エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > 広報たからづか > 広報たからづか(平成31・令和元年度) > 令和元(2019)年4月号 自動翻訳機能対応テキスト版 > 平成31(2019)年4月号 自動翻訳機能対応テキスト版(12面から16面)


ここから本文です。

平成31(2019)年4月号 自動翻訳機能対応テキスト版(12面から16面)

ID番号 1028772 更新日  平成31年4月11日  印刷

今月のトピックス(12面から16面)

【12〜16面】

***********
 今月のトピックス
***********
……………………………………………………………………………………………
 公共施設のゴールデンウィーク中の休業日について [ID 1028712]
……………………………………………………………………………………………
 出生、婚姻、死亡など戸籍関係の届け出は、ゴールデンウィークの休業日も市役所G階警備防災センターでお預か
りしています。祝・休日に業務を行う施設もあります。下記以外の施設については、直接、各施設にお問い合わせください。

■施設/休業日
■市役所、上下水道局/4月27日(土曜日)〜5月6日(休日)
■各サービスセンター・ステーション/4月27日(土曜日)※5月〜6日(休日)
※27日は宝塚駅前サービスステーション(土曜日の取り扱い業務)のみ営業
■市立病院(一般外来)※一部休診の診療科あり/4月27日(土曜日)〜29日(祝日)、5月3日(祝日)〜6日(休日)
■国民健康保険診療所(医科)/4月27日(土曜日)〜5月6日(休日)
■国民健康保険診療所(歯科)/4月28日(日曜日)〜5月6日(休日)
■クリーンセンター(ごみ持ち込み※・ごみ収集)/4月27日(土曜日)・28日(日曜日)、5月4日(祝日)・5日(祝日)
※要予約(電話番号 87・3363)、予約数に限りがあります。なお、植木ごみ・し尿くみ取り収集は4月27日~5月6日は休業します。

……………………………………………………………………………………………
 たからづか子どもクイズ王グランプリ2019 小学生出演者募集!! [ID 1023094]
 広報課(電話番号 77・2002 ファクス番号 74・6903)
……………………………………………………………………………………………
 昨年ご好評をいただいた「たからづか子どもクイズ王グランプリ」が今年も開催!エフエム宝塚のスタジオで、宝塚にまつわるクイズを中心に小学生同士が対戦します。優秀者にはニンテンドースイッチや図書カード1万円分などの豪華賞品をプレゼント!今年は参加特典として宝塚学検定公式テキストを進呈します。ぜひ奮ってご応募ください。
[出演日時]4月21日・5月19日・6月16日・7月21日(日曜日)      
各日10時15分~11時(生放送、7月は4~6月の各勝者が出場します)      
※8月以降の回もお申し込みいただけます。詳しくは市ホームページをご覧ください。
[場所]エフエム宝塚(アピア2の2階)  
[対象]市内在住・在学の小学生
[申し込み]はがきに郵便番号 住所、参加者の氏名・年齢・学校名・学年・希望する出場月(4・5・6月のいずれか第3希望まで)・出場への意気込み、保護者の氏名・電話番号・メールアドレスを書いて郵便番号 665-8665(住所不要)「市役所広報課」へ。4月12日(金曜日)必着。ファクス、市ホームページからの申し込みも可。
<各月抽選3人>

……………………………………………………………………………………………
 防災情報を音で伝える すみれ防災スピーカーを整備しています [ID 1023299]
 総合防災課(電話番号 77・2078 ファクス番号 77・2102)
……………………………………………………………………………………………
 市では、屋外に設置するスピーカーを通じて災害情報や避難情報などを市民の皆さんにお伝えする、すみれ防災スピーカー(防災行政無線)の整備を進めています。災害時や緊急時にスピーカーから放送が聞こえたときは、避難や身を守る行動をお願いします。※地形や気象条件によって聞こえにくい場合があります。

■2019年度末までに設置予定(18か所)
宝塚市役所、仁川小学校、高松町付近、小林フラワーガーデン、西山小学校、宝梅中学校、宝塚第一小学校、すみれガ丘小学校、御殿山中学校、売布小学校、安倉小学校、安倉北小学校、宝塚東高校、中山桜台公園、長尾小学校、ひらい人権文化センター、丸橋小学校、雲雀丘山手公園

■2018年度末までに設置済み(27か所)
<北部>自然休養村センター、大岩谷(自治会館付近)、西部公会堂、上佐曽利会館、武田尾(大岩稲荷付近)、波豆(分団器具庫付近)、切畑会館、境野公民館、下佐曽利公民館、東部公民館、玉瀬(前田橋付近)、長谷(長谷牡丹園駐車場付近)、西谷中学校
<南部>ゆずり葉台、逆瀬台小学校、中州公園、長寿ガ丘公園、宝塚温泉泉源地、荒神川はなみずき公園、川面会館、川面子ども遊園、小浜小学校、中筋会館、中山台コミュニティセンター、南ひばりガ丘中学校、ふじガ丘公園、花屋敷グラウンド

======================
 Q.聞こえにくいときは?
======================
 
 A.電話(電話番号 77・4001または 77・4002)で放送内容を聞き直すことができます。また、FMラジオのエフエム宝塚(83.5メガヘルツ)でも同じ内容を聴くことができます。

============================
 Q.どんなときに鳴るの?
============================

 A.宝塚市に大雨特別警報や土砂災害警戒情報が発表されたとき、震度4以上の地震、避難勧告等の避難情報、ミサイルなどの国民保護情報が発表されたときなどに放送します。地域の防災訓練や行事でも放送する場合があります。また、平常時には、機器の点検も兼ねて毎日定時に「すみれの花咲く頃」「鉄腕アトム」などのミュージックチャイムが鳴りますので、ご理解とご協力をお願いします。

……………………………………………………………………………………………
 あなたの子育てを応援します
 子ども家庭支援センター(電話番号 85・3862 ファクス番号 85・3886)
……………………………………………………………………………………………
<FM宝塚83.5メガヘルツ>市職員が出演してご説明します。
4月11日(木曜日)10時半~11時
(再放送)4月14日(日曜日)15時~15時半

 子ども家庭支援センターは子育て支援の拠点として、フレミラ宝塚(売布東の町12-8)でさまざまな事業を行っています(広報たからづか4月号36面参照)。平日の9時~17時半に開所していますので、ぜひ気軽にご利用ください。

 ■親子育てグループ会員と子育て支援サポーターの募集 [ID 1000567]
 子ども家庭支援センターが支援している親子育てグループは、未就園児と保護者が定期的に集まって、季節の行事を楽しみながら仲間作りを目的として活動しています。また、活動を見守る子育て支援サポーターも募集しています(特に子ども好きな女性の人)。
 グループ一覧や活動について、詳しくは市ホームページをご覧ください。

 ■地域で助け合う 市ファミリーサポートセンター事業 [ID 1000557]
 ファミリーサポートセンター(電話番号 ファクス番号 85・4535)は、「子育ての手助けをして欲しい人(依頼会員)」と「子育てのお手伝いをしたい人(提供会員)」が地域で互いに助け合う組織です。子どもたちの保育所や幼稚園への送り迎え、保育開始前や終了後の預かり、学校の放課後・育成会終了後の預かり、習い事の送迎、日曜・祝日の預かりなどを行っています。ぜひ会員登録の上、ご利用ください。

 ■ファミリーサポートセンターの利用料を助成します
 依頼会員が次の(1)~(3)のいずれかに該当する場合、提供会員に支払ったファミリーサポートセンター利用料のうち、子ども1人につき1か月10時間を上限として、全額を助成します。
(1)生活保護世帯 (2)児童扶養手当受給世帯(3)市民税非課税世帯
事業の仕組みや助成について、詳しくは子ども家庭支援センターへお問い合わせください。

 ■地域の皆さんとの交流を図る 子育て支援活動の団体に助成[ID 1000569]
 地域一体となって自主的に子育て支援活動に取り組む団体に、活動経費(消耗品費〈絵本・おもちゃなど〉、印刷費、保険料〈行事・ボランティア保険〉など)の一部を助成します。
[対象団体]
市内に活動拠点があり、団体の構成員が5人以上(3分の2以上は市民)で子育て支援活動を継続的に実施できる団体

[対象事業]
(1)子育て交流事業…就学前児童と保護者が広く交流できる場や異世代交流の場を提供し、子育てに関する情報交換や相談などを行う事業
(2)相互保育事業…就学前児童を対象に、参加児童の保護者が当番制により合同で保育する事業
(3)若者育成支援事業…若い世代等が行う子育て交流事業
(4)立ち上げ支援事業…子育て交流事業を実施するための活動拠点を新たに整備する場合の備品費
※(1)(2)は月2回以上実施しているもの、(4)は翌年度以降も事業を継続することが見込まれる団体が対象
 
[助成内容](1)~(3)で10団体程度、1団体当たり年額上限20万円 (4)2団体、1か所当たり年額上限20万円
[申し込み]4月12日(金曜日)~5月16日(木曜日)(新規団体は7月11日(木曜日)まで)に、事前に子ども家庭支援センターへ連絡の上、必要書類を提出してください(郵送不可)。審査の上、助成する団体を決定します。

……………………………………………………………………………………………
 犬の登録と年に1度の狂犬病予防注射をお忘れなく [ID 1000741]
 生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)
……………………………………………………………………………………………
 生後91日以上の犬は、生涯に一度の登録、そして毎年1回の狂犬病予防注射と登録鑑札・狂犬病予防注射済票の常時装着が義務付けられています。
 ■狂犬病予防集合注射のご案内
 登録済みの犬…市が送付する案内通知の問診票欄に記入の上、下記(1)の会場へ。
 未登録の犬…当日に下記(1)の会場へ。登録を行った上で接種を受けられます。

[費用]
・予防注射(注射済票交付手数料(550円)を含む)=3400円 
・注射済票再交付手数料=340円
・新規登録(鑑札交付)手数料=3000円(再交付は1600円)
 ※下記(1)の会場以外に、獣医科医院下記(2)でも同額で予防注射を受けられます。

 ■(1) 狂犬病予防注射会場
<月日(曜日)/実施時間帯/会場>
4月3日(水曜日)/9時40分~10時20分/仁川高丸中央公園(仁川高丸2丁目)
4月3日(水曜日)/10時35分~10時55分/仁川台南公園(仁川台)
4月3日(水曜日)/11時05分~11時25分/鹿塩会館前(鹿塩1丁目)
4月3日(水曜日)/13時半~14時20分/すみれガ丘中央公園(すみれガ丘2丁目)
4月3日(水曜日)/14時半~14時50分/御殿山第3公園(御殿山4丁目)
4月3日(水曜日)/15時~15時半/御殿山会館駐車場(御殿山2丁目)
4月4日(木曜日)/9時半~10時10分/御所の前公園(御所の前町)
4月4日(木曜日)/10時半~11時/千種ケ丘自治会館前(千種4丁目)
4月4日(木曜日)/11時10分~11時半/市営西山霊園管理棟前(青葉台1丁目)
4月4日(木曜日)/13時半~14時/美座会館前(美座2丁目)
4月4日(木曜日)/14時10分~14時40分/旭町会館前(旭町2丁目)
4月4日(木曜日)/14時50分~15時10分/売布3丁目公園
4月4日(木曜日)/15時20分~15時40分/清荒神公園(清荒神4丁目)
4月5日(金曜日)/9時半~10時/逆瀬台5丁目第1公園
4月5日(金曜日)/10時10分~10時40分/逆瀬台6丁目公園
4月5日(金曜日)/10時50分~11時20分/光青橋北側駐車場前(光ガ丘1丁目)
4月5日(金曜日)/13時半~14時10分/清駅前公園(清荒神1丁目)
4月5日(金曜日)/14時25分~14時55分/売布きよしガ丘中央公園
4月5日(金曜日)/15時05分~15時25分/売布4丁目公園
4月8日(月曜日)/9時半~10時10分/野上が丘公園(野上4丁目)
4月8日(月曜日)/10時半~11時/月見台自治会館前(月見山1丁目)
4月8日(月曜日)/11時20分~11時40分/桜ガ丘第一公園
4月8日(月曜日)/13時20分~13時50分/大堀川河川敷緑地(弥生町)
4月8日(月曜日)/14時~14時半/安倉南第2公園(安倉南1丁目)
4月8日(月曜日)/14時40分~15時/安倉第一会館前(安倉北2丁目)
4月8日(月曜日)/15時10分~15時40分/小浜会館前(小浜5丁目)
4月9日(火曜日)/9時半~9時50分/貝尻池広場(平井1丁目)
4月9日(火曜日)/10時05分~10時45分/雲雀丘山手公園(雲雀丘山手1丁目)
4月9日(火曜日)/11時~11時半/長尾台自治会館前(川西市満願寺町)
4月9日(火曜日)/13時40分~14時/山本台3丁目第二公園
4月9日(火曜日)/14時15分~14時35分/平井4丁目第3公園
4月9日(火曜日)/14時55分~15時15分/山本野里2丁目公園
4月10日(水曜日)/9時40分~10時/コスモス公園(中山台1丁目)
4月10日(水曜日)/10時10分~10時40分/中山桜台4丁目公園
4月10日(水曜日)/10時55分~11時25分/中山五月台公園(中山五月台3丁目)
4月10日(水曜日)/13時半~14時/高司会館前(高司2丁目)
4月10日(水曜日)/14時半~15時半/山本園芸流通センター前(山本中1丁目)
4月11日(木曜日)/9時50分~10時10分/ふじガ丘公園
4月11日(木曜日)/10時25分~10時55分/花屋敷グラウンド南側(花屋敷荘園3丁目)
4月11日(木曜日)/11時05分~11時25分/松ガ丘公園(花屋敷松ガ丘)
4月11日(木曜日)/13時半~14時/宝塚山手台自治会館(山手台西2丁目)
4月11日(木曜日)/14時15分~14時35分/南ひばりガ丘公園(南ひばりガ丘2丁目)
4月11日(木曜日)/14時50分~15時10分/口谷東第3公園(口谷東3丁目)
4月12日(金曜日)/9時半~9時50分/切畑会館道路向駐車場(切畑字堂ノ前)
4月12日(金曜日)/10時05分~10時25分/玉瀬公民館前(玉瀬字川端)
4月12日(金曜日)/10時40分~10時50分/大岩谷ハイマート(玉瀬字大岩谷)
4月12日(金曜日)/11時05分~11時25分/境野公民館前(境野字井手)
4月12日(金曜日)/11時35分~12時/自然休養村センター前(大原野字南宮)
4月12日(金曜日)/13時半~13時50分/東部公民館前(大原野字下林)
4月12日(金曜日)/14時~14時20分/長谷公民館前(長谷字北畑ケ)
4月12日(金曜日)/14時半~14時45分/下佐曽利公民館前(下佐曽利字西川)
4月12日(金曜日)/14時55分~15時10分/上佐曽利会館前(上佐曽利字郷ノ坪)
4月12日(金曜日)/15時25分~15時35分/西部公会堂前(大原野字西田)
4月12日(金曜日)/15時45分~15時55分/波豆公会堂前(波豆字谷田東掛)
4月13日(土曜日)/13時半~15時半/宝塚市役所中庭付近(東洋町)

■(2) 登録・注射済票の窓口交付ができる獣医科医院
<獣医科医院(市獣医師会会員)/電話番号/ファクス>
あかばめペットクリニック(中筋4丁目)/電話番号 20・1575/ファクス番号 20・1575
アテナ動物病院(川面5丁目)/電話番号 84・3231/ファクス番号 86・8164
アニー動物クリニック(中筋3丁目)/電話番号 82・2323/ファクス番号 82・2324
伊藤獣医科(中州1丁目)/電話番号 72・3818/ファクス番号 72・3815
うぐいすの森動物病院(山本南1丁目)/電話番号 82・5510/ファクス番号 82・5520
大西動物病院(安倉南4丁目)/電話番号 86・6216/ファクス番号 86・6238
ココロよしざき動物病院(高司1丁目)/電話番号 77・5544/ファクス番号 76・3049
小林動物病院(泉町)/電話番号 86・4153/ファクス番号 86・4153
サニー動物病院(亀井町)/電話番号 77・2772/ファクス番号 77・2772
中山寺動物医院(中筋山手1丁目)/電話番号 88・0469/ファクス番号 88・0469
のぎ動物病院(小林4丁目)/電話番号 73・2076/ファクス番号 73・2079
はんぞう動物病院(山本中3丁目)/電話番号 24・1356/ファクス番号 20・1201
フジワラ動物病院(伊孑志1丁目)/電話番号 71・4111/ファクス番号 71・4115
マナ動物病院(山本丸橋2丁目)/電話番号 82・2588/ファクス番号 82・2588
宮本獣医科(武庫山1丁目)/電話番号 73・8464/ファクス番号 73・8463
めふ動物病院(星の荘)/電話番号 80・8571/ファクス番号 80・8572
砂田イヌネコ病院(南口1丁目)/電話番号 72・0028/ファクス番号 72・0028
※他の獣医科医院でも接種できますが、犬の登録・注射済票の窓口交付ができない場合があります。その場合は、生活環境課窓口へお越しください。

……………………………………………………………………………………………
 地域猫活動に対する不妊・去勢手術費助成制度について [ID 1000746]
……………………………………………………………………………………………
 飼い主のいない猫による地域内のトラブルをなくすため、地域猫活動(※)を行う場合の手術費用の一部を助成します。
 郵便による受け付けもできます。詳しくは生活環境課(電話番号 77・2074 ファクス番号 71・1159)へ。
※飼い主のいない猫を一定のルールに基づいて適切に管理し、不妊・去勢手術を行うことにより数を増やさず一代限りの生を全うさせる活動。
[助成対象]
・複数の地域住民が協力し、かつ、周辺住民に対しても取り組み内容等が周知されていること
・「宝塚市飼い主のいない猫に関する活動指針」に基づいて取り組みができる人

[助成額]
 ・不妊手術の経費(メス)…1匹につき上限 1万2000円
 ・去勢手術の経費(オス)…1匹につき上限 8000円

……………………………………………………………………………………………
 市税の納め忘れはありませんか? [ID 1000488]
……………………………………………………………………………………………
 市民の皆さんに納めていただく税金は、福祉・教育・土木事業などの身近な行政サービスに使われる大切な財源です。滞納を放置すると、法律に基づき財産の差し押さえ等の滞納処分を受けることがありますので、納め忘れのないようお願いします。また、失業・病気・災害などの理由で納付が困難な場合は市税収納課収税担当(電話番号 77・9101、77・9102 ファクス番号 77・9105)へご相談ください。

 ■便利な口座振替をご利用ください [ID 1000489]
 口座振替にすると、税金が自動的に預貯金口座から振り替えて納付されるため、納め忘れがなく安心・便利です。詳しくは市税収納課納税管理担当(電話番号 77・2052 ファクス番号 77・9105)へ。

===============
 口座振替の手続きの流れ
===============
[A]口座振替申込書を利用して申し込む場合
(1)口座振替申込書を記入(提出)(預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書)<納税者→金融機関>
(2)金融機関受付完了通知<金融機関→市役所>
(3)登録完了のお知らせ通知 ※登録完了は申し込みから40日程度<市役所→納税者>

[B]ペイジー口座振替受付サービスを利用して申し込む場合
口座届出印が不要で、市役所やサービスセンター・ステーションの窓口で簡単に申し込みが可能です!
(1)手続き<納税者→市役所> 
○ペイジー口座振替申込書を記入(提出)  
○専用端末にてキャッシュカードを読み取り(暗証番号が必要)
(2)専用端末にて手続きされた情報が、金融機関に送信される。<市役所→金融機関>
(3)登録完了のお知らせ通知 ※登録完了は申し込みから10日以内<市役所→納税者>

……………………………………………………………………………………………
 国民健康保険税申告書を送付します[ID 1000512]
 国民健康保険課(電話番号 77・2065 ファクス番号 77・2085)
……………………………………………………………………………………………
 国民健康保険税の適正な算定や軽減、高額療養費の自己負担額の判定のため、平成30年度に「国民健康保険税申告書による申告をした」または「所得の申告がなかった」人がいる世帯に対して、昨年1年間の所得などを申告するための「国民健康保険税申告書」を4月上旬に世帯主宛てに送付します。
 申告書が届いたら、必要事項を記入・押印の上、4月26日(金曜日)までに国民健康保険課に返送、または同課、各サービスセンター・ステーションへ持参してください。提出された申告書の内容に基づき、国民健康保険税の所得割額や軽減額を計算し、6月中旬に納税通知書を送付します。
○申告書の送付時期が早まりました
 平成31年度からの納期は、6月~翌年3月の年10回(これまでは7月~翌年3月の年9回)に変わることから、前年の所得状況をこれまでより早い時期に把握する必要があります。
○国民健康保険税の軽減について
 国民健康保険加入中の低所得世帯について、国民健康保険税の平等割額(1世帯当たり)および均等割額(加入者1人当たり)を、前年中所得に応じて7割、5割、2割軽減します。軽減は、同一世帯のうち、世帯主、国民健康保険の被保険者、旧国保被保険者(国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行した人)の所得を基に判定します。

<<よくお問い合わせいただく内容についてお答えします>>
[Q1]なぜ所得がなくても申告が必要なの?
[A1]保険税の軽減や、高額療養費に関する限度額および高齢者の負担割合の判定を行うために、世帯全員(18歳未満は除く)の所得を把握する必要があります。

[Q2]遺族年金、障害年金、雇用保険のみでも申告が必要なの?
[A2]必要です。市・県民税の非課税申告をしている場合以外では、所得状況の把握ができないためです。
 
[Q3]世帯主が国民健康保険の被保険者でない場合も申告が必要なの?
[A3]必要です。国民健康保険の被保険者ではない世帯主の所得も、保険税の軽減や高額療養費に関する限度額等の判定に含まれます。

[Q4]国民健康保険税の申告書を提出しないとどうなるの?
[A4]未申告世帯については、軽減措置の判定ができないため、保険税額が高くなることがあります。

……………………………………………………………………………………………
 平成29(2017)年度の介護保険運営状況 [ID 1027779]
 介護保険課(電話番号 77・2136 ファクス番号 71・1355)
……………………………………………………………………………………………
 介護保険制度は、介護を社会全体で支え合う仕組みです。市では、保険者として適正な制度運営を図り、よりよい介護保険を目指しています。この制度を安定的に運営していくために、皆さんのご理解とご協力をお願いします。  平成29(2017)年度の介護保険事業の運営状況は以下のとおりです。概要は市ホームページで公開しているほか、介護保険課でも配布しています。

==================================================================== 
 1.高齢者人口・要介護(要支援)認定者・介護サービス利用者が増加傾向
==================================================================== 
 本市の全人口約23万4000人のうち、65歳以上の高齢者が27.1パーセントを占め、そのうち19.7パーセントが支援・介護を必要としています。平成29年度の介護サービス利用者は、一部介護サービス利用者が新総合事業に移行したため、平成28年度と比べて1117人減少し、8694人でした。

=========================================================
 2.介護サービス利用者の増加に伴い介護給付費も年々増加
=========================================================
 介護保険のサービスでは、利用者が費用の一部を負担し、残りを国・県・市と皆さんの保険料で負担しています。これを介護給付費といい、平成29年度は約172億9000万円でした。平成25年度と比べると、19.1パーセント 増加しています。
 2025年には本市の高齢者(65歳以上)人口は6万7000人を超え、そのうち75歳以上の人口が4万1000人に達し、要介護(要支援)認定者、介護サービス利用者、そして介護給付費も増加すると見込んでいます。

==================================================
 3.介護給付費の支出内訳と財源内訳
==================================================
 平成29年度の介護給付費の支出内訳は、在宅サービスが最も多い約95億円でした。一方でその財源は、約半分が加入者が支払った保険料で、残り半分を国・県・市が負担しています。また、市特別給付事業として配食サービスがあり、給付額は約8769万円でした。

■介護給付費の推移
平成25年度/145.2億円
平成26年度/154.2億円
平成27年度/160.3億円
平成28年度/166.5億円
平成29年度/172.9億円

■介護給付費の支出内訳<合計:172.9億円>
在宅サービス:94.8億円(54.8パーセント)  
○訪問介護  
○通所介護  
○有料老人ホーム  
○福祉用具貸与など

施設サービス:47.1億円(27.2パーセント)  
○特別養護老人ホーム  
○介護老人保健施設  
○介護療養型医療施設

地域密着型サービス:20.2億円(11.7パーセント)  
○認知症高齢者グループホーム  
○小規模多機能居宅介護など

特定入所者介護サービス:4.2億円(2.4パーセント)

その他のサービス:6.6億円(3.8パーセント)  
○特定福祉用具  
○住宅改修  
○高額介護サービス費など

■介護給付費の財源内訳
<合計/172.9億円>
保険料(65歳以上)/39.9億円(23.1パーセント)
保険料(40歳~64歳)/48.4億円(28.0パーセント)
国・県の負担金/63.0億円(36.4パーセント)
市の負担/21.6億円(12.5パーセント)

……………………………………………………………………………………………
 高齢者の総合相談窓口“困ったときは、地域包括支援センターへ”[ID 1000634]
 高齢福祉課(電話番号 77・0505 ファクス番号 71・1355)
……………………………………………………………………………………………
 高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるように、総合相談窓口として、地域包括支援センターを設置しています。同センターには、保健師や社会福祉士、主任ケアマネジャーなどを配置し、自立した生活や暮らしやすい地域づくりのための支援を行っています。お困りごとなどがあれば、何でもご相談ください。
 
【地域包括支援センター一覧】(月~土曜、9時~17時半)
<名称(所在地)/電話番号/ファクス番号/担当地域(小学校区)>
小林地域包括支援センター(小林3丁目)/電話番号 74・3863/ファクス番号 74・3922/仁川・良元・高司・光明・末成・末広(一部)
逆瀬川地域包括支援センター(中州1丁目)/電話番号 76・2830/ファクス番号 77・3461/末広(一部)・西山・逆瀬台・宝塚第一
御殿山地域包括支援センター(川面5丁目)/電話番号 83・1336/ファクス番号 83・1337/すみれガ丘・宝塚・売布(一部)・美座(一部)
小浜地域包括支援センター(小浜4丁目)/電話番号 86・3707/ファクス番号 83・1123/小浜・美座(一部)・安倉・安倉北(一部)
長尾地域包括支援センター(山本東2丁目)/電話番号 80・2941/ファクス番号 80・4110/長尾(一部)・長尾南・売布(一部)・丸橋・安倉北(一部)
花屋敷地域包括支援センター(切畑字長尾山)/電話番号 072・740・3555/ファクス番号 072・740・5087/長尾(一部)・山手台・長尾台・中山五月台・中山桜台
西谷地域包括支援センター(大原野字南穴虫)/電話番号 83・5080/ファクス番号 83・5011/西谷

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。