エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成30年度) > 平成31(2019)年3月号 自動翻訳機能対応テキスト版(26面・27面)


ここから本文です。

平成31(2019)年3月号 自動翻訳機能対応テキスト版(26面・27面)

ID番号 1028575 更新日  平成31年3月28日  印刷

教育のページ(26面・27面)

【26面・27面】 

***********************************
 教育のページ
 教育教育委員会教育企画課(電話番号 77・2025 ファクス番号 71・1891)
***********************************
=================
 <あんな活動 こんな活動>
=================
…………………………………………………………………………
 出前おさかな講習会
 宝塚第一中学校
…………………………………………………………………………
 11月26日、宝塚第一中学校の調理室で、1年生がおいしそうにアジのソテーを口に運んでいました。
 生徒たちが食べているアジは、うろこを取るところから自分たちで調理したものです。魚の調理だけでなく、生の魚に触ったことのない生徒もいましたが、うろこや内臓を取ったり、三枚におろしたりという慣れないたくさんの工程に手こずりながらも、必死に調理を進めていきます。最後にフライパンで焼き上げ、ようやくアジのソテーの完成です。
 その後、県漁業協同組合連合会からお招きした講師から、魚の調理方法や兵庫県の海で獲れる魚介類の説明、そして命をいただくことや、私たちの食べるものに関わっている全ての人への感謝を忘れてはならないということを教えていただきました。
 「家庭でも魚をさばいてみたい。苦手だった魚が好きになった」と話す生徒たち。自分で苦労して調理した魚の味とともに、食をとりまくさまざまなことへの感謝の気持ちを忘れないことでしょう。

…………………………………………………………………………
 ことばと格闘 ことばで格闘
 教育委員会学校教育課・市立図書館
…………………………………………………………………………
 12月1日、子どもたちの表現活動の場として、ことばの祭典「ことばと、格闘する。ことばで、格闘する。」が東公民館で開催されました。
 第1部では俳人の坪内稔典(つぼうちねんてん)さんを講師に迎え、小・中学生が参加する俳句バトルを開催しました。「冬の空」に続く句を作るというお題に対して、小学生の部の最優秀賞は西山小学校2年、山下紗季さんの「冬の空 くるくるくるる ゆきだるま」、中学生の部は御殿山中学校1年、宮本彩夏さんの「冬の空 雪といっしょに ボール打つ」が選ばれました。
 第2部ではビブリオバトルが行われ、小学生は3分、中学生は5分の持ち時間の中で、各出場者は熱心に自身のおすすめ本を紹介しました。観覧者を含む参加者が最も読みたいと感じたチャンプ本には、すみれガ丘小学校6年、嶋田一歩さんの「わけあって絶滅しました。(丸山貴史著/ダイヤモンド社)」、宝塚中学校3年、西川大陸さんの「あるかしら書店(ヨシタケシンスケ著/ポプラ社)」が選ばれました。
 最後に、森教育長が「ことばは大切なもの。ことばのシャワーを浴びて欲しい。来年もパワーアップして、ことばのお祭りとして開催したい」と挨拶し、ことばの祭典は閉幕しました。

…………………………………………………………………………
 夜の図書館探検
 西図書館
…………………………………………………………………………
 ある冬の寒い日の夕方、西図書館に約90人の子ども達が集まっていました。子ども達の目的は、図書館でのお泊まり会。とは言っても、お泊まりするのは子ども達ではなく、ぬいぐるみ達。みんなで絵本の読み聞かせや手遊びを楽しんだ後、子ども達は、夜に備えてぬいぐるみ達を寝かしつけます。子ども達が家ですやすや眠っている頃、ぬいぐるみ達は絵本を読んだり図書館を探検したり、みんなで協力して高いところの本を取ったりと、思い思いに夜の図書館を満喫しました。
 翌日、お迎えに西図書館を訪れた子ども達が受け取ったのは、ぬいぐるみと、お泊まり会の様子を収めた写真、そして、ぬいぐるみが楽しんでいた1冊の本。子ども達はぬいぐるみのお気に入りの本を楽しみにしながら、家路に着きました。

…………………………………………………………………………
 「災害時における食」を考える
 宝塚中学校
…………………………………………………………………………
 市内の小・中・養護学校では、2012年から毎年1月17日に、学校給食を教材として「災害時における食」について考える取り組みを行っています。今年は、中学校給食で「アルファ化米のごはん」、「さつま汁」、「サバのそぼろ」、「きりざい」といった、長期保存できる食材と家庭に常備されている食材を活用した献立が出され、生徒達はこうした食材を使用してさまざまな料理を作ることができることを学びました。
 これに加えて宝塚中学校では、市の総合防災課・栄養教諭部会・教育委員会学校給食課が制作した「食の自助」をテーマとしたDVDを視聴して、災害に対する備えや遭遇した際の行動について考える授業も行いました。生徒からは「DVDを見て、多くの人が自助で助かったことを知り、自分の命は自分で守ることが大切だと思った」「日頃から備えておきたいと思う」といった声が聞かれ、防災意識を高める大切な時間となりました。

=================================
 「教育委員と語ろう」を開催します [ID 1010543]
 教育委員会教育企画課(電話番号 77・2025 ファクス番号 71・1891)
=================================
 市教育委員会のメンバーである教育委員が、皆さんの生の声を聴き、対話する「教育委員と語ろう」を開催します。
 今回は、特にテーマを設けませんので、皆さんが教育に関して日ごろ抱いているご意見などを、ぜひこの場でお聞かせください(子どもとインターネットとの関係、子どもの体力向上についてなど)。
[日時]3月17日(日曜日)14時〜16時  
[場所]中央公民館(当日直接会場へ)
※一時保育、手話通訳・要約筆記あり(3月6日(水曜日)までに要予約)

=================================
 長尾中学校の体育館・プールが完成しました [ID 1028362]
 教育委員会施設課(電話番号 77・2027 ファクス番号 71・1891)
=================================
 長尾中学校の体育館・プールが2月末に新しくなりました。
 体育館内には、武道場も整備されています。体育館・プールへは、校舎から専用の歩道橋を渡り移動することができます。

 

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。