エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 施策・計画 > 施政方針 > 部局長実行宣言 > 平成27年度 > 産業文化部


ここから本文です。

産業文化部

ID番号 1011754 更新日  平成27年6月19日  印刷

部長 山本 寛(やまもと ひろし)

部長 山本 寛(やまもと ひろし)氏の写真

[病気体験を糧に]

 昭和30年生まれ。昨年に還暦を迎えた宝塚市よりも、一つ年下です。

やっぱり、よる年波には勝てませんねえ。昨年夏、大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん)という病気にかかり、3週間入院してしまいました。「憩室炎」って、わかります?腸の壁にポケットのような穴ができる病気で、私自身も、医者から病名を聞いて初めて知った次第です。研究者によれば、今や大腸の病気は、食生活の洋食化による生活習慣病とのこと。役所での会議中にウー、ウーうなり、まわりの皆様にたいへんご迷惑をおかけしました。あの時の痛みは、決して忘れません。

 でも、この病気のおかげで、入院中に約8キロ減量し、その後も野菜中心の食生活で、すっきりした体型を維持できています。禍転じて福となす。何事も前向きにとらえれば、またいいこともやってきます。

 今年一年、健康に気をつけて、私自身を育ててくれた宝塚市に、少しでも恩返しできるようがんばります。

産業文化部の役割

まちなみの写真

花飾りの写真


 昨年度、トリプル周年における記念行事に、産業文化部は多くの関わりを持たせていただきました。大忙しの一年でしたが、職員一同、またとない貴重な経験を積むことができました。部全体で50人弱という小回りが利く利点を生かし、さらに元気なまちづくりに取り組んでいきます。

 私たちが他の地方へ出かけたとき、「どちらからお越しですか」と聞かれて、「宝塚から」と答えると、たいてい「よいところですね」と言われます。やはり、この好イメージは、100年の伝統を誇る宝塚歌劇によるものと言っていいでしょう。しかし、宝塚には、宝塚歌劇以外にも、手塚治虫さんが遺した漫画・アニメ文化、温泉、社寺仏閣、植木産業、多彩な市民文化活動など、数多くの貴重な資源があります。これら宝塚ならではの産業、文化を守り、育てていくのが、私たちの役目だと考えています。

 市内には、まだまだおもしろいものがあるよ~・・・これからも好奇心を持ち続け、宝塚市の「宝」を光り輝かせていきます。

重点的な取り組み

1 宝塚歌劇をはじめとする多様な地域資源の活用による都市価値の向上(宝塚ブランドの強化)

  • 宝塚の魅力を市内外に発信できる宝塚魅力体験事業を実施する。
  • 宝塚サマーフェスタなどのイベントを拡充して開催するとともに、「宝塚バル」のエリア拡大やアニメツールを生かしたイベントの開催、教育旅行の誘致など、集客・活性化に向けた事業を展開する。
  • 手塚治虫記念館は、将来に向けて市民とともに国内外からの集客活動を進めるとともに、手塚治虫ゆかりのまちづくりを進めます。
  • 市民のガイドや歌劇OGによるツアーを実施するとともに、情報通信機器等を活用した観光案内の整備に努めます。
  • 外国人観光客にやさしい観光地をめざします。

取り組み状況

  • 新たに清荒神エリアも加わり、参加店舗数が107と過去最大となった「宝塚バル」。5月に3週連続で開催します。
  • 宝塚歌劇団台湾公演に合わせて、台湾に向け観光PRを実施します。

手塚治虫記念館エントランス広場の竣工セレモニー
4月29日、手塚治虫記念館エントランス広場の竣工セレモニーを開催しました。

2 文化芸術振興基本計画に基づき文化の薫り高いまちの実現を目指します。

  • 文化芸術に触れる機会を増やし、親しみやすい環境を充実します。
  • 友好都市などとの文化交流を進めていきます。
  • 寄贈を受けた美術品を活用し、その魅力を発信していきます。

取り組み状況

  • 文化芸術振興基本計画を平成27年3月に策定しました。以下のページをご覧ください。
  • ミニコンサートやワークショップなど子どもたちが芸術に触れる機会を増やします。
  • 他市との文化交流を実施します。
    10月、宝塚音楽回廊に大分市から参加されます。
    3月、 浜松市で開催される音楽コンサートに参加します。
  • 1月、「中畑艸人(そうじん)展」を開催します。

中畑氏の作品「明けゆく丘」
中畑氏の作品「明けゆく丘」
※この作品は市立病院にて常設展示しています。

昨年度実施した「元永定正展」
昨年度実施した「元永定正展」の様子


3 起業家、やる気のある事業者の支援強化

  • 創業支援事業計画に基づき、宝塚商工会議所と連携して、創業希望者をサポートします。
  • 新たな特産品や加工品の開発を支援するほか、事業の展開を図る「やる気のある」事業者の研究開発や販路拡大など支援制度を拡充します。

取り組み状況

  • 宝塚商工会議所と連携して、創業希望者を対象とするセミナーやビジネスプランコンテストなどを開催します。
  • 特産品・加工品開発補助制度の拡充しました。また研究開発や販路拡大に向けた新たな補助制度を創設します。

コスプレ(花のみち周辺)

4 地域の特性やニーズに即した農業施策を推進します

  • <南部> 1000年の歴史を持つ植木や花きなど園芸産業を引き続き推進します。
  • <北部> 新名神高速道路SA及びスマートICの供用開始を見据え、農産物等の安定的な提供と来宝者の増加を図ります。

取り組み状況

  • オープンガーデンフェスタや宝塚植木まつりを開催するなど、「あいあいパーク」を拠点に植木や花きの魅力を発信し続けます。
  • 西谷夢市場の農産物の安定的供給を図るため、生産の充実強化を図ります。
  • 特産品・加工品開発の支援を実施し、新たな名品の定着を目指します。
  • ダリア花飾りの開催など引き続き「ダリアで彩る花のまちづくり事業」を展開し、ダリア産業の振興を図ります。
  • 長谷牡丹園の魅力アップに努め、来園者の増加を目指します。
    (以下写真)

あいあいパーク

牡丹園

ダリア花飾り

西谷夢市場

植木まつり

5 北部地域振興施策の具体化を図ります。

  • 北部地域が抱える様々な課題に対する各種施策が連携して、取組の具体化を図ります。
  • 新名神高速道路の(仮称)宝塚サービスエリアや(仮称)宝塚北スマートインターチェンジの供用開始予定まであと2年となり、引き続き商品開発や新たな事業展開を支援します。

取り組み状況

  • 西谷夢市場や長谷牡丹園、宝塚自然の家、自然休養村センター並びにダリア園などの観光農園など各種施設が連携した地域振興に取り組みます。
  • 農産物を活かした特産品・加工品の開発、販路開拓に向けて、補助制度を活用して支援します。
  • 定住・雇用促進、地域振興の視点で北部地域まちづくり基本構想策定を議論します。

6 地域消費の喚起によるまちの活性化

  • 「プレミアム付商品券」を発行して、市内での消費拡大と地域経済の活性化を図るります。
  • 市外から観光客を呼び込むために、魅力ある旅行券をホームページのサイトなどで販売。観光客の消費を刺激し、地域経済の拡大を図ります。
  • 魅力ある旅行券を販売し、市外の方を中心に誘客を図ります。

取り組み状況

  • プレミアム率20%の商品券4億8千万円分を6月から発行します。
  • 宝塚アニメタウンフェスタを開催します。
  • 歌劇OGによる舞踏会を開催します。
  • 市内のまちの魅力を巡るまちあるきツアーを開催します。

7 より良い就労環境づくりの推進

  • 高齢者、障がい者、女性の就労と社会参加を促進します。
  • 市の労働施策を進める上での新たな指針を策定し、指針に基づく施策展開を図ります。

取り組み状況

  • シルバー人材センターでは、新たな就業場所の開拓と提供サービスの多様化を目指して新規会員の獲得に努めています。
  • 労働問題審議会内に小委員会を設けて、本市の労働施策における課題などを検討します。

8 消費者教育推進法に基づく取り組みを推進します。

  • 消費生活の安定と向上のため、本市における消費者教育推進計画の策定に向けて取り組みを進めます。

取り組み状況

  • 協議会の設置に向けて、準備を進めています。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 産業振興室 商工勤労課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 
電話:0797-77-2011(商工担当) 0797-77-2071(総括・勤労担当)
ファクス:0797-77-2171
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。