エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成29(2017)年7月号 自動翻訳機能対応テキスト版(17面から22面)


ここから本文です。

平成29(2017)年7月号 自動翻訳機能対応テキスト版(17面から22面)

ID番号 1021503 更新日  平成29年7月11日  印刷

くらしのガイド(17面から22面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【17~22面】

**********
くらしのガイド
**********

〈暮らし・手続き〉

……………………………
市税の納税のお願い
……………………………
(1)市税は皆さんの暮らしを支える大切な財源です[ID 1000488]
行政サービスの費用は、大部分が市民の皆さんに納めていただいた税金(市税)でまかなわれています。市税は、定められた期限(納期限)までに自主的に納めてください。
(2)滞納処分に積極的に取り組みます[ID 1000488]
納期限までに市税を納付されないと滞納となり、納期限までに納められている皆さんとの公平性を保つため、財産の差し押さえなどにより、強制的に市税を徴収(滞納処分)することとなります。市は、滞納処分の強化に取り組み、市税収入の確保に努めています。
納期限までの納付が難しい場合は、市税収納課へご相談ください。
(3)口座振替をご利用ください[ID 1000489]
市は、便利で安全、確実な口座振替での納税をお勧めしています。納め忘れを防ぐだけでなく、金融機関等へ足を運ばなくても納税できるので大変便利です。ぜひご利用ください。
[問い合わせ先]市税収納課(電話番号 77・9101 ファクス番号 77・9105)

……………………………………
休日納税相談を実施します
[ID 1000486]
……………………………………
平日に窓口に来られない人のために、休日納税相談窓口を開設します。当日は電話での相談や問い合わせも受け付けます。
[日時]7月22日(土曜日)・23日(日曜日)9時~17時半
[場所]市役所1階 市税収納課
[内容]市・県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税および国民健康保険税の納税相談。
[問い合わせ先]市税収納課(電話番号 77・9101 ファクス番号 77・9105)

============================
国民健康保険税 第1期分 固定資産税・都市計画税第2期分
納期限は7月31日(月曜日)
[ID 1000487]
============================
金融機関、コンビニエンスストア、市役所、各サービスセンター・雲雀丘サービスステーション(他のサービスステーションでは納付できません)で納めてください。納税には、便利な口座振替をご利用ください。
市税収納課(電話番号 77・9101 ファクス番号 77・9105)

===============
くらしの情報 [ID 1010030]
===============
「不用品は何でも買い取ります」と電話をかけてきて、貴金属など高価なものを強引に安く買い取られたなどの相談が寄せられています。不用品の買い取りは慎重に、契約する際は気を付けましょう。
消費生活センター(電話番号 81・0999 ファクス番号 83・1011)

……………………………………………
新築・増築家屋の調査にご協力を
[ID 1008863]
……………………………………………
今年1月2日以降に新築・増築された家屋は、平成30(2018)年度から固定資産税・都市計画税の課税対象となります。対象家屋の評価額を算出するため、市職員が伺い家屋調査を行います。調査の際には、市職員証および固定資産評価補助員証を提示します。対象家屋所有者の皆さんのご協力をお願いします。
[問い合わせ先]資産税課(電話番号 77・2059 ファクス番号 71・6188)

……………………………………………
国民健康保険高齢受給者証の更新
[ID 1000507]
……………………………………………
70~74歳で国民健康保険に加入している人の高齢受給者証の有効期限は7月末日です(その日までに75歳の誕生日を迎える人を除く)。
引き続き対象となる人には、新しい高齢受給者証を7月下旬に送付します。
新しい高齢受給者証の窓口負担は、平成29(2017)年度(平成28年中の収入に係る)の市民税の課税所得、70歳以上の人の収入および生年月日で決まります。
[問い合わせ先]国民健康保険課(電話番号 77・2063 ファクス番号 77・2085)

……………………………………………………………
国民健康保険限度額適用認定証、
限度額適用・標準負担額減額認定証の更新・申請
[ID 1016445]
……………………………………………………………
現在交付されている認定証の有効期限は7月末日です。更新や新規発行を希望する人は、7月3日(月曜日)以降に国民健康保険証を持参し、国民健康保険課給付担当窓口に申請してください。新しい認定証は7月下旬に送付します。
限度額適用認定証=70歳未満で本市の国民健康保険に加入している人は、高額な診療を受けた場合、同認定証を医療機関の窓口で提示すると、自己負担が所得に応じた限度額までとなります。
限度額適用・標準負担額減額認定証=住民税非課税の世帯で本市の国民健康保険に加入している人は、高額な診療を受けた場合、同認定証を提示すると、自己負担が所得に応じた限度額までとなり、入院時の食事代も減額されます(70歳以上の人も含みます)。
[問い合わせ先]国民健康保険課(電話番号 77・2063 ファクス番号 77・2085)

…………………………………………………
国民年金保険料の納付が困難なときは
[ID 1000514]
…………………………………………………
所得の状況に応じて、保険料の支払いが免除(全額・一部)または猶予される場合があります。未納期間がある場合、年金の受給が制限されることもありますので、保険料を納められない場合は免除、猶予の申請をしてください。
今年度の申請は7月3日(月曜日)から受け付けます。年金手帳(平成27年12月31日以降に離職した人は離職票等)を持って、市役所窓口サービス課または各サービスセンター・サービスステーションへお越しください。
[問い合わせ先]窓口サービス課(電話番号 77・2066 ファクス番号 76・2006)

…………………………………………………………………
休日臨時窓口でマイナンバーカードを受け取れます
[ID 1013581]
…………………………………………………………………
申請されたマイナンバー(個人番号)カードを受け取るための休日臨時窓口を、9月までの第4日曜に開設します。
[日時]7月23日・8月27日・9月24日(日曜日)の9時~12時半
[場所]市役所1階 窓口サービス課
[問い合わせ先]窓口サービス課(電話番号 77・2217 ファクス番号 76・2006)

……………………………………………………………………………
後期高齢者医療制度の保険料額決定通知書を7月中旬に送付
[ID 1000519]
……………………………………………………………………………
納付方法は年金から保険料が天引きされる特別徴収と、口座振替や納付書で納めていただく普通徴収の2通りです。
災害で大きな損害を受けたり、所得の著しい減少があった場合などには、申請により保険料が減免される場合があります。
新しい被保険者証は7月下旬に送付しますので、8月1日からは新しい被保険者証を医療機関の窓口で提示してください。
限度額適用・標準負担額減額認定証の有効期限は7月31日です。8月以降も引き続き対象となる人には、7月下旬に被保険者証と一緒に送付します。
平成29年度から保険料の軽減特例の見直しなどの制度改正が行われました。詳しくは、同封のパンフレット等をご覧ください。
◆保険料の計算方法
【均等割額】4万8297円

【所得割額】(前年の総所得金額等-33万円)× 10.17パーセント

【今年度保険料額】(最高限度額57万円)
[問い合わせ先]医療助成課(電話番号 77・9103 ファクス番号 77・2085)


〈観光・文化・産業〉
………………………………………………
国際交流協会助成金対象事業を募集
[ID 1012140]
………………………………………………
応募資格=市内を中心に活動拠点があり、政治や宗教活動を主な目的としない非営利の法人、団体、グループまたは個人
対象事業=今年度に実施される国際協力・支援事業、国際交流事業
[申し込み]宝塚市国際交流協会で配布する申請書を同協会へ。8月31日(木曜日)必着。
[問い合わせ先]特定非営利活動法人 宝塚市国際交流協会(電話番号 76・5917〈水曜を除く〉 ファクス番号 76・5918)


〈教育・子ども・人権〉
……………………………………………………………………………………
性的マイノリティに関する情報発信のためツイッターを始めました
[ID 1021193]
……………………………………………………………………………………
誰もが「ありのままに自分らしく生きられるまち宝塚」を目指し、性的マイノリティについての理解を広げ、支援するため、講演会の開催や電話相談の周知などさまざまな情報をお知らせします。
アカウント名=@zukajinken
※Twitterの検索画面にアカウント名を入力すると閲覧が可能です。
[問い合わせ先]人権男女共同参画課(電話番号 77・9100 ファクス番号 77・2171)


〈健康・福祉〉
………………………………………………………………
生活支援ヘルパー養成研修の受講者を募集します
[ID 1016663]
………………………………………………………………
高齢者の介護予防・生活支援を充実させるため、ホームヘルパー資格がない人を対象とする生活支援ヘルパー養成研修を実施します。研修修了者は訪問介護事業所などで市認定・生活支援ヘルパーとして就業することができます。ご自身が高齢でも元気な人や、子育て中の人、週1日の短時間勤務を希望する人など、多くの人の参加をお待ちしています。
[日時]7月21日(金曜日)・25日(火曜日)9時半~16時半(全2回、その他4時間程度の実習の受講が必要)
[場所]保健福祉サービス公社(小浜4丁目)
[対象者]原動機付自転車または自転車に乗れる人。定員先着20人。
[申し込み]7月4日(火曜日)~10日(月曜日)に電話で同公社へ。
[問い合わせ先]保健福祉サービス公社(電話番号 86・9194 ファクス番号 86・8496)

………………………………………………………
臨時福祉給付金の申請を受け付けています
[ID 1019523]
………………………………………………………
消費税の引き上げによる影響を緩和するため、臨時福祉給付金(経済対策分)を支給します。
[対象者]平成28年1月1日現在、宝塚市に住民票があり、平成28年度の市民税(均等割)が課されていない人(ただし、課税者に扶養されている場合や、生活保護の被保護者等は対象外)。
支給額=対象者1人につき1万5千円
[申し込み]申請書(対象と思われる人に対して郵送)に必要事項を記入し、本人確認書類等を添付の上、同封の返信用封筒で9月15日(金曜日)までに郵送または持参。
※対象と思われるのに申請書が届いていない場合はご連絡ください。
[問い合わせ先]給付金の申請については臨時給付金コールセンター(電話番号 0570・666・614、平日9時~17時半 ファクス番号 71・5111)、制度については厚生労働省専用ダイヤル(電話番号 0570・037・192、9時~18時 ファクス番号  06・6645・6278)

…………………………………………………
福祉医療費受給者証が切り替わります
[ID 1000623]
…………………………………………………
市は、老人・乳幼児・子ども・障がい者・母子家庭などの人を対象に、福祉医療費の助成を行っています。7月以降も引き続き対象となる人には、6月下旬に新しい受給者証を送付しました。新たに受給要件を満たした人が助成を受けるには申請が必要ですので、7月以降に医療助成課または各サービスセンター・サービスステーションで手続きをしてください(申請には健康保険証などが必要、所得制限あり)。
※7月から老人医療費受給者証は高齢期移行医療費受給者証に名称が変わりました。
[問い合わせ先]医療助成課(電話番号 77・2064 ファクス番号 77・2085)

………………………………
特別障害給付金を支給
[ID 1000630]
………………………………
国民年金の任意加入期間に加入しなかったことにより、障害基礎年金などを受給できない障がい者を対象に、特別障害給付金が支給されます。対象者や支給額等について詳しくは、窓口サービス課までお問い合わせください。
[問い合わせ先]窓口サービス課(電話番号 77・2066 ファクス番号 76・2006)

……………………………………………………………………………………………
指定難病・特定疾患(スモン)および小児慢性特定疾病の更新申請について
……………………………………………………………………………………………
有効期限が9月30日までの受給者証をお持ちの人に更新手続きの案内を郵送しています。7月上旬までに届かない場合は必ず宝塚健康福祉事務所まで連絡してください。10月1日以降も引き続き交付を希望する人は案内に記載の期間に申請してください。期間内に申請できない場合は、受給者証の発行が10月1日以降となります。
[問い合わせ先]宝塚健康福祉事務所(電話番号 72・0054 ファクス番号 74・7091)

……………………………………………
特定疾病患者見舞金を支給します
[ID 1008677]
……………………………………………
[対象者]市内に1年以上居住し、申請時点で有効な特定医療費(指定難病)受給者証、特定医療費(小児慢性)受給者証、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証のいずれかをお持ちの人。
見舞金額=年額2万円
[申し込み]特定疾病患者見舞金受給申請書兼支給請求書に受給者証の写しを添えて医療助成課へ。
[問い合わせ先]医療助成課(電話番号 77・2064 ファクス番号 77・2085)

………………………………………………………………
特別弔慰(ちょうい)金の給付請求はお済みですか
[ID 1012093]
………………………………………………………………
戦没者等の遺族に対する第10回特別弔慰金の給付請求の受け付けが始まっています。請求が済んでいない場合は、平成30(2018)年4月2日までに手続きをしてください。
[問い合わせ先]せいかつ支援課(電話番号 77・2143 ファクス番号 72・8086)


〈安全・都市基盤〉
……………………………………………………………………
兵庫県住宅再建共済制度(フェニックス共済)のご案内
[ID 1012381]
……………………………………………………………………
フェニックス共済は、兵庫県内に住宅をお持ちの人、県内に住む人のための、あらゆる自然災害を対象とした安全・安心の共済制度です。
相談や説明、加入申し込みを受け付けますので、ぜひお越しください。
[日時]7月10日(月曜日)10時~正午、13時~16時
[場所]市役所G階 警備防災センター横
[問い合わせ先]県阪神北県民局フェニックス共済(電話番号 83・3122 ファクス番号 86・4379)

………………………………………………
消防救助隊の訓練成果を披露します
[ID 1020864]
………………………………………………
今年度4月に発隊した高度消火隊、指揮支援隊が連携して建物火災を想定した技術演練を実施するほか、消防救助技術を競い合う消防救助技術近畿地区指導会に向けて、救助隊員が訓練成果を披露します。見学自由ですので、ぜひお越しください。
[日時]7月10日(月曜日)10時半~11時半
[場所]市消防訓練場(安倉北1丁目)
[問い合わせ先]消防本部救急救助課(電話番号 73・1948 ファクス番号 77・3951)

………………………………………………………………
生産緑地地区の指定に関する相談を受け付けます
[ID 1012007]
………………………………………………………………
[日時]7月3日(月曜日)~18日(火曜日)平日9時~17時半
[場所]市役所2階 都市計画課
[対象者]新たに生産緑地地区の指定を希望する人
必要書類=▽農地の面積、地目、土地所有者が分かる書類▽農地の範囲と耕作状況が分かる写真
[問い合わせ先]都市計画課(電話番号 77・2088 ファクス番号 74・8997)

……………………………………………………………
国土調査法に基づく官民境界等先行調査の実施
[ID 1011925]
……………………………………………………………
この調査は、土地所有者の皆さんの立ち会いのもと、官有地・道路などとの境界を調査・測量するものです。今年度は向月町地区の一部で実施します。
[問い合わせ先]道路管理課(電話番号 77・2093 ファクス番号 77・2102)


〈環境〉
…………………………………………………
ペットボトルごみを出すときのお願い
[ID 1014257]
…………………………………………………
夏場はペットボトルの利用が増え、宝塚市でも大量のペットボトルが収集されています。リサイクル工程ではキャップやラベルの取り外しが求められており、ご家庭での分別の重要性が高まっています。ペットボトルは、月2回の定められた収集日に出してください。
ペットボトルの出し方=(1)キャップとラベルは取り外してプラスチックごみとして出す(2)中を軽くすすぐ(3)できるだけつぶす
[問い合わせ先]クリーンセンター管理課(電話番号 87・4844 ファクス番号 81・1941)

…………………………………………………………………………
事業活動から出るごみはごみステーションには出せません
[ID 1012271・1012272]
…………………………………………………………………………
事業所から出るごみ(店舗や会社などから出される産業廃棄物以外のごみ)は、事業者が責任をもって適正に処理する必要があります。事業者がごみステーションに排出するのを見かけた場合は、クリーンセンターにお知らせください。
事業所から出るごみの処理方法=次の(1)または(2)の方法で処理をお願いします。
(1)市の一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた業者(下記のとおり)に収集運搬を依頼する。
・株式会社エバークリーン(電話番号 80・7875)
・海田工業株式会社(電話番号 72・9660)
・株式会社クリーンボーイ(電話番号 0798・52・9811)
・サンタ―商事株式会社(電話番号 74・5516)
・白瀬浚渫興業株式会社(電話番号 84・1203)
・株式会社都市クリエイトサービス(電話番号 81・6087)
・有限会社ナカザワ(電話番号 73・4441)
・有限会社プランドゥー(電話番号 74・1199)
・有限会社北摂クリーンサービス(電話番号 74・8833)
(2)事前に予約受付センター(電話番号 87・3363)に予約の上、クリーンセンターに持ち込む。
[問い合わせ先]クリーンセンター業務課(電話番号 87・7883 ファクス番号 81・1941)

………………………………………………………………………
市庁舎および公共施設における節電の取り組みについて
[ID 1021096]
………………………………………………………………………
冷房等で増加するエネルギー消費量を抑制するため、9月29日までの間、照明の間引き点灯、空調温度管理の徹底、緑のカーテンの設置など節電の取り組みを行います。市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。
[問い合わせ先]管財課(電話番号 77・2031 ファクス番号 72・1419)

………………………………………………………………………
7月1日から太陽光発電施設の設置には届け出が必要です
[ID 1020949]
………………………………………………………………………
兵庫県で「太陽光発電施設等と地域環境との調和に関する条例」が施行され、7月1日から、県内に太陽光発電施設(建築物の屋上等に設置されるものを除く)を設置する際には同条例に規定する基準への適合が必要となります。事業区域の面積が5000平方メートル以上の設置工事等については、近隣関係者へ説明の上、工事着手の60日前までに事業計画の届け出が必要となります。詳しくは、兵庫県ホームページをご覧ください。
[問い合わせ先]兵庫県建築指導課(電話番号 078・362・3646 ファクス番号 078・362・4456)

………………………………………………………
犬の登録と狂犬病予防注射をお願いします
[ID 1000741]
………………………………………………………
生後91日以上の犬は、生涯に1回登録が必要です。未登録の犬を飼う場合は、新規登録手続きが必要です。所有者の住所等に変更があった場合には変更手続きが必要です。各種手続きについては、生活環境課または市獣医師会加入獣医科医院で受け付けしています。
狂犬病予防注射接種=狂犬病予防法により、犬の所有者または管理者は、毎年6月30日までに当該年度分の狂犬病予防注射を1回受けさせ、注射済票を犬に装着することが義務づけられています。まだ注射が済んでいない場合は、できるだけ早く受けさせてください。
狂犬病予防注射猶予申請=病気などの理由により、今年度予防接種を受けることができないと獣医師が判断した場合、獣医師の診断書を添えて「狂犬病予防注射猶予申請」を行ってください。
[問い合わせ先]生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)

……………………………………
大気中の放射線量測定結果
[ID 1000684]
……………………………………
6月6日に市内5か所で測定した大気中の放射線量は、毎時0.09~0.11マイクロシーベルトの範囲で、日本地質学会による宝塚市域の自然放射線量(0.10マイクロシーベルト前後)の値でした。
[問い合わせ先]環境政策課(電話番号 77・2070 ファクス番号 71・1159)

……………………………………………………
夜間花火の巡回パトロールを実施します
[ID 1000747]
……………………………………………………
市では、22時から翌朝6時までの間、市内すべての公園や河川敷等の公共の場所で、爆発音の出る花火や打ち上げ花火の使用を禁止しています。花火のシーズンに向けて、市民の皆さんが快適に暮らせるよう巡回パトロールなどを実施して協力を呼び掛けます。ご協力をお願いします。
[問い合わせ先]生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)

============================
宝塚すみれ墓苑の使用者を募集しています [ID 1003507]
生活環境課(電話番号 77・2146 ファクス番号 71・1159)
============================
昨年度より募集区画を大幅に拡大しています。詳しい案内パンフレットなどを送付しますので、生活環境課へお電話ください。案内パンフレットは、市ホームページでもご覧いただけます。全区画バリアフリー対応です。
[永代使用料]1区画(2平方メートル~)48万2000円から(別途、毎年管理料が必要)
[開苑時間]8時~17時。年中無休。開苑時間内は、いつでも自由に見学できます。


〈まちづくり・市政情報〉
…………………………………………………………………………………………
きずなの家「母と子のコミュニティカフェ・花のみち」閉所のお知らせ
[ID 1021197]
…………………………………………………………………………………………
6月29日(木曜日)をもちまして、きずなの家「母と子のコミュニティカフェ・花のみち」が閉所します。閉所後は、近くの「ほっとスペース天」(栄町1丁目17-8-2)で火・木曜13時~16時に同じような取り組みをしています。引き続きご利用ください。
[問い合わせ先]産前・産後サポート事業 ほっとスペース天(電話番号 83・2312)

…………………………………………………
7月2日は兵庫県知事選挙の投票日です
[ID 1021010]
…………………………………………………
7月2日(日曜日)は、兵庫県知事選挙の投票日です。皆さんで投票しましょう。詳しくは、6月号に折り込みの広報臨時号、または市ホームページをご覧ください。
[問い合わせ先]選挙管理委員会事務局(電話番号 77・2032 ファクス番号 74・1818)

…………………………………
議会報告会を開催します
[ID 1000989]
…………………………………
6月定例会での議案の審議内容について市議会議員が報告し、質問にお答えします。
[日時]7月22日(土曜日)10時~正午
[場所]西公民館3階セミナー室
※一時保育あり(7月14日(金曜日)までに要予約)。手話通訳・要約筆記が必要な人は、7月7日(金曜日)までにご連絡ください。
[問い合わせ先]議会事務局議事調査課(電話番号 77・2168 ファクス番号 74・6902)

………………………………………
市指定金融機関を変更します
[ID 1012065]
………………………………………
市の公金(上下水道局、市立病院を除く)を取り扱う金融機関を総括する市指定金融機関を、7月1日付で三菱東京UFJ銀行から池田泉州銀行に変更します。
[問い合わせ先]会計課(電話番号 77・2107 ファクス番号 77・9104)

………………………………………………………
 「市史研究紀要たからづか」第28号の頒布
[ID 1021081]
………………………………………………………
頒布場所=中央図書館、西図書館、教育委員会社会教育課(市役所2階)、宝塚駅前サービスステーション
頒布価格=1冊900円(郵送を希望する場合は別途、送料180円が必要)。詳細は、中央図書館市史資料室までお問い合わせください。
[問い合わせ先]中央図書館市史資料室(電話番号 85・0648 ファクス番号 81・0598)

…………………………………………………………
市役所内食堂は土・日・祝日も営業しています
[ID 1012969]
…………………………………………………………
今年2月に市役所内グランドフロアーにオープンした食堂「宝塚料理店」は、より多くの皆さんにご利用いただくため、土・日・祝日の営業も行っています。末広中央公園へのお出かけや、武庫川河川敷でのイベント、スポーツ大会や各種催し物の際には、ぜひお気軽にご利用ください。
営業時間=平日8時~19時、土・日・祝日11時~15時(上記時間帯以外の営業もご相談に応じます)
※メニューやお店の情報がインスタグラムやインターネットで閲覧できます。
[問い合わせ先]市職員互助会(電話番号 77・2248 ファクス番号 72・6032)

…………………
市への寄附
…………………
本門佛立宗 阪神布教区 福祉の輪をひろげる会―5万円(福祉基金へ)


=========================
ぐるっと施設紹介 ~市の施設を順次紹介します~
人権文化センター
=========================
市内には3つの人権文化センター (くらんど・まいたに・ひらい)があります。人権文化センターはすべての人の人権が保障され、互いに尊び合うことのできる人権文化の創造と推進を図り、同和問題をはじめとした人権問題の速やかな解決に資することを目的とした施設です。
[開館時間]月~土曜 9時~21時
[休館日]日曜・祝日および年末年始
[利用方法]会議室等は有料で利用できます(事前申し込みが必要)。図書室、自習室など無料で利用できる部屋もあります。
詳しくは、下記の各人権文化センターまでお問い合わせください。

くらんど人権文化センター(中野町22番19号、電話番号 73・2222 ファクス番号 73・2223)
まいたに人権文化センター(今里町5番1号、電話番号 84・4461 ファクス番号 84・4463)
ひらい人権文化センター(平井6丁目3番38号、電話番号 88・2795 ファクス番号 88・2774)

【くらんど人権文化センターからのお知らせ】[ID 1004847]
くらんど人権文化センターは、耐震補強工事などにより下記の期間は貸部屋等の利用ができません。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
・本館利用停止期間 7月31日(月曜日)まで
・別館利用停止期間 9月30日(土曜日)まで


=================
パブリック・コメント (意見公募)
=================
◆市北部地域まちづくり基本構想(案)[ID 1021102]
=同構想の策定に向けて意見を募集。期間は7月3日(月曜日)~8月2日(水曜日)。素案は北部振興企画課および市民相談課、各サービスセンター・サービスステーションで配布。市ホームページにも掲載。
[問い合わせ先]北部振興企画課(電話番号 91・1111 ファクス番号 91・0851)

=========
市民委員を募集
=========
[対象者]市内に1年以上在住する20歳以上の人(ただし、本市の市議会議員・職員・他の審議会などの委員は除く)。報酬は市の規定により支給。
[申し込み]申込書は次の各担当課、市民相談課、各サービスセンター・サービスステーションで配布(市ホームページからもダウンロード可)。
◆市協働のまちづくり促進委員会[ID 1012108]
=3人。任期は9月20日~2019年9月19日。
[申し込み]申込書と「私が考える協働について」をテーマにした小論文(800字程度、様式は任意)を市民協働推進課へ郵送または持参。7月31日(月曜日)必着。
[問い合わせ先]市民協働推進課(電話番号 77・2051 ファクス番号 77・2086)
◆市上下水道事業審議会[ID 1012480]
=3人。任期は11月~2019年10月。
[申し込み]申込書と「水道または下水道の今後のあり方」をテーマにした小論文(800字程度)を〒665・0032 東洋町1番3号「上下水道局経営企画課」へ郵送または持参。8月1日(火曜日)必着。選考は8月中旬。応募者全員に結果を通知します。
[問い合わせ先]上下水道局経営企画課(電話番号 77・2104 ファクス番号 72・5381)

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。