エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成29(2017)年11月号 自動翻訳機能対応テキスト版(13面から16面)


ここから本文です。

平成29(2017)年11月号 自動翻訳機能対応テキスト版(13面から16面)

ID番号 1022482 更新日  平成29年11月7日  印刷

今月のトピックス(13面から16面)

【13~16面】

**********************************
 「リボンの騎士」の主人公「サファイア」が結婚を祝福 [ID 1022551]
窓口サービス課(電話番号 77・2050 ファクス番号 76・2006)
**********************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。11月7日(火曜日)10時半~11時

◎宝塚市オリジナル婚姻届を配布
「リボンの騎士」は宝塚歌劇の影響が色濃く表れた、手塚治虫の代表作の一つ。平成21(2009)年にサファイアが宝塚市の特別市民となり、「リボンの騎士プロジェクト」がスタートしました。用紙のデザインにサファイアを起用することで、婚姻届を提出するおふたりを祝福し、市に愛着を持って永く住んでもらいたいという思いを込めています。
配布開始:11月1日(水曜日)から
配布場所:窓口サービス課、各サービスセンター・ステーション
◎市役所に記念撮影コーナーを設置
11月22日(水曜日)から市役所1階市民ホールに、サファイアと一緒に記念撮影ができるコーナーを設置します。ご結婚の記念などにご利用ください(カメラは各自でご持参ください)。


******************************
秋の火災予防運動 [ID 1010922]
消防本部予防課(電話番号 73・1953 ファクス番号 77・3951)
******************************

<FM宝塚83.5メガヘルツ>消防署員が出演してご説明します。11月1日(水曜日)16時40分~17時

「火の用心 ことばを形に 習慣に」(平成29年度 全国統一防火標語)
11月9日(木曜日)~15日(水曜日)の7日間、「秋の火災予防運動」が全国一斉に行われます。この運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるにあたり、火災の発生を防止し、万一火災が発生した場合でも被害を最小限にとどめて、大切な命や財産を守ろうと実施するものです。

………………………………………………………
住宅防火 いのちを守る 7つのポイント
………………………………………………………
◆3つの習慣
・寝たばこは、絶対やめる。
・ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
・ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。
◆4つの対策 
・逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
・寝具、衣類およびカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
・火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
・お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

…………………………………………………………………
住宅用火災警報器を設置しましょう [ID 1014227]
…………………………………………………………………
住宅用火災警報器は、火災の早期発見、早期避難に非常に有効であることから、すべての住宅に設置が義務付けられています(自動火災報知設備を設置している住宅は除く)。まだ設置していない場合は、すぐに設置しましょう。すでに設置している場合でも、機器が古くなると火災を感知しなくなることがあるため、10年を目安に取り換えましょう。
住宅用火災警報器は電器店やホームセンターなどで購入してご自身で取り付けができますが、悪質業者による訪問販売の事例もあるため注意してください。

……………………………………………………………………………
防火啓発ポスターコンクール応募作品を展示 [ID 1013510]
……………………………………………………………………………
市内の小学校高学年の児童を対象に募集した防火啓発ポスターの作品を展示します。
◎日時・場所
(1)11月9日(木曜日)~14日(火曜日) アピア1 ふれあい広場
(2)11月25日(土曜日)~30日(木曜日) 東公民館ロビー


*****************************************
保育所(園)・認定こども園・小規模保育施設の入所(園)希望者を募集中 [ID 1000540]
保育事業課(電話番号 77・2037 ファクス番号 74・9948)
*****************************************

来年4月からの入所(園)希望者を募集しています。
募集対象:0歳から就学前までの、2号認定・3号認定となる児童
(2号認定…3~5歳児で保育が必要な事由に該当する場合に認定)
(3号認定…0~2歳児で保育が必要な事由に該当する場合に認定)
※保育が必要な事由とは
就労(月64時間以上)、妊娠・出産、保護者の疾病・障がい、親族の介護・看護、災害復旧、求職活動、就学、虐待やDVのおそれがあること、多子家庭(就学前児童が同一世帯で4人以上)
保育料:保護者が納めている市民税額や児童の年齢により決定します。
申し込み:11月30日(木曜日)までに入所申込理由に関する証明書類(勤務証明書等)と印鑑、母子健康手帳を市役所G階の保育事業課へ持参してください。詳しくは同課へお問い合わせください。

【市立保育所】
〈施設名/住所/定員/開所時間〉
・米谷保育所/今里町1–1/170人/7~19時
・川面保育所/川面5丁目19–1/90人/7~19時
・わかくさ保育所/高司1丁目4–32/180人/7~19時
・逆瀬川保育所/逆瀬川1丁目7–11/70人/7~19時
・めふ保育所/売布1丁目7–1/120人/7~19時
・平井保育所/平井6丁目3–35/60人/7~19時
・安倉中保育所/安倉中3丁目2–1/60人/7~19時

【私立認定こども園】
〈施設名/住所/定員/開所時間〉
・自然幼稚園/川面5丁目15–9/35人/7~19時
・めぐみ学園幼稚園/小林3丁目7–45/20人/7~19時
・逆瀬川幼稚園/伊孑志1丁目4–50/25人/7~19時
※私立認定こども園の定員は、2・3号認定の利用定員であり、施設全体の定員ではありません。また、変更になる場合があります。

【私立小規模保育施設(1歳~2歳児が対象)】
〈施設名/住所/定員/開所時間〉
・小規模保育園月と星/中筋6丁目13–34/19人/7~19時
・宝山第2保育園/山本中2丁目13–50/19人/7~19時
・宝塚ちいさなCOCORO/中筋8丁目12–40/19人/7~19時

【私立保育所(園)】
〈施設名/住所/定員/開所時間〉
バラホーム保育所/小林2丁目12–34/120人/7~19時
伊孑志保育園/伊孑志2丁目15–31/120人/7~19時 
丸橋保育園/山本丸橋4丁目22–2/90人/7~19時
丸橋保育園分園/山本野里2丁目9–11/30人/7~19時 
あひる保育園/安倉西3丁目1–7/90人/7~19時 
第二あひる保育園/安倉中6丁目6–19/30人/7~19時 
宝塚さくら保育園/高松町13–2/180人/7~19時 
やまぼうし保育園/中筋7丁目73–3/150人/7~19時 
なかよし保育園/中筋2丁目10–18/120人/7~20時
わかばのもり保育園/山本西1丁目4–1/120人/7~19時
逆瀬川あゆみ保育園/逆瀬川2丁目2–8/45人/7~19時 
御殿山あゆみ保育園/御殿山2丁目1–70/120人/7~19時 
宝塚ひよこ保育園/美座2丁目5–7/60人/7~19時 
山本南保育園/山本南1丁目33–5/90人/7~20時
野上あゆみ保育園/野上2丁目3–38/90人/7~20時 
はなみずき保育園/川面3丁目10–18/110人/7~20時 
宝塚さくらんぼ保育園/小林5丁目3–39/120人/7~20時 
宝山保育園/山本東3丁目7–19/120人/7~20時 
宝塚じあい保育園/売布1丁目17–7/120人/7~20時 
仁川ウエル保育園/仁川団地4–15/120人/7~20時 
宝塚COCORO保育園/中筋4丁目11–19/120人/7~20時 
川面ちどり保育園/川面3丁目24–13/120人/7~20時 
はなみずき保育園分園/南口1丁目7–21/70人/7~20時 
新園 (仮称)やまぼうし保育園分園※/長尾町/90人/7~19時
※平成30年中に開園予定ですが、1歳~3歳クラスのみ、代替施設(やまぼうし保育園本園)を利用し、4月から受け入れを開始します。また、定員は、開園時の定員です。


*******************************
西谷認定こども園の入園児募集 [ID 1013827]
教育委員会学事課(電話番号 77・2366 ファクス番号 71・1891)
西谷認定こども園(電話番号 91・0320 ファクス番号 91・1524)
*******************************

来年4月からの入園希望者(西谷幼稚園を除く)を募集します。
募集対象:次の(1)~(3)全てに該当する場合に申し込みができます。
(1)市内に居住する0~5歳児(産後6か月~就学前)の乳幼児
(2)保護者が宝塚市で住民登録・外国人登録をしていること
(3)保護者(両親、同居の祖父母)が就労などで児童に保育の必要性が認められる状況であること
募集園児数:若干名
保育時間:保育標準時間=7時~18時
保育短時間=8時半~16時半 ※時間内延長保育=7時~8時半および16時半~18時(有料)
保育料:乳幼児の年齢や保護者が納めている市民税額などにより決定します。
18時を超えて延長保育を受ける場合は、延長保育料を加算します。
申し込み:12月1日(金曜日)~28日(木曜日)(土・日曜、祝日を除く)に西谷認定こども園(15時半~17時)または教育委員会学事課、西谷サービスセンター(9時~17時半)へお越しください。
※来年5月以降の入園を希望する場合は、入園を希望する前月の10日(土・日曜、祝日を除く)までに西谷認定こども園または教育委員会学事課、西谷サービスセンターへお越しください。


*******************************
~宝塚のより良いまちづくりのため、子どもたちが提案します~
子ども委員会 意見発表会を開催 [ID 1001317]
子ども政策課(電話番号 77・2419 ファクス番号 77・2800)
*******************************

子どもたちの思いや発想を宝塚のまちづくりに生かすため、6月から子ども委員会を開催しています。今回、子ども委員が活動を通じて考えた意見や提案を市長や教育長に発表します。どなたでも見学できますので、ぜひお越しください。
日時:11月12日(日曜日)13時半~15時
場所:市役所3階 大会議室
◆子ども委員会とは…
市内在住の小学5年生から高校3年生の年齢に相当する子どもが公募で選ばれ、まちづくりに関する意見などを話し合い、自分たちの提案を意見書にまとめて発表します。今年度は小学5年生から高校2年生までの子ども委員14人で構成し、今年6月から活動を始めてこれまでに8回開催しました。まちづくりについて考えたいテーマごとのグループに分かれ、自分たちで視察先を決め、市職員から話を聞いたり、施設を視察したりする活動を通じて理解を深めています。


*************************************
11月は「児童虐待防止推進月間」です [ID 1013421]
子育て支援課 家庭児童相談室(電話番号 77・9111 ファクス番号 77・9128)
*************************************

「もしかして…虐待かな?」と思う程度であっても、市民の皆さんには市町村や児童相談所に通告する義務があります。「通告の義務」というと難しく考えてしまいがちですが、子どもの様子が少しでもおかしいと感じたときは、匿名でも構いませんのですぐに連絡してください。その情報が間違いであっても責任を問われず、連絡した人の秘密も守られます。
地域の皆さんによる見守りが、虐待の発見や予防につながりますので、ご協力をお願いします。

………………………………
もしかして虐待では?
………………………………
◆子どもの様子
・激しい泣き声が続いている
・けがや傷のことを聞くと隠す
・服装や体がいつも汚れている
・表情に生気がない、表情が乏しい
・夜間など不自然な時間に出歩き、家に帰りたがらない
◆親の様子
・激しく子どもをしかる声やたたく音などが聞こえる
・子どもの悪口を言ったり非難する
・小さな子どもを残して頻繁に外出する
・理由がないのに学校に行かせない
・子どもを家の外に閉め出す
◆市が連絡を受けたら
育児などにお困りがないか家庭を訪問させていただく場合があります。突然の訪問で驚かせてしまうかもしれませんが、1人で悩まずご相談ください。すぐに子どもを連れて行くことはありませんので、ご安心ください。

………………………………………………………
子育てに悩んだら、虐待かなと思ったら…
………………………………………………………
●宝塚市 子ども家庭なんでも相談
月~金曜(祝日・年末年始を除く) 9時~17時半 電話番号 77・9111(家庭児童相談室)
●児童相談所全国共通ダイアル※ 電話番号 189
●兵庫県川西こども家庭センター 児童虐待防止24時間ホットライン※ 電話番号 072・759・7799
●ハッピートークたからづか  ― 24時間子育て電話相談 ―※ 電話番号 86・4532(御殿山ひかりの家)
※いずれも24時間対応

●悩(なや)みの電話相談(でんわそうだん)(子(こ)ども専用(せんよう)) 24時間対応(じかんたいおう) 電話番号 84・0947

……………………………………
児童虐待防止市民啓発講座
……………………………………
〈無料〉〈手話通訳・要約筆記あり〉
「子育てに活かす“マインドフルネス”を学ぶ」
日時:11月26日(日曜日)10時~正午
場所:東公民館(当日直接会場へ)
定員:先着150人
講師:関西学院大学人間福祉学部 教授 池埜 聡(いけの さとし)さん
※一時保育あり(先着10人、1歳~就学前、11月1日(水曜日)~20日(月曜日)に家庭児童相談室へ要予約)。


********************************
部落差別解消推進法が昨年12月に施行されました [ID 1022331]
人権男女共同参画課(電話番号 77・9100 ファクス番号 77・2171)
********************************

部落差別解消推進法(部落差別の解消の推進に関する法律)が昨年12月16日に公布、施行されました。
この法律は、現在もなお部落差別が存在すること、インターネットの発達により誤った情報が容易に拡散していることが、制定の背景となっています。これまで同和問題の解決を図るため同和対策事業特別措置法をはじめとする3本の特別措置法が時限立法として施行されていましたが、平成13(2001)年度末までに失効しています。昨年12月に制定されたこの法律は、部落差別という文言を使用し、その解消を重要な課題とし、部落差別のない社会を実現するための基本理念を定めています。この基本理念にのっとり、第3条では、国および地方公共団体の責務を定め、第4条では、相談体制の充実、第5条では、教育および啓発の実施、第6条では、国の部落差別の実態調査の実施を挙げています。
市では“人権教育及び人権啓発基本方針”に基づき、同和問題をはじめさまざまな人権課題について、教育・啓発事業を実施しています。この法律の趣旨を踏まえ、部落差別解消を推進するため、引き続き取り組んでいきます。

………………………………………………………………
 「人権週間・人権尊重都市記念事業」
講演会のお知らせ  人権を考える市民のつどい
………………………………………………………………
〈先着300人〉〈手話通訳・要約筆記あり〉
日時:12月15日(金曜日)13時半~16時(13時開場)
場所:ソリオホール(当日直接会場へ)
内容:
第1部 人権啓発作品最優秀賞表彰と最優秀作品発表
第2部 講演会「差別をなくす社会システムについて~部落差別解消法と私たちの課題~」
講師:北口 末広さん(近畿大学人権問題研究所主任教授)
※一時保育あり(先着10人、12月8日(金曜日)までに要予約)

………………………………………………………………………
人権相談窓口の紹介〈ひとりで悩まずお電話ください〉
………………………………………………………………………
・みんなの人権110番(電話番号 0570・003・110)
・子どもの人権110番(電話番号 0120・007・110)
・女性の人権ホットライン(電話番号 0570・070・810)
いずれも受付時間:8時半~17時15分(土・日曜、祝日、年末年始を除く)


◆人権文化センターでは、一人ひとりが人権の大切さを見つめ、社会全体が人権感覚に満ちた世の中になることを目指して、解放文化祭を実施します。同センター利用者や関係団体のさまざまな活動の成果を発表します。市民の皆さんの参加をお待ちしています。
…………………………………………………………………………………………
まいたに解放文化祭 [ID 1017561]
まいたに人権文化センター(電話番号 84・4461 ファクス番号 84・4463)
…………………………………………………………………………………………
日時:11月9日(木曜日)・10日(金曜日)9時~21時(10日は19時まで)
場所:まいたに人権文化センター
内容:布川(ふかわ)事件えん罪被害者の桜井 昌司さんによる「えん罪と人権」をテーマにした人権講演会(10日14時~16時、手話通訳・要約筆記あり)や、キーホルダー作り体験など。

…………………………………………………………………………………………
ひらい解放文化祭 [ID 1013463]
ひらい人権文化センター(電話番号 88・2795 ファクス番号 88・2774)
…………………………………………………………………………………………
日時:11月10日(金曜日)・11日(土曜日)9時~20時半
場所:ひらい人権文化センター
内容:山口県人権啓発センター事務局長の川口 泰司さんによる「『部落差別解消推進法』施行の意義と課題」をテーマにした人権・同和問題講演会(10日19時~20時半)や、人権に関する活動発表・作品展示など。

※くらんど人権文化センター工事の関係で、くらんど解放文化祭は来年2月8日(木曜日)・9日(金曜日)に開催予定です。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。