エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成29(2017)年12月号 自動翻訳機能対応テキスト版(10面から16面)


ここから本文です。

平成29(2017)年12月号 自動翻訳機能対応テキスト版(10面から16面)

ID番号 1022735 更新日  平成29年12月1日  印刷

今月のトピックス(10面から16面)


【10~16面】今月のトピックス

*************
年末年始のお知らせ
*************
………………………………………………………
医療機関の救急・急患体制 [ID 1001097]
………………………………………………………
受診の際は、健康保険証や福祉医療費受給者証などを持参してください。なお、かかりつけ医が不在で待つことができない急病の際にご利用いただき、不要・不急の受診はできるだけお控えください。
詳しくは健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)へ。

【内科】
休日応急診療所 電話番号 81・0003 小浜4丁目(健康センター敷地内)
12月30日(土曜日)~1月3日(水曜日)受付時間:10時~14時半
【歯科】
歯科応急診療所 電話番号 84・0118 小浜2丁目(口腔保健センター内)
12月30日(土曜日)~1月3日(水曜日)受付時間:10時~12時半
【小児科】
阪神北広域こども急病センター 電話番号 072・770・9988 伊丹市昆陽池2丁目
12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)受付時間:8時半~翌朝6時半
電話相談:電話番号 072・770・9981(9時~翌朝6時半)
【耳鼻咽喉(いんこう)科・眼科】
財団法人尼崎健康医療財団 休日夜間急病診療所 電話番号 06・6436・8701 尼崎市水堂町3丁目
12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)受付時間:9時~翌朝5時半
【救急告示病院】
・宝塚病院 電話番号 71・3111 野上2丁目
・こだま病院 電話番号 87・2525 御殿山1丁目
・東宝塚さとう病院 電話番号 88・2200 長尾町
・宝塚第一病院 電話番号 84・8811 向月町
・市立病院 電話番号 87・1161 小浜4丁目
※平常の休日・夜間と同じ体制で患者を受け入れます。
※診療科目など詳しくは各病院へ事前に電話でお問い合わせください。

※休日応急診療所は市医師会と市薬剤師会、歯科応急診療所は市歯科医師会の協力により診療を行っています。

………………
保険薬局
………………
市薬剤師会の指定する当番薬局を記載しています。
〈営業日/保険薬局〉
○12月30日(土曜日)
ウエルシア薬局 宝塚中筋店 9時~13時 電話番号 82・1145 中筋8丁目
サクラ薬局 10時~19時 電話番号 72・0638 南口2丁目
○12月31日(日曜日)
サクラ薬局 10時~19時 電話番号 72・0638 南口2丁目
べにや薬局 9時~20時半 電話番号 86・9864 売布2丁目
○1月1日(祝日)
ダイエー宝塚中山店薬局 9時~20時 電話番号 86・7504 売布東の町
○1月2日(火曜日)・3日(水曜日)
ダイエー宝塚中山店薬局 9時~20時 電話番号 86・7504 売布東の町
ノニヤ薬局 ソリオ店 10時~18時 電話番号 86・4036 栄町2丁目 ※3日は9時~19時

………………………………………………
給・排水設備の修理 [ID 1013519]
………………………………………………
年末年始の漏水や排水管のつまりなど、家庭の給・排水設備の修理に対応するため市指定業者(下記)が待機しています。なお、修理費用は実費です。詳しくは、上下水道局給排水設備課(電話番号 73・3691 ファクス番号 72・6381)へ。
〈待機日/待機業者〉
12月29日(金曜日)/山下水道工業株式会社(電話番号 87・8917)
12月30日(土曜日)/吉川組(電話番号 81・5671)
12月31日(日曜日)/株式会社松山土木(電話番号 52・5670)
1月1日(祝日)/株式会社テナム(電話番号 88・9901)
1月2日(火曜日)/株式会社水道社(電話番号 80・2258)
1月3日(水曜日)/株式会社谷井水道工業所(電話番号 072・759・3125)


*******
交通規制
*******
……………………………………………………
宝塚ハーフマラソン大会 [ID 1000710]
……………………………………………………
12月23日(祝日)の開催に伴い、コース路上の駐停車禁止およびコース周辺の交通規制が実施されます。また、末広駐車場は当日の8時半~17時半の間、一般利用はできません。詳しくは宝塚ハーフマラソン大会実行委員会事務局(電話番号 77・9117 ファクス番号 71・1891、教育委員会スポーツ振興課内)へ。
〈区間/規制時間/内容〉
(1)花のみち(ソリオ1 東側~宝塚大劇場前)/8時30分~10時45分/車両通行・駐停車禁止
(2)末広小学校北側・末広中央公園西側/9時45分~15時/車両通行・駐停車禁止
(3)末広駐車場への進入路/8時30分~17時/車両通行・駐停車禁止
(4)上記以外の交通規制区間/9時45分~10時45分/車両通行・駐停車禁止

………………………………………
清荒神清澄寺 [ID 1013733]
………………………………………
初詣に伴い、12月31日(日曜日)21時~1月1日(祝日)18時、2日(火曜日)・3日(水曜日)・7日(日曜日)・8日(祝日)8時~18時(交通事情により時間変更あり)に、周辺道路は通行禁止や駐車禁止などの規制が実施されます。自動車での参拝はできませんので、公共交通機関をご利用ください。
なお、通行禁止区域にお住まいの人は、その区域の通行には宝塚警察署が発行する通行許可証が必要です。詳しくは、宝塚警察署(電話番号 85・0110)へ。


*******************************
年末年始 特別火災警戒 火災から人命を守ろう [ID 1022492]
消防本部(電話番号 73・1141 ファクス番号 77・3951)
*******************************

12月1日から「火災から人命を守ろう」を合言葉に、年末年始特別火災警戒をスタートします。
年の瀬を迎え、火気や暖房器具などを使用する機会が増えます。火災が発生しないよう、火の取り扱いには十分注意しましょう。
消火栓や防火水槽付近での路上駐車は、火災時の消火活動の妨げになりますのでやめましょう。


*******************************
12月1日~10日 年末の交通事故防止運動期間 [ID 1013732]
防犯交通安全課(電話番号 77・2020 ファクス番号 71・3336)
宝塚警察署(電話番号 85・0110)
*******************************

年末は何かと忙しくなり、急ぐあまりに交通事故が起こりやすくなります。一人ひとりが交通安全意識を高め、思いやりの心で交通事故をなくしましょう。
◆運動の重点
(1)子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
(2)飲酒運転の根絶
(3)夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
(4)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの 正しい着用の徹底
◆平成29年1月~10月末の市内の交通事故件数等
人身事故610件(+98件)
うち死者4人(+1人)、重傷47人(−2人)、軽傷624人(+100人)
うち自転車が関係する事故157件
※( )内は昨年1月~10月末との比較
(宝塚警察署統計による数値)


************************
主な公共施設 年末年始の休業日 [ID 1002869]
************************

出生、婚姻、死亡など戸籍関係の届け出は、年末年始の休業日も市役所G階 警備防災センターで受け付けています。

市役所、上下水道局/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
各サービスセンター・ステーション/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
消費生活センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
ワークサポート宝塚/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
中山台コミュニティセンター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
市立病院(一般外来)/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
健康センター・口腔保健センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
国民健康保険診療所(医科)/12月26日(火曜日)、12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
国民健康保険診療所(歯科)/12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
総合福祉センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
ボランティア活動センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
ぷらざこむ1/12月23日(祝日)~1月8日(月曜日)
フレミラ宝塚/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
子ども家庭支援センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
各児童館・子ども館/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
教育総合センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
各人権文化センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
男女共同参画センター/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
中央図書館/12月27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
中央図書館(山本南分室)/12月27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)、1月5日(金曜日)
中央図書館(中山台分室)/12月26日(火曜日)~27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)、1月5日(金曜日)
西図書館/12月27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~1月4日(木曜日)
中央公民館/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
東公民館/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
西公民館/12月29日(金曜日)~1月4日(木曜日)
スポーツセンター(バーベキューコーナー・弓道場)/12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
スポーツセンター(上記以外)/12月31日(日曜日)~1月3日(水曜日)※12月28日~30日、1月4日は9時~17時開館(屋内プールは10時~17時)
末広体育館・末広スタジオ/12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
高司・売布北グラウンド/12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
花屋敷グラウンド/12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
歴史民俗資料館旧和田家住宅/12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
小浜宿資料館/12月28日(木曜日)~1月4日(木曜日)
国際・文化センター/12月27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
ベガ・ホール/12月27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
ソリオホール/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
宝塚文化創造館/12月27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
手塚治虫記念館/12月27日(水曜日)、12月29日(金曜日)~31日(日曜日)
あいあいパーク/28日正午~1月13日(土曜日)
宝塚西谷の森公園/12月29日(金曜日)~1月3日(水曜日)
西谷夢市場/12月31日(日曜日)~1月4日(木曜日)
火葬場/12月27日(水曜日)、1月1日(祝日)~2日(火曜日)
長尾山・西山霊園、宝塚すみれ墓苑/平常通り営業
ナチュールスパ宝塚/平常通り営業 ※12月30日~1月3日は21時閉館
各自転車駐車場/平常通り営業


************************************
初! 景観重要建造物を指定 ~「高碕記念館」・「正司邸」~ [ID 1022750]
都市計画課(電話番号 77・2123 ファクス番号 74・8997)
************************************

市では、平成24(2012)年に景観行政団体へ移行し、市・市民・事業者の協働のもと、宝塚固有の自然・歴史・文化等を生かした良好な都市景観の整備と保全を図るとともに、地域の特性を生かした魅力あるまちづくりを推進しています。
この度、12月1日に市内で初めて、地域の景観の核となる建造物2棟(「高碕記念館」と「正司邸」)を景観重要建造物に指定します。

※景観重要建造物とは…地域の良好な景観づくりに重要な存在で、誰もが容易に見ることができ、地域景観のシンボルであるものや、歴史・文化・建築学的にみて価値があるものなどについて、景観法に基づき、景観行政団体の長が所有者の意見を聴いて指定するものです。

◆高碕記念館(所在地:雲雀丘1丁目)
大正12(1923)年にウィリアム・M・ヴォーリズの設計で住宅として建築されたダッチコロニアルスタイルの洋館です。後に公益財団法人東洋食品研究所の設立者である高碕達之助の所有となり、迎賓館として使用されていた時期もありますが、現在は高碕記念館として庭園を一般公開(火曜~日曜10時~16時、館内見学は公益財団法人東洋食品研究所(電話番号 072・740・3300)へ要予約)されています。
建物はスレート葺(ぶ)きの腰折屋根、リシン厚吹き仕上げ(ドイツ壁)の外壁が特徴的な洋館です。3階には三連アーチ窓が付き、暗い灰色の屋根と外壁に白い窓枠とレンガ造りの煙突が映えています。
建物の南には、平坦な広い芝生の周囲にヤシ類やライオンの彫像が配置された西洋趣向の庭があり、その下には傾斜を生かした庭園が広がっています。敷地の周囲は石積擁(よう)壁と生垣で囲われ、緑豊かな沿道景観を形成しています。

◆正司邸(所在地:雲雀丘2丁目)
大正8(1919)年に建設され、宝塚ホテルを設計した古塚正治(ふるづかまさはる)の設計によると伝えられています。
オレンジ色の急勾配屋根の洋館と、数寄屋(すきや)風和風建築が一体となっています。洋館部分はオレンジ色のフランス瓦葺きで、南側に張り出した八角形の部分と、屋根面の半アーチ状の小屋裏換気口は銅板葺きで外観のアクセントになっています。洋館の外壁は部分的にタイルが張られたり、幾何学的な模様が施されています。和風建築部分は数寄屋建築で、入母屋(いりもや)屋根が幾重にも重なり風格のある外観を呈しています。
西道路沿いの擁(よう)壁は、大きな自然石を使った逆反りの豪快な崩れ石積みです。特殊な工法で現在にはその技術が伝承されていない貴重なものです。石積みの上の土手には立派な桜の巨木が育ち、ウメがリズミカルに植えられています。南側は、洋館の前の西半分は芝生のある洋風庭園に、和室前は和風庭園になっています。個人宅のため、一般公開はされていません。

*******************************
市立幼稚園 来年度入園児を追加募集します [ID 1000549]
教育委員会学事課(電話番号 77・2366 ファクス番号 71・1891)
*******************************

平成30(2018)年度の市立幼稚園の入園児を追加募集します。
◆応募資格
※いずれも市内在住の人または市内への転居を予定している人
▽1年保育=平成24(2012)年4月2日~平成25(2013)年4月1日生まれ
▽2年保育=平成25(2013)年4月2日~平成26(2014)年4月1日生まれ
◆費用
保育料(月額)は保護者等の市民税額(4月~8月分は前年度課税額、9月~翌年3月分は現年度課税額)などにより決定します。詳しくは市ホームページをご覧ください。
◆申し込み
12月14日(木曜日)・15日(金曜日)の9時~17時半に、市役所2階の教育委員会学事課へ印鑑(スタンプ印不可)を持参のうえ、願書を提出してください。願書は申し込み期間中に同課で配布します。なお、申し込みは1園に限ります。申し込みが定員を超える場合は後日、抽選で決定します。

◎募集園児数
〈幼稚園名/2年保育(4歳児)/1年保育(5歳児)〉
・良元/19人/4人
・小浜/6人/4人
・宝塚/7人/5人
・長尾/2人/10人
・西谷/10人/5人
・仁川/11人/4人
・西山/3人 
・末成/23人/3人
・安倉/6人/9人
・中山五月台/12人/4人
・丸橋/2人/8人
・長尾南/26人/7人


******************************************
市が募集したポスター、標語、作文の入賞者および技能功労者・優秀技能者を表彰します
~受賞された皆さん、おめでとうございます~
******************************************

※誌面の都合上、一部の作品のみを掲載しています。入賞作品は市ホームページに掲載しますので、ぜひご覧ください。

………………………………………………………………………………………
環境啓発ポスター [ID 1000677]
環境政策課(電話番号 77・2070 ファクス番号 71・1159)
クリーンセンター管理課(電話番号 87・4844 ファクス番号 81・1941)
………………………………………………………………………………………
市内の小・中学生を対象に環境やごみの減量化・資源化の推進をテーマとした啓発ポスターを募集し、計724点の応募の中から42点の入賞を決定しました。入賞者を「たからづか市民環境フォーラム2017」(広報たからづか12月号8面参照)で表彰し、入賞作品は下記のとおり展示します。
◎展示場所
・東公民館▽12月4日(月曜日)~9日(土曜日) 9時~21時(4日は10時から、9日は18時まで)
・アピア1の2階 ふれあい広場▽12月14日(木曜日)~18日(月曜日) 10時~21時(18日は15時まで)

【エコロジー大賞】高橋 夢南(たかはし ゆめな)さん(“高”の字ははしご高)(宝塚小4年)
【クリーン大賞】大城 航生(おおしろ こうせい)さん(高司中2年)

………………………………………………………………………………
防火啓発ポスター [ID 1013645]
消防本部予防課(電話番号 73・1953 ファクス番号 77・3951)
………………………………………………………………………………
市内の小学生を対象に防火をテーマとした啓発ポスターを募集し、計56点の応募の中から5点の入賞を決定しました。

【市長賞】金山 紗奈(かなやま さな)さん(関西学院初等部4年)
 
………………………………………………………………………………………
宝同協 人権・同和問題啓発作品 [ID 1001134]
教育委員会学校教育課(電話番号 77・2040 ファクス番号 71・1891)
………………………………………………………………………………………
市人権・同和教育協議会が人権・同和問題への啓発作品を募集し、作文167点、標語313点、ポスター186点、写真6点の応募の中から部門ごとに入賞者を決定しました。最優秀賞の受賞者は、12月15日(金曜日)にソリオホールで行われる「人権を考える市民のつどい」(広報たからづか12月号8面参照)で表彰します。

………………………………………………………………………………………
明るい選挙啓発ポスター [ID 1022520]
選挙管理委員会事務局(電話番号 77・2032 ファクス番号 74・1818)
………………………………………………………………………………………
選挙管理委員会などが募集した選挙啓発ポスターの入賞者を決定しました。優秀賞10点と入選23点の作品を下記のとおり展示します。
◎展示場所
※いずれも初日は13時から
・西公民館▽12月4日(月曜日)~11日(月曜日) 9時~21時
・東公民館▽12月12日(火曜日)~17日(日曜日) 9時~21時
・市役所1階 市民ホール▽12月18日(月曜日)~22日(金曜日) 9時~17時半

…………………………………………………………………………
技能功労者・優秀技能者 [ID 1004792]
商工勤労課(電話番号 77・2071 ファクス番号 77・2171)
…………………………………………………………………………
市は、長年その道一筋に優れた技能で社会に貢献した人を、平成29年度「技能功労者および優秀技能者」として表彰しました。
【技能功労者】
大淵 隆志(おおぶち たかし)さん(左官)、穂積 一栄(ほづみ かずえ)さん(造園)、桑原 博(くわはら ひろし)さん(家電修理)、角 昌司(すみ まさし)さん(理容)、東 嵩さん(ひがし たかし)(建築大工)、瀧本 勝仁(たきもと かつひと)さん(和菓子製造)、小西 昌治(こにし しょうじ)さん(園芸)
【優秀技能者】
宮原 昌美(みやはら まさみ)さん(フラワー装飾)
※技能功労者…市内在勤の55歳以上で、30年以上同一職種に従事し、優秀な技能を持つ人。
※優秀技能者…市内在勤の35歳以上で、15年以上同一職種に従事し、公的団体から表彰を受けたことがある人。


****************************
市職員の給与・職員数などを公表します [ID 1001371]
****************************

「宝塚市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例」に基づき、市職員の給与や職員数の状況について概要をお知らせします。なお、詳細な公表資料は市ホームページに掲載しています。詳しくは、給与については給与労務課(電話番号 77・2007  ファクス番号 72・6032)、定員管理については総務課(電話番号 77・2024  ファクス番号 72・1419)へ。
【市職員の給与の仕組み】
市職員の給与は、給料と諸手当(地域、扶養、住居、通勤、期末・勤勉手当など)から構成されています。これらは、生計にかかる費用、国家公務員や他の地方公共団体の職員、民間企業従事者の給与とのバランスなどを考慮して決まり、市議会の議決を経て条例で定めています。
一方、市長や議員などの特別職の給料・報酬などは、学識経験者や市内の公共的団体等の代表者などで構成する「宝塚市特別職報酬等審議会」で審議され、この答申に基づき市議会の議決を経て条例で定めています。
平成28年度から行財政改革の取り組みとして、人件費を抑制するために下記のとおり給与などの減額措置を行っています。また、給与適正化の取り組みとして持ち家に係る住居手当の支給額を段階的に引き下げ、平成31年度から廃止することとしました。
今後も引き続き社会情勢や財政状況を鑑みながら給与の適正化に取り組み、人件費の抑制に努めていきます。

◆平成28年度~平成30年度の給与などの減額措置
・特別職(市長・副市長・教育長)の給料月額を10パーセント~5パーセントカット
・市議会議員の報酬月額を3パーセントカット(平成29年1月から)
・役職に応じて職員の給料月額を4.5パーセント~1.2パーセントカット
・地域手当支給率の抑制(国家公務員は15パーセントのところを14パーセントに)
・管理職手当の5パーセントカット
・期末・勤勉手当(賞与)の算定基礎額のカット など

……………………
人件費など
……………………
【1】人件費(平成28年度普通会計決算)
歳出決算額に占める人件費は19.0パーセントで、平成27年度より0.9パーセント減少しました。
〈住民基本台帳人口(年度末時点)/歳出額A/人件費B/人件費率(B/A)〉
23万4322人/753億5116万円/142億8254万円/19.0パーセント
※人件費には給与のほか退職手当や年金、健康保険、災害補償費などの使用者負担金や特別職に支給される給料、報酬などを含みます。

【2】職員給与費(平成28年度普通会計決算)
〈職員数C/給与費(給料/職員手当/期末・勤勉手当)〉
1,475人/52億5002万円/19億4327万円/22億5216万円
〈給与費計D/1人当たり給与費(D/C)〉
94億4545万円/640.3万円
※職員数は給与実態調査を基礎とし、再任用短時間勤務職員107人を含みます。
※職員手当に退職手当は含まれません。
※普通会計とは、一般会計、特別会計など各会計で経理する事業の範囲が自治体ごとに異なっているため、統一的な基準で整理して比較できるようにした統計上の会計区分です。

【3】特別職の給料・報酬など
〈区分/給料または報酬/期末手当(平成28年度の支給割合)/退職手当(1期の手当額/算定方式)〉
・市長/880,200円/3.25月分/16,899,840円/給料月額×在職月数×0.4
・副市長/740,000円/3.25月分/8,524,800円/給料月額×在職月数×0.24
・教育長/647,900円/3.25月分/4,198,392円/給料月額×在職月数×0.18
・議長/690,300円/3.25月分/-/-
・副議長/620,200円/3.25月分/-/-
・議員/569,300円/3.25月分/-/-
※退職手当の「1期の手当額」は、平成29年4月1日現在の給料月額および支給率に基づき、1期(4年=48月、教育長は3年=36月)勤めた場合における退職手当の見込額です。
※地域手当として市長・副市長・教育長に給料月額の14パーセントを別途支給しています。

…………………………………………………………………………
職員の給料(いずれも平成29年4月1日現在、表の単位は円)
…………………………………………………………………………
【4】平均給料月額など
宝塚市〈平均年齢(歳)/人数(人)/平均給料月額/平均給与月額(A)/平均給与月額(国ベース)
一般行政職 40.9/705/304,071/413,236/391,303
技能労務職 43.9/189/320,591/402,407/382,017
・清掃職員 43.5/51/323,041/418,297/390,612
・給食調理員 41.8/53/305,491/367,306/363,732
・用務員 46.8/45/334,034/425,877/395,741

民間〈対応する民間の類似職種/平均年齢(歳)/平均給与月額(B)
一般行政職 -/-/-
技能労務職 -/-/- 
・清掃職員(廃棄物処理従業員)/45.3/290,300
・給食調理員(調理師)/42.2/259,500
・用務員/55.2/199,900

参考〈A/B〉
一般行政職 -
技能労務職 -
・清掃職員 144.09パーセント
・給食調理員 141.54パーセント
・用務員 213.05パーセント

参考〈年収ベース(試算値)の比較(市職員(C)/民間(D)/C/D)〉
一般行政職 -
技能労務職 -
・清掃職員 6,696,892/3,968,100/168.77パーセント
・給食調理員 5,959,713/3,470,300/171.73パーセント
・用務員 6,805,033/2,732,900/249.00パーセント

※「平均給与月額(A)」は、給料月額と毎月支払われる扶養手当、地域手当、住居手当、時間外勤務手当などすべての諸手当の合計額
※「平均給与月額(国ベース)」は、国家公務員の平均給与月額には時間外勤務手当、特殊勤務手当等の手当が含まれていないことから、比較のため国家公務員と同じベースで再計算したもの
※年収ベースの「市職員(C)」および「民間(D)」のデータは、それぞれ平均給与月額を12倍したものに、市職員においては前年度に支給された期末・勤勉手当、民間においては前年に支給された年間賞与の額を加えた試算値です。
※民間データは、賃金構造基本統計調査において公表されているデータ(平成25年~27年の3か年平均。平成26年~28年の3か年平均は未公表)。          
※技能労務職の職種と民間の職種等の比較にあたり、年齢、業務内容、雇用形態等の点において完全に一致しているものではない(宝塚市の数値は正規職員のみの平均値であり、パート雇用者や60歳以上の者は含まない。一方、民間数値はパート雇用者や60歳以上の者までを含む平均値であり、市職員とは対象範囲が異なるため、精確な比較値ではない)。

【5】初任給
〈区分/宝塚市/国〉
一般行政職(大学卒)/183,373/178,200
一般行政職(高校卒)/154,721/146,100
技能労務職(高校卒)/154,721/143,500

【6】経験年数別・学歴別給料月額
〈区分/経験年数10年/経験年数20年/経験年数25年/経験年数30年〉
一般行政職(大学卒)/269,099/343,298/373,197/403,473
一般行政職(高校卒)/-/321,958/342,290/366,806
技能労務職(高校卒)/-/316,892/342,557/359,502
技能労務職(中学卒)/-/285,236/329,330/347,003

………………
給料水準
………………
【7】ラスパイレス指数(各年4月1日)
平成24年:101.2
平成25年:101.6
平成26年:99.1
平成27年:102.3
平成28年:99.0
平成29年:98.8
※ラスパイレス指数とは、国家公務員の給料水準を100とした場合の地方公務員の給料水準を示す指数(平成24年~25年は国家公務員の臨時特例減額の影響を除いた指数)
※平成29年分は市による試算値

………………
職員手当
………………
【8】扶養手当など(平成29年4月1日現在)
職員に支給される各手当と年間の平均支給額は次のとおりです。
〈区分/平均支給額〉
◎扶養手当/234,878円
(内容)
配偶者 10,000円/月
子 8,000円/月
父母等 6,500円/月
16~22歳の特定期間の加算 5,000円/月
その他加算あり

◎地域手当/552,517円
(内容)
給料・扶養手当などの合計額の14パーセント(国の制度は15パーセント)
※民間企業の賃金、物価および生計費が特に高い地域に支給されるもの

◎住居手当/124,715円
(内容)
借家など 限度額27,000円/月
持ち家に居住する世帯主 1,500円/月
(新築または購入から15年間は 3,000円/月)

◎通勤手当/103,159円
(内容)
交通機関の利用者 限度額55,000円/月
自動車の利用者 2,000円~36,600円/月
単車・自転車の利用者 2,000円~24,500円/月

◎特殊勤務手当/99,294円
(内容)
清掃作業等手当、災害対策業務従事手当、消防夜間特殊勤務手当、消火等業務手当など13種類

※その他の職員手当として、宿日直手当、休日勤務手当、管理職手当などがあります。

【9】時間外勤務手当
〈時間外勤務手当支給実績〉
平成27年度 2億6529万円
平成28年度 2億6927万円

【10】期末手当・勤勉手当(平成29年4月1日現在)
〈区分/支給割合/平均支給額〉
期末手当/2.6月分(1.45月分)/1,531,041円
勤勉手当/1.7月分(0.8月分)/1,531,041円 
※職制上の段階、職務の級などによる加算措置として給料月額・地域手当の2.5パーセント~10パーセントが支給の基礎となる金額に加算されます。
※支給割合は国と同じ
※( )内は再任用職員の支給割合

【11】退職手当(平成29年4月1日現在)
〈区分/自己都合/勧奨・定年〉
平均支給額/341万9000円/2205万6000円
勤続20年/20.445月分/25.55625月分
勤続25年/29.145月分/34.5825月分
勤続35年/41.325月分/49.59月分
最高限度/49.59月分/49.59月分
※支給割合は国と同じ
※全職種の前年度退職者から平均支給額を算定
※定年前退職特例措置により給料月額の2パーセント~30パーセントが支給の基礎となる金額に加算されます。

…………………………
定員管理(職員数)
…………………………
定員適正化計画に基づく取り組みの結果、平成29年4月1日付の再任用を含めた職員数は計画の見通しどおりとなりました。人口規模などが同規模の類似団体37市のうち、一般会計部門では9番目、普通会計部門では15番目に少ない職員数となっています。今後も引き続き、定員の適正化に努めます。

【12】職員数の増減(単位:人)
〈職員数(一般職)(平成27年/平成28年(A)/平成29年(B))/増減数(B-A)〉
普通会計部門
・一般行政 832/881/922/41
・教育 256/257/269/12
・消防 226/230/235/5
・小計 1,314/1368/1,426/58
公営企業会計等部門
・病院 573/606/611/5
・水道 77/81/78/△3
・下水道 18/19/20/1
・その他 43/46/47/1
・小計 711/752/756/4
合計 2,025(2,546)/2,120(2,616)/2,182(2,442)/62(△174)
※(  )内は条例定数の合計です。

◆平成29年4月1日時点で、前年度に比べて職員数が増加しているのは、再任用職員の正規職員への置き換え・フルタイム化による影響、また行革関連業務や地域自治推進業務、幼保連携組織創設等による業務増へ対応するためです。


****************************
平成29年度 財政状況のお知らせ [ID 1012640]
財政課(電話番号 77・2022 ファクス番号 72・1419)
行革推進課(電話番号 77・4571 ファクス番号 72・1419)
****************************
…………………………………………
上半期の補正予算額と主な内容
…………………………………………
◆一般会計補正額 38億6,653万7千円の増
新庁舎・ひろば整備事業、文化芸術施設・庭園整備事業などの大型事業やエイジフレンドリーシティの取り組みなどの予算を増額補正しました。
◆特別会計補正額 2,567万6千円の増
国民健康保険事業と宝塚すみれ墓苑事業の予算を増額補正しました。

…………………………
上半期の予算状況
…………………………
今年9月30日現在の予算額(今年度の当初予算額に上半期補正額を加えたもの)は次のとおりです。
上半期予算額 計1,301億183万4千円
△一般会計予算額=768億6,653万7千円 ※市民1人当たりの経費は約33万円
△特別会計予算額=532億3,529万7千円

(1)一般会計の歳入・歳出内訳
◆歳入内訳
・市税 46.8パーセント
・使用料、手数料など 10.3パーセント
・地方交付税や国・県支出金など 42.9パーセント
市税が最も大きな割合を占め359億7,546万7千円、市民1人当たり約15万3千円。
◆歳出内訳
・民生費 45.8パーセント
・総務費 12.7パーセント
・教育費 10.0パーセント
・その他 31.5パーセント
障がい者の自立支援や子育て支援などの民生費は351億9,544万円、庁舎や公共施設の維持管理、システム保守管理などの総務費は97億9,663万円、学校教育や社会教育、スポーツ振興などの教育費は76億6,926万円。

(2)平成29年度 会計別の予算状況
〈当初予算額/補正予算額/上半期予算額〉
○一般会計 730億円/38億6,653万7千円/768億6,653万7千円
○特別会計 532億962万1千円/2,567万6千円/532億3,529万7千円
・国民健康保険事業費 290億5,930万円/1,200万円/290億7,130万円
・国民健康保険診療施設費 1億1,710万円/0円/1億1,710万円
・農業共済事業費 1億2,050万円/0円/1億2,050万円
・介護保険事業費 198億5,710万円/0円/198億5,710万円
・後期高齢者医療事業費 37億6,840万円/0円/37億6,840万円
・財産区(9区合計) 8,028万9千円/0円/8,028万9千円
・宝塚すみれ墓苑事業費 2億693万2千円/1,367万6千円/2億2,060万8千円
○合計 1,262億962万1千円/38億9,221万3千円/1,301億183万4千円

………………………………………………………………
市の財産・貯金・借金(今年9月30日現在の数値)
………………………………………………………………
○市の財産
土地:約550万4,322平方メートル
建物:延べ床面積で約62万175平方メートル
○市の貯金(各種基金と出資金等)
約127億5,489万8千円
○市の借金(市債の残高)
一般会計で約681億4,605万5千円、特別会計で約21億5,714万1千円、合計約703億319万6千円となり、市民1人当たり約30万円となります。

…………………………………………………………
今後の財政見通し [ID 1012637・1015948]
…………………………………………………………
今年10月に、9月補正予算後の「財政見通し」を作成しました。歳入の伸びが見込めない中、歳出は扶助費や繰出金が増加傾向であることから、平成29年度から平成33年度までの5か年で合計約53.5億円の収支不足となり、予算に反映していない行財政改革の効果見込額約20.4億円を達成してもなお、5か年で約33.1億円の財源不足となる非常に厳しい財政状況を見込んでいます。なお、6月作成の財政見通しからは、人事院勧告による人件費増などのため収支が6千万円悪化しています。
第2次行財政運営アクションプランに掲げる取り組みを着実に進めるとともに、市民の皆さんのご理解を得ながら、全事務事業の見直しによるスクラップアンドビルドを実施しようとする取り組みを進めているところです。詳細は、市ホームページをご覧ください。

◆財政見通し(普通会計一般財源ベース)
〈平成29年度/平成30年度/平成31年度/平成32年度/平成33年度/平成29-33年度5か年合計〉
収入(A) 514.8億円/504.4億円/509.4億円/509.1億円/507.6億円/2,545.3億円
支出(B) 517.1億円/510.4億円/519.6億円/521.7億円/530億円/2,598.8億円
収支差引((A)-(B)) △2.3億円/△6億円/△10.2億円/△12.6億円/△22.4億円/△53.5億円

◆財源不足対策の効果額(第2次行財政運営アクションプラン)
〈平成29年度/平成30年度/平成31年度/平成32年度/平成33年度/平成29-33年度5か年合計〉
効果額 3.5億円/3.8億円/4.1億円/4.7億円/4.3億円/20.4億円

◆財源不足対策後の収支見込み
〈平成29年度/平成30年度/平成31年度/平成32年度/平成33年度/平成29-33年度5か年合計〉
収支額 1.2億円/△2.2億円/△6.1億円/△7.9億円/△18.1億円/△33.1億円

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。