エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成29(2017)年4月号 自動翻訳機能対応テキスト版(9面から16面)


ここから本文です。

平成29(2017)年4月号 自動翻訳機能対応テキスト版(9面から16面)

ID番号 1020472 更新日  平成29年4月24日  印刷

今月のトピックス(9面から16面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【9~16面】トピックス

************************************
第8期 宝塚市観光大使 リボンの騎士「サファイア」を募集 [ID 1011206]
観光企画課(電話番号 77・2012 ファクス番号 74・9002)
************************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員と第7期サファイアが出演してご説明します。4月7日(金曜日)10時半~11時

市では、手塚治虫の名作『リボンの騎士』の主人公サファイアをイメージシンボルとして活用し、全国にまちの魅力を発信しています。サファイアとして一緒に市の観光を盛り上げてくれる人を募集します。
応募締切:4月13日(木曜日)必着
応募資格:4月1日現在、18歳以上(高校生は除く)で、リボンの騎士「サファイア」のイメージにふさわしい人。宝塚に対して愛情を持ち、その魅力をPRしたいという熱意のある人。住所地、性別、プロ・アマ不問。
※その他の応募資格は募集要項をご確認ください。
募集人数:2人
任  期:約1年間もしくは2年間(選択制)
活動内容:市内外での観光PR活動(年20回程度)、ブログでの情報発信など ※出務謝礼あり
選考日程:一次:5月3日(祝日)、二次(公開):5月20日(土曜日)
※事前に書類選考あり(結果を4月末日までに郵送)。
※応募には所定の応募用紙が必要です。詳しくは市ホームページをご覧ください。


*****************************
~子どもの暮らしをもっと良くしよう~
子ども委員会の委員大募集! [ID 1003647]
子ども政策課(電話番号 77・2419 ファクス番号 77・2800)
*****************************

子どもの皆さん!皆さんの考えをまちづくりに生かしませんか?「子ども委員」となって施設見学やグループでの話し合いなどを通じ、まちのことを学びながら、子どもたちの視点で意見や新しいアイデアなどをたくさん聞かせてください。
活動日程:6月~11月まで、日曜・祝日や夏休みなどを利用して全9回程度(予定)
活動場所:市役所会議室など
応募資格:市内在住の小学5年生~高校3年生の年齢に相当し、できるだけ全回参加できる人(小学生は保護者の送迎が必要)。
募集人数:18人程度(応募多数の場合は抽選)
応募方法:4月3日(月曜日)から子ども政策課、市内の各学校・児童館(子ども館)で配布する申込書(市ホームページからダウンロード可)を同課へ郵送またはファクス。5月8日(月曜日)必着。結果は5月中旬ごろに通知します。


**********************************
2017宝塚市民カレッジ 受講生募集 [ID 1015990]
宝塚市民カレッジ事務局(電話番号 73・0606 ファクス番号 71・3419)
**********************************

市民の皆さんの熱い学習意欲に応えて、知識の扉の向こうに広がるさまざまな課題を探求する「2017宝塚市民カレッジ」を開講します。手話通訳・要約筆記あり(要予約)。
日程:6月~来年1月
会場:西公民館・東公民館
受講料:各コースとも年間3千円(全8回)
申し込み:各市立公民館、市民相談課、各サービスセンター・ステーションなどで配布する募集ガイドに付いている専用はがきを郵送。4月10日(月曜日)消印有効。応募多数の場合は抽選。

◆会場:西公民館
〈コース名/講師(敬称略)/ 曜日・開始時間/定員〉
・みんなで歌おう童謡サロン/特定非営利活動法人童謡サロン声楽家 深川和美、ピアニスト 多久雅三/月曜14時/150人
・洋楽ラジオデイズCD鑑賞/元ラジオ関西アナウンサー 三浦紘朗/火曜14時/100人
・知れば知るほど面白くなる韓国の旅/韓国語講師 鄭順男/火曜14時/50人
・宝塚ことば磨き塾/元NHKエグゼクティブアナウンサー 村上信夫/火曜14時/25人
・上方講談 おんな城主直虎と戦国大名物語/上方講談師 旭堂南海/水曜11時、14時/各150人
・政治・経済やわらかゼミナール/関西外国語大学教授・神戸大学名誉教授 滝川好夫/水曜11時/150人
・文化と歴史/園田学園女子大学名誉教授 田辺眞人/水曜10時半、13時半/各150人
・関西文化に育まれた文学/神戸海星女子学院大学現代人間学部教授 箕野聡子/木曜14時/150人
・〈教育委員会社会教育課連携講座〉宝塚の景観・風景 みどころ探訪※/大阪市立大学工学部都市学科非常勤講師 田村博美、宝塚文化財ガイドソサエティ/水曜10時/30人

◆会場:東公民館
〈コース名/講師(敬称略)/ 曜日・開始時間/定員〉
・日本の伝統芸能/園田学園女子大学教授・同大学近松研究所研究員 水田かや乃/火曜14時半/50人
・英語で遊ぼう/エフエム宝塚パーソナリティ 田辺ゆかり/木曜14時/50人
・国際観光交流時代と世界自然遺産/元神戸海星女子学院大学英語観光学科特別教授 北川宗忠/土曜14時/50人
・〈消費生活センター連携講座〉くらし・いきいき・消費者力アップ*/神戸女学院大学名誉教授 川合眞一郎ほか/土曜10時半/50人

※2回目以降は現地フィールドワーク *一時保育あり(要予約)


**********************************
あなたの子育て応援しています
子ども家庭支援センター(電話番号 85・3862 ファクス番号 85・3886)
**********************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。4月26日(水曜日)10時半~11時

子ども家庭支援センターは子育て支援の拠点として、フレミラ宝塚(売布東の町12-8)でいろいろな事業を行っています。平日の9時~17時半に開所していますので、ぜひ気軽にご利用ください。応募方法など詳しくは、同センターへ問い合わせください。

…………………………………………………………………………………………
親子育てグループ会員と子育て支援ボランティアの募集 [ID 1000567]
…………………………………………………………………………………………
市では、赤ちゃんから就園前のお子さんと保護者(親・祖父母など)が定期的に集まり、地域で仲間づくりをしながら自主的に活動している親子育てグループを支援しています。会員となって他の親子と一緒に活動しませんか。
また、*印のグループでは見守りをしていただく子育て支援ボランティアを募集しています。授乳中の親子が多いので、女性の応募をお待ちしています。

〈親子育てグループ名/活動場所〉
・仁川おひさまくらぶ*/仁川小学校
・わんぱくクラブ/西公民館
・ピーチクラブ/高司児童館
・クッキーハウス*/末成小学校
・えびフライ*/勤労市民センター
・かぼちゃ*/逆瀬台デイサービスセンター
・外国人親くらぶわくわく/国際・文化センター
・シュッポッポひろば/売布小学校
・ポコニャンクラブ/ラ・ビスタ集会室
・わいわいクラブ/男女共同参画センター
・キャンディ BOX/男女共同参画センター
・いちごみるく/宝塚小学校
・サンタくらぶ/まいたに人権文化センター
・ぽけっとひろば/総合福祉センター
・美座すみれキッズ*/ひよこ保育園・県民交流ひろば美座
・ミルキィキッズ/山本団地集会所
・いきいきマミーズ/平井児童館
・たけのこクラブ/平井児童館
・べあーず/東公民館
・ひよこクラブ*/丸橋幼稚園
・中山台のびっこくらぶ/中山台コミュニティセンター
・ぺンギンくらぶ/中山台コミュニティセンター
・お山のたんぽぽ/山手台西4丁目・東5丁目自治会館
・さくらの小径(こみち)/花屋敷荘園自治会館市立花屋敷グラウンド
・ひまわり/西谷自然休養村センター

………………………………………………………………
「赤ちゃんの駅」が増えました! [ID 1009331]
………………………………………………………………
「赤ちゃんの駅」とは、乳幼児を連れた保護者が外出しやすいように、授乳やおむつ替えができるスペースを設けた施設です。
目印となるフラッグやステッカーなどを掲げており、無料でご利用いただけます。既に登録されている市内の公共施設や民間の店舗等は、現在114か所となりました。どうぞ気軽にご利用ください。
設置場所や利用時間などは、市ホームページや宝塚子育て・子育ちガイド冊子「たからばこ」でご確認ください。

◆「赤ちゃんの駅」登録事業所を募集
子育てを応援していただく「赤ちゃんの駅」登録事業所を募集しています。

◆「移動式赤ちゃんの駅」を貸し出します [ID 1015126]
市内で開催されるイベントなどに乳幼児を連れた保護者が安心して参加できるよう、移動が可能なテントや折り畳み式おむつ交換台、マットをイベント主催団体に無料で貸し出します。乳幼児のおむつ交換や授乳スペースとしてご利用ください。

……………………………………………………
子育てサポーターを募集 [ID 1009340]
……………………………………………………
子ども家庭支援センターの「きらきらひろば」では、未就園児の親子が自由に遊ぶことができ、保育士が子育て相談や遊びの紹介をしています。この「きらきらひろば」での受け付け・案内や親子の見守り、おもちゃ作りなどを職員と一緒に行う「子育てサポーター」を募集します。
登録方法など詳しくは、子ども家庭支援センターへお問い合わせください。

…………………………………………………………………………………………………………
地域の皆さんとの交流を図る 子育て支援活動に取り組む団体に助成 [ID 1000569]
…………………………………………………………………………………………………………
地域一体となって自主的に子育て支援活動に取り組む団体に、活動経費(講師謝礼、交通費、消耗品費、印刷費、光熱水費、通信運搬費、保険料、会場使用料、事業立ち上げ時の備品購入費など)の一部を助成します。
対象団体:市内に活動拠点があり、団体の構成員が5人以上(3分の2以上は市民)で、子育て支援活動を継続的に実施できる団体。
対象事業:
(1)子育て交流事業:就学前児童と保護者が広く交流できる場や異世代交流の場を提供し、子育てに関する情報交換や相談などを行う事業
(2)相互保育事業:就学前児童を対象に、参加児童の保護者が当番制により合同で保育する事業
(3)若者育成支援事業:若い世代等が行う子育て交流事業
(4)立ち上げ支援事業:子育て交流事業を実施するための活動拠点を新たに整備しようとする事業
※(1)と(2)は月2回以上実施しているもの、(4)は翌年度以降も事業を継続することが見込まれる団体が対象
助成内容:1団体当たり上限20万円。
定員:(1)~(3)で10団体程度、(4)は2団体。
申し込み: 4月17日(月曜日)~5月15日(月曜日)に、事前に子ども家庭支援センターへ電話連絡の上、必要書類を同センターに提出してください。審査を行い、助成する団体を決定します。

…………………………………………………………………………………………
地域で助け合う 宝塚市ファミリーサポートセンター事業 [ID 1000560]
子ども家庭支援センター(電話番号 85・3862 ファクス番号 85・3886)
…………………………………………………………………………………………
ファミリーサポートセンター(電話番号 ファクス番号 85・4535)は、「子育ての手助けをしてほしい人(依頼会員)」と「子育てのお手伝いをしたい人(提供会員)」が、地域で互いに助け合う組織です。子どもたちの保育所や幼稚園への送り迎え、保育開始前や終了後の預かり、学校の放課後・育成会終了後の預かり、習い事の送迎、日曜・祝日の預かりなどがサポートの内容です。

◆ファミリーサポート利用料の助成額を4月から拡大します!
ひとり親家庭等がファミリーサポートを利用した場合に、利用料の一部を助成しています。次の(1)~(3)に該当する場合は、依頼会員が提供会員に支払った利用料のうち、子ども1人につき1か月10時間を上限として助成します。
(1)生活保護世帯
(2)児童扶養手当受給世帯
(3)市民税非課税世帯
※(2)(3)の場合、これまでの2分の1の助成額から全額助成に拡充します!
<助成登録までの流れ>
1.ファミリーサポート事業の会員登録をしていない場合は、ファミリーサポートセンターで登録をしてください。
依頼会員登録必要書類:印鑑と保護者の写真(2枚)
2.依頼会員の登録完了後、上記の(1)~(3)に該当する場合は、子ども家庭支援センターで助成の登録をしてください。登録の決定を受けた翌月から、提供会員への料金の支払い後、同センターへの請求により助成します。
助成登録必要書類:登録申請書、ファミリーサポートセンター会員証および助成対象者である証明、印鑑
※登録申請書は子ども家庭支援センターで配布しているほか、市ホームページからダウンロードできます。

 

***************************************
安心して暮らせるまちへ
***************************************
………………………………………………………………………………………………………
高齢者の総合相談窓口 “困ったときは、地域包括支援センターへ”[ID 1000634]
高齢福祉課(電話番号 77・2075 ファクス番号 71・1355)
………………………………………………………………………………………………………
高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるように、総合相談窓口として市内に7か所の地域包括支援センターを設置しています。同センターには、保健師や社会福祉士、主任ケアマネジャーなどを配置し、高齢者の皆さんやその家族、近所の人の困っていることや悩みなどの相談に応じます。悩み以外にも、認知症や介護予防、福祉、医療、生活に関することなど、何でも相談してください。

◆自立した生活ができるよう支援します
高齢者の皆さんの心身の健康状態に合わせて、必要な介護サービスの紹介や介護サービスの利用に向けた支援などを行います。
◆皆さんの権利を守ります
安心して暮らしていけるように、他の機関と連携して高齢者の皆さんを守ります。成年後見制度の紹介や、虐待の早期発見、消費者被害などに対応します。
◆暮らしやすい地域づくりをします
高齢者の皆さんにとって、より暮らしやすい地域にするため、関係機関などと連携を図り、さまざまな方面から皆さんを支えます。

【地域包括支援センター 一覧】(開所時間:平日・土曜9時~17時半)
〈名称(所在地)/電話・ファクス/担当地域(小学校区)〉
小林地域包括支援センター(小林3丁目)/電話番号 74・3863 ファクス番号 74・3922/仁川・良元・高司・光明・末成・末広(一部)
逆瀬川地域包括支援センター(中州1丁目)/電話番号 76・2830 ファクス番号 77・3461/末広(一部)・西山・逆瀬台・宝塚第一
御殿山地域包括支援センター(川面5丁目)/電話番号 83・1336 ファクス番号 83・1337/すみれガ丘・宝塚・売布(一部)・美座(一部)
小浜地域包括支援センター(小浜4丁目)/電話番号 86・3707 ファクス番号 83・1123/小浜・美座(一部)・安倉・安倉北(一部)
長尾地域包括支援センター(山本西2丁目)/電話番号 80・2941 ファクス番号 80・4110/長尾(一部)・長尾南・売布(一部)・丸橋・安倉北(一部)
花屋敷地域包括支援センター(切畑字長尾山)/電話番号 072・740・3555 ファクス番号 072・740・5087/長尾(一部)・山手台・長尾台・中山五月台・中山桜台
西谷地域包括支援センター(大原野字南穴虫)/電話番号 83・5080 ファクス番号 83・5011/西谷

………………………………………………………………………………………………………
空家と空地に対処するため専門家団体と協定を締結しました [ID 1019744]
空家に関することは住まい政策課(電話番号 77・4572 ファクス番号 74・8997)
空地に関することは生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)
………………………………………………………………………………………………………
3月14日、市は一般社団法人兵庫県宅地建物取引業協会阪神北支部と「空家等の流通促進に関する協定」を、特定非営利活動法人兵庫空き家相談センターと「空地及び空家等の相談業務に関する協定」をそれぞれ締結しました。市内の空家と空地の所有者から専門的な相談があった場合には、それぞれの団体を紹介するほか、管理不全の空家や空地の発生を予防するために連携して啓発活動に取り組みます。

………………………………………………………………………………………………………
生活支援ヘルパー養成研修の受講者を募集します [ID 1016663]
一般財団法人保健福祉サービス公社(電話番号 86・9194 ファクス番号 86・8496)
………………………………………………………………………………………………………
高齢者の介護予防・生活支援を充実させるため、ホームヘルパー資格がない人を対象とする生活支援ヘルパー養成研修を実施します。研修修了者は訪問介護事業所などで市認定・生活支援ヘルパーとして就業することができます。ご自身が高齢でも元気な人や、子育て中の人、週1日の短時間勤務を希望する人など、多くの人の参加をお待ちしています。
日時:5月9日(火曜日)・12日(金曜日)9時半~16時半(全2回)※その他4時間程度の実習の受講が必要
場所:保健福祉サービス公社(小浜4丁目)
定員:先着20人
申し込み:4月3日(月曜日)~21日(金曜日)に、電話またはファクスで同公社へ。


**************************
市ホームページの便利な機能をご活用ください
広報課(電話番号 77・2002 ファクス番号 74・6903)
**************************

◆知りたい情報を手に入れるには
(1)「サイト内検索」「よくある質問」
サイト内検索窓に関連ワードを入力すると、お探しの情報一覧が表示されます。市民の皆さんから問い合わせの多い内容は「よくある質問」をクリックするとご覧いただけます。
(2)広報たからづかと連携「ページID検索」
広報誌の各記事に記載している7桁の「ページID」を入力すると、その情報の詳細がホームページでも閲覧できます。
(3)もしものときの「お知らせ欄」
緊急時や重要なお知らせがある時は、目立ちやすい真ん中に表示します。また、災害時にはツイッターと連携させ、緊急情報を迅速に発信します。
(4)どきどきわくわく「イベント情報コーナー」
注目のイベントが開催されるまでをカウントダウンして表示します。また、イベントカレンダーで月ごとのイベントをチェックできます。

◆便利なおススメ機能も
(1)グローバル化に対応「多言語翻訳機能」
英語、中国語(2種類)、韓国語、ポルトガル語の自動翻訳が可能です。
(2)おススメ情報が一目瞭然
開催が近いイベントやおススメの市関連情報を、大きなバナーで表示します。
(3)YouTube、Facebookでも情報発信!
動画番組「知ってよ!宝塚」をYouTubeで、取材写真などをFacebookで随時発信しています。ぜひご覧ください!


==========================
ラジオの広報番組 エフエム宝塚 83.5メガヘルツ
~市民参加のコミュニティFM放送局~ [ID 1004584]
==========================
【今月のイチオシ!】
◆特別番組「宝塚市長選挙 開票速報」 〈4月16日(日曜日)21:00~(予定)〉
パーソナリティ:三浦 紘朗 ・ 東村 洋子
コメンテーター:園田学園女子大学名誉教授 田辺 眞人
関西学院大学経営戦略研究科教授 定藤 繁樹
選挙の争点や選挙戦を振り返りながら、新市長が決まるまでを放送します。また、新市長をスタジオにお迎えして、今後の市政に向けての抱負も伺います。

※今月の防災ラジオ起動訓練 (予告なく予定を変更する場合があります)
4月11日(火曜日)16時ごろ (次回は5月17日(水曜日)16時ごろ)

【宝塚市広報番組紹介】
◆「飛び出せ! 小学生の作文」 〈月~金曜 16:20〉
市内の小学生の作文とインタビューを放送
(放送予定)
3月27日~4月7日 光明小学校
4月10日~4月21日 仁川小学校
4月24日~5月5日 売布小学校

パソコンやスマートフォンで、エフエム宝塚のホームページから番組を聴くことができます。
……………………………………………………………………
メッセージ・リクエストはこちらまで!
◆はがき 郵便番号665・8543 逆瀬川1丁目11-1
◆電話番号 76・5432 ◆ファクス番号 76・5565
◆Eメール fm@835.jp ◆ホームページ http://835.jp
……………………………………………………………………

 

********************************
犬の登録と年に1度の狂犬病予防注射をお忘れなく [ID 1000741]
生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)
********************************

生後91日以上の犬は、生涯に一度の登録、そして毎年1回の狂犬病予防注射と登録鑑札・予防注射済票の常時装着が義務付けられています。
<狂犬病予防集合注射のご案内>
登録済みの犬…市が送付する案内通知の問診票欄に記入の上、下記の会場へ。
未登録の犬…当日に下記の会場へ。新規登録と問診票を記入の上、接種を受けられます。
費用:予防注射(注射済票交付手数料を含む)=3400円、注射済票交付手数料=550円(再交付は340円)、新規登録(鑑札交付)手数料=3000円(再交付は1600円)

(1)狂犬病予防注射会場〈実施時間帯/会場〉
◆4月5日(水曜日)
9時40分~10時20分/仁川高丸中央公園(仁川高丸2丁目)
10時35分~10時55分/仁川台南公園
11時05分~11時25分/鹿塩会館前(鹿塩1丁目)
13時半~14時20分/すみれガ丘中央公園(すみれガ丘2丁目)
14時半~14時50分/御殿山第3公園(御殿山4丁目)
15時~15時半/地域利用施設御殿山会館(御殿山2丁目)
◆4月6日(木曜日)
9時半~10時10分/御所の前公園
10時半~11時/千種ケ丘自治会館前(千種4丁目)
11時10分~11時半/市営西山霊園管理棟前(青葉台1丁目)
13時半~14時/美座会館(美座2丁目)
14時10分~14時40分/旭町会館前(旭町2丁目)
14時50分~15時10分/売布3丁目公園
15時20分~15時40分/清荒神公園(清荒神4丁目)
◆4月7日(金曜日)
9時半~10時/逆瀬台5丁目第1公園
10時10分~10時40分/逆瀬台6丁目公園
10時50分~11時20分/光青橋北側駐車場前(光ガ丘1丁目)
13時半~14時10分/清駅前公園(清荒神1丁目、ベガ・ホール南東)
14時25分~14時55分/売布きよしガ丘中央公園
15時05分~15時25分/売布4丁目公園
◆4月8日(土曜日)
13時半~15時半/市役所中庭付近(東洋町)
◆4月10日(月曜日)
9時半~10時10分/宝会館(野上4丁目)
10時半~11時/月見台自治会館(月見山1丁目)
11時20分~11時40分/桜ガ丘第一公園
13時20分~13時50分/大堀川河川敷緑地(弥生町、宝塚チボリゴルフセンター前)
14時~14時半/安倉南第2公園(安倉南1丁目)
14時40分~15時/安倉第一会館前(安倉北2丁目)
15時10分~15時40分/小浜会館前(小浜5丁目)
◆4月11日(火曜日)
9時半~9時50分/貝尻池広場(平井1丁目、阪急山本駅北側)
10時05分~10時45分/雲雀丘山手公園(雲雀丘山手1丁目)
11時~11時半/長尾台自治会館前(川西市満願寺町)
13時40分~14時/山本台3丁目第二公園
14時15分~14時35分/平井4丁目第3公園
14時55分~15時15分/山本野里2丁目公園
◆4月12日(水曜日)
9時40分~10時/コスモス公園(中山台1丁目)
10時10分~10時40分/中山桜台4丁目公園
10時55分~11時25分/中山五月台公園(中山五月台3丁目)
13時半~14時/高司会館前(高司2丁目)
14時半~15時半/山本園芸流通センター前(山本中1丁目)
◆4月13日(木曜日)
9時50分~10時10分/ふじガ丘公園
10時25分~10時55分/市立花屋敷グラウンド南側(花屋敷荘園3丁目)
11時05分~11時25分/松ガ丘公園(花屋敷松ガ丘)
13時半~14時/宝塚山手台自治会館(山手台西2丁目)
14時15分~14時35分/南ひばりガ丘公園(南ひばりガ丘2丁目)
14時50分~15時10分/口谷東第3公園(口谷東3丁目)
◆4月14日(金曜日)
9時半~9時50分/切畑会館道路向駐車場(切畑字堂ノ前)
10時05分~10時25分/玉瀬公民館前(玉瀬字川端)
10時40分~10時50分/大岩谷ハイマート(玉瀬字大岩谷)
11時05分~11時25分/境野公民館前(境野字井手)
11時35分~12時/自然休養村センター前(大原野字南宮)
13時半~13時50分/東部公民館前(大原野字下林)
14時~14時20分/長谷公民館前(長谷字北畑ケ)
14時半~14時45分/下佐曽利公民館前(下佐曽利字西川)
14時55分~15時10分/上佐曽利会館前(上佐曽利字郷ノ坪)
15時25分~15時35分/西部公会堂前(大原野字西田)
15時45分~15時55分/波豆公会堂前(波豆字谷田東掛)

(2)接種時に登録・注射済票の交付ができる獣医科医院〈獣医科医院(市獣医師会会員)/電話番号/ファクス〉
あかばめペットクリニック(中筋4丁目)/20・1575/20・1575
アテナ動物病院(川面5丁目)/84・3231/86・8164
アニー動物クリニック(中筋3丁目)/82・2323/82・2324
伊藤獣医科(中州1丁目)/72・3818/72・3815
うぐいすの森動物病院(山本南1丁目)/82・5510/82・5520
大西動物病院(安倉南4丁目)/86・6216/86・6238
ココロよしざき動物病院(高司1丁目)/77・5544/76・3049
小林動物病院(泉町)/86・4153/86・4153
サニー動物病院(亀井町)/77・2772/77・2772
砂田イヌネコ病院(南口1丁目)/72・0028/72・0028
中山寺動物医院(中筋山手1丁目)/88・0469/88・0469
のぎ動物病院(小林4丁目)/73・2076/73・2079
はんぞう動物病院(山本中3丁目)/24・1356/20・1201
フジワラ動物病院(伊孑志1丁目)/71・4111/71・4115
マナ動物病院(山本丸橋2丁目)/82・2588/82・2588
宮本獣医科(武庫山1丁目)/73・8464/73・8463
めふ動物病院(星の荘)/80・8571/80・8572

※上記以外の獣医科医院でも接種できますが、登録の鑑札や注射済票を発行できない場合があります。

◆狂犬病とは?
人獣共通の感染症で、有効な治療法はなく、発症するとほぼ100パーセント死亡する恐ろしい病気です。犬の感染を予防するには予防注射の接種を行う以外に方法はありませんので、必ず年1回の予防注射を受けさせましょう。

◆登録鑑札・注射済票を失くしてしまったら…
生活環境課(市役所1階)に申請すると、新たな登録番号で再交付できます。ただし、登録鑑札の再交付は1600円、注射済票の再交付は340円の手数料がかかりますのでご注意ください。

◆病気で予防注射が受けられないときは?
病気等の理由で予防接種を受けることができない場合は、獣医師の診断書とともに「狂犬病予防注射猶予申請」を生活環境課に必ず提出してください。なお、猶予は申請年度のみ有効であるため、長期間接種ができない場合は、年度ごとに申請してください。


*****************************
地域猫活動にご理解とご協力をお願いします [ID 1000746]
生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)
*****************************

地域猫活動とは、地域の住民が主体となって飼い主のいない猫を管理する活動のことです。具体的には、不妊・去勢手術を行った上で猫を元いた場所へ戻し、適切に餌を与えるとともに、食べ残しの清掃やトイレを設置するなどして管理しています。

〈知ってください、地域猫活動について〉
(1)不妊・去勢手術
手術した猫は、世話をしている人がいることや、不妊・去勢手術を施した猫であることを識別するために、動物病院の獣医師に依頼してV字型の耳カットをしてもらっています。
(2)餌の管理
餌やり場は、活動に取り組む人の自宅の庭などに固定されています。餌は決められた時間に猫が食べ切れるだけの量を与え、食べ終わると容器を回収し、周辺の清掃を行っています。
(3)トイレの設置
活動に取り組む人が自宅の庭などにトイレを設置し、できるだけそこで排泄させるように取り組んでいます。

〈ご理解をお願いします〉
地域猫活動は、地域が主体となって取り組む活動であることから、周辺住民の皆さんの理解が不可欠となります。
現在、地域猫活動に取り組まれている人は、その地域の自治会や周囲の人に説明をした上で活動されています。また、無理なく活動が継続できるよう、複数で役割分担、ローテーション、日程を決めるなどの体制を作っています。
地域猫活動へのご理解と、無責任な餌やりはしないようにお願いします。

【地域猫活動における不妊・去勢手術費を助成します】
4月3日(月曜日)から不妊・去勢手術費の助成申請を受け付けます。
詳しい助成条件や注意事項などは市ホームページ、または生活環境課へ。
助成対象:
・複数の地域住民が協力し、かつ、周辺住民に対しても取り組み内容等が周知されていること
・宝塚市飼い主のいない猫に関する活動指針に基づいて取り組みができる人
助成額:
不妊手術の経費(メス)1匹につき上限:1万2000円
去勢手術の経費(オス)1匹につき上限:8000円


****************************
要約筆記者、手話通訳者の養成講座を開講します
障害福祉課(電話番号 77・2077 ファクス番号 72・8086)
****************************

市では、聴覚障がい者の社会参加を促進するために、市が主催するイベント等で要約筆記・手話通訳を実施します。今後、さまざまな場面で必要とされるため、パソコンによる要約筆記や手話で会話できる人を養成する講座を実施します。

(1)要約筆記者(パソコン)養成講座 [ID 1011466]
日時:5月29日~来年2月5日、9時~正午(月曜、全30回)
場所:総合福祉センター
対象:パソコンの基本操作、タッチタイピングができ、全回受講可能で、修了後に登録要約筆記者として活動できる人
定員:20人
費用:3400円(テキスト代)
※受講にはノートパソコン(OSはWindows Vista以上)が必要

(2)手話奉仕員養成講座(初級)[ID 1016395]
日時:5月18日~9月21日、9時半~11時半(木曜、全18回)
場所:まいたに人権文化センター
対象:市内在住・在勤で手話初心者の人
定員:40人
費用:3240円(テキスト代)

(3)手話奉仕員養成講座(中級)[ID 1015078]
日時:5月16日~10月24日、19時~20時50分(火曜、全23回)
場所:男女共同参画センター
対象:市内在住・在勤で初級講座を受講済みの人
定員:30人
費用:3240円(テキスト代)
※初級と同じテキストを使用。お持ちの場合、テキスト代は不要です。

(4)手話通訳者養成講座(読み取り) [ID 1015077]
日時:▽昼の部:6月6日~来年2月6日、9時半~11時半(第1・3火曜、全15回)▽夜の部:5月22日~来年3月12日、19時~20時50分(第2・4月曜、全15回)
場所:昼の部:総合福祉センター、夜の部:男女共同参画センター
対象:市内在住・在勤で中級講座を受講済みの人
定員:各部30人
費用:無料

いずれも4月1日(土曜日)から障害福祉課で配布する申込書(市ホームページからダウンロード可)に記入の上、(1)は5月12日(金曜日)まで、(2)~(4)は5月8日(月曜日)までに同課へ持参またはファクス。


****************************
市内の事業者の皆さんを応援します!
商工勤労課(電話番号 77・2011 ファクス番号 77・2171)
****************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。4月20日(木曜日)10時半~11時

市では、市内の事業者の皆さんを応援するため、さまざまな支援を行っています。いずれも市内の事業者が対象です。詳細な条件や補助内容については市ホームページをご覧ください。
補助金を申請する場合は、商工勤労課へ相談の上、市ホームページからダウンロードできる申請書の提出をお願いします。なお、下記(1)は7月31日(月曜日)まで、(2)~(5)は随時、申し込みを受け付けています。

(1)設備投資及び販路拡大支援事業補助金~設備投資に最大100万円、販路拡大に最大20万円を補助~ [ID 1020172]
<設備投資支援>
対象設備:設備投資等を市内で行い、購入した機械等は市内の工場等に設置するもので、本市の償却資産課税台帳に登録される取得価額が30万円以上のもの
対象事業者:市内に事業所を有し、日本標準産業分類の大分類のうち、▽農業、林業▽製造業▽卸売業、小売業の一部▽情報通信業を行うもの
補助額:対象経費の20%以内(上限100万円)、小規模企業者は対象経費の2分の1以内(上限30万円)
<販路拡大支援>
対象事業:新製品の市場開拓や、優れた商品・サービスの販路拡大のために見本市や物産展、商談会等へ出展する事業
対象事業者:他に同趣旨の補助金を受けていないもの(一部例外あり)
補助額:対象経費の2分の1以内(上限は県内5万円、県外10万円)。ただし1事業者の上限額は20万円。

(2)商店街空き店舗活用事業補助金~商店街空き店舗活用にかかる家賃に最大3万円を補助~ [ID 1020161]
対象事業:商店街の空き店舗を活用し、活性化のために行う地域の特色を生かした事業
対象事業者:個人事業者、中小事業者、NPO法人、商業協同組合
補助額:空き店舗にかかる家賃の3分の1以内(月額上限2万円、中心市街地区域内は3万円)、最大3年間

(3)空き店舗等出店促進補助金~空き店舗の改装や設備工事に最大100万円を補助~ [ID 1020169]
対象事業:対象区域の空き店舗を活用し、活性化のために行う地域の特色を生かした事業
補助額:対象経費(空き店舗の改装や建物に附属する設備工事費)の2分の1以内(上限50万円、西谷地区の一部は100万円)

(4)商業活性化推進事業補助金~商店街の活性化イベントなどに最大80万円を補助~ [ID 1020165]
対象事業: (A)商店街活性化イベント事業(B)商業連携広域イベント事業(C)中心市街地活性化イベント事業
補助額:対象経費(会場借上料、会場整備費、印刷・広告宣伝費など)の2分の1以内(上限は (A)(C)15万円、(B)80万円)

(5)中小企業振興資金融資あっせん制度~中小企業に最大2000万円の融資をあっせん~ [ID 1002725]
対象事業者:市内で同一事業を1年以上継続して営んでおり、市税を滞納していない中小企業者(下記(C)は除く)で、兵庫県信用保証協会の保証対象業種であること

〈資金種類名/資金使途/貸付限度額/貸付期間/返済方法〉
(A)中小企業振興事業資金/運転資金・設備資金/2000万円/7年以内/元金均等分割払い(12か月据え置き可)
(B)小規模企業振興資金/運転資金・設備資金/1000万円/7年以内/元金均等分割払い
(C)起業家等支援資金/運転資金・設備資金/500万円/5年以内/元金均等分割払い(12か月据え置き可)

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。