エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成30(2018)年9月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)


ここから本文です。

平成30(2018)年9月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)

ID番号 1027265 更新日  平成30年9月26日  印刷

市立病院だより(24面・25面)

【24・25面】

市立病院のページ

***************************
~市民の健康といのちを守ります~ [ID 1004613]
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
***************************
===============================
看護師の医療行為「特定行為」について
~褥瘡(じょくそう)※対策室 黒木亜希子師長にインタビュー~
===============================
※褥瘡…寝たきりなどで血流が悪くなり、皮膚の一部が赤くなったり、ただれたりすること。「床ずれ」ともいう。

<profile>
市立看護専門学校を卒業後、市立病院に勤務し、平成20(2008)年に皮膚・排泄ケア認定看護師の資格を取得。褥瘡対策室で床ずれの予防ケアを行う。平成29(2017)年10月から東京都清瀬市にある日本看護協会看護研修学校の特定行為研修を受講し、平成30(2018)年3月に修了。

…………………………
Q.1 特定行為とは
…………………………
人口の30パーセント以上が65歳以上の高齢者となる2025年に向けて、国は在宅医療を推進しています。しかし、医療に関わる人材にも限りがあり、必要な医療サービスをタイムリーに提供するためには、医師だけでなく他職種も一緒に取り組むチーム医療の推進が欠かせません。特に看護師は、医師の判断を待たずに現場で処置などを行う役割が求められています。そのため、看護師が一部の医療行為を診療の補助として実施する特定行為が検討されました。
医師が行う行為を医療行為といい、医師以外は実施できません。看護師ができるのは、診療の補助と療養上の世話です。診療の補助とは、採血や注射などで、療養上の世話とは入浴や食事の介助などです。特定行為は診療の補助であり、研修を受けた看護師が行える内容として輸液管理、胃ろうの交換などの38種類の行為があります。

…………………………………………………………
Q.2 特定行為研修とはどのような内容ですか
…………………………………………………………
研修では、状態を判断するための臨床推論や身体診察法、傷の処置の演習など専門的な知識だけでなく、技術の習得を目的とした演習も行いました。また、自施設で医師から指導を受け実習も行っています。研修終了後には他施設実習として、実際に特定行為を行われている病院でさまざまな症例から学び、経験を積みました。

………………………………………………………
 Q.3 どのような医療行為が実施できますか
………………………………………………………
私は創傷管理モデルを受講しましたので、血液の流れていない皮膚の除去(壊死(えし)組織の除去)、傷に陰圧をかける機器を使った治療(陰圧閉鎖療法)、傷に挿入されたチューブの抜去(ばっきょ)(創部ドレーン抜去)が実施できます。特定行為とは、医療行為を実施するまでに至る全身状態の観察や評価、安全に実施するための調整など、さまざまな内容を含んでおり、医療行為を実施することだけが特定行為ではありません。

………………………………………………
 Q.4 患者さんにとってのメリットは
………………………………………………
看護師が一部の医療行為を実施できることによって、より迅速に患者さんの状態に合わせた処置などが実施できます。また、医学的な視点だけでなく、看護の視点からも患者さんに関わることができるので、より生活に応じた治療、ケアを提供できると考えます。

……………………………………………………
 Q.5 今後の活動について教えてください
……………………………………………………
今後、当院でも特定行為を実施する看護師が増える予定ですので、病院内で安全に特定行為を提供できる環境を作りたいと思います。その後、通院困難な患者さんを対象に、訪問看護師とともにご自宅へ訪問する同行訪問を通じて支援をしたいと考えています。

…………………………………………………………
講座・ご案内(いずれも無料、申し込み不要)
…………………………………………………………

●第27回 市民公開講座
[日時]9月8日(土曜日)14時~15時半(13時半開場)
[場所]ソリオホール(ソリオ1の3階)
[テーマ]通院での抗がん剤治療について
1:化学療法とは 診療部長・化学療法センター長 清水 義文
2:化学療法センターでの治療の実際 化学療法センター看護師 坂口 亜衣子
3:よくある副作用とその対策 がんセンター長 根來(ねごろ) 俊一
<手話通訳・要約筆記あり>

●健康測定・健康よろず相談
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
[日時]9月10日(月曜日)13時半~15時
[場所]市役所G階 警備防災センター横
[内容]健康測定(血圧・体重・体脂肪・骨量)
<先着50人>

●「たからづかタウンガイド」の「市立病院の得した気分!」
毎月第2月曜 17時20分~40分
エフエム宝塚【83.5メガヘルツ】で放送中
当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
[放送日]9月10日(月曜日)
[再放送]9月15日(土曜日)20時半~21時
[テーマ]看護師の医療行為「特定行為」について(褥瘡対策室 黒木亜希子師長)

●がんサロン~がんセンター職員による
ミニレクチャー&茶話会~
[日時](1)9月19日(水曜日) (2)10月17日(水曜日)14時~16時
[場所]がんセンター2階
[テーマ](1)大腸がんについて(外科医師) (2)抗がん剤とは(腫瘍内科医師)

………………
お知らせ
………………
●消化器内科から
現在、完全予約制となっています。


*****************************
イキイキ健康
21世紀の健康づくり
健康センター(電話番号 86・0056 ファクス番号 83・2421)
*****************************
===========================
健康寿命を延ばしましょう~スクワットで足腰元気!~
[ID 1027060]
===========================
スクワットは、脚の筋力アップのトレーニングとしてよく知られています。
大きく太い筋肉が集まっている部分の運動で、スポーツジムやトレーニングルームではバーベルやダンベルを使って行われます。日常生活において健康を維持するためであれば、器具を使わなくても大丈夫です。
下記の要領でスクワット運動を実施し、足腰を元気に、健康寿命を延ばしましょう。

●基本的運動
(1)足は肩幅程度に開き、両手を頭の後ろで組みます。
(2)そのまま体重が真下にかかるように両膝をゆっくり曲げます。
(3)お尻の後ろから太ももの後ろ側に力が入っていることを意識しながら、ゆっくり膝を伸ばしましょう。
(4)運動中は息を止めないよう、膝を伸ばす時に息を吐くようにしてください。
(5)運動のリズムは「1(いち)、2(に)」で膝を曲げ、「3(さん)」で脚を伸ばしましょう(膝を伸ばしきらないように注意しましょう)。
1セット15回を2~3セット、1日おきに実施してみましょう。
※回数やセット数はあくまでも目安で、無理のない範囲でやりましょう。

●注意すること
(1)膝、腰に痛みを感じる人、すでに腰痛、膝痛で治療中の人、医師から運動を制限されている人は控えてください。
(2)膝を曲げた時、絵のように膝先がつま先より前に出ないようにしましょう。
(3)膝は勢いよく伸ばさないように、ゆっくりと運動してください。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。