エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成29(2017)年8月号 自動翻訳機能対応テキスト版(7面)


ここから本文です。

平成29(2017)年8月号 自動翻訳機能対応テキスト版(7面)

ID番号 1021684 更新日  平成29年8月10日  印刷

市長からの手紙(7面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【7面】

************************
 【市長からの手紙】市民の皆さまへ
~暑中お見舞い申し上げます~
宝塚市長 中川智子 [ID 1000020]
************************

梅雨も明けて、本格的な夏がやってきました。
九州での豪雨被害に遭われ犠牲となられた方々に心からご冥福をお祈りします。
さて、先日、新聞の片隅にこんな川柳が載っていました。「夏が好きされど昔の夏が好き」(朝日新聞 平成29年7月14日付朝刊から引用)。若い方はピンとこないかもしれませんが、昭和20年代、30年代に子どもだった方々は、夏の思い出は、屋外に“涼”を求め、縁台で近所のお年寄りが語ってくれる“怪談話”、お寺の境内で催される“肝だめし”、金魚売りの声など、なつかしく思い出されるのではないでしょうか。家にクーラーがない時代でした。地域のコミュニティがごく自然に人々の交わりの中で生まれた時代。広場や学校の運動場で蚊に刺されながらの映画会も大切な思い出です。
そういえば今年は特に夕焼けが美しいなぁと感じます。6月の初め、阪急宝塚駅とJR宝塚駅をつなぐ自由通路から見た夕焼けが息を呑むほどきれいで、立ち止まって見ていました。あまりにきれいだったので、一人ではもったいないと思い、周りを見回しても家路に急ぐ人々は気づきません。そこに高校生が3人通りかかり、ひとりの子が「オッ、市長、何してるん」と声をかけてくれたのです。私は3人を手招きして「ほら、夕焼けきれいねぇ」と言うと、3人とも「ほんま、きれいやなぁ」と一緒に見てくれました。一人で見ていた時よりも何倍も嬉しさがこみ上げてきました。すてきな時間でした。つき合ってくれた3人の高校生、ありがとう。
今年も夏休み期間に宝塚では子ども委員会や子ども議会が開かれます。また、安倉バレーボールクラブや宝塚剣道円心会の全国大会出場と、子どもたちの活躍には目を見張るものがあります。兵庫県代表として出場する意気込みを伝えに市長室へ来てくれる子どもたちの目はまっすぐで、「勝ってくるぞ!」という強い意志がみなぎっていて圧倒されるほどです。
先般開催された「ジャパン碁コングレス2017 in 宝塚」は大成功でした。宝塚市大使で囲碁プロ棋士の榊原史子(ふみこ)六段をはじめご尽力いただいた皆さま、参加してくださった皆さまに感謝申し上げます。
災害はいつどこで起きるか予想できない昨今の気象状況です。どうか備えの確認や情報に注意を払っていただきますようお願いいたします。そしてくれぐれも熱中症に気をつけてくださいね。

 

***************************************
~「おいしい!」の笑顔で育てるTAKARA(たから)っ子~
〈新聞やテレビでも紹介された〉宝塚市のおいしい学校給食レシピ [ID 1008934]
学校給食課(電話番号 77・2039 ファクス番号 71・1891)
***************************************

毎日子どもたちが食べている宝塚市の学校給食の献立を紹介します。
8月号は7月に小学校の地産地消給食でも登場した「ミネストローネ」です。ミネストローネで使用されるトマトは、年中店頭に並んでいますが、本来は夏においしい緑黄色野菜です。夏の暑さで弱った胃を守り、夏バテを防いでくれる働きがあります。また、体の熱を取る作用もあるため、暑い時には、冷やしたトマトをおやつとして食べるのもよいですね。

〈ミネストローネ〉
●1人分当たり:エネルギー 248キロカロリー、タンパク質 7.0グラム、脂肪 10.5グラム、塩分 1.4グラム

■材料(4人分)
・ベーコン…90グラム
・たまねぎ…1個
・じゃがいも…3個
・にんじん…1/2個
・トマト…1/4個
・トマト(水煮)…60グラム
・白いんげん豆…30グラム
・パセリ…少々
・炒め用油…適量
・水…600シーシー
(A)
・チキンブイヨン(顆粒)…小さじ2
・ケチャップ…大さじ2と1/2
・砂糖…小さじ2
・ウスターソース…大さじ1
・塩…小さじ1/2
・こしょう…少々

■作り方
(1)白いんげん豆は煮崩れに注意しながら少し固めにゆでる。
(2)ベーコンは1センチ幅、たまねぎ、じゃがいも、にんじん、トマトは1センチ角に切る。パセリはみじん切りにする。
(3)パセリ以外の(2)を、炒め用油で炒め、水を入れて煮た後、トマト(水煮をカットしたもの)を入れて煮る。
(4)あくを取り、野菜が煮えたら、調味料(A)で味付けをする。
最後に白いんげん豆を加え、パセリを入れてできあがり。

※ご家庭で作りやすいようにアレンジしています。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。