エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成30(2018)年11月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)


ここから本文です。

平成30(2018)年11月号 自動翻訳機能対応テキスト版(24面・25面)

ID番号 1027807 更新日  平成30年11月30日  印刷

市立病院だより(24面・25面)

【24・25面】

市立病院のページ

***************************
~市民の健康といのちを守ります~ [ID 1004613]
市立病院だより
市立病院(電話番号 87・1161 ファクス番号 87・5624)
***************************
===============================
宝塚市立病院の役割 ~急性期医療・がん診療を担います~
病院長 今中秀光
===============================
今回は、宝塚市立病院の2つのミッションについて説明させていただきます。
第1のミッションは地域医療支援病院として急性期医療を担うことです。緊急で重症な患者さんに対する専門的な治療を行うため、救急患者さんや、かかりつけ医からの紹介患者さんを多く受け入れています。救急車の受け入れ数は、3,841件(平成25年度)から4,940件(平成29年度)と大幅に増えました。
急性期医療が完了した段階で、社会復帰に向けた医療が必要な場合はリハビリテーション病院を紹介します。長期療養が必要な場合は地域の診療所、訪問看護ステーションやケアマネジャーと連携をとり、住み慣れた自宅で療養できるよう支援をしています。また状況によっては、療養型の病院や介護施設を紹介しています。市民の皆さんが救急搬送された際に満床で入院できないということが起こらないよう、急性期医療が完了した患者さんには適切な機関と連携の上、退院をお願いしています。
第2のミッションはがん診療の充実です。今年4月に「がんセンター」を開設しました。放射線療法、化学療法、がん診療支援の3つのセンターからできています。がんだけを狙い撃ちできる最新の放射線治療装置を、西日本ではじめて導入し、2階には外来化学療法室20床を開設しました。さらに、がん診療支援センターでは、がんに関連した心配事の相談に対応するとともに、患者さん同士やがん体験者と触れ合うことができるように支援しています。がんは日本人の死因の第1位で、2人に1人はかかる時代です。身近な当院で、働きながら、あるいは日常生活を続けながら一貫したがん治療を安心して受けていただけるよう、体制を整備していきます。
今後も、スタッフ一同と引き続き地域医療の推進に尽力していきますので、よろしくお願いします。

………………………………………………………………………………
平成29年度決算報告 経営統括部
………………………………………………………………………………
経常収益は入院が0.7パーセント減少、外来が5.9パーセント増加で、経常収益は6071万円の増収となりました。経常費用は0.1パーセント減少のほぼ前年度並みとなり、経常損益は1億7607万円の赤字となりました(表1)。また、入院患者、外来患者はともに0.5パーセント増加しました(表2)。
今後とも引き続き市民の皆さんに安心安全な医療を提供していくとともに、宝塚市立病院改革プラン2017に基づいて、経営の改善に取り組んでいきます。

■表1:平成28・29年度の決算比較 (単位:千円)
<平成28年度/平成29年度/増減/前年比(パーセント)>
入院収益…6,659,135/6,609,388/マイナス49,747/99.3
外来収益…3,069,643/3,252,278/182,635/105.9
市補助金…1,353,098/1,306,219/マイナス46,879/96.5
他の収益…347,748/322,453/マイナス25,295/92.7
………………………………………………………………
収益合計…11,429,624/11,490,338/60,714/100.5

給与費…6,296,814/6,293,975/マイナス2,839/100.0
材料費…2,309,525/2,314,719/5,194/100.2
他の費用…3,071,919/3,057,709/マイナス14,210/99.5
………………………………………………………………
費用合計…11,678,258/11,666,403/マイナス11,855/99.9
………………………………………………………………
………………………………………………………………
経常損失…248,634/176,065/マイナス72,569/70.8

■表2:平成28・29年度 患者数の推移 (単位:人)
<平成28年度/平成29年度/増減/前年比(パーセント)>
延入院患者数…124,543/125,139/596/100.5
延外来患者数…222,995/224,064 /1,069/100.5

…………………………………………………………
講座・ご案内(いずれも無料、申し込み不要)
…………………………………………………………
●第28回 市民公開講座
[日時]12月8日(土曜日)14時~15時半(13時半 開場)
[場所]ソリオホール(ソリオ1の3階)
[テーマ]リハビリと栄養 (1)お食事でできること 栄養管理室 管理栄養士 川田 かおり、内山 智絵
(2)リハビリでできること リハビリテーション科 理学療法士 射延(いのべ) 菜穂美
●健康測定・健康よろず相談
当院看護師が、血圧の測定と健康に関する相談などを受け付けます。
[日時]11月19日(月曜日)13時半~15時
[場所]市役所G 階 警備防災センター横
[内容]健康測定(血圧・体重・体脂肪・骨量)

●「たからづかタウンガイド」の「市立病院の得した気分!」
 毎月第2月曜 17時20分~40分 エフエム宝塚【83. 5メガヘルツ】で放送中
 当院の医師などが、専門分野からテーマを選び、知って得する、ためになる情報などを分かりやすくお届けします。
[放送日]11月12日(月曜日)
[再放送]11月17日(土曜日)20時半~21時
[テーマ]病院の現状について(平成29年度決算を踏まえて)病院長 今中 秀光

●がんサロン~がんセンター職員による ミニレクチャー&茶話会~
[日時] (1)11月21日(水曜日)14時~16時
       (2)12月19日(水曜日)14時~16時
[場所]がん診療支援センター
[テーマ](1)乳がんについて(外科医師 西野外科部長)
        (2)医療者とのコミュニケーションのとりかた(がん看護専門看護師 吉田師長)

………………
お知らせ
………………
●消化器内科から
現在、完全予約制となっています。

*****************************
イキイキ健康
21世紀の健康づくり
一般社団法人 宝塚市歯科医師会(電話番号 81・4050)
*****************************
===========================
11月8日は『いい(11)歯(8)』の日 [ID 1027279]
===========================
いい歯の日にちなみ、一般社団法人 宝塚市歯科医師会が無料歯科健診や相談を実施します。
[日時]11月11日(日曜日)10時半~14時半
[場所]中央図書館 2階ホール(清荒神1丁目2-18)
[内容]無料歯科健診・相談、往診相談・矯正相談、歯みがき指導・栄養指導、だ液検査・お口の細菌検査、お口の年齢診断、歯医者さんに変身コーナー、歯によい食べ物の展示 ほか
※お問い合わせは9日(金曜日)まで。当日および会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
[その他]11月10日(土曜日)には、宝塚市内の会員歯科診療所で無料歯科健診・相談を実施します。診療所によっては8日(木曜日)・9日(金曜日)に実施する場合がありますので、事前に各診療所にお問い合わせください。
[協力]一般社団法人 宝塚市薬剤師会、公益社団法人 兵庫県歯科衛生士会宝塚デンタルハイジ、宝塚栄養士会、株式会社アサヒプリテック、兵庫県歯科医師会附属兵庫歯科衛生士学院
<先着200人>
<無料>
◎来場者には歯ブラシ・歯みがき粉などをプレゼント!

………………………………………………………………
めざそう健口長寿!!
………………………………………………………………
しっかり噛み、バランス良く栄養を取ることで、体を動かすために必要なエネルギーを蓄えることができます。また、筋力や体の免疫力、病気に対する抵抗力の低下を防ぎます。
元気にいきいきと過ごすために、わずかなお口の変化を見逃さないよう、定期的に歯科健診を受けて、健康な状態を保ちましょう。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。