エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成31(2019)年3月号 自動翻訳機能対応テキスト版(11面から13面)


ここから本文です。

平成31(2019)年3月号 自動翻訳機能対応テキスト版(11面から13面)

ID番号 1028570 更新日  平成31年3月28日  印刷

今月のトピックス(11面から13面)

【11面〜13面】

***********
 今月のトピックス
***********
……………………………………………………………………………………………
 第6次宝塚市総合計画の策定に向けた市民ワークショップ
 「タカラ ミライ ラボ(タカラボ)」がスタート!! [ID 1028267]
 政策推進課(電話番号 77・2001 ファクス番号 72・1419)
……………………………………………………………………………………………
 このたび、第6次総合計画の策定に向け、宝塚市の将来を市民の皆さんで語り合い、意見を取りまとめる市民ワークショップ「タカラ ミライ ラボ(略称:タカラボ)」がスタートしました。このワークショップは、公募で集まった10代から80代までの市民と市の若手職員合わせて約60人で構成し、まちづくりに関心や意欲のあるさまざまな人が参加しています。
 2月は2回開催し、今の暮らしに幸せを感じているか、どんなまちになったら良いか等について活発な議論が行われました。これから6月頃にかけて継続的に開催し、宝塚市の将来などについて取りまとめた意見を市に提出していただきます。ワークショップの模様は、市ホームページで随時お知らせしていきますので、ぜひご覧ください。
※総合計画とは、本市が定める計画の最上位に位置し、まちづくりを進めるための最も大切な計画です。

……………………………………………………………………………………………
 クリーンセンターの建て替えについて [ID 1014879]
 クリーンセンター施設建設課(電話番号 84・6363 ファクス番号 81・1941)
……………………………………………………………………………………………
 クリーンセンターの施設は、すでに30年近くが経過しており、経年的な施設の老朽化および大規模改修等を繰り返すことによるコストの増大化、また新たな分別・処理方法等への対応が困難になっています。このため、新ごみ処理施設の整備に向けて検討を進め、今年2月に現在の敷地内で建て替えを行い、事業方式を公設民営とする「宝塚市新ごみ処理施設整備基本計画」を策定しました。2026年度中に新たなエネルギー回収推進施設(ごみ焼却炉)の供用を開始することを目標に順次、マテリアルリサイクル推進施設(粗大ごみ処理施設等)の整備を進めていきます。

……………………………………………………………………………………………
 市役所の駐車場が新しくなります! [ID 1028301]
 管財課(電話番号 77・2031 ファクス番号 72・1419)
……………………………………………………………………………………………
 新庁舎・ひろば整備工事の進捗(しんちょく)に伴い、4月1日(月曜日)から市役所駐車場の位置が変わります。また、この工事のため、現在の市役所駐車場、県道西宮宝塚線側の駐輪場は3月31日(日曜日)をもって閉鎖します。新しい駐輪場が完成するまでの間は、現在の市役所駐車場を仮設駐輪場としますのでご利用ください。なお、駐車料金と身体障がい者用駐車場の位置に変更はありません。

……………………………………………………………………………………………
 平成30年の交通死亡事故ゼロ件を達成しました [ID 1028363]
 防犯交通安全課(電話番号 77・2020 ファクス番号 71・3336)
……………………………………………………………………………………………
 交通死亡事故が全国的に減少する中で、平成30年中の宝塚市内での交通死亡事故は0件でした。今後も悲惨な交通事故の撲滅をめざして、人も車も自転車も交通ルールとマナーを守りましょう。

……………………………………………………………………………………………
 いよいよ来年オープン!
 文化芸術施設・庭園整備寄附金の募集期間を延長します [ID 1025347]
 文化政策課(電話番号 77・2009 ファクス番号 77・2171)
……………………………………………………………………………………………

<FM宝塚 83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。
3月5日(火曜日)10時半~11時  
(再放送)3月9日(土曜日)20時半~21時

 宝塚市では、2020年春のオープンに向けて、文化芸術センターと庭園の整備を進めています。
 これまでも多くの寄附をいただいていますが、引き続き皆さんから愛される施設として建設の段階から多くの人に関わっていただけるように、寄附金の募集期間を10月末まで延長します。皆さんの温かいご支援をお待ちしています。

[募集期間]10月31日(木曜日)まで
 ※この寄附金は寄附金控除の対象です。個人住民税と所得税の控除の対象になります。また、法人税法上の損金算入の対象になります。
[寄附に対する銘板の設置について]
 個人で1万円以上、企業・団体で3万円以上の寄附をいただいた場合は、文化芸術センター内に個人名、企業・団体名を刻印した銘板を設置し、末永く顕彰いたします。
[申し込み]
 文化政策課および市内公共施設などで配布する申込用紙(市ホームページからもダウンロード可)に必要事項を記入の上、文化政策課へ持参、郵送またはファクス。Eメールでの申し込みも可。後日、納付書を送付します。

■文化芸術センターと庭園とは
 文化芸術センターは、質の高い本格的な展覧会から体験型のイベントまで、子どもをはじめ広い世代の人々を対象としたさまざまな事業を展開します。
 庭園は、ガーデンフィールズ時代からの樹木や植物を生かしたメインガーデンを中心に、芝生の広がる広場や屋上庭園などを設け、憩いの空間を演出し、花と緑に囲まれた宝塚らしいライフスタイルを提供します。

…………………………………………………………………………………………………………
 “第62回 宝塚市展”入賞作品決まる [ID 1018482]
 市文化財団(電話番号 85・8844 ファクス番号 85・8873、水・日曜、祝日を除く)
…………………………………………………………………………………………………………
 宝塚市展は、芸術を愛好し、創作活動に励まれている人々の作品を公募し、日ごろの活動成果の発表を通じてより多くの市民に文化活動を広めることを目的に開催しています。
 洋画、彫刻・立体造形、写真、デザイン、書、工芸、日本画の7部門への今回の応募総数は535点。1月20日に審査を行い、93点の入賞作品と298点の入選作品が決定しました。各部門の市展賞は次の5点で、3月下旬まで市役所1階のATM付近で展示しています。
【洋画】渡部和枝(わたなべ かずえ)「TUNAGU・2」(2はローマ数字)(伊丹市)
【彫刻・立体造形】溝口由美(みぞぐち ゆみ)「18」(18の下にアンダーバー)(神戸市)
【写真】土岐令子(とき れいこ)「熱視線」(箕面市) 
【日本画】椎名淳子(しいな じゅんこ)「渓谷の滝・夏」(宝塚市) 
【書】末松年子(すえまつ としこ)「仮名文字」(宝塚市) 
※その他の部門は市展賞の該当なし。

……………………………………………………………………………………………
 4月1日は「誓いの日」 [ID 1001189]
……………………………………………………………………………………………
 市は、4月1日を「誓いの日」としています。公務員として不祥事を起こすことがないよう、市長をはじめ職員全員が気を引き締め、市民の皆さんにより信頼されるように努めていきます。
 今年度は、4月1日(月曜日)に市長室などの案内を行います。
■庁舎の公開
[日時]4月1日(月曜日)11時〜正午、13時〜14時の2回
[場所]市長室、市議会議場ほか市庁舎内各フロア(市職員が案内します)
[集合]当日11時、13時のいずれかに市役所G階防災センター前へお越しください(予約不要)。 誓いの日については人材育成課(電話番号 77・2149 ファクス番号 72・6032)
庁舎の公開については管財課(電話番号 77・2031 ファクス番号 72・1419)

……………………………………………………………………………………………
 人事行政の運営などの状況を公表します [ID 1001375]
……………………………………………………………………………………………
 宝塚市では、地方公務員法第58条の2の規定に基づき、「宝塚市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例」を制定し、毎年、市職員の任免や職員数、休暇取得などの状況を公表しています。平成29(2017)年度は下記のとおりで、全文は市ホームページに掲載しています。詳しくは、人材育成課(電話番号 77・2149 ファクス番号 72・6032)へ。

■職員の任免(平成29年4月2日~平成30年4月1日) (人)
<職種/採用/退職(定年/勧奨/普通/その他/合計)
事務/50/(7/1/1/2/11)
土木/8/(2/1/1/1/5)
建築/0/(1/0/0/0/1) 
機械/0/(0/0/0/0/0)
電気/0/(0/0/1/0/1)
化学/2/(0/0/0/0/0)
保健師/2/(0/2/1/0/3) 
保育士/7/(0/0/3/0/3) 
栄養士/1/(0/0/0/0/0)
看護専任教員/0/(0/0/0/0/0)
司書/1/(0/0/0/0/0)
幼稚園教諭/5/(1/0/3/0/4)
学芸員/0/(0/0/0/0/0)
指導主/9/(0/0/0/8/8)
消防士/10/(6/0/1/1/8)
技能員/0/(1/0/1/0/2)
医師/14/(1/0/20/0/21)  
歯科医師/0/(0/0/0/0/0)
医療ソーシャルワーカー/1/(0/0/0/0/0)
臨床工学士/1/(0/0/0/0/0)
歯科衛生士/0/(0/0/0/0/0)
作業療法士、理学療法士/3/(0/0/1/0/1)
言語聴覚士/2/(0/0/1/0/1)
看護師/37/(1/0/28/0/29)
准看護師/0/(0/0/0/0/0)
助産師/0/(0/0/0/0/0) 
臨床検査技師/1/(0/0/3/0/3)
診療放射線技師/6/(1/2/1/0/4)
薬剤師/4/(1/0/0/0/1)
常勤嘱託/3/(1/0/0/0/1) 
再任用/14/(0/0/51/0/51)
計/181/(23/6/117/12/158)

■ 役職別の人員(平成30年4月1日現在)
<役職/人数>
部長級/32人
室長級/56人
課長級/133人
副課長級/63人
係長級/426人
一般職/1,521人
再任用/69人
計/2,300人

■ 障がい者雇用率(平成30年6月1日現在)
<部局/パーセント>
市長部局/2.60パーセント
市立病院/2.60パーセント
教育委員会/2.67パーセント
上下水道局/2.65パーセント
   

■ 職員数(平成30年4月1日現在) (人)
<部局/総数/一般職/再任用/常勤嘱託>
企画経営部/112/108/3/1
市民交流部/109/93/16/0
総務部/79/72/7/0 
都市安全部/93/91/2/0
都市整備部/68/64/4/0
健康福祉部/143/138/5/0
子ども未来部/243/243/0/0
環境部/105/95/6/4
産業文化部/54/52/2/0
会計課/10/10/0/0
上下水道局/111/98/13/0
市立病院/624/620/1/3
消防本部および消防署/243/239/4/0
教育委員会事務局/280/272/6/2
選挙管理委員会事務局/8/8/0/0
監査委員事務局/6/6/0/0
公平委員会/(6)/(6)/0/0
農業委員会事務局/(3)/(3)/0/0
議会事務局/12/12/0/0
計/2,300/2,221/69/10
( )内は兼務


■ 年次休暇の取得状況
年間取得日数:平均13.2日(1年度につき最高21日)

■ 育児休業、部分休業、介護休暇の取得状況(平成29年度に新たに取得した者)
<種別/男性/女性/合計>
育児休業/3人/41人/44人
部分休業/1人/52人/53人
介護休暇/0人/1人/1人

■ 人権研修
<研修名/期間等/人数>
人権問題職場研修/通年/全職員
リーダー研修会/1回/65人
交流学習会(事前学習)/1回/55人
交流学習会(交流学習会)/3回/70人
じんけん講座1/5回/128人
じんけん講座2/4回/70人
じんけんワークショップ講座/4回/15人

■ 懲戒処分の状況
停職:2件

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。