エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 広報 > TakarActive(タカラクティブ)~地域の活動をお届けします~ > vol.8暖かい笑顔と挨拶でイベントをお手伝いします(Face to Face)


ここから本文です。

vol.8暖かい笑顔と挨拶でイベントをお手伝いします(Face to Face)

ID番号 1021778 更新日  平成29年7月29日  印刷

温かい笑顔と挨拶でイベントをお手伝いします(Face to Face)

フェイス トゥ フェイスのみなさん

 「レセプショニスト」をご存じですか?イベントなどで受付や案内、場内アナウンスや司会などを担当し、スムーズな進行をサポートする人たちのことです。ソリオホールやベガ・ホールで行われるイベントを中心に、レセプショニストとして活動するボランティア団体「Face to Face」をご紹介します。
 「大きなホールには専属のレセプショニストがいますが、ソリオホールやベガ・ホールにはいませんでした。宝塚市で文化芸術を楽しむ人、創造する人をサポートして心豊かなまちづくりを応援したい」と話すのは、代表の阿部 薫さん。「Face to Face」は、元NHK アナウンサーでレセプショニストを育成されていた方の「ホールの質を上げるのは、人の温もり」という言葉に賛同した人たちが集まり、2008年7月に発足しました。今では35人のメンバーがいて、近畿各地のイベントでプロ顔負けのレセプショニストとして活躍しています。

 主催者からの「安心して舞台に集中できる」、お客さまからの「楽しかった、また来るね」といった言葉がとてもうれしいと話してくれました。また、「このような社会貢献に参加でき、さらに自分自身の成長も感じられてうれしい」とやりがいも語ってくれました。

活動のようす

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 広報課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2002 ファクス:0797-74-6903
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。