現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 施策・計画 > 施政方針 > 部局長実行宣言 > 平成29年度 > 都市安全部(危機管理・防災)


都市安全部(危機管理・防災)

ID番号 1026348 更新日  令和1年7月31日  印刷

危機管理監 山中 毅(やまなか たけし)

山中毅の写真1

平成26(2014)年4月から危機管理監に就任しました。
市の危機管理全般、防災対策、被災地支援の事務を担っています。
宝塚市は、平成7年に阪神・淡路大震災を経験し、平成25年に市庁舎放火火災事件も経験してきました。これらの辛いこと、苦しかったことを糧に、市民の命を守るための要として職員の指令塔となり、市民の皆様のお力を得て危機管理に取り組んでまいります。
 

【自己紹介・経歴】

山中毅の写真2

宝塚幼稚園、宝塚小学校、宝塚中学校、宝塚高校を卒業し、昭和57年宝塚市消防士を拝命。レスキュー隊員などを経験して、阪神・淡路大震災以降は12年間防災担当として従事、防災対策課副課長、予防課長、消防総務課長、消防本部次長など消防防災業務を34年間担ってまいりました。
毎年行われている宝塚学検定を初年度から7回受検し、4個目の博士バッチを取得しました。

 

都市安全部(危機管理・防災)の役割

都市安全部の写真

市や市民を取り巻く危機事案としては多岐にわたっていますが、とりわけ大雨や台風のほか、南海トラフ巨大地震などの自然災害への防災対策に市民の皆さまとともに取り組み、命を大切にする安全安心な宝塚のまちづくりを進めます。
市民の皆さまには、「安心メール」への登録や「Facebook宝塚市防災、防犯・交通安全」に”いいね!”をいただきますようよろしくお願いいたします。

重点的な取り組み

1.危機管理に取り組みます

(1)危機の発生を防ぎ、発生した場合は被害や影響を最小限に抑えられるよう危機管理施設の充実を図ります

(2)危機の発生を防ぎ、発生した場合は被害や影響を最小限に抑えられるよう危機管理体制を整えます

取り組み状況

  • 緊急情報の伝達手段として、防災行政無線の整備を進めています。
  • 危機事案に対して迅速な対応を行うための拠点となる危機管理施設の整備を進めています。
  • 危機管理に関する研修や訓練を実施しています。

2.防災対策に取り組みます

  • 防災体制の充実、地域の防災力向上により、防災・減災対策を図ります

取り組み状況

防災の取り組みを紹介しています。

組織業務案内

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

都市安全部 危機管理室 総合防災課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁2階
電話:0797-77-2078 ファクス:0797-77-2102
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。


このページの先頭へ戻る

  • 表示 PC