エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成29年度) > 平成30(2018)年3月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)


ここから本文です。

平成30(2018)年3月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)

ID番号 1025413 更新日  平成30年3月2日  印刷

市立病院だより(24面・25面)

【24・25面】

市立病院のページ

***************************
~市民の健康といのちを守ります~ [ID 1004613]
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
***************************
===============================
心臓・動脈硬化の予防と治療
~循環器内科 張木洋寿(はりきひろとし)先生にインタビュー~
===============================

◆Q.1 張木先生について教えてください
循環器内科主任医長の張木洋寿です。神戸大学循環器内科の医局に所属し、兵庫県内の病院で循環器内科の仕事をしており、医師として今年で14年目を迎えています。昨年4月に宝塚市立病院に赴任しました。まだ1年ほどですが、専門の心臓カテーテル治療を中心に、不整脈、心不全など幅広く診療しています。循環器内科は常勤医師6人体制で、他の診療科と協力して、心臓のみならず全身の血管の病気に焦点を当てて診療に取り組んでいます。
◆Q.2 心筋梗塞や狭心症はどんな病気ですか
心筋梗塞や狭心症は、心臓に栄養を送る血管が動脈硬化に陥り、閉塞(へいそく)(つまること)、狭窄(きょうさく)(細くなること)することで発症します。その血管の場所を検査し、血管を拡張するのがカテーテル治療です。心筋梗塞のように血管がつまり、心臓の筋肉が死んでしまう病気は、発症するとすぐに生命に関わる可能性があるため、つまった血管の治療を緊急に行う必要があります。一方、狭心症は血管が細くなる病気です。お薬で治療を行い、それでも十分な血流を保てない場合は、予定を決め、カテーテル治療を行います。
※カテーテル治療=カテーテルと呼ばれる直径1~2ミリメートルの細い管を血管内に挿入し、狭くなった血管を広げて行う治療。
◆Q.3 足のカテーテル治療があると聞きました
心臓血管の治療が中心になりますが、それ以外にも閉塞(へいそく)性動脈硬化症といって、足の血管が動脈硬化によって細くなると、歩いた時に痛みを感じ、場合によっては足が壊死(えし)してしまう場合があります。そんな時は足の血管のカテーテル治療を行います。他にも腎臓の血管がつまり、血圧が高くなる病気に対しては腎臓の動脈をカテーテルで治療する場合もあります。
◆Q.4 動脈硬化を防ぐにはどうすればいいですか
動脈硬化は、カテーテル治療に至るまでに予防することが大切です。特に喫煙や高血圧、糖尿病、高脂質血症などは動脈硬化の進行を早める代表的なリスクとして考えられています。健康的な食事と適切な運動によって、入院して治療する状態を予防できます。
当院ではカテーテル治療はもとより、生活指導や運動指導を行うことで、動脈硬化を予防することが治療の基盤と考えています。必要に応じて投薬治療を行い、心臓、動脈硬化に対するリハビリテーション療法も開始します。また、病気の早期発見の方法としてさまざまな検査を行っています。特に心筋梗塞、狭心症の検査は、これまでの心筋へ流れる血液や心筋を画像化する“心筋シンチグラフィー"に加えて、CTで冠動脈が評価できるようになりました。
◆Q.5 最後に一言お願いします
皆さん、動脈硬化を予防するために、毎日続けることができる適度な運動、健康的な食事を心がけましょう。かかりつけの先生の受診や、健康診断で自分の動脈硬化のリスクを評価しましょう。しかし、ある程度まで病状が進行し、病気を発症してしまうと治療が必要です。その際は皆さんのお役に立てるよう、循環器内科はチーム医療で準備をしてまいります。


…………………………………………………………
講座・ご案内(いずれも無料、申し込み不要)
…………………………………………………………
◆第25回 市民公開講座
〈手話通訳・要約筆記あり〉
日時:3月17日(土曜日) 14時~15時45分(13時半 開場)
場所:ソリオホール(ソリオ1の3階)
テーマ:「がんセンター」オープン記念講座
◇がんセンターのコンセプト
市病院事業管理者 明石 章則
◇がん診療支援センターの役割
市立病院がん看護専門看護師 吉田 こずえ
◇標準的ながん薬物療法の提供に向けて
市立病院がんセンター長 根來(ねごろ) 俊一
◇今日の放射線治療について
兵庫医科大学放射線医学教室教授 上紺屋(かみこんや) 憲彦

◆ 健康測定・健康よろず相談
〈先着50人〉
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
日時:3月12日(月曜日)13時半~15時
場所:市役所G階 警備防災センター横
内容:健康測定(血圧・体重・体脂肪・骨量)

◆ 病院スタッフによる健康測定
当院スタッフが、健康測定を行います。
日時:3月8日(木曜日)13時半~15時
場所:東公民館
内容:健康測定(血管年齢・体組成)

◆「たからづかタウンガイド」の「市立病院の得した気分!」
毎月第2月曜 17時20分~40分
エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中
当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
放送日:3月12日(月曜日)
テーマ:心臓のはなし(循環器内科 張木主任医長)

………………
お知らせ
………………
◆ 救急外来の一時停止
災害時トリアージ訓練のため、救急外来の診察を小児科とかかりつけの患者さんに限らせていただきます。また、その時間の受付窓口は正面玄関となります。ご迷惑をお掛けしますがご協力をお願いします。
日時:3月3日(土曜日)8時~13時


*****************************
いきいき健康 21世紀の健康づくり [ID 1014644]
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
*****************************
===============
禁煙、始めてみませんか?
===============
禁煙による健康改善は何歳になっても遅すぎることはありません。禁煙をすると、余命が長くなったり、免疫力が上がり風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、さまざまな病気のリスクを減らしたりすることができます。禁煙の方法を知り、この機会にチャレンジしてみませんか?

◆禁煙のメリット
◎吸っていた本人のメリットは…
・がんや心臓病などの病気になるリスクが減る
・タバコのニオイがとれて口臭が減る
・イライラすることが減り、集中力が増す
・食べ物がおいしく感じられるようになる
・お金が貯まる!(タバコ1日1箱450円として、1か月で13,500円の節約)
◎お子さんや家族のメリットは…
・喫煙していた時間を一緒に過ごせる
・タバコを誤飲する可能性がなくなる
・ぜんそくや中耳炎になりにくくなる
・肺がんや心疾患のリスクが低くなる

◆禁煙する方法を紹介します!
(1)禁煙補助薬を利用する
薬局や薬店で買えるニコチンガムやニコチンパッチなどを利用する。飲み薬は市販されていませんので、禁煙外来を受診してください。
(2)医療機関の禁煙外来を受診する
病院での禁煙外来は、以下の条件1~5(35歳未満の場合は条件1~4)を満たしていれば、健康保険で約12週間の禁煙治療を受けられます。費用は服薬治療の場合、約19,000円です。条件を1つでも満たしていない場合は、自由診療になります。
条件1:健康保険等ではじめて禁煙治療を受ける。
または、前回の健康保険等で受けた禁煙治療初日から1年が過ぎている。
条件2:直ちに禁煙しようと考えている。
条件3:ニコチン依存症の診断テスト(※)で5個以上の項目に当てはまる。
※インターネットで「TDSニコチン依存度テスト」と検索
条件4:医療機関で、禁煙治療を受けることを文書で同意する。
条件5:1日平均喫煙本数×喫煙年数=200以上(35歳未満は不要)
※禁煙治療ができる医療機関は一般社団法人日本禁煙学会ホームページの「禁煙治療に保険が使える医療機関情報」から検索できます。
(3)禁煙チャレンジコースを利用する
健康センターでは、20歳以上の市民を対象に保健師による禁煙のためのサポートを実施しています(禁煙補助薬などは処方できません)。費用は無料、予約制です(広報たからづか3月号38面参照)。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。