エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成31(2019)年2月号 自動翻訳機能対応テキスト版(10面から15面)


ここから本文です。

平成31(2019)年2月号 自動翻訳機能対応テキスト版(10面から15面)

ID番号 1028422 更新日  平成31年3月5日  印刷

今月のトピックス(10面から15面)

【10面〜11面】

***********
今月のトピックス
***********

……………………………………………………………………………………………
詐欺電話 撃退機器無料で貸し出します [ID 1028185]
消費生活センター(電話番号 81・4185 ファクス番号 83・1011)
……………………………………………………………………………………………

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してお話しします。
2月1日(金曜日)10時半~11時
(再)2月2日(土曜日)20時半~21時

撃退機器はかかってきた電話に対し、警告メッセージで自動的に応対します。他の自治体では同機器を利用して「未然に消費者トラブルを防げた」といった声が多く寄せられています。同機器は小さくて軽く、取り付けも簡単ですので、この機会にぜひお申し込みください。
[対象]今年3月31日現在、65歳以上の市民(1世帯1台まで)
[申し込み]2月1日(金曜日)から消費生活センター、各サービスセンター・ステーションで配布する申請書(市ホームページからもダウンロード可)に必要事項を記入の上、2月22日(金曜日)までに消費生活センター窓口へ。
※貸し出しは3月下旬からの予定です。
※機器の利用により発生する光熱費等は利用者負担です。
<抽選50台>

==============================================================
かかってきた電話に対し、警告メッセージで自動的に対応
撃退機器と固定電話を付属の電話線でつなげるだけの簡単取り付け!
(例)この電話の内容は、防犯のために会話を自動録音します
※撃退機器の取り付けは利用者が行ってください。
==============================================================

……………………………………………………………………………………………
今後の「財政見通し」修正のお知らせ [ID 1012637]
財政課(電話番号 77・2022 ファクス番号 72・1419)、
行革推進課(電話番号 77・4571 ファクス番号 72・1419)
……………………………………………………………………………………………
広報たからづか12月号で公表した9月補正予算後の「財政見通し」について、一部修正がありましたのでお知らせします。
[修正前]5か年で効果額約41.1億円を見込んでおり、その結果約1.2億円の黒字を見込んでいます。

[修正後]5か年で効果額約41.1億円を見込んでおり、前年度からの繰越金に計上した額とその内基金に積み立てた額との差額(下記(3)約1.6億円)を控除すると、約0.4億円の収支不足を見込んでいます。

各年度の行革取組後の歳入歳出差引額が黒字となった場合には翌年度の繰越金に計上し、財政調整基金および新ごみ処理施設建設基金に積み立てることとしています。一方で、行革取組後の歳入歳出差引の5か年合計は、各年度の歳入歳出差引額を単純に合計しており、繰越金に計上した額とその内基金に積み立てた額との差額について、二重計上となっていたため、修正します。

◆(1)財政見通し(普通会計一般財源ベース) (単位:円)
<2018年度/2019年度/2020年度/2021年度/2022年度/5か年合計>
収入A/511.7億/508.9億/510.4億/514.9億/515.9億/2,561.8億
支出B/511.7億/517.4億/518.6億/523.6億/530.4億/2,601.7億
収支差引(A-B)/0億/マイナス8.5億/マイナス8.2億/マイナス8.7億/マイナス14.5億/マイナス39.9億

◆(2)行革取組効果額 (単位:円)
<2018年度/2019年度/2020年度/2021年度/2022年度/5か年合計>
効果額/4.5億/7.7億/8.9億/9.9億/10.1億/41.1億

◆(3)前年度からの繰越金に計上した額とその内基金に積み立てた額との差額 (単位:円)
<2018年度/2019年度/2020年度/2021年度/2022年度/5か年合計>
計上額/―/1.1億/―/0.2億/0.3億/1.6億

◆(4)行革取組後収支見込み((1)+(2)-(3)) (単位:円)
<2018年度/2019年度/2020年度/2021年度/2022年度/5か年合計>
収支額/4.5億/マイナス1.9億/0.7億/1.0億/マイナス4.7億/マイナス0.4億

……………………………………………………………………………………………
税の申告のご案内  [ID 1000483]
……………………………………………………………………………………………

平成31(2019)年度の市・県民税の申告と、平成30(2018)年分の所得税の確定申告の受け付けを行います。
期限内の申告にご協力をお願いします。

====================================================================
市・県民税
市民税課(電話番号 77・2056、77・2057 ファクス番号 71・6188)
====================================================================

■市・県民税の申告が必要な人
1月1日現在、市内に住んでいる人は、市・県民税の申告が必要です。
ただし、次の1~4に該当する人は申告の必要はありません。
1 所得税の確定申告を提出する人
2  平成30年中の所得が給与のみで、給与支払者から市役所へ給与支払報告書が提出された人
3 平成30年中の所得が公的年金のみで、扶養(配偶者)などの控除が平成30年分の源泉徴収票に記載されている内容どおりの人
4 平成30年中に所得がなかった人
※1~4に該当する人でも、医療費控除の追加や扶養控除等を変更する人、健康保険や年金手続きなどで所得申告が必要な人は、申告をしてください。
■申告書の送付
送付を希望した人などに申告書を2月中旬に郵送します。申告が始まる2月18日(月曜日)までに届かない場合は、市民税課へ連絡してください。申告書は市民税課、各サービスセンター・ステーションで2月8日(金曜日)から配布予定です。

■申告会場・期間 ※来場の際は公共交通機関をご利用ください。

<会場/期間(土・日曜を除く)/開設時間>
市役所2階2-4・2-5会議室/2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)/9時~11時半、13時~16時
雲雀丘サービスステーション/2月20日(水曜日)/10時~11時半、13時~16時
東公民館/2月26日(火曜日)/10時~11時半、13時~16時

-------------------------------------------------------------------
確定申告書作成の際にはご注意を!
~第二表「住民税に関する事項」の記入漏れはありませんか?~
-------------------------------------------------------------------
確定申告書の第二表「住民税に関する事項」の内容は、市・県民税の算定に使用します。所得税額に影響がなくても、市・県民税額等に影響する場合がありますので、該当する項目があれば忘れずに記入してください。
特に、寄附金税額控除については、住民税(市・県民税)の対象となる寄附をすべて記載してください。

======================================
所得税
西宮税務署(電話番号 0798・34・3930)
======================================
確定申告期間中、申告書作成会場は大変混雑します。確定申告書は、自宅で国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」等で作成の上、インターネットで送信するか、印刷して郵送等で提出してください。
なお、昨年アピアホール等の申告書作成会場や、市役所などの臨時発行会などでID・パスワードを取得している人は、カードリーダライタがなくても自宅のパソコンやスマホから申告できるようになりましたので、ぜひご利用ください。
<「作成コーナー」で検索>


■申告会場・期間
<会場/期間(土・日曜、祝日を除く)/開設時間/対象者>
アピアホール(アピア1の5階)/2月6日(水曜日)~26日(火曜日)/9時15分~15時半/年金受給者、給与所得者、事業所得者等(土地・建物・株式等の譲渡、山林所得、贈与税および相続税の申告を除く)

西宮商工会館(西宮税務署向かい)/2月13日(水曜日)~3月15日(金曜日)/9時~16時/年金受給者、給与所得者の医療費控除等の還付申告者のみ(土地・建物・株式等の譲渡、山林所得、贈与税および相続税、住宅借入金等特別控除の申告を除く)

西宮税務署/2月18日(月曜日)~3月15日(金曜日)※2月24日・3月3日(日曜日)は開設/9時~16時/土地・建物・株式等の譲渡、山林所得、贈与税および相続税、住宅借入金等特別控除の申告など西宮商工会館の対象者以外

※各会場では、当日の混雑状況によって相談受け付けを大幅に早く終了する場合があります。
※来場の際は、公共交通機関をご利用ください(西宮税務署の駐車場は3月19日(火曜日)まで利用できません)。
※アピアホールへの問い合わせはご遠慮ください。

■医療費控除について
平成29年分の確定申告から、領収書の提出が不要となり、新たに「医療費控除の明細書」の添付が義務化されました。
▽申告書作成会場へお越しになる場合は、必ず事前に「明細書」を作成してください。「明細書」は、国税庁ホームページまたは税務署で入手できます。医療を受けた人ごとに、かつ、病院などの支払い先別に集計してください。
▽医療費の領収書は自宅で5年間保存する必要があります(税務署から求められた場合に提示または提出が必要)。

■「ふるさと納税ワンストップ特例」の申請書を提出された人へ
ふるさと納税ワンストップ特例の適用に関する申請書を提出された人が確定申告を行う場合には、ワンストップ特例の適用を受けることができません。確定申告を行う際に、全てのふるさと納税の金額を寄附金控除額の計算に含める必要がありますのでご注意ください。


【12面〜13面】

***********
今月のトピックス
***********

……………………………………………………………………………………………
多彩な就労支援であなたの“働く”を応援します [ID 1001076]
……………………………………………………………………………………………

就労に向けたさまざまなサポートを実施しますので、ぜひご利用ください。いずれも参加費は無料です。

<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してお話しします。
2月7日(木曜日)10時半~11時
(再放送)2月15日(金曜日)12時~12時半

==============================================================
『ワークサポート宝塚』のご案内 [ID 1001076]
ワークサポート宝塚(電話番号 81・4400 ファクス番号 81・4402)
==============================================================
『ワークサポート宝塚』は宝塚市とハローワーク西宮が共同で運営する、仕事を探している人のための施設です。求人閲覧や職業相談、求人応募時に必要な紹介状発行、各種セミナーの受講などが可能です。若年者からシニア世代まで、ぜひご利用ください。
※雇用保険や職業訓練に関する手続きはできません。
[利用時間]月曜~金曜 9時~17時(祝・休日、年末年始を除く)
[場所]ソリオ2の7階(栄町2丁目1-2)

==============================================================
宝塚地域若者サポートステーション(宝塚サポステ) [ID 1027702]
==============================================================
宝塚サポステは15~39歳までの求職中の人を対象に、職業的自立を支援しています。各種セミナーのほか、個別相談や職場体験なども実施しています。利用はすべて無料です(登録が必要)。まずはお気軽にお問い合わせください。
<先着各8人>

〈内容/日時〉
ビジネスマナー講座~敬語編~/2月13日(水曜日)13時半~15時半
職業興味&性格検査/2月14日(木曜日)13時半~15時半
コミュニケーション講座/2月15日(金曜日)13時半~15時半
強みが分かる自己分析/2月21日(木曜日)13時半~15時半
パソコン講座~ Word 初級編~/2月28日(木曜日)13時半~16時半
※ パソコンでの求人検索、応募書類作成などにご利用いただけるフリースペースもあります(利用には登録が必要)。

◆宝塚地域若者サポートステーション◆
[開所時間]火曜~土曜 9時~18時(祝日を除く)
[場所]アールグラン宝塚2階(栄町1丁目1-9)
[連絡先]電話番号 69・6305 ファクス番号 69・6315

==================================================================
自立就職支援セミナー「親子で考えるお金のこと!」[ID 1028142]
==================================================================
一級ファイナンシャル・プランニング技能士の溝本直人(みぞもとなおひと)さんを講師に迎え、家計の現状を把握した上で将来のライフプランを考え、今、何をすべきかを考えます。個別相談にも応じます(先着3組)。
[日時]2月16日(土曜日)13時半~15時半
[場所]男女共同参画センター
[対象]無業状態で経済的不安がある39歳までの若者、その保護者
[申し込み]電話で宝塚地域若者サポートステーションへ。
<先着40人>

……………………………………………………………………………………………
==============================================
創業フェア阪神  [ID 1027976]
兵庫県信用保証協会(電話番号 078・393・3920)
==============================================
先輩創業者によるトークセッションや、ミニセミナー、交流会を実施し、創業を全力でサポートします。ぜひご参加ください。
[日時]2月21日(木曜日)13時~17時
[場所]尼崎商工会議所(尼崎市昭和通3丁目96)
[対象]創業を考えている人、創業間もない人
[申し込み]2月8日(金曜日)までに兵庫県信用保証協会ホームページから申し込み。
<先着50人>

=========================================================
ハローワーク西宮の開庁時間が変わります  [ID 1001197]
ハローワーク西宮(電話番号 0798・75・6714)
=========================================================
利用者の多い昼間の就職支援を強化するため、火・木曜の開庁時間を変更します。
[変更開始日]2月19日(火曜日)
[開庁時間]
月・水・金曜=8時半~17時15分
火・木曜 =8時半~18時半→8時半~18時
第2・4土曜=10時~17時
※火・木曜17時15分以降および土曜については、求人検索、職業相談、職業紹介業務のみ行っています。

========================================================
シニア世代向け就職支援セミナー [ID 1028090]
商工勤労課(電話番号 77・2071 ファクス番号 77・2171)
========================================================
セミナーで面接のポイントを学び、就職につなげましょう!
[日時]2月20日(水曜日)13時半~15時半
[場所]男女共同参画センター
[対象]就職を希望するおおむね60歳以上の人
[内容]再就職の現状と求人票の選び方、就活の進め方と心構え、応募書類作成、面接のポイント講座など
[申し込み]電話で商工勤労課へ。
〈先着20人〉

==============================================
宝塚市シニアワークフェア [ID 1028089]
商工勤労課(電話番号 77・2071 ファクス番号 77・2171)
==============================================
宝塚市とハローワーク西宮が合同でシニア世代を対象とした就職面接会を開催します。この機会にぜひご来場ください。
[日時]2月26日(火曜日)13時半~15時半(13時~15時に受け付け)
[場所]中央公民館(当日直接会場へ)
[対象]市内または近隣で就職を希望する60歳以上の人
[内容]就職面接会(参加企業8社程度)、相談ブース、宝塚エイジフレンドリーシティ啓発ブース

==============================================
<元気なシニアを募集!>
地域があなたの出番を待っています!
介護現場で働く若者をサポートする3か月間の就労トライアルにチャレンジしてみませんか? [ID 1028126]
地域福祉課(電話番号 77・0653 ファクス番号 71・1355)
==============================================
年齢を重ねても自分らしくいきいきと暮らせるまちエイジフレンドリーシティの実現に向けた取り組みとして、生きがいや役割を持って社会参加できる「生きがい就労」トライアルを実施するため、参加希望者に向けた説明会を開催します。
[日時]3月6日(水曜日)10時~11時半
[場所]男女共同参画センター
[対象]元気なシニア世代の人(おおむね60~80歳)
[申し込み]3月1日(金曜日)までに住所、氏名を記入の上、地域福祉課へファクス。電話または市ホームページからの申し込みも可。
〈先着40人〉

≪トライアル≫
[期間]4月~6月(予定)
※トライアル期間終了後も継続可
[内容]介護の現場で働く人のサポート
※直接的な介護の仕事ではありません。詳しくは説明会にて。ホール(食堂)スタッフ、浴室の準備・片付け、シーツ交換、入居者との会話、消耗品の在庫管理など。

====================================================================
就農希望者向けセミナー・相談会 [ID 1014936]
県農業経営課(電話番号 078・362・9194 ファクス番号 078・362・9394)
====================================================================
新規就農者が体験を発表し、ひょうご就農支援センターの相談員が農業を始めるにあたっての心構えを話します。そのほか、県や市町、県内の農業法人などが個別相談に応じます。
[日時]2月24日(日曜日)10時~16時
[場所]神戸国際会館9階(神戸市中央区御幸通8丁目1-6)
[対象]兵庫県内で農業を始めたい人、農業法人などで働きたい人(年齢不問)
[申し込み]郵便番号 住所・氏名・年齢・電話番号・同伴者の人数を記入の上、ファクスまたはインターネット(「ひょうご就農セミナー」で検索)で申し込み。2月22日(金曜日)必着。

……………………………………………………………………………………………
宝塚市職員募集  [ID 1001373]
人材育成課(電話番号 77・2149 ファクス番号 72・6032)
……………………………………………………………………………………………
4月1日採用の保育士、放課後児童支援員を募集します。
[試験日]2月16日(土曜日)
[申し込み期限]
保育士:2月8日(金曜日)必着
放課後児童支援員:2月12日(火曜日)必着
募集要項は2月1日(金曜日)から人材育成課、市民相談課、各サービスセンター・ステーション、各市立公民館、各人権文化センター、中央図書館、男女共同参画センターで配布します。

<募集職種/募集人数/受験資格>
保育士/若干名/平成元(1989)年4月2日以降に生まれ、保育士の登録を受けかつ幼稚園教諭の免許を持つ人または平成31(2019)年3月までに上記の条件を満たす見込みの人
放課後児童支援員(非常勤嘱託職員)/若干名/昭和34(1959)年4月2日以降に生まれ、幼稚園、小学校、中学校、高等学校いずれかの教員免許または保育士資格を持つ人
※詳細は募集要項に掲載しています。


【14面〜15面】

***********
今月のトピックス
***********

……………………………………………………………………………………………
暮らしと健康を支える 国民健康保険 [ID 1000079]
国民健康保険課(電話番号 77・2065 ファクス番号 77・2085)
……………………………………………………………………………………………
 国民健康保険の加入・脱退の手続きや被保険者証の交付は国民健康保険課、窓口サービス課、各サービスセンター・ステーションで、保険の給付手続きや保険税の計算は国民健康保険課で受け付けています。

■加入・脱退等の手続き(事由発生から14日以内に届け出てください)
【手続き】
<こんなとき/持参するもの>
【加入】
他の市町村から転入した/○転出証明書(転入手続きのとき)
職場の健康保険を脱退した(☆)/○健康保険資格喪失証明書(事業所等が発行する証明書)
被扶養者から外れた/○健康保険資格喪失証明書(事業所等が発行する証明書)
子どもが生まれた/○被保険者証 ○母子健康手帳 ○印鑑
【脱退】
他の市町村へ転出する/○被保険者証(転出手続きのとき)
職場の健康保険に入った/○新たに加入した職場の健康保険の被保険者証と、今までの国民健康保険の被保険者証(対象者全員分)
扶養家族と認定された/○新たに加入した職場の健康保険の被保険者証と、今までの国民健康保険の被保険者証(対象者全員分)
死亡した/○被保険者証 ○喪主の印鑑 ○喪主が誰かわかるもの ○喪主の口座がわかるもの
【その他】
住所・氏名・世帯主が変わったなど/○被保険者証
修学のため、市外で生活する/○被保険者証 ○在学証明書 ○住民票
被保険者証を紛失した/○運転免許証・住民基本台帳カード・マイナンバーカード・パスポートなど官公署発行の顔写真付きで本人確認ができるもの
※各欄に記載の持参物のほか、世帯主と対象者全員のマイナンバー(個人番号)が分かるものと、来庁者の本人確認ができるもの(運転免許証・住民基本台帳カードなど)を持参してください。

☆【任意継続】 退職しても、一定の加入期間があれば退職前の健康保険に引き続き加入できます(退職後20日以内に手続が必要)。国民健康保険に加入するよりも保険料が低い場合があります。手続き・料金などは退職前に加入していた健康保険者に相談してください。

■被保険者が医療機関で支払う一部負担金の割合
▽義務教育就学前まで…2割
▽義務教育就学後~70歳未満…3割
▽70歳以上
一定以上所得者…3割
一般所得者…2割(昭和19(1944)年4月1日以前生まれの人は特例措置により1割)

■国民健康保険の給付例
<こんなとき/給付内容>
出産した(妊娠12週以上の死産・流産を含む)/出産育児一時金42万円(産科医療補償制度の未加入者は40万4千円)※1
死亡した/葬祭費5万円(喪主に支給)
旅行中の病気などやむを得ない事情で被保険者証を持参せずに受診した/審査の上、保険対象医療費から一部負担金を差し引いた額を払い戻し ※2
海外で受診した/審査の上、保険対象医療費から一部負担金を差し引いた額を払い戻し ※2
病院の指示で補装具などを装着した/審査の上、保険対象医療費から一部負担金を差し引いた額を払い戻し ※2
高額な医療費・介護費を支払った/一部負担金の一部を払い戻し ※3

※1 出産育児一時金については、原則として市から医療機関に支払います(直接支払制度)。
※2 国内での保険診療分の全額負担や、海外での受診および病院指示による補装具等の申請方法については、国民健康保険課へお問い合わせください。
※3 高額な医療費(保険対象の医療費に限る)が一定の自己負担限度額を超えた世帯については、診療月の約3か月後に支給予定金額などを記載した該当通知はがき(勧奨はがき)を送付します。

■医療費一部負担金の減免等について
災害により大きな損害を受けた人、あるいは事業または業務の休廃止・失業などにより収入が著しく減少し、生活状態が困窮した人で、医療機関等の窓口での一部負担金(自己負担額)の支払いが困難な場合は、原則3か月以内に限り、医療機関等の窓口での一部負担金を軽減(減額・免除または猶予)できる場合があります。なお、自己負担額を医療機関等に支払った後、さかのぼっての適用はできませんので、事前にご相談ください。詳しくは、国民健康保険課給付担当(電話番号 77・2063 ファクス番号 77・2085)へお問い合わせください。

==============================================
~医療費の増加を抑えるためにできること~
==============================================
○「かかりつけ医」を持ちましょう
病気や健康のことを相談できる身近な「かかりつけ医」がいると安心です。日々の健康管理やいざというときのために、かかりつけ医を持ちましょう。
○重複受診をやめましょう
同じ病気で複数の医療機関を受診する「重複受診」は、医療費や検査時間などの無駄になるだけでなく、治療に支障をきたすこともあります。
○「医療費のお知らせ」を必ず確認してください
診療を受けた医療機関と医療費の額を確認していただくために、奇数月にお知らせしています。日数や医療費を必ず確認いただき、誤りがある場合は、国民健康保険課まで連絡してください。
○ジェネリック医薬品を利用しましょう
ジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替えることで、薬代の負担が軽くなることがあります。市では、ジェネリック医薬品使用促進をお知らせしています。ジェネリック医薬品への切り替えにあたっては、医師、薬剤師にご相談ください。

……………………………………………………………………………………………
国民健康保険税の納付回数が年10回に変わります [ID 1027904]
国民健康保険課(電話番号 77・2065 ファクス番号 77・2085)
……………………………………………………………………………………………
平成31年度から、納付回数が年9回から10回に変わります。納税しやすい環境づくりを目的として、納付回数を増やすことにより、1回当たりの負担金額の軽減を図ります。なお、第1期の納期限が6月に早まることにより、これまで7月に送付していた納税通知書は6月中旬に送付することになりますのでご注意ください。
下記は、1年分の保険税額が270,000円の場合を例として、普通徴収(納付書または口座振替による納付方法)による各期の納期限と金額を示しています。なお、特別徴収(年金からの天引き)の納期限はこれまでと変わりません。

<納付回数9回>
4月 納期設定なし
5月 納期設定なし
6月 納期設定なし
7月 第1期:7月31日/30,000円
8月 第2期:8月31日/30,000円
9月 第3期:9月30日/30,000円
10月 第4期:10月31日/30,000円
11月 第5期:11月30日/30,000円
12月 第6期:12月26日/30,000円
1月 第7期:1月31日/30,000円
2月 第8期:2月末日/30,000円
3月 第9期:3月31日/30,000円

<納付回数10回>
4月 納期設定なし
5月 納期設定なし
6月 第1期:6月30日/27,000円
7月 第2期:7月31日/27,000円
8月 第3期:8月31日/27,000円
9月 第4期:9月30日/27,000円
10月 第5期:10月31日/27,000円
11月 第6期:11月30日/27,000円
12月 第7期:12月26日/27,000円
1月 第8期:1月31日/27,000円
2月 第9期:2月末日/27,000円
3月 第10期:3月31日/27,000円

※保険税申告書の提出時期や保険税の減免申請時期も変わります。
※年度の途中で国保に加入された世帯の納付回数は、上記と異なる場合があります。
※納期限の日が市役所の閉庁日と重なる場合は、翌開庁日が納期限日となります。

……………………………………………………………………………………………
特定疾病患者見舞金の廃止について
医療助成課(電話番号 77・2064 ファクス番号 77・2085)
……………………………………………………………………………………………
市は、兵庫県が交付する特定医療費(指定難病)受給者証などを有する人に対し、見舞金(年額2万円)を支給しています。しかし、この事業については、国において難病法の施行により医療費助成の対象疾病が拡充されたところであり、兵庫県下では本市しか実施していない状況も踏まえて、平成31年度から廃止します。
申請は3月末で受け付けを終了しますので、昨年3月31日までに本市に住民登録をしている人で、引き続き市内に居住し、見舞金の支給要件を満たす未申請の人は、3月29日(金曜日)までに申請してください。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。