エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 行財政・監査 > 市民ホール建設事業などの中止を決定


ここから本文です。

市民ホール建設事業などの中止を決定

ID番号 1001260 更新日  平成20年1月31日  印刷

市民ホール建設事業などの中止を決定 市は、湯本町で計画していた市民ホール建設事業などの中止を平成20年1月決定しました。市民ホール建設は、平成9年3月に閉館した宝塚市民会館に代わる施設として計画していたもの。

平成10年度に国の補助を受けて事業に着手しましたが、市の財政状況悪化のため、平成12年度をもって事業を一時休止していました。事業の今後の方針について、知識経験者などで組織する宝塚市事業評価審議委員会を開催し、このほど同委員会から「事業中止が妥当」との意見具申が提出され、この内容をふまえて事業を中止することとしました。

また、市民ホール建設と同様に事業を休止していた市道美装化などの関連事業についても、中止することとしました。中止の理由は、市の非常に厳しい財政状況から判断して、今後も長期間にわたって事業進捗の目処がたたないことや、計画策定時から約10年が経過し、今後は社会経済情勢や周辺の状況変化に応じた新たな取り組みの検討が必要となっていることなどです。市民ホール建設は、多くの市民や文化団体の皆さんからの要望を受けて計画していたものであり、今後は、市民の活動の場、交流の場としてのホール機能を確保するため、市内の既存施設の活用等、多様な検討を進めていきます。また、市民ホール事業用地については、宝塚駅前や湯本町をはじめとする中心市街地の活性化につながるような土地活用を検討します。
詳しくは下記へお問い合わせください。
政策推進課
電話:0797-77-2001

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 政策推進課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2001 ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。