エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成30(2018)年1月号 自動翻訳機能対応テキスト版(8面・9面)


ここから本文です。

平成30(2018)年1月号 自動翻訳機能対応テキスト版(8面・9面)

ID番号 1023084 更新日  平成30年1月5日  印刷

フォトニュース(8面・9面)

【8面】

***************
11月22日(いい夫婦の日)
ご結婚おめでとうございます
***************

11月22日はいい夫婦の日
宝塚市では昨年11月から「リボンの騎士」の主人公「サファイア」を描いたオリジナル婚姻届の配布を始めました(広報たからづか11月号13面参照。[ID 1022551])。また、市役所1階市民ホールに、サファイアと一緒に記念撮影ができるコーナーを設置しました。いい夫婦の日に婚姻届を提出されたお二人に幸せいっぱいの甘~い写真を撮らせてもらい、幸せのおすそ分けをいただきました。
大切な人と共に、これから夫婦で手を取り合って歩んでいってくださいね。皆さんにも今年一年、幸せがたくさん訪れますように!
山本哲史さん・朋子さん
松村大地さん・令奈さん
金子幸裕さん・莉那さん
三富稔之さん・智恵子さん
中村健志さん・梓沙さん
野原彰展さん・萌衣さん

 

【9面】フォトニュース

広報課が取材した内容をフェイスブックで発信しています。
市ホームページからご覧いただけます。
…………………………………………………………
細川貂々(てんてん)さんが宝塚市大使に就任
…………………………………………………………
宝塚市では、まちの魅力を広く発信し、市のイメージアップを図っていただく宝塚市大使の制度を設けています。
今回、市内在住の漫画家・イラストレーターで『ツレがうつになりまして。』などの著者としても知られる細川貂々さんに宝塚市大使に就任いただきました。
11月25日に宝塚文化創造館で大使就任式を行い、あわせて細川さんが今年6月に発表された著書『それでいい。-自分を認めてラクになる対人関係入門-』の内容をテーマに、共著者の精神科医で対人関係療法の第一人者である水島広子さんとのトークショーを行い、約150人の皆さんにお越しいただきました。
細川貂々さんには、今後、ご自身の活動や市の行事などでのご活躍を通して、宝塚市をPRしていただきます。
………………………………………
中央公民館 第1期オープン!
………………………………………
12月2日、市立中央公民館がついに第1期開館を迎えました。開館セレモニーには早朝から多くの市民の皆さんが列をなし、開館を待ち望む様子がうかがわれました。冒頭、テープカットと宝塚合唱連盟の皆さんによる宝塚市歌の披露に始まり、公民館利用者を代表して細川幹生(ほそかわみきお)さんと根岸雅子(ねぎしまさこ)さんから「今日の日をかねてより心待ちにしていた」と祝辞をいただきました。また、記念演奏に市内在住のクロマチックハーモニカ奏者 南 里沙さんを迎え、美しい音色に会場全体が酔いしれました。
これまでの公民館利用者に加え、これから利用してみたいと考えている人も、ぜひ新しくなった中央公民館にお越しください。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。