エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > パブリックコメント > パブリック・コメント制度について


ここから本文です。

パブリック・コメント制度について

ID番号 1001415 更新日  平成29年3月2日  印刷

パブリック・コメントとは

パブリック・コメントとは、市が計画や条例案などを策定するときに、案の段階で市民の皆様に公表し、意見などを募集し、提出された意見などを考慮しながら意思決定を行うとともに、意見などに対する市の考え方もあわせて公表していく一連の手続きをいいます。

市は、これらの手続の効果的な実施により、市民による市政への参画を促進し、行政との協働のまちづくりを推進することとしています。

市では平成17年4月に「宝塚市市民パブリック・コメント条例」を施行し、パブリック・コメントの手続き等を定め、市民の皆様から広く意見などを募集しています。

パブリック・コメントの対象

  • 市政の基本的な計画等の策定及び変更
  • 市政の基本的な方針を定める条例の制定及び改廃
  • 広く市民に義務を課し、又は権利を制限することを内容とする条例の制定及び改廃(市税、使用料、手数料その他の金銭の徴収に関するものを除く。)
  • 市が実施する大規模な施設の設置その他の公共事業に係る計画等の策定及び変更で規則で定めるもの
  • その他、実施機関が必要であると認めるもの

案の公表方法

計画案や条例案等を市広報紙、ホームページへ掲載するとともに、担当課窓口等必要な場所において、閲覧、配布し市民に周知を図ります。

意見の提出

  • 計画案や条例案等の公表時に、意見の募集期間、提出方法等を明示します。
  • 意見等の募集期間は原則として30日以上とします。
  • 提出方法は、担当課への持参、郵送、ファクス、電子メール等です。

提出された意見の取り扱い

提出された意見等を十分に考慮し、意思決定を行うとともに、提出された意見及びその意見等に対する市の考え方も公表します。

公表方法は案公表時と同様の方法で公表します。

また、提出された意見等を踏まえて公表した案を修正したときは、その修正内容を公表します。

平成22年4月1日の条例改正のポイント

宝塚市市民パブリック・コメント条例は、平成22年4月1日から一部改正し、施行されています。条例改正の主な点は、次のとおりです。

  • パブリック・コメント制度の目的を、「市民への説明責任を果たす」こととともに、「市民の市政への参画を促進し」「協働のまちづくりを推進する」ことと明記しました。(第1条)
  • パブリック・コメント手続の対象となる事項をより明確化しました。(第4条)
  • 手続の適用を除外する場合を、詳しく明記しました。(第5条)
  • 分かり易いパブリック・コメント手続を実施するために、対象事項の案の公表とともに「概要版その他の市民等が対象事項の案を理解するために必要な資料」の公表を行うことを明記しました。(第6条)
  • パブリック・コメントの結果の公表時期、公表期間を明記しました。(第8条)

このページに関するお問い合わせ

市民交流部 きずなづくり室 市民相談課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2003(広聴相談担当) 0797-77-2118(統計担当)
ファクス:0797-77-2086
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。