エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成29(2017)年9月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)


ここから本文です。

平成29(2017)年9月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)

ID番号 1022140 更新日  平成29年9月7日  印刷

市立病院だより(24面・25面)

※市外局番の記載のないものは(0797)です。

【24・25面】

市立病院のページ

**************************
~市民の健康といのちを守ります~ [ID 1004613]
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
**************************
…………………………………………………………………………………………………………………
新しい看護提供方式“PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)”で安心・安全な看護を
…………………………………………………………………………………………………………………
◆Q.1 PNSについて教えてください
“PNS”とは、1人の患者さんに対して2人の看護師が担当するシステムで、市立病院では4年前から導入しています。PNSは、平成21(2009)年に福井大学医学部附属病院看護部が開発したもので、近年の高齢化や医療の高度化に伴い、看護師業務が多種多様で複雑化するという現代の医療情勢にも柔軟に対応できるものです。
◆Q.2 従来の看護提供方式と大きく違うところはどこですか?
これまでの看護は、その日に担当する患者さんのこと全てを1人の看護師が行う『自己完結型の看護』で、看護師の経験によって患者さんの観察・状況判断などに差が生じていました。また、人工呼吸器を装着した患者さんの体位変換を始め、1人ではできないケアの際に応援を呼びに行くなど時間がかかってしまっていました。それに比べてPNSは『二人三脚型の看護』と言われ、看護師2人がパートナーとして協働して看護を行います。
◆Q.3 患者さんにとってのメリットは?
「2人ペア」で行動することで、安心で安全な看護を提供することができます。
例えば、新人とベテラン看護師がペアになることで知識と技術の差がなくなり安定した看護を提供することができます。また、点滴・薬の投薬や医師の指示などを2人で確認し実施することで安全性が高まります。患者さんからのナースコールに対してもお待たせすることなく対応が可能です。
◆Q.4 看護師にとってのメリットは?
毎日、先輩看護師やベテラン看護師と共に行動するので、看護の実践場面から知識・技術を直接学ぶことができます。そして新人看護師や育休明けの看護師にとっては、常にそばに誰かがいる安心感があり、新しい仕事や職場にも早く慣れることができます。2人で効率的に看護をすることができるので、休憩時間が確保され超過勤務の削減にもつながっています。
◆Q.5 今後の活動について教えてください
患者さんにも看護師にとってもメリットがあるPNSを、PNS推進ワーキング委員会が中心となって今後も推進し、安心で安全な看護を提供していきたいと考えています。

…………………………………………………………
講座・ご案内(いずれも無料、申し込み不要)
…………………………………………………………
◆第23回 市民公開講座 〈手話通訳・要約筆記あり〉
日時:9月9日(土曜日)14時~15時半(13時半 開場)
場所:ソリオホール(ソリオ1の3階)
テーマ:「正しく知ろう!すい臓がんのこと」
診療部長・外科主任部長 黒田 暢一(のぶかず)
「うまく使おう!がん相談」
がん看護専門看護師 吉田 こずえ

◆健康測定・健康よろず相談 〈先着50人〉
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
日時:9月11日(月曜日)13時半~15時
場所:市役所G階 警備防災センター横
内容:健康測定(血圧・体重・体脂肪・骨量)

◆「きらめきサロン」の「市立病院の得した気分!」
毎月第2月曜 17時25分~45分
エフエム宝塚【83.5MHz】で放送中
当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
放送日:9月11日(月曜日)
テーマ:PNS~新しい看護提供方式~

……………………
お知らせ
……………………
◆車でのご来院を控えてください。
第1駐車場でのがんセンター建築工事のため、駐車台数がかなり減少しています。車でのご来院をできるだけ控えるようご協力をお願いします。

◆整形外科から
月・金曜の外来診療は、紹介状のある方、予約済みの方のみ診療しています。


*****************************
いきいき健康 21世紀の健康づくり [ID 1004786]
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
*****************************
……………………………………………………………………………
健康づくり・介護予防講座 〈手話通訳・要約筆記あり〉
……………………………………………………………………………
日ごろ気になっている症状や、注意したい生活習慣病の予防などについて医師からお話を聞ける講座です。講師への質問も気軽にできます。全10回の講座を通じて知識を深め、ご自身の健康づくりに生かしましょう。

〈場所/回/実施日/内容〉
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/1/9月27日(水曜日)/大丈夫?私の血圧・不整脈
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/2/10月4日(水曜日)/健診で高血糖を指摘されたら~糖尿病の予防と、血糖コントロール~
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/3/10月11日(水曜日)/みんなに知ってほしい 乳がんの話
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/4/10月18日(水曜日)/冬に負けない!風邪・インフルエンザ対策
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/5/10月25日(水曜日)/気になる耳の悩み ~めまい・耳鳴り・難聴~
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/6/11月1日(水曜日)/正しく学ぼう!脂質代謝異常!
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/7/11月8日(水曜日)/脳血管に関わる認知症・脳卒中
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/8/11月15日(水曜日) 正しく知って相談しよう~気になるおしっこの悩み~
・宝塚医療会館(小浜4丁目5-4)/9/11月22日(水曜日)/足腰を元気に保つために 加齢に伴う関節の変化について
・西公民館/10/12月4日(月曜日)/【実践編】手軽にできる運動でスタイルアップを目指そう!
(全10回)
時間:講演:13時半~14時半
相談:14時半~15時
対象:20歳以上の市民
定員:先着135人
費用:無料
申し込み:9月1日(金曜日)から、電話で健康センターへ。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。