エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成31・令和元年度) > 令和元(2019)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版 > 令和元(2019)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(9面から16面)


ここから本文です。

令和元(2019)年5月号 自動翻訳機能対応テキスト版(9面から16面)

ID番号 1029095 更新日  令和1年5月16日  印刷

今月のトピックス(9面から16面)

【9〜16面】トピックス

****************************
 観光大使サファイアのお宝さんぽ Vol.11[ID 1011206]
 観光企画課(電話番号 77・2012 ファクス番号 74・9002)
****************************

 「観光大使サファイアのお宝さんぽ」は、宝塚市の観光大使である私たちリボンの騎士「サファイア」が、「まちの宝」を紹介するシリーズです。第11回目は、ソリオ宝塚をご紹介します。
 阪急宝塚駅直結の複合施設「ソリオ宝塚」は、食事や買い物が楽しめるショップが入るなど、さまざまな目的で利用することができます。その中でも今回ご紹介するのは、観劇のお供やお土産にぴったりのスイーツです。テイクアウトして花のみちや河川敷をお散歩するのもいいですね。

◆乙女餅(きねや) 電話番号 87・2453
 宝塚歌劇の大スター・天津乙女さんにあやかった名前がタカラヅカ気分を盛り上げます。添加物を一切使用せず、素朴な風味にこだわった和菓子で、上品な甘さと口どけの良さが幅広い世代に人気です。

◆宝もなか(永楽庵) 電話番号 86・3863
 1つひとつ店頭で手作りされているふた口サイズのもなか。タカラジェンヌはもちろん、阪急電鉄や宝塚歌劇の創業者・小林一三さんもお気に入りだったそうです。

◆プリン(たからづか牛乳) 電話番号 84・0590
 牛乳のおいしさが凝縮されたプリン。濃厚でなめらかな味わいは、何度でも食べたくなってしまうはず!ヨーグルトやソフトクリームもおすすめです。

◆ベビーカステラ(Shan Shan) 電話番号 87・1177
 元タカラジェンヌの葦笛(あしぶえ)るかさんが手がけるカフェ。ハート型のかわいらしいベビーカステラは、フランス産のエシレバターがぜいたくに使われていて、甘さ控えめなおいしさが口いっぱいに広がります。

【観光大使サファイアの選考会を開催します!】
 次期サファイアを決める公開選考会を、ソリオ宝塚メインプラザで開催します!当日は候補者の皆さんが、ステージ上でさまざまな課題や質疑応答に臨みます。審査終了後には、その場で新たな観光大使となる2人が発表されますので、ぜひ記念すべき瞬間にお立ち会いください。
[日時]5月26日(日曜日)14時~(選考会)、16時半~(任命式)
[場所]ソリオ宝塚 G階 メインプラザ

【読者プレゼント】
(1)抽選で5人にソリオ宝塚お買い物券(千円相当)をプレゼント
(2)抽選で30人に宝塚銘菓[きねや、永楽庵、たからづか牛乳、Shan Shan提供]の中からひとつをプレゼント(商品は選べません)。
[応募方法]はがきに希望の賞品番号((1)または(2))、〒住所、氏名、年齢、電話番号、お宝さんぽへの意見や感想を書いて、〒665-8665(住所不要)「市役所観光企画課」へ郵送(応募は1人1回まで)。5月13日(月曜日)必着。
※当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。


*****************************
 ~子どもにやさしいまちづくりを一緒に考えよう~
 子ども委員会の委員大募集![ID 1003647]
 子ども政策課(電話番号 77・2419 ファクス番号 77・2800)
*****************************

 子ども委員になって、皆さんの考えをまちづくりに生かしませんか?子どもたちがいきいきと暮らし、笑顔にあふれるまちをつくるには、皆さんの思いや発想がとても大切です。子ども委員となってグループでの話し合いなどを通じ、まちのことを学びながら、子どもたちの視点で意見や新しいアイデアなどをたくさん聞かせてください。
[活動日程]7月~11月の期間中、夏休みや9月以降の日曜などを利用して全7回程度(予定)
[活動場所]中央公民館など
[応募資格]市内在住の小学5年生~高校3年生の年齢に相当し、できるだけ全回参加できる人(小学生は保護者の送迎が必要)。
[募集人数]18人程度(応募多数の場合は抽選)
[応募方法]5月7日(火曜日)から子ども政策課、市内の各学校・児童館(子ども館)で配布する申込書(市ホームページからダウンロード可)を同課へ郵送、メールまたはファクス。市ホームページからも申し込み可。6月10日(月曜日)必着。結果は6月下旬ごろに通知します。


******************************************
 フォトブック「ときめく日々のたからばこVol.2 小さな発見」を発行![ID 1022957]
 政策推進課(シティプロモーション担当)(電話番号 77・2001 ファクス番号 72・1419)
******************************************

 市内の好きな場所や出来事などの写真をInstagram(インスタグラム)で発信する「たからづかなフォトグラファー」を募集し、現在100人を超える皆さんに活動いただいています。
 昨年度に引き続き、たからづかなフォトグラファーの皆さんが撮影した写真を掲載したフォトブックを発行しました。日々の生活の中で見過ごしてしまいそうな、何気ない場面で発見した、ときめきの一瞬をご覧ください。
[配布場所]政策推進課、各サービスセンター・ステーション、JR宝塚駅まちかど観光情報ステーションほか
※郵送をご希望の場合は、お問い合わせください。


******************************************
 性的マイノリティの権利擁護のために男女共同参画推進条例を改正しました[ID 1000457]
 人権男女共同参画課(電話番号 77・9100 ファクス番号 77・2171)
******************************************

●男女共同参画推進条例とは?
 性別にかかわらず、だれもが自分らしく生きることのできる男女共同参画社会の実現のため、基本的な考え方を定めた条例です(平成14(2002)年7月1日施行)。

●改正内容
 性別による差別的な取り扱いの禁止だけでなく、その対象に性自認または性的指向による差別的な取り扱いを加え、全ての性的マイノリティへの差別を禁止します。
(1)性的マイノリティに関する定義を新設します(第2条)。
(2)性別だけではなく、性自認、性的指向による差別を禁止します(第7条第1項)。
(3)性別、性自認、性的指向による差別について、市民や事業者の皆さんからの相談をお受けします(第20条)。

●男女共同参画の視点に立った表現ガイドラインを改訂[ID 1000450]
 男女共同参画の視点に配慮した表現について考えていただくためのガイドラインです。無償で自由に使用できますので、ぜひご活用ください。


******************************
 もしもの時の助け合い
 災害時要援護者支援制度にご協力をお願いします[ID 1028713]
 地域福祉課(電話番号 77・0653 ファクス番号 71・1355)
******************************

●災害時要援護者支援制度とは?
 自力で避難することが困難な高齢者や障碍(がい)者など(災害時要援護者)の情報を、市が地域の避難支援組織(民生委員・児童委員連合会、自治会、まちづくり協議会、マンション管理組合など)に提供することで、実際に災害が起きた時、地域の中で安否確認や情報提供等の支援が受けられるようにするための制度です。

●自治会・まちづくり協議会・マンション管理組合の皆さんへお願い
 災害時には自助・共助が必要となります。もしもの時に、地域の皆さんで助け合えるように、避難支援組織を立ち上げてみませんか。

●地域の皆さんへお願い
 この制度は、市民の皆さんの協力なしでは成り立ちません。
 ご近所に住む災害時要援護者の支援者になり、もしもの時は安否確認や情報伝達などの支援をお願いします。支援者になることで、何らかの責任を負うものではありません。「声をかける」「手を引いて一緒に避難する」など、あなたのできる範囲でのお手伝いをお願いします。地域内で支援者のお願いを受けた場合にも、ご協力をよろしくお願いします。


*********************************
 自宅の耐震診断と改修で家族の生命を守ろう[ID 1003865・1000400]
 建築指導課(電話番号 77・2082 ファクス番号 74・8997)
*********************************

 いつ発生してもおかしくないとされる東南海・南海地震などの大きな地震に備えて、住宅の耐震性を把握し、必要に応じて耐震化しておくことが家族の生命を守ることにつながります。支援制度を活用して、災害に備えましょう。
[対象]昭和56(1981)年5月31日以前に着工された住宅(その他各要件あり)。
[申し込み]5月7日(火曜日)から受け付け(先着順)(受付時間:平日9時~正午、12時45分~16時)

 下記(1)は建築指導課で配布する耐震診断申込書(木造戸建住宅の申込書は市ホームページからダウンロード可)に診断費用を添えて同課へ。(2)~(5)は対象となる請負契約の前に、交付申請書(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入して同課へ。
※の付いているものは、施工業者が兵庫県住宅改修業者登録制度に登録している業者であることが条件です。
(1)耐震性を把握
●簡易耐震診断 
 市が派遣する耐震診断技術者が、簡易な耐震診断を3,090円で行います(木造戸建住宅以外は要問い合わせ)。
(2)家全体を耐震化
●住宅耐震改修計画策定費補助
 耐震改修を行うための耐震診断、改修設計にかかる費用の3分の2以内(上限20万円)を補助します(戸建住宅以外は要問い合わせ)。
●住宅耐震改修工事費補助※
 耐震改修工事を行う場合、その費用に対して定額130万円を補助します(工事費300万円未満の場合は段階的に逓減、戸建住宅以外は要問い合わせ)。
(3)部分的に耐震化
●屋根軽量化工事費補助※
 木造戸建住宅に所定の屋根軽量化工事を行う場合、定額50万円を補助します。
●簡易耐震改修工事費補助※
 戸建住宅の耐震性能を改善するための改修設計、それに伴う改修工事を行う場合、定額50万円を補助します。
●シェルター型工事費補助
 戸建住宅に所定の耐震シェルター設置工事を行う場合、定額50万円を補助します(工事費が50万円未満の場合、補助金額は10万円)。
(4)耐震化のための建て替え
●建替工事費補助
 耐震化のために戸建住宅の建て替え工事を行う場合、定額100万円を補助します。
(5)寝場所の安全性を確保
●防災ベッド等設置費補助 
 戸建住宅に所定の防災ベッドを設置する場合、定額10万円を補助します。


******************************
 宅地防災相談をご利用ください[ID 1015290]
 開発審査課(電話番号 77・2194 ファクス番号 74・8997)
******************************

 5月は宅地防災月間です。長雨や集中豪雨によって地盤が緩み、石垣や擁壁(ようへき)などが崩れやすくなります。事前に点検して防災対策をしましょう。
 下記のとおり擁壁(ようへき)の安全性に対する不安についてお応えする「宅地防災相談」を行いますので、ぜひご利用ください。
[日時]5月13日(月曜日)~17日(金曜日)13時~16時
[場所]市役所2階 開発審査課(当日直接会場へ)


******************************
 ブロック塀等の撤去費用に補助します
 建築指導課(電話番号 77・2082 ファクス番号 74・8997)
******************************

●ブロック塀等撤去支援制度[ID 1028070]
 個人住宅の道に面するブロック塀などの撤去工事に対する補助を行います。誰もが安心して通れる道となるよう、支援制度をぜひご活用ください。
[対象]個人住宅に付属する道に面したブロック塀などで、道からの高さが80センチメートル以上のもの(その他要件あり)。
[補助金額]補助対象工事に関する費用の3分の2以内(上限20万円)。
[申し込み]5月14日(火曜日)から受け付け(先着順)(受付時間:平日9時~正午、12時45分~16時)
 請負契約の前に、交付申請書(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入して建築指導課へ。
※ブロック塀の撤去後に生垣を新設する場合は生垣助成制度も併せて活用できます。詳しくは公園河川課(電話番号 77・2021 ファクス番号 77・9119)へ。

●ブロック塀などの安全対策を行ってください[ID 1026609]
 所有する土地内にコンクリートブロック造の塀などがある場合は、安全性に問題がないか点検を行ってください。


***************************
 平成31(2019)年度予算  当初予算を編成[ID 1012635]
 財政課(電話番号 77・2022 ファクス番号 72・1419)
***************************
 本市の財政状況は引き続き厳しい状況ですが、こうした状況の中でも、市民の命を守り、暮らしを守るための、福祉・教育・子育てにかかる施策の予算を確保するとともに、「第5次総合計画後期基本計画」に揚げる将来都市像の着実な実現に向けて、予算の編成を行いました。

■一般会計予算 794.2億円(前年度比0.9%増)

【歳入 794.2億円】
 市税 44.6パーセント
 国庫支出金 17パーセント
 市債 10パーセント
 県支出金 7.1パーセント
 地方交付税 5パーセント
 地方消費税交付金 4.5パーセント
 使用料および手数料 2.8パーセント
 諸収入 2.2パーセント
 繰入金 1.7パーセント
 分担金および負担金 1.3パーセント
 寄附金 0.8パーセント
 地方特例交付金 0.8パーセント
 その他 2.2パーセント

※市税…個人や法人にかかる市民税、固定資産税、軽自動車税などの普通税と、都市計画税などの目的税です。
※国庫支出金…国が使途を特定して地方公共団体に交付するお金です。
※市債…学校や福祉施設など、長期間にわたって多くの市民が利用する、多額の費用が必要なものの建設などのために、市が国や金融機関などから借り入れるお金です。
※地方交付税…地方公共団体間の財政力格差を調整するために、国が使途を指定せずに交付するお金です。

【歳出 794.2億円】
 民生費 45.7パーセント
 教育費 11.1パーセント
 総務費 10.9パーセント
 公債費 9.9パーセント
 土木費 8.8パーセント
 衛生費 8.2パーセント
 消防費 2.9パーセント
 商工費 1.1パーセント
 議会費 0.6パーセント
 その他 0.8パーセント

※民生費…老人・障碍(がい)者などの福祉の充実や子育て支援、生活保護などの経費です。
※教育費…学校教育、社会教育、スポーツ振興などの教育行政にかかる経費です。
※総務費…庁舎などの管理、企画調整、広報、文化振興、財政事務などのほか、市税の賦課徴収・戸籍住民基本台帳・選挙・統計調査事務などの経費です。
※公債費…事業を行うために国や金融機関などから借り入れた市債(借金)の返済にかかる経費です。


■主な新規・拡充事業 (新規は◎、拡充は○)

<これからの都市経営/事業費>
 ◎北部地域防災拠点整備事業(北部振興企画事業)/1億1,905万円

<安全・都市基盤/事業費>
 ◎都市計画マスタープラン見直し事業/493万円
 ◎土砂災害対策住宅移転支援事業(土砂災害対策事業)/748万円
 ◎土砂災害対策住宅改修費補助事業(土砂災害対策事業)/100万円
 ◎急傾斜地対策事業(公園維持管理事業)/2,000万円
 ◎中筋2丁目交差点改良事業/367万円
 ○犯罪被害者等支援事業(防犯事業)/60万円
 ○阪急小林駅周辺整備事業/400万円
 ○非常備消防事業/25万円

<健康・福祉/事業費>
 ◎共同受注窓口補助金(障害者就労支援事業)/530万円
 ○低所得者保険料軽減(特別会計介護保険事業費繰出金)/1億3,482万円

<教育・子ども・人権/事業費>
 ◎ひとり親家庭生活学習支援事業(母子等福祉総務事業)/860万円
 ◎学校コンクリートブロック塀改善事業(小学校・中学校・特別支援学校・幼稚園施設整備事業)/3億9,839万円
 ◎長尾台小学校法面整備事業(小学校施設整備事業)/700万円
 ◎中山台地区教育環境適正化事業/400万円
 ◎ひとり親家庭大学生等奨学給付事業(奨学助成事業)/3,000万円

<観光・文化・産業/事業費>
 ◎消費者行政活性化事業/710万円
 ◎プレミアム付商品券事業/3億5,721万円
 ◎新事業創出総合支援事業/200万円

※事業の詳細は市ホームページに掲載しています。


■特別会計および企業会計 予算

<特別会計/480億3,113万5千円>
 国民健康保険事業費/220億6,110万円
 国民健康保険診療施設費/1億680万円
 農業共済事業費/2億1,650万円
 介護保険事業費/210億4,730万円
 後期高齢者医療事業費/42億4,440万円
 財産区/1億5,073万5千円
 宝塚市営霊園事業費/2億430万円

<企業会計/311億7,028万4千円>
 水道事業/89億103万6千円
 病院事業/144億5,036万8千円
 下水道事業/78億1,888万円


**************************************
 犯罪に遭われた方やそのご家族への支援を拡充しました[ID 1003949・1028719]
 防犯交通安全課(電話番号 77・2020 ファクス番号 71・3336)
**************************************

 犯罪被害者支援条例を全部改正し、4月1日から犯罪被害者等への支援を拡充しました。条例では、犯罪被害者等が平穏な生活を取り戻すまでの間、犯罪被害者等が置かれている状況などに応じて、適切に途切れない支援を行うこと、また、支援の過程において二次的被害を生じさせることのないよう十分に配慮することを基本理念として、市・市民・事業者が協力して犯罪被害者等を支え合うことを定めています。

【支援内容】
●支援金の支給
●日常生活の支援(家事援助費用助成、一時保育費用助成)
●居住の安定のための支援(家賃助成、転居費用助成、市営住宅入居等の配慮)
●精神的な被害からの回復に向けた支援(カウンセリング費用助成)
※国外犯罪被害(国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律に準ずる)も支援の対象になりました。対象要件など詳しくは市ホームページをご覧ください。

■犯罪被害者等のための主な相談窓口
<相談窓口/相談内容>

(公社)ひょうご被害者支援センター(電話番号 078・367・7833)火・水・金・土曜 10時~16時(祝日除く)/
 ●弁護士による無料法律相談(要予約)
 ●臨床心理士による無料心理相談(要予約)
 ●裁判所や病院などへの付き添い、裁判傍聴などの支援

ひょうご性被害ケアセンター「よりそい」(電話番号 078・367・7874)月・火・水・金・土曜 10時~16時(祝日除く)/
 ●弁護士による無料法律相談(要予約)
 ●臨床心理士による無料心理相談(要予約)
 ●病院や関係機関への付き添い支援

兵庫県警察被害者支援室(サポートセンター)(電話番号 0120・338・274)月~金曜 9時~17時45分(祝日除く)/
 ●犯罪被害給付制度や各種支援制度の相談
 ●こころの悩み相談、カウンセリング

市役所 犯罪被害者相談員による相談窓口(広報たからづか5月号28面参照)/
 ●被害者や家族が抱える悩みについての情報提供や助言


*************************************
 平成31(2019)年度当初予算編成後 財政見通しを公表します[ID 1012637]
 財政課(電話番号 77・2022 ファクス番号 72・1419)、
 行革推進課(電話番号 77・4571 ファクス番号 72・1419)
*************************************

 歳入の大幅な伸びが見込めない中、歳出では新ごみ処理施設建設基金への積み立てや少子・高齢化等の影響から、扶助費や特別会計への繰出金が増加傾向と見込まれるため、5か年で収支不足額は31.7億円になると見込んでいます。なお、第2次行財政運営アクションプランの着実な取り組みにより、5か年で効果額を29.6億円と見込んでおり、行革取組後の収支不足は2.1億円になると見込んでいます。
 このような厳しい財政状況に対応するために、第2次行財政運営アクションプランなど行財政改革の取り組みについて、実施時期や効果額を明らかにしながら着実に進めていきます。詳細は、市ホームページをご覧ください。

■財政見通し(普通会計一般財源ベース)(単位:百万円)
<2019年度/2020年度/2021年度/2022年度/2023年度/2019-2023年度 5か年合計>
 収入A…50,651/51,522/52,015/51,953/52,514/258,655
 支出B…51,185/52,006/52,380/52,855/53,394/261,820
 収支差引(A-B)…△534/△484/△365/△902/△880/△3,165

■行革取組効果額(単位:百万円)
<2019年度/2020年度/2021年度/2022年度/2023年度/2019-2023年度 5か年合計>
 効果額…450/547/628/658/675/2,958

■行革取組後収支見込み(単位:百万円)
<2019年度/2020年度/2021年度/2022年度/2023年度/2019-2023年度 5か年合計>
 収支額…△84/63/263/△244/△205/△207


**********************************************************
 ~まちの活性化や課題解決につなげませんか?~
「きずなづくり推進事業補助金」活用団体を募集 [ID 1011155]
 市民協働推進課(電話番号 77・2051 ファクス番号 77・2086)
**********************************************************
<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。
5月9日(木曜日)10時半~11時
(再放送)5月11日(土曜日)20時半〜21時

 市民活動を行う団体が市民ニーズや地域の実情に即して自主的、自発的に行う、広域的な活動や地域課題を解決する活動などの公益的社会貢献活動に対し、市は事業費の一部を補助しています。市が市民の皆さんと共に“協働のまちづくり"を進めていくための制度です。
【募集内容】
 事業名/対象事業/交付限度額(補助率)/審査方法
 地域密着型/地域のきずなをつくる、または深める事業/10万円(1/2)/書類審査のみ
 自由提案型/広域的・社会性のある事業/20万円(1/2)/書類審査+公開プレゼンテーション6月15日(土曜日)
 行政提案型/市が提案するテーマに取り組む事業
 ◆文化芸術の薫り高い宝塚をめざして ~文化芸術都市にふさわしい 市民が主役のまちづくり~
 ◆景観資源発掘 ~まちの魅力を発掘・発信 協働のまちづくり~
 ◆「お互いさま」があふれるまちづくり ~エイジフレンドリーシティ宝塚の取組~/
 30万円(10/10)/書類審査+公開プレゼンテーション 6月15日(土曜日)

【応募説明会・平成30(2018)年度行政提案型事業報告会】
[日時]5月10日(金曜日)10時半~正午
[場所]中央公民館(当日直接会場へ)
※手話通訳・要約筆記あり(5月8日(水曜日)までに要予約)。
【応募方法】
 市民協働推進課、各サービスセンター・ステーションなどで配布する応募書類(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入の上、郵便番号 665-8665(住所不要)「市民協働推進課」へ郵送または持参。5月24日(金曜日)必着。
【審査】
 市きずなづくり推進事業審査会が書類と公開プレゼンテーションにより審査します。補助金交付決定は7月中旬を予定しています。

*******************************************************************************
 2019宝塚市民カレッジ 受講生2次募集のご案内 [ID 1028698]
 宝塚市民カレッジ事務局(電話番号 69・6831 ファクス番号 73・6012、中央公民館内)
*******************************************************************************
 広報たからづか3月号で募集したコースのうち、下記のコースの受講生を2次募集します。
[講座日程]6月~来年1月または2月
[受講料]3千円(全8回)
[申し込み]5月9日(木曜日)~31日(金曜日)に電話で宝塚市民カレッジ事務局(電話番号 69・6831、平日9時~17時)へ。先着順で受け付けます(複数受講可)。

〈会場/コース名/講師(敬称略)/曜日・開始時間〉
・中央公民館/文化と歴史 午後コース/園田学園女子大学名誉教授 田辺眞人/水曜・13時半
・中央公民館/上方講談 近現代日本のスポーツと文芸ものがたり 午前コース/上方講談師 旭堂南海/水曜・11時
・中央公民館/上方講談 近現代日本のスポーツと文芸ものがたり 午後コース/上方講談師 旭堂南海/水曜・14時
・中央公民館/知れば知るほど面白くなる韓国の旅コース/韓国語講師 鄭順男(チョンスンナム)/木曜・14時
・西公民館/みんなで歌おう童謡サロン 午前コース/童謡サロン主宰・声楽家 深川和美、ピアニスト 多久雅三/月曜・11時
・西公民館/洋楽ラジオデイズCD鑑賞コース/元ラジオ関西アナウンサー・エフエム宝塚DJ 三浦紘朗/火曜・14時
・東公民館/花と緑の魅力コース/甲南大学特別客員教授・名誉教授 田中修/火曜・14時
・東公民館/英語はツールだ。英語で学ぼうコース/エフエム宝塚パーソナリティ 田辺ゆかり/木曜・14時


**********************************************************
 子どもたちの笑顔あふれる放課後子ども教室 [ID 1001513]
 青少年課(電話番号 77・2030 ファクス番号 77・2800)
**********************************************************
<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。
5月22日(水曜日)10時半~11時
(再放送)5月25日(土曜日)20時半〜21時

 「放課後子ども教室」は、放課後に子どもたちが自由に安心して遊ぶことができる居場所づくりとして、平成19(2007)年度から実施しています。地域や保護者のボランティアで構成される実行委員会が、現在、市内の21校区で、校区ごとに月1回~毎日、見守り活動を行っています。実施形態もそれぞれ違いがあり、地域によって特色が異なります。
 普段は同学年の友だちとしか遊ばない子も、ここへ来るとさまざまな子どもたちと遊び、その中で仲間とのトラブルを解決する力やコミュニケーション能力を身に付けていきます。また、この活動を通して、大人の中にも人と人との温かいつながりが深まっています。
 開設当初から関わっている実行委員も多く、遊びに来ていた子が大きくなっても、街で気軽に声をかけてくれるのがうれしいとの声も寄せられています。
 ぜひ一度、お近くの子ども教室に参加してみませんか。

〈開設校区/子ども教室名〉
・良元小学校/良元小 放課後遊ぼう会
・宝塚第一小学校/一小っ子遊ぼう会
・小浜小学校/あそぼう!こはまっこ
・宝塚小学校/宝塚小 放課後遊ぼう会
・仁川小学校/仁川小 放課後遊ぼう会
・西山小学校/西山っ子遊ぼう会
・売布小学校/売布小ひろば
・長尾南小学校/長尾南小遊ぼう会
・末成小学校/末成小 放課後遊ぼう会
・安倉小学校/安倉小 放課後遊ぼう会
・中山桜台小学校/中山台子ども広場
・長尾台小学校/坂っこひろば
・逆瀬台小学校/逆瀬台小 放課後遊ぼう会
・美座小学校/みざっ子広場
・光明小学校/光明小 放課後遊ぼう会
・末広小学校/すえひろば
・丸橋小学校/丸橋小あそぼう会
・高司小学校/げんきひろば つかさっ子
・安倉北小学校/安倉北小 放課後遊ぼう会
・すみれガ丘小学校/すみれっ子広場
・山手台小学校/やまやまひろば

……………………………………
 ボランティア募集
……………………………………
 どの校区もスタッフが少なく後継者不足に悩んでいます。見守りボランティアとして参加いただける人を募集しています。
 各教室の開催日、内容などについては、実行委員会から事前に学校を通じお便りなどでお知らせしています。詳しくは青少年課へ。


**************************************************************************
 不登校や引きこもりの悩む人たちの居場所 『思春期ひろば』 [ID 1013731]
**************************************************************************
 学校や仕事に行きにくい、外に出るのが怖いなどと悩む当事者や、その保護者が気軽に集える居場所を市内3か所で毎週開設しています。参加者には20代、30代の人も多く参加されています。ひとりで悩まず、外にでる最初の一歩をフリースペースで一緒に過ごしてみませんか?入退室自由・費用は無料です。見学だけでも大歓迎です。電話でもお気軽にご相談ください。

◎「ルート」~みちの途中~
 同じ悩みを持つ子ども・若者とその保護者の居場所づくりとして始めたフリースペースです。畑で作物を育てるのも楽しいですよ。
[開催場所]ひょうご宝塚園芸福祉協会チェリー畑内、コンテナハウス
 (阪急山本駅から徒歩10分、山本新池公園西側)
[開催日時]毎週月曜15時半~17時(祝日・お盆・年末年始を除く)

◎「きずな」
 アットホームな雰囲気のフリースペースです。グローバルな出会いが楽しめるかも!?
[開催場所]きずなの家 ともに生きる宝塚(中野町8-20)
[開催日時]毎週水曜 16時~19時(祝日・年末年始を除く)

◎「わ」
 なごみの「和」・おしゃべりの「話」・つながる「輪」。ほっこりあたたかいフリースペースです。楽しいボードゲームもありますよ。(共催:小浜小学校区まちづくり協議会)
[開催場所]小浜まち協会館(小浜小学校西端)
[開催日時]毎週金曜 14時~17時(祝日・お盆・年末年始を除く)
 
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
「思春期ひろば」を一緒に盛り上げていただくボランティアを随時募集しています。詳しくはフレミラ宝塚へお気軽にお問い合わせください。
 ※このほか、不登校の子どもを持つ保護者のために「おやじと語る不登校」を毎月1回、日曜の13時半~15時にフレミラ宝塚で開催しています。詳細な日程はホームページをご覧ください。また、フレミラ宝塚では臨床心理士による相談を随時受け付けています。お気軽にご相談ください。
…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


**********************************************************
 平成31(2019)年度 国民健康保険税のお知らせ [ID 1011170]
 国民健康保険課(電話番号 77・2065 ファクス番号 77・2085)
**********************************************************
 今年度の税率・税額は前年度と同じですが、地方税法施行令の改正に伴い、基礎課税分の課税限度額のみ改正となります。また、低所得世帯への軽減措置の範囲が広がります。
 各世帯の今年度の国民健康保険税額は、6月中旬に世帯主(納税義務者)宛てに郵送する納税通知書でお知らせします。
◎納付回数がこれまでの年9回から、6月から翌年3月までの年10回に変わります。
 国民健康保険税の納付には、口座振替をぜひご利用ください。指定の預貯金口座から自動的に振り替えて納付されるため、納め忘れがなく安心・便利です。詳しくは市税収納課(電話番号 77・2052 ファクス番号 77・9105)へ。

……………………………………………………………………
 国民健康保険税の税額、税率、課税限度額等改定の詳細
……………………………………………………………………
〈課税区分/平成31年度(年額)〉
A 基礎課税額
 (1)平等割額(1世帯あたり)/23,900円
 (2)均等割額(被保険者1人あたり)/31,600円
 (3)所得割額の税率/8.40パーセント
 (4)課税限度額/61万円←平成30(2018)年度より+3万

B 後期高齢者支援金等課税額
 (1)平等割額(1世帯あたり)/6,200円
 (2)均等割額(被保険者1人あたり)/8,900円
 (3)所得割額の税率/2.20パーセント
 (4)課税限度額/19万円

C 介護納付金課税額
 (1)平等割額(1世帯あたり)/6,200円
 (2)均等割額(被保険者1人あたり)/12,100円
 (3)所得割額の税率/2.70パーセント
 (4)課税限度額/16万円

※1 国民健康保険税額は、上記のA~Cの合計額です。
※2 Cの介護納付金課税額は40歳~64歳の被保険者のいる世帯に対してかかります。
※3 (3)の所得割額は、被保険者ごとに前年中の総所得金額等から地方税法上の基礎控除(33万円)をした後の金額に税率をかけて算出します。

…………………………………………………………………
 国民健康保険税の軽減措置・減免制度のご案内 
…………………………………………………………………
◎倒産・解雇など非自発的失業となった場合の国民健康保険税の軽減措置
 次に該当する人は保険税が軽減されますので、雇用保険受給資格者証と印鑑を持参の上、市役所1階の国民健康保険課へ申請してください。
 [対象者]
 倒産や解雇などにより離職したことで、雇用保険の特定受給資格者または特定理由離職者として、失業等給付を受けている65歳未満の人
◎国民健康保険税の減免制度
 市では減免制度を設けています。支払いが著しく困難な人は、納税通知書受領後、支払前かつ納期限までに、国民健康保険課までご相談、申請してください。なお、納期限を過ぎたもの、および納付済のものは減免することができませんので、お早めにご相談ください。
 [対象者]
(1)災害または盗難により資産に多大な損失を受けた人
(2)疾病・負傷等により多額の医療費(保険診療費分に限る)を負担(各種保険等からの補填分を除く)したため、生活が経済的に圧迫された人
(3)失業・休廃業(3か月未満の失業・休廃業は対象外)している人
(4)前年に比べ所得が半分以下に減少する人
(5)世帯全体の合計収入が少なく、最低生活の維持が困難な人
※ただし、譲渡所得・一時所得にかかるもの(上記⑴⑵を除く)や世帯全員の前年中の所得合計が1千万円以上のときは減免の対象となりません。

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。