エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成30(2018)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(22面・23面)


ここから本文です。

平成30(2018)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(22面・23面)

ID番号 1025975 更新日  平成30年5月14日  印刷

市立病院だより(22面・23面)

【22~23面】

市立病院のページ

*****************************
~市民の健康といのちを守ります~ [ID 1004613]
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
*****************************
==================
前立腺がん骨転移の新しい治療
~ゾーフィゴ静注(じょうちゅう)~
==================
泌尿器科 福井浩二

<プロフィール>
兵庫医科大学病院などでの研修を経て、平成28年7月から市立病院で勤務。前立腺・膀胱・腎がんなどの悪性腫瘍をはじめとして、前立腺肥大症、尿路結石等の良性疾患の手術も多く経験し、泌尿器科専門医・指導医および日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医(泌尿器領域)、日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医を取得。

Q.1 前立腺がんはどんな病気ですか
前立腺がんは現在、男性のがんの中で4番目に多く、この10年で約3倍に増加しています。最近では検診などで異常があれば早期に発見されることが多いですが、進行すると前立腺がんは転移します。8割以上が背骨、肋骨や骨盤などの骨への転移です。

Q.2 骨転移が起こるとどのような症状がでますか
痛み、しびれや麻痺などの症状や骨折が起こり、日常生活に大きな支障をきたすことがあります。そのため早期に治療を開始することが大切です。ゾーフィゴ静注は骨転移症状の緩和や発現を遅らせる効果があり、生存期間を延長する効果も認められています。

Q.3 前立腺がんの治療で使われるお薬にはどんな種類がありますか
前立腺がんに対する治療薬は、主に3種類あります。
1 内分泌療法薬(ホルモン療法薬)
男性ホルモンの分泌や働きを妨げることで、がん細胞の増殖を抑える薬
2 化学療法薬
化学物質を使ってがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を死滅させる薬
3 放射線医薬品
特定の放射線物質を含んだ薬を注射などで体内に投与し、その薬から出される放射線によって治療効果を発揮する薬。ゾーフィゴ静注は「放射線医薬品」に属します。

Q.4 ゾーフィゴ静注の治療について教えてください
ゾーフィゴ静注は、骨転移のある場合で男性ホルモンの分泌を抑える治療を実施しても病状が悪化する場合の前立腺がん治療薬です。ラジウム-223という放射線物質を用いて、骨に転移したがん細胞に対して治療効果を発揮します。細胞を破壊する力が強いという特徴がありますが、正常細胞に影響を及ぼすことは比較的少ないとされています。
治療は4週間ごとに1回、静脈注射で約1分かけてゆっくりと投与します。注射で体内に投与し、体の内側から放射線を出して、がんを治療します。最大6回の注射を受けたら治療は終了です。通常は外来通院で治療可能です。
注射後1週間くらいは、微量の放射線物質が血液や便などに残る可能性がありますので、日常生活、洗濯物の取り扱いや排便・排尿、嘔吐時の対応に注意する必要があります。

Q.5 最後に一言お願いします
当院は昨年8月にゾーフィゴ静注を導入しました。延命のみではなく、痛みなどの症状をなくし、骨折を減らし、可能な限り生活の質を維持し、自立的生活を送れるように治療を行っています。前立腺がんの骨転移でお困りの場合は、かかりつけ医に相談の上、当院を受診してください。

…………………
お知らせ
…………………
◆ボランティア募集
市立病院では、ボランティアを募集しています。詳しくは、看護部(電話番号 87・1161)へお問い合わせください。
◆整形外科から
月、金曜の外来診療は、紹介状のある方、予約済みの方のみ診療しています。
◆消化器内科から
現在、完全予約制となっています。
●がんサロン~がんセンター職員によるミニレクチャー&茶話会~
がんセンターでは、毎月、がんサロンを開催します。
日時:5月16日(水曜日)14時~16時
場所:がん診療支援センター
内容:放射線治療について~トモセラピー~
放射線治療センター 田ノ岡技師長

……………………
講座・ご案内
……………………
<いずれも無料、申し込み不要>
◆第26回 市民公開講座<手話通訳・要約筆記あり>
日時:6月16日(土曜日)14時~15時30分(13時半 開場)
場所:ソリオホール(ソリオ1の3階)
テーマ:尿路結石の話
◆健康測定・健康よろず相談<先着50人>
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
日時:5月21日(月曜日)13時半~15時
場所:市役所G階 警備防災センター横
内容:健康測定(血圧・体重・体脂肪・骨量)
◆ 「たからづかタウンガイド」の「市立病院の得した気分!」
毎月第2月曜 17時20分~40分
エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中
当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
放送日:5月14日(月曜日)
テーマ:前立腺がん骨転移の新しい治療 ~ゾーフィゴ静注~(泌尿器科部長 福井医師)


***********************
イキイキ健康 21世紀の健康づくり
6月4日~10日は、『歯と口の健康週間』です。
***********************

宝塚市では、毎年この時期にあわせて、歯の無料健診・相談事業等のイベントを実施しています。

………………………………………………………………………………
歯の無料健診・相談のお知らせ [ID 1025712]
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
………………………………………………………………………………
日時:6月4日(月曜日)・5日(火曜日)10時~16時
場所:口腔保健センター(小浜2丁目1-30) ※予約不要
内容:一般歯科健診(幼児・成人対象)、後期高齢者歯科健診(75歳以上対象)、歯科相談、ブラッシング指導、むし歯予測テスト、噛むカムチェック、口臭測定等各種測定
※昨年度から、75歳以上を対象とした後期高齢者歯科健診を行っています。
健診内容は、口腔内診査、舌機能・嚥下(えんげ)機能・咀嚼(そしゃく)機能の評価です。
口のことでお困りの場合は、ぜひこの機会にご相談ください。

…………………………………………………………
市民歯の健康講座 [ID 1013129]
市歯科医師会事務局(電話番号 81・4050)
…………………………………………………………
日時:5月26日(土曜日)14時~16時
場所:西公民館 ホール
内容:『健康とお口の病気を考える』
講師:市歯科医師会 駒井 正 先生
申し込み:5月1日(火曜日)~25日(金曜日)に電話
で市歯科医師会事務局へ。
※一時保育あり(対象:6か月~就学前、5月1日(火曜日)~15日(火曜日)に要予約)

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。