランティアの皆さんからは「お礼の言葉がうれしい」「支援する側だがこちらがエネルギーをもらっている」などの声が寄せられています。
「たからづか学校応援団」では、ボランティアを募集しています。ご協力いただける人は、教育委員会社会教育課で配布している登録申込書(市ホームページからダウンロード可)を郵送またはファクスで同課へ。

……………………………………………………………………………………
「たからづか学校応援団ボランティア登録者説明会・相談会」を開催
……………………………………………………………………………………
初めて学校応援団にボランティア登録された人、これから登録を考えている人、登録済みで活動したい人などを対象に、8月に説明会・相談会を開催します。詳しくは広報たからづか8月号と市ホームページでお知らせします。


*****************
きらり あんな活動 こんな活動
*****************
…………………………………………………………
姉妹都市松江市・宝塚市生涯スポーツ交流会
教育委員会スポーツ振興課
…………………………………………………………
5月19日、市内のスポーツ施設において姉妹都市松江市・宝塚市生涯スポーツ交流会が開催され、両市のシニア世代のスポーツ愛好者が共に汗を流しました。この交流会は、平成10年から毎年、スポーツ振興と相互の親睦を図ることを目的に行われています。
21回目となる今年は、総勢約200名の参加のもと、野球・サッカー・バレーボール・バドミントン・サイクリングの5種目で、くもり空を吹き飛ばすような熱い交流が行われました。
参加者はスポーツを通して親睦を深め、交流会終了後には固い握手を交わし、来年の交流会での再会を誓いました。

……………………
初めての1票
養護学校
……………………
今年度から養護学校では、児童生徒の自主的な活動を充実させるため、児童生徒会が発足し、その役員を決める選挙が4月27日に初めて実施されました。
養護学校高等部には、今年18歳になる生徒もいて、児童生徒にとってはより身近なこととして、選挙の仕組みや重要性を学ぶだけでなく、主権者としての意識も養わなければなりません。
選挙に先立ち行われた市選挙管理委員会による出前授業では、説明やクイズを通して、選挙の仕組みや重要性を学び、また本番の選挙に向けてのリハーサルが行われました。
選挙当日、会場は立候補者と応援者だけでなく、その他の児童生徒も含め、熱気に包まれました。各候補者の立会演説が行われる度に、会場内からは拍手がわき起こりました。全ての候補者の演説が終わると、投票に移り、熱い選挙戦は無事終了しました。
今回の児童生徒会役員選挙を通して、児童生徒全員が選挙の仕組みや重要性を知り、社会を担う一員としての意識が高まったことでしょう。

………………………………………………………………………
囲碁っておもしろい
長尾南幼稚園・丸橋幼稚園・末成幼稚園・長尾幼稚園
………………………………………………………………………
5月、長尾南・丸橋・末成・長尾幼稚園で「囲碁であそぼう」を開催し、関西棋院所属のプロ棋士である藤原克也六段から囲碁の魅力を教えてもらいました。
子どもたちは、先生に教えてもらったことをすぐ吸収し、対局に移りました。通常より小さな初心者用の9路盤を使用して行われ、2チームに分かれて対局しました。いつもは笑顔で元気いっぱいに走り回る子どもたちも、この日は碁盤に向き合って真剣な表情を見せます。どこに石を置くかを必死に考え、盤上での攻防はどんどん熱を帯びていき、同じチームのメンバーは、碁盤に向かう友達を必死に応援します。
両チームとも一歩も引かない戦いが繰り広げられ、ついに勝敗が決すると、勝ったチームは大喜びし、負けたチームはとても悔しそうにしていました。対局後は、両チームともに互いのチームの健闘を称えあいました。
子どもたちは、「難しいけど、楽しかった」「1年間頑張って、先生より強くなりたい」と意欲満々です。この「囲碁であそぼう」は、年間15回の開催を予定しています。
ご家庭でも一緒に囲碁を始めてみてはいかがでしょうか。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC