エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成30(2018)年10月号 自動翻訳機能対応テキスト版(14面から17面)


ここから本文です。

平成30(2018)年10月号 自動翻訳機能対応テキスト版(14面から17面)

ID番号 1027601 更新日  平成30年10月18日  印刷

今月のトピックス(14面から17面)

【14面〜17面】今月のトピックス

********************************
 介護を考える市民フォーラム in 宝塚
 ~つくりましょう! 介護が必要になっても安心な街を~
 [ID 1026946]
 介護保険課(電話番号 77・2136 ファクス番号 71・1355)、
 市介護保険事業者協会(電話番号 86・5000 ファクス番号 86・5069)
********************************
 介護が必要となっても安心して過ごせる街を目指して、介護を考える市民フォーラムを毎年開催しています。今回は、宝塚市地域包括ケアシステム研究会~3つの若葉を育てる会~による劇、「幸せな最期のための5か条~『終活』ってなんだろう?」を上演し、終活について分かりやすく表現します。併せて市内福祉施設の利用者が制作した作品展も開催しますので、ぜひご来場ください。
[日程]11月11日(日曜日)13時~15時半(12時開場)  
[場所]ソリオホール
[申し込み]郵便番号 住所・氏名・電話番号、参加人数・同伴者の氏名を記入の上、郵便番号 665・8665(住所不要)「介護保険課市民フォーラム係」へ郵送または同課窓口へ。メール(oubo1111@takarazuka-kaigo.net)での申し込みも可。10月26日(金曜日)必着。
※一時保育あり(10月31日(水曜日)までに要予約)
<先着300人><手話通訳・要約筆記あり>

******************************
 終活セミナー[ID 1019527]
 生活環境課(電話番号 77・2146 ファクス番号 71・1159)
******************************
 「終活についての考え方」をテーマに、終活カウンセラー協会の賀集一弥(かしゅうかずや)さんに講演いただきます。ご自身が最期まで悔いのない人生を送るために、どのようなことを準備・検討しておく必要があるか、この機会に整理してみませんか。
[日時]11月3日(祝日)13時~14時半  
[場所]宝塚市役所 3階 大会議室
[申し込み]氏名・連絡先・参加人数を電話で生活環境課(電話番号 77・2146)へ。
■セミナー終了後に、宝塚すみれ墓苑の現地見学へマイクロバスでご案内します(先着20人、要予約)。希望者は終活セミナーの申し込み時にお伝えください。現地には約40分間滞在し、17時10分ごろ宝塚市役所に帰着予定です。参加者にはエンディングノートをプレゼントしますので、ぜひお申し込みください。
<先着100人>

………………………………………………………………………………………………………………
 宝塚すみれ墓苑からのお知らせ [ID 1003507・1023301]
………………………………………………………………………………………………………………
(1)一般墓所・合葬式墓所の使用者を募集しています
[一般墓所] 
1区画(2平方メートル~)48万2千円(非課税)から(別途、毎年管理料が必要)。芝生区域もあります。
[合葬式墓所]
5万円(税別)から。「直接合葬方式」、「埋蔵式安置後合葬方式」のどちらも来年3月29日(金曜日)まで随時募集しています。申し込みなど詳しくは、生活環境課などで配布しているパンフレットをご確認ください。
(2)秋の現地見学会を開催します 職員が墓苑内をご案内します。
[日時]10月13日(土曜日)・14日(日曜日) 9時半~15時
※無料送迎バス(先着予約制)を以下の通り運行します。10月12日(金曜日)までに電話で要予約。
▽JR中山寺駅(北側ロータリー)・阪急山本駅(北側ロータリー)発
[第1便]JR中山寺駅出発9時45分、阪急山本駅出発10時、宝塚すみれ墓苑(60分)到着10時40分、出発11時40分、阪急山本駅到着12時20分、JR中山寺駅到着12時35分
[第2便]JR中山寺駅出発12時50分、阪急山本駅出発13時05分、宝塚すみれ墓苑(60分)到着13時45分、出発14時45分、阪急山本駅到着15時25分、JR中山寺駅到着15時40分
▽JR宝塚駅(南西「みんなのトイレ」西側)発
[第1便]JR/阪急宝塚駅出発8時50分、宝塚すみれ墓苑(60分)到着9時40分、出発10時40分、JR/阪急宝塚駅到着11時半
[第2便]JR/阪急宝塚駅出発11時55分、宝塚すみれ墓苑(60分)到着12:45、出発13時45分、JR/阪急宝塚駅到着14時35分
※キャンセルの場合は、必ず生活環境課(当日はすみれ墓苑管理事務所(電話番号 83・5070))までご連絡ください。
※自家用車でお越しの場合は予約不要です。

********************************
 市職員募集(事務職(障がい者)、学校看護師)
  (1)人材育成課(電話番号 77・2149 ファクス番号 72・6032)、
 (2)教育委員会職員課(電話番号 77・2026 ファクス番号 71・1891)
********************************

(1)事務職(障がい者)[ID 1001373]
募集人数:若干名
受験資格:下記の要件をすべて満たす人
<1>昭和59(1984)年4月2日以降に生まれ、高校を卒業した人または来春までに卒業見込みの人(高校卒以上の学歴でも受験可)
<2>身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳いずれかの交付を受けている人
試験日:10月28日(日曜日)
採用予定日:来年4月1日
申し込み:10月1日(月曜日)~17日(水曜日)必着
(2)学校看護師 [ID 1017819]
募集人数:1名
受験資格:昭和33(1958)年4月2日以降に生まれ、看護師免許を有する人
試験日:11月1日(木曜日)
採用予定日:12月1日
申し込み:10月1日(月曜日)~12日(金曜日)必着
※いずれも詳細は募集要項に掲載。

*******************************
 宝塚市立看護専門学校 [ID 1000782]
 看護専門学校(電話番号 84・0061 ファクス番号 84・1021)
*******************************
 募集要項などは看護専門学校窓口で配布、または郵送でも請求いただけます。詳しくは看護専門学校ホームページをご覧ください。

【推薦入学】
募集人数:15人程度
試験日程:
1次 11月16日(金曜日) 学科
2次 11月17日(土曜日) 面接
受付期間:11月1日(木曜日)~8日(木曜日)
【社会人入学】
募集人数:若干名
試験日程:11月16日(金曜日) 学科・面接
受付期間:11月1日(木曜日)~8日(木曜日)
【一般入学】
募集人数:25人程度
試験日程:
1次 来年1月8日(火曜日) 学科
2次 来年1月9日(水曜日) 面接(1次合格者のみ)
受付期間:11月30日(金曜日)~12月14日(金曜日)
※受付期間はいずれも当日消印有効
◆学校祭 10月6日(土曜日)10時~15時
 模擬店やフリーマーケットを実施しますので、ぜひお越しください。また、10時半からオープンキャンパスも同時開催しますので、参加を希望する場合は電話で予約してください。

*******************************
 やまぼうし保育園分園の入園者を募集 [ID 1000540]
 保育事業課(電話番号 77・2037 ファクス番号 74・9948)
*******************************
 やまぼうし保育園分園(長尾町)が12月1日に開園します。
 保護者が就労等で「保育が必要な」就学前児童を対象に、0~5歳の全ての年齢で申し込みを受け付けます。

〈定員〉
0歳児:6人
1歳児:15人※
2歳児:17人※
3歳児:17人※
4歳児:17人
5歳児:18人
合計90人
※1~3歳児クラスは代替施設(やまぼうし保育園本園)を利用し、今年4月から受け入れを開始していますので、欠員がある場合のみ入所選考となります。
〈申し込み〉
 保育事業課で配布している申込書と入所申込理由に関する証明書類(勤務証明書等)を持参してください。すでに他の認可保育施設を申し込みしている人は、希望園変更届を提出してください。
【締切日:11月9日(金曜日)】

*******************************
 平成29(2017)年度 決算の概要
 一般会計の実質収支は5.6億円の黒字[ID 1012636]
 財政課(電話番号 77・2022 ファクス番号 72・1419)
*******************************
 平成29年度の歳入は、国・県支出金、地方譲与税・交付金が増加したものの、根幹となる市税はほぼ横ばいで、引き続き厳しい行財政運営となりました。一方、歳出においては行財政改革に取り組み、入札差金の留保など予算の執行管理を強化し、収入の範囲内での支出にとどめました。
 この結果、一般会計において5.6億円の黒字となり、黒字決算は昭和52(1977)年度以降41年連続となりました。決算規模は前年度に比べ、歳入で5.8億円、歳出で3億円それぞれ増となりました。特別会計もあわせた会計別決算の状況は表1のとおりです。

[表1]平成29(2017)年度 会計別決算(単位:億円)
<歳入/歳出/歳入歳出差引(a)/翌年度へ繰越すべき財源(b)/実質収支(a)-(b)>
【一般会計】773.3/763.5/9.8/4.2/5.6
【特別会計】
国民健康保険事業費…269.9/256.9/13.0/―/13.0
国民健康保険診療施設費…1.1/1.1/0.0/―/0.0
農業共済事業費…0.7/0.6/0.1/―/0.1
介護保険事業費…194.5/189.1/5.4/―/5.4
後期高齢者医療事業費…39.9/38.5/1.4/―/1.4
財産区…0.9/0.6/0.3/―/0.3
宝塚すみれ墓苑事業費…2.6/2.6/0.0/―/0.0
小計…509.6/489.4/20.2/―/20.2
合計(一般会計+特別会計)…1,282.9/1,252.9/30.0/4.2/25.8
〈決算の状況〉
○歳入= 前年度に比べて、国・県支出金7.7億円、地方譲与税・交付金4.2億円、市債3.4億円が増となった一方、繰入金6.5億円、繰越金が3.2億円減となり、全体として昨年度より5.8億円の増となりました。
○歳出= 前年度に比べて、学校園施設整備事業7.5億円、中央公民館施設整備事業4.5億円の増により投資的経費が増加しています。扶助費は施設型給付費が4.3億円、障害福祉サービス費給付費が2.2億円、障害児通所給付費が2.2億円の増などにより、全体として3億円の増となりました。
〈財政指標などの状況〉
○地方債残高は721.2億円(普通会計)になり、前年度に比べ0.1億円の減(市民1人当たり30.8万円になり前年度と同額)となりました(表2参照)。
○基金の残高が95.0億円(普通会計)になり、前年度に比べ1.8億円の増(市民1人当たり4.1万円で0.1万円の増)となりました(表3参照)。
○地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率(4指標※)
 いずれの比率においても法に定める基準以内で、現時点ではおおむね健全な状態です。
※4指標とは、次の比率を指します。
(1)実質赤字比率(一般会計等の実質赤字の標準財政規模に対する比率)…なし
(2)連結実質赤字比率(特別会計や市立病院、上下水道局の公営企業会計を加えた実質赤字等の標準財政規模に対する比率)…なし
(3)実質公債費比率(一般会計などが負担する借金など返済額の標準財政規模に対する比率)…4.1パーセント(前年度より0.3ポイント改善)
(4)将来負担比率(土地開発公社や市が損失補償を行っている出資法人などを含めた一般会計などが将来負担するべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率)…30.2パーセント(0.6ポイント改善)

[表2]地方債残高の推移(普通会計)
平成27年度 736.7億円
平成28年度 721.3億円
平成29年度 721.2億円

[表3]基金残高の推移(普通会計)
平成27年度 100.6億円
平成28年度 93.2億円
平成29年度 95.0億円

*******************************
 「シンシアのまち宝塚」 [ID 1027484]
 市民の皆さんへ補助犬シールをお配りしています!
 障害福祉課(電話番号 77・9110 ファクス番号 72・8086)
*******************************
 宝塚市は「シンシアのまち宝塚」を合い言葉に、補助犬の普及啓発に取り組んでいます。平成28年12月には「宝塚市障害者差別解消に関する条例」を制定し、障がいのある人もない人も共に住みよいまち宝塚の実現に向けて施策を展開しています。
 今年度は20回目を迎える身体障害者補助犬シンポジウム(広報たからづか10月号11面参照)を節目に、市役所の公用車に“補助犬シール”を貼り、さらなる周知を図っています。補助犬シールは市民の皆さんへ無償で配布していますので、ご希望の場合は障害福祉課へご連絡ください。

*******************************
 10月は3R推進月間 
 クリーンセンター管理課(電話番号 87・4844 ファクス番号 81・1941)
 クリーンセンター業務課(電話番号 87・7883 ファクス番号 81・1941)
*******************************
<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してお話しします。
10月4日(木曜日)10時半~11時
(再放送)10月6日(土曜日)20時半~21時

===============================
 ごみと資源 分けて広がる エコ社会 [ID 1027021]
===============================
 宝塚市では、2027年までに家庭からでる燃やすごみを、5パーセント削減する目標を掲げています。3Rとは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つの頭文字の総称です。
 限りある地球の資源を大切にし、資源を有効的に繰り返し使う社会(循環型社会)をつくるため、3Rにご協力をお願いします。

【リデュース】…むだなごみの量をできるだけ少なくする
例)買い物にマイバックを持参する、食べ残しをしない、生ごみの水をきる
【リユース】…一度使ったものを繰り返し使う
例)詰め替え用の製品を選ぶ、いらなくなったものを譲り合う

【リサイクル】… どうしてもごみになるものを、正しく分別してもう一度資源にもどす
例)ごみを正しく分別する、ごみを再生して作られた製品を利用する

===============================
 10月30日は「食品ロス削減の日」 [ID 1026966]
===============================
 宝塚市は「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」に参加し、食品ロスの削減に取り組んでいます。リデュースの1つとして、食品ロスをなくしましょう。
 ・買い物前に冷蔵庫をチェックして、無駄な食材を買わないようにしましょう
 ・食べきれる量の食事をつくりましょう。
 ・多く作った場合は、冷凍保存するなど、残さず食べるようにしましょう。
 ・外食の際は、食べきれる分だけ注文しましょう。(少盛、ハーフサイズなどを活用する)

=====================================
 日々のごみ出しを手助け!
 ごみアプリ「さんあ~る」をご利用ください [ID 1019944]
 
=====================================
 「さんあ~る」を使えば、「今日は何ごみの日?」を含め、ごみカレンダーを簡単に確認できます。ごみの分別方法についても調べることができますので、ぜひご活用ください。
 アプリのダウンロードはApp Store/Playストアで「さんあーる」と検索、または二次元バーコードをご利用ください。

●粗大ごみリサイクル品展示販売会 [ID 1026991]
 リサイクル品の展示販売を行います。
[日時]10月27日(土曜日)10時~11時半(荒天中止)
[場所]クリーンセンター
[内容]自転車、一輪車のみの販売
[問い合わせ]宝塚さざんか福祉会(電話番号 84・8700 ファクス番号 81・5265)

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。