エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成30(2018)年2月号 自動翻訳機能対応テキスト版(17面から21面)


ここから本文です。

平成30(2018)年2月号 自動翻訳機能対応テキスト版(17面から21面)

ID番号 1023340 更新日  平成30年2月7日  印刷

くらしのガイド(17面から21面)

【17~21面】

**********
 くらしのガイド
**********

〈暮らし・手続き〉

…………………………………………………………………………
 市税の納付は安心・便利な口座振替をご利用ください
…………………………………………………………………………
◆「ペイジー口座振替受付サービス」が簡単・便利です [ID 1013045]
 市では、市役所やサービスセンター・サービスステーションの窓口でキャッシュカードと暗証番号を入力すると簡単に口座登録ができる「ペイジー口座振替受付サービス」を行っています(一部の金融機関を除く)。
◆口座振替依頼書による申し込み [ID 1000489]
 市内の金融機関や市役所の窓口に備えている依頼書に必要事項を記入・押印の上、口座のある市公金取扱金融機関に提出してください。申し込みから振替開始までに40日程度かかります。
[問い合わせ先]市税収納課(電話番号 77・9101 ファクス番号 77・9105)

============================
 固定資産税・都市計画税第4期分
 国民健康保険税 第8期分
 納期限は2月28日(水曜日) [ID 1000487]
 市税収納課(電話番号 77・9101 ファクス番号 77・9105)
============================
 金融機関、コンビニエンスストア、市役所、各サービスセンター・雲雀丘サービスステーション(他のサービスステーションでは納付できません)で納めてください。納税には、便利な口座振替をご利用ください。

……………………………………………………………………………
 国民年金保険料の納付は口座振替がお得です [ID 5001201]
……………………………………………………………………………
 国民年金保険料の納付を口座振替にすると、保険料が自動的に引き落とされるため金融機関等に出向く手間が省け、納め忘れの心配もなく便利です。
 また、口座振替には保険料が月々50円割引される早割制度や、現金納付よりも割引額が大きい6か月・1年・2年の前納制度もあります(2年前納の場合は約1万5000円程度の割引)。前納の申し込み期限は2月28日(水曜日)です。
 口座振替を希望する人は、年金手帳または納付書・通帳・金融機関届出印を持って、お近くの金融機関または年金事務所へ申し出てください。
[問い合わせ先]ねんきん加入者ダイヤル(電話番号 0570・003・004)

………………………………………………………………
 特別弔慰金の給付請求を忘れずに [ID 1012093]
………………………………………………………………
 戦没者等の遺族に対する第10回特別弔慰金の給付請求の受け付けが始まっています。請求がまだの人は、4月2日(月曜日)までに手続きをしてください。
[問い合わせ先]せいかつ支援課(電話番号 77・2143 ファクス番号 72・8086)


==============================
 窓口サービス課(電話番号 77・2050 ファクス番号 76・2006)
==============================
◆宝塚駅前サービスステーション 2月24日(土曜日)は臨時休業します [ID 1023237]
 システム改修作業のため、2月24日(土曜日)は宝塚駅前サービスステーションを休業します。
◆証明書のコンビニ交付サービスをご利用ください [ID 1015691]
 宝塚市ではマイナンバーカードを利用して、コンビニエンスストアで住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍証明書(謄本・抄本 ※原則、住所・本籍とも宝塚市の人のみ)を取得できるコンビニ交付サービスを実施しています。利用時間は6時半~23時、全国のコンビニエンスストア(セブン-イレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート)に設置しているマルチコピー機で利用できます。


=========================
 くらしの情報 [ID 1010030]
 「仮想通貨」の新しい制度
 ~市内で実際に相談のあった事例をご紹介します~
=========================
 仮想通貨は、インターネット上で取り引きされる、通貨のような機能を持つ電子データです。
 昨年4月から、仮想通貨交換業に関する新しい制度(改正資金決済法)が開始され、仮想通貨と日本円などの法定通貨を交換したり、仮想通貨同士を交換したりする仮想通貨の交換サービスについて整備されました。
 このような仮想通貨交換業を行う事業者は、金融庁・財務局の登録(※)が必要です。また、事業者には仕組みやリスク、手数料などを利用者へ説明し、事業者と利用者の財産を分別して管理することが義務付けられています。他にも、一定の取り引きをするときは本人確認をする義務があります。
 仮想通貨は法定通貨ではないため、価値が保証されていません。価値が上がることもあれば下がる場合もありますので、契約内容やリスクを十分に理解した上で、取り引きを行うか判断しましょう。また、「必ず値上がりする」「絶対に儲かる」といった詐欺の勧誘もありますので注意しましょう。
※事業者の登録の有無は、金融庁のホームページで確認できます。
暮らしに関する質問や相談は消費生活センター(電話番号 81・0999 ファクス番号 83・1011)、消費者ホットライン(電話番号 188)へ。


〈観光・文化・産業〉

…………………………………………………………………………
 平成30年度「KOYOSI農園」の利用者を募集 [ID 1014318]
…………………………………………………………………………
 全国でも珍しいソーラー発電施設を備えた市民農園「KOYOSI農園(大原野字壱坪)」20区画の利用者を募集します。
利用期間=4月~11月
利用料=1区画( 25平方メートル)5千円
[申し込み]2月5日(月曜日)から電話または農政課の窓口で受け付け。複数区画の利用、市民以外の利用も可。先着順。
※収穫作物はサツマイモに限定します。
[問い合わせ先]農政課(電話番号 77・2036 ファクス番号 77・2133)


===========================
 気軽に野菜作りを始めませんか? [ID 1016213]
 ~平成30年度 市民農園の利用者を募集~
 農政課(電話番号 77・2036 ファクス番号 77・2133)
===========================
 市内に12か所ある市民農園を利用して、野菜作りをする利用者を募集します。
[利用期間]4月~来年3月(2021年3月まで延長可)
[利用料]1区画につき1万8000円(年額)※1世帯につき1農園のみ申し込み可
[申し込み]62円の往復はがきに〒住所・氏名・ふりがな(返信用にも)、電話番号、希望する農園(下記参照)を書いて、〒665・8665(住所不要)「市役所農政課」へ郵送。2月13日(火曜日)必着。
◆抽選会のご案内
[日時]2月15日(木曜日)10時から
[場所]]市役所1階 1-2会議室
※抽選会への参加は任意です。応募者全員に返信用はがきでも結果をお知らせします(電話での問い合わせはご遠慮ください)。
〈農園名/募集区画数/1区画の面積(平方メートル)〉
安倉南農園/9/15
安倉南第2農園/4/15
安倉南第3農園/3/15
鹿塩西農園/17/15
鹿塩南農園/6/15
亀井町農園/9/15
亀井町第2農園/1/15
野上農園/10/15
中筋第2農園/3/15
小林桜農園/9/15
千種農園/10/15
大原野第1農園/16/30 ※大原野第1農園のみ車での通園可


〈教育・子ども・人権〉

……………………………………………………………
 児童手当の定例支払日・手続き [ID 1000197]
……………………………………………………………
 昨年10月~今年1月分の児童手当は、2月23日(金曜日)に指定された口座に振り込みます。受給者が公務員になった、あるいは出向・派遣等が終了して公務員に戻った人、養育している子どもに異動があった人は消滅届等の提出が必要です。届け出が遅れた場合は支払った手当を返還していただく場合がありますので、必ず届け出てください。
[問い合わせ先]子育て支援課(電話番号 77・2196 ファクス番号 74・9948)

……………………………………………………………………………………
 児童扶養手当・特別児童扶養手当のご案内 [ID 1000526・1000528]
……………………………………………………………………………………
 児童扶養手当は、離婚・未婚・死別・遺棄などの理由で父または母と生計を共にできないひとり親家庭や、生計を共にしている父または母に重度の障がいがある家庭などを対象に、児童を養育している父母などに支給されます。
 特別児童扶養手当は、精神または身体に中程度以上の障がいのある児童を養育している家庭などを対象に、児童の父母などに支給されます。
 該当する場合はお問い合わせください。いずれも所得制限(受給者・扶養義務者)等の条件があります。
[問い合わせ先]子育て支援課(電話番号 77・2196 ファクス番号 74・9948)


〈健康・福祉〉

…………………………………………………………………………
 介護ファミリーサポートセンター会員募集 [ID 1000641]
…………………………………………………………………………
 介護ファミリーサポートセンターは、援助を依頼したい人と、援助活動をする人が互いに会員になって助け合う相互援助組織です。依頼会員が増えているため、援助活動をしていただく提供会員を募集します。
活動内容=高齢者が日常生活を送る上で必要な家事支援や話し相手、通院介助、外出介助など。
[申し込み]援助活動をしてみたい人は同センターへ。
[問い合わせ先]介護ファミリーサポートセンター(電話番号 86・5782 ファクス番号 86・5755)


〈安全・都市基盤〉

…………………………………………………………………………
 宝塚市民の警察官賞受賞者が決定しました [ID 1023207]
…………………………………………………………………………
 地域社会の安全と市民の安心に貢献した宝塚警察署勤務の警察官に贈られる「宝塚市民の警察官賞」受賞者が決定しました。
・地域第一課 林 勇太(はやし ゆうた)巡査長
・刑事第一課 折野 稔正(おりの としまさ)巡査部長
・生活安全課 堀川 博之(ほりかわ ひろゆき)警部補
[問い合わせ先]秘書課 (電話番号 77・2060 ファクス番号 77・2080)

………………………………………………………………………………………
 兵庫県住宅再建共済制度(フェニックス共済)のご案内 [ID 1012381]
………………………………………………………………………………………
 フェニックス共済は、兵庫県内に住宅をお持ちの人、県内に住む人のための、あらゆる自然災害を対象とした、安全・安心の制度です。相談や説明、加入申し込みを受け付けますので、ぜひお越しください。
[日時]2月15日(木曜日)10時~正午、13時~15時
[場所]市役所G階 警備防災センター横
[問い合わせ先]県阪神北県民局フェニックス共済(電話番号 83・3122 ファクス番号 86・4379)

………………………………………………………………………
 武田尾駅前自動車駐車場の使用者を募集 [ID 1014207]
………………………………………………………………………
 4月以降の市立武田尾駅前自動車駐車場の使用者を募集します。
[対象者]市内在住・在勤で、通勤・通学のためにJR武田尾駅を利用する人(現在、同駐車場を利用している人も新たに申し込みが必要)。
募集台数=普通車26台・小型車44台・軽自動車24台
使用料(月額)=普通車・小型車5千円、軽自動車4千円
[申し込み]2月19日(月曜日)までの9時~22時に、運転免許証と申請車両の車検証を持って武田尾駐輪場管理棟窓口へ。
[問い合わせ先]武田尾駐輪場管理棟窓口(電話番号 91・0245)


============================
 安心メールに登録を [ID 1000416]
 総合防災課(電話番号 77・2078 ファクス番号 77・2102)
============================
 もしものときの災害情報、避難勧告・避難所開設情報をいち早く配信するほか、気象情報や啓発情報なども配信します。
takarazuka@bosai.netへ空メールを送信。あとは届いたメールに従って登録するだけです。


〈環境〉

………………………………………………………………………………………
 粗大ごみの受け入れ休止とごみの適切な処理について [ID 1010024]
………………………………………………………………………………………
 2月5日(月曜日)~12日(休日)の間、クリーンセンター内の機器整備のため、粗大ごみの受け入れを休止します。
 また、本市では過去にごみ処理施設や収集車で爆発事故が発生しています。中身が残っているスプレー缶やカセットボンベ、燃料(ガソリン・灯油)など市では収集・処理できないものがありますので、市ホームページ等を参考に、適切な処理をお願いします。
[問い合わせ先]クリーンセンター管理課(電話番号 87・4844 ファクス番号 81・1941)

………………………………………………………………………………………………………
 事業活動から出るごみはごみステーションには出せません [ID 1012271・1012272]
………………………………………………………………………………………………………
 事業所から出るごみ(店舗や会社などから出される産業廃棄物以外のごみ)は、事業者が責任をもって適正に処理する必要があります。事業者がごみステーションに排出するのを見かけた場合は、クリーンセンターにお知らせください。
 事業所から出るごみの処理方法=次の(1)または(2)の方法で処理をお願いします。
(1)事前に予約受付センター(電話番号 87・3363)に予約の上、クリーンセンターに持ち込む。
(2)市の一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた業者(下記のとおり)に収集運搬を依頼する。
・株式会社エバークリーン(電話番号 ︎80・7875)
・海田工業株式会社(電話番号 ︎72・9660)
・株式会社クリーンボーイ(電話番号 ︎0798・52・9811)
・サンタ―商事株式会社(電話番号 ︎74・5516)
・白瀬浚渫興業株式会社(電話番号 ︎84・1203)
・株式会社都市クリエイトサービス(電話番号 ︎81・6087)
・有限会社ナカザワ(電話番号 ︎73・4441)
・有限会社プランドゥー(電話番号 ︎74・1199)
・有限会社北摂クリーンサービス(電話番号 ︎74・8833)
[問い合わせ先]クリーンセンター業務課(電話番号 87・7883 ファクス番号 81・1941)


===============================
 ~バリアフリー対応  美観と静けさを備えた安心の市営墓地~
 宝塚すみれ墓苑からのお知らせ [ID 1003507]
 生活環境課(電話番号 77・2146 ファクス番号 71・1159)
===============================
【使用者を募集しています】
 詳しい案内パンフレットは生活環境課、各サービスセンター・サービスステーション等で配布しているほか、郵送もしていますのでお気軽にお電話ください。ご来場の際は積雪に注意し、暖かい服装でお越しください。
[永代使用料]1区画(2平方メートル~)48万2000円から(別途、毎年管理料が必要)。
[開苑時間]8時~17時(年中無休)
[所在地]下佐曽利字大谷1番66
※開苑時間内は自由に現地見学できます。
現地確認の上、希望区画を決めてから生活環境課窓口へお申し込みください。

【合葬式墓所が今春誕生します】
 現在、宝塚市営として初の合葬式墓所を苑内に整備しています。合葬式墓所とは、個人墓や納骨堂と異なり、遺骨を共同の埋蔵室へ納骨し、共通のモニュメントの前でお参りしていただく形式の墓所です。墓石の建立や維持管理の必要がなく、個人墓より安価に納骨できます。宗旨・宗派も問いません。
 申し込み開始時期や概要など詳しくは決まり次第、広報たからづかや市ホームページなどでお知らせします。

◆現地説明会のご案内
[日時]3月24日(土曜日)・25日(日曜日) 9時半~15時
※無料送迎バスを下記のとおり運行します。利用する場合は、3月23日(金曜日)までに生活環境課へ電話予約(先着順)をお願いします。マイカー等の場合は、開催時間内に自由にお越しください。
・JR中山寺駅 出発=9:00/13:00
・阪急山本駅 出発=9:15/13:15
・JR宝塚駅 出発=10:10 ※25日(日曜日)のみ運行
JR中山寺駅・阪急山本駅はいずれも北側ロータリー発着、JR宝塚駅南西「みんなのトイレ」西側発着


〈まちづくり・市政情報〉

……………………………………………………………………………………………………
 道路施設の命名権者(ネーミングライツパートナー)を募集します [ID 1023184]
……………………………………………………………………………………………………
 歩道橋などの道路施設におけるネーミングライツパートナーを募集します。契約に基づいてお支払いただく命名権料は、道路の維持管理等に活用します。
申し込み期間=2月1日(木曜日)~28日(水曜日)
対象となる道路施設、募集要項など詳しくは市ホームページをご覧ください。
[問い合わせ先]道路管理課(電話番号 77・2095 ファクス番号 77・2102)

…………………………………………………………………………
 市立末広駐車場の指定管理者を募集します [ID 1018400]
…………………………………………………………………………
指定管理期間=2019年2月1日~2024年3月31日。
[対象者]市が定める基準を満たす法人など(個人は不可)
[申し込み]2月19日(月曜日)~3月2日(金曜日)に申請書に必要書類を添付し、中央公民館へ持参。申請書は2月1日(木曜日)から、各市立公民館、市役所市民相談課、各サービスセンター・サービスステーションで配布(市ホームページからもダウンロード可)。
[問い合わせ先]中央公民館(電話番号 73・6600 ファクス番号 73・6012)

………………………………………………………
 宝塚市行政相談委員を委嘱 [ID 1022917]
………………………………………………………
 市では国、特殊法人などについての相談、苦情、要望を受ける行政相談を月1回実施しています。宝塚市を担当する行政相談委員として、新たに西田實(みのる)さん(境野)が委嘱されました。相談日時等は広報たからづか28面をご覧ください。
[問い合わせ先]市民相談課(電話番号 77・2003 ファクス番号 77・2086)

………………………………………………………………
 宝くじの助成金を活用しています [ID 1022964]
………………………………………………………………
 宝くじの社会貢献広報事業として、その受託事業収入を財源に実施している「コミュニティ助成事業」で、「ラ・ビスタ宝塚団地自治会」の防災資器材整備が採択されました。整備した資器材は災害本部用テントやかまどベンチ、灯油バーナーなどで、地域内の防災対応能力を一層高めることができました。
[問い合わせ先]消防本部予防課(電話番号 73・1953 ファクス番号 77・3951)

……………………
 市への寄附
……………………
▽宝塚市土木協力会―囲碁セット45セット(幼稚園へ)、テント1張(中央図書館へ)、オーブン電子レンジ1台およびテニスラケット10本(適応教室Pal(パル)たからづかへ)▽一般財団法人高友福祉積善会―20万円(福祉基金へ)▽T,Sクラブ―1万円(長寿社会福祉基金へ)


===============================
 TakarActive(タカラクティブ) Vol.13  [ID 1023102]
 広報課(電話番号 77・2002 ファクス番号 74・6903)
 地域エネルギー課(電話番号 77・2361 ファクス番号 71・1159)
===============================
<FM宝塚83.5メガヘルツ>2月28日(水曜日)10時半~11時/(再放送)3月2日(金曜日)12時~12時半
生き生きと地域で取り組まれている活動を、シリーズでご紹介します。
◆再生可能エネルギーで地域を活性化(株式会社宝塚すみれ発電)
 再生可能エネルギーとは、太陽光発電や風力発電などの自然を利用した、環境への負荷が少ないエネルギーのことです。
 その再生可能エネルギーを活用して地域活性化に取り組んでいるのが非営利型 株式会社宝塚すみれ発電です。社長の井上保子さんが「原子力発電に頼らずに暮らしたい」との思いから、平成25(2013)年に設立し、「剰余金は配当せず、再生可能エネルギーの普及・啓発に使う」と定款に記し、運営しています。現在、市内5基、市外1基の発電所が稼働し、うち1基は宝塚市市民発電所設置モデル事業により設置した発電所です。また、西谷地区において、農地に太陽光発電パネルを設置し、農業と太陽光発電を同時に行う「ソーラーシェアリング」の取り組みも行っています。あわせて甲子園大学とソーラーシェアリングに関する共同研究も行っており、地域や大学を巻き込んで地域の活性化に取り組まれています。
 昨年12月には、これらの再生可能エネルギーを生かした地域活性化の取り組みや実績が評価され、尼崎信用金庫が環境改善に寄与する地域の技術や製品、取り組みを表彰する制度「あましんグリーンプレミアム」の最優秀賞を受賞されました。井上さんは「日本は資源が少ないと考えられがちだが、水や植物、太陽の光など、身の周りのものすべてが資源と考えると資源大国だと思う。この地域で再生可能エネルギーを使った暮らしを広げていきたい」と話されました。


=================
 意見募集(パブリック・コメント)
=================
 素案は、次の各担当課および市民相談課、各サービスセンター・サービスステーションなどで配布。詳細は市ホームページをご覧ください。
◆一般廃棄物処理基本計画の見直し(同計画における基本方針のキャッチフレーズも募集)[ID 1023197・1023198]
=同計画の見直しへの意見の提出は2月1日(木曜日)~3月2日(金曜日)。キャッチフレーズは「環境への負荷が少ない循環型社会の構築」をイメージしたもの。応募は2月15日(木曜日)まで。市ホームページからも応募可。
[問い合わせ先]クリーンセンター管理課(電話番号 87・4844 ファクス番号 81・1941)
◆市地域防災計画改定版(案)[ID 1017635]
=意見の提出は2月5日(月曜日)~3月6日(火曜日)。
[問い合わせ先]総合防災課(電話番号 77・2078 ファクス番号 77・2102)
◆市障害福祉計画(第5期)・市障害児福祉計画(第1期)[ID 1022907]
=意見の提出は2月1日(木曜日)~3月2日(金曜日)。
[問い合わせ先]障害福祉課(電話番号 77・2077 ファクス番号 72・8086)
◆北部地域土地利用計画(案)・市市街化調整区域における開発行為及び建築物の新築等に関する条例(案)[ID 1022645]
=意見の提出は2月1日(木曜日)~3月5日(月曜日)。
[問い合わせ先]都市計画課(電話番号 77・2088 ファクス番号 74・8997)、開発審査課(電話番号 77・2194 ファクス番号 74・8997)

==========
 市民委員を募集
==========
◆市行政評価委員会[ID 1022938]
=1人。市の総合計画に掲げる施策の進捗や、施策に基づく事務事業の執行状況について、評価・意見・提案等を行う。任期は4月1日から3年間(予定)。[対象者]市内に1年以上在住する20歳以上の人(ただし、本市の市議会議員・職員、他の審議会などの委員は除く)。報酬は市の規定により支給。
[申し込み]政策推進課、市民相談課、各サービスセンター・サービスステーションなどで2月1日(木曜日)から配布する申込書(市ホームページからもダウンロード可)と「私の考えるこれからのまちづくり」をテーマにした小論文(800字程度)を政策推進課へ郵送または持参。2月23日(金曜日)必着。
[問い合わせ先]政策推進課(電話番号 77・2001 ファクス番号 72・1419)

========
 縦覧・閲覧
========
◆阪神間都市計画 地区計画の変更(千種地区)、生産緑地地区の変更(亀井町2生産緑地地区ほか8地区)の永久縦覧[ID 1003184]
=平日9時~17時半、都市計画課。
[問い合わせ先]都市計画課(電話番号 77・2088 ファクス番号 74・8997)

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。