エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 施策・計画 > 施政方針 > 部局長実行宣言 > 平成29年度 > 健康福祉部


ここから本文です。

健康福祉部

ID番号 1021285 更新日  平成30年7月30日  印刷

部長 酒井 勝宏(さかい かつひろ)

取り組んでいきたい内容

健康福祉部の部長の写真

 健康と福祉。市民の皆さんにとっても、身近な事柄で関心が高い分野のひとつだと思います。今後、少子高齢化がますます進展していく中、住み慣れた地域で、安心して暮らし続けることができる基盤をつくる取組を進めていきたいと思っています。

 一度に実現していくことは難しいところもあろうかと思いますが、市民の皆さんのご理解・ご協力をいただきますとともに、関係機関や関係部署と連携を図りながら、自彊不息(じきょうふそく-自分からすすんでつとめ励んで怠らない、倦まず弛まず努力するの意-)をモットーに、スモールステップで、少しずつ確実に進めていきたいと思っています。

自己紹介

 趣味は、低山登山、街道・古道歩き、かくれ里めぐりなどですが、最近はなかなか行けていません。まずは、京都一周トレイル、琵琶湖一周あたりを踏破して、そして、いつかは、四国八十八箇所、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ、アメリカはジョン・ミューア・トレイルを歩ければ…と夢見ています。

健康福祉部の役割

宝塚市の景色の写真

宝塚市に暮らす市民の方々が、地域社会の中で安心して生活ができ、希望といきがいをもって暮らすことができるような福祉のまちづくりを目指しています。
市民の健康・福祉に関すること、介護保険、社会福祉に関する事務(児童福祉を除く)を所掌しています。

重点的な取り組み

1 すべての人が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域社会を作ります。

 災害時要援護者など地域の支えが必要な高齢者に対し、既存の公的制度だけでなく、行政と、自治会、民生委員・児童委員連合会などの地域の関係機関や民間事業所などが連携し、見守り・支え合いに協働で取り組むネットワークを構築します。

取組結果・達成状況

  • 民生委員・児童委員連合会に全市域において避難支援組織として協力をいただき、市内全域で本制度を開始することができました。自治会にも協力を呼びかけ、地域で支え合える体制づくりを構築できました。

2 医療と介護の連携を含めた「地域包括ケアシステム」の実現を目指します。

 2025年(平成37年)を目途に、可能な限り住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最期まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を推進します。

取組結果・達成状況

  • 市民を対象としたシンポジウムのほか、出前講座による普及啓発を展開しました。
  • 引き続き医療と介護の専門職の関係団体との連携を図りつつ、様々な研修会を実施しました。
  • 認知症等により行方不明の心配がある方の情報を市に事前登録し、日ごろの見守りを地域で行う認知症高齢者等の見守りネットワークの構築を進めました。
  • 認知症初期集中支援チームの配置による、早期対応に向けた支援体制の構築について取組を開始しました。
  • 若年性認知症を含む、認知症の方とその家族を支援するため、認知症カフェの支援を実施しました。
  • 「地域包括ケアシステム」の生活支援・介護予防を担う事業として、介護予防・日常生活支援総合事業の「多様なサービス」のうち、現行相当サービスと訪問型サービスAを開始しました。

3 超高齢社会に対応したまちづくりを推進します。

 「お互いさまがあふれるまち宝塚」を基本理念に、平成28年度に策定したエイジフレンドリーシティ宝塚行動計画に基づき、市民、各種団体、事業者と協働しながら、高齢になっても地域で活躍でき、いきいきと暮らすことができるまちづくりを支援します。

取組結果・達成状況

  • 市民・職員がともに参加して考えるワークショップを全6回実施し、エイジフレンドリーシティの目指す姿などについて話し合いました。また、コーポレートフェローシップ制度を活用し、ヤフー株式会社から研修員を受け入れ、オープンデータなど情報の活用について学びました。

4 市民の健康意識の向上と健康づくりを推進します。

 市民の皆さまがいつまでも健康な生活を送ることができるよう、健康づくりや食育を推進します。

取組結果・達成状況

  • 「宝塚市国民健康保険データヘルス計画」に基づき、効果的・効率的な保健事業の実施に取り組みました。また、同計画及び「宝塚市特定健康診査等実施計画」が平成29年度(2017年度)に終期を迎えるため、事業評価と計画の策定を行いました。
  • 平成28年(2016年)3月に策定した「第2次食育推進計画」に基づき、引き続き食育施策の充実を図るとともに、関係団体の情報交換の場を設けネットワーク構築に取り組みました。

5 母子保健事業の推進と感染症予防対策を実施します。

 安心して子どもを産み、育てられる地域づくりを推進するとともに、感染症の発生及びまん延を防止します。

取組結果・達成状況

  • 乳幼児健診を円滑に実施するとともに、「5歳児発達相談」を実施し、就学前からの発達障がい児や保護者への支援に取り組みました。
  • 平成28年度(2016年度)に開始した「母子保健コーディネート事業」「産前・産後サポート事業」を円滑に実施し、妊娠期からの切れ目のない支援体制の確立に努めました。
  • 平成28年(2016年)10月に開始したB型肝炎予防接種をはじめ、各種定期予防接種を円滑に実施し、感染症予防対策に努めました。

6 障がいのある人や高齢者等の権利擁護を推進します。

 障がいのある人の権利擁護のため、権利擁護支援センターを運営します。また、障害者差別解消法及び宝塚市障害者差別の解消に関する条例に基づき、障がい者差別の解消に取り組みます。

取組結果・達成状況

  • 宝塚市障害者差別の解消に関する条例に基づき、障害者差別解消支援地域協議会の代表者会議を1回、実務者会議を1回実施しました。
  • 平成29年(2017年)12月3日に西公民館にて第1回宝塚市手話言語発表会を開催しました。
  • 宝塚市手話言語施策推進会議を3回実施しました。

7 障がいのある人の生活の場の確保や就労支援、福祉サービスの充実を目指します。

 障がいのある人のグループホームや、日中の生活や就労の場を確保し、障がいのある人の地域での普通の暮らしを支援します。

取組結果・達成状況

  • 障害者優先調達推進法に基づき、障がい者支援施設等からの物品等の調達を推進しました。
  • 第5期障害福祉計画、第1期障害児福祉計画の策定を行いました。

8 適切な生活保護制度の実施を目指します。

 支援が必要な人に対し、適切な生活保護制度の実施を行います。

 ※生活保護制度の概要は、「生活保護制度について」のページをご覧ください。

取組結果・達成状況

  • 就労支援プログラムを活用し、106名の支援を行い、35名が就労しました。
  • 58歳から61歳までの被保護者の年金受給権調査を実施し、収入申告書等の提出を求め、不正・不適切な受給の防止に努めました。
  • 後発医薬品の使用促進について、被保護者への説明や指導を引き続き行いました。
  • 保健師との同行訪問による被保護者の健康管理支援を行いました。
  • 本市ホームページで公開し、相談に来られた方に生活保護についての説明をする際にお渡ししている、「生活保護のしおり」の改訂を行いました。

9 適切な生活困窮者自立支援制度の実施を目指します。

 生活困窮者の経済的な困窮状態からの脱却、ひきこもりを含めた社会的孤立等の複合的課題の解消を図ります。

取組結果・達成状況

  • 生活困窮者の自立の促進のため、一人ひとりの状態に合わせた支援プランの作成、専門機関へのつなぎ等を行い、個別かつ包括的な支援体制の強化に努めました。
  • 対象者の早期発見及び課題解決のため、庁内及び庁外の関係機関、地域の民生委員等とのネットワーク構築に努めました。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 安心ネットワーク推進室 高齢福祉課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話:0797-77-2067(高齢者バス・タクシー運賃助成担当) 
        0797-77-2076(民生委員、おむつ給付担当)
        0797-77-2075(権利擁護・住宅改造担当) 
        0797-77-2068(介護予防、高齢者相談一般担当)
ファクス:0797-71-1355
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。