エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 施策・計画 > 施政方針 > 部局長実行宣言 > 平成29年度 > 上下水道局


ここから本文です。

上下水道局

ID番号 1021294 更新日  平成30年6月11日  印刷

局長 足立 孝博(あだち たかひろ)

局長 足立孝博の写真

私のこだわり・座右の銘
平成28年(2016年)4月に局長に就任いたしました。これまでは、物づくりをして役立ちたく、道路事業、下水道事業、河川事業等の整備に携わってきました。とにかくやってみようと、いつもチャレンジしてきました。今後もチャレンジしていきたいと思っています。市民の皆様に安全で安心な水を安定してお届け、また、水害のない安全で安心なまちにしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

自己紹介

丹波市まれの59歳。市内に住んでいます。週末にはスーパーマン(スーパーで買い物をしています)をしているか、実家に帰って土いじりをしています。

今年の人間ドックの結果でも中性脂肪と血糖値が基準を超え、ジョギングを始めたのですが、なかなか続かなく、ポッコリお腹が目立ってきています。体が大きく(正確には背が高い)人から酒が強いのではとよく言われるのですが、辛口より甘口が好みなのでどうしようもありません。

上下水道局の役割

上下水道局は、基本的ライフラインである水道事業と下水道事業を経営しており、皆様から水道料金や下水道使用料をいただき、市民生活に不可欠な上下水道施設の建設・維持管理を行っています。水道の蛇口をひねれば水が出て、役目の終わった水はシンクの排水口から流れていく、というなにげない普段の生活を支えている重要な役割を担った部署です。また、水路に集まってきた雨水をスムーズに排水するため、雨水管などの整備や維持管理も行っています。

重点的な取り組み

1  安定かつ良好な水源の確保

安定した水源を確保するため、平成30年度(2018年度)に阪神水道企業団からの二次受水(最大日受水量27,350立方メートル)に向け、施設の整備を進めます。この受水後の施設の統廃合を検討していきます。

取組結果・達成状況 

・平成29年度は阪神水道企業団から二次受水(最大日受水量27,350立方メートル)に向けて、塔の町配水池から逆瀬下配水池までの送水管埋設工事及び逆瀬下配水池機能強化工事等に取り組み、平成30年4月から武庫川右岸の湯本町、南口以南地域のへの給水を始めました。

・更なる安定供給に向けて、逆瀬下配水池から野上1丁目にある北畑ポンプ場までの送水管等の詳細設計などに取り組みました。

・阪神水道企業団からの受水にあわせ、小林および亀井浄水場の廃止に向けてのスケジュール等検討しました。小林浄水場は、武庫川右岸側の配水池等を監視するため、新庁舎完成まで残します。

 

2 水道事業及び下水道事業のビジョン及び経営戦略に基づく経営健全化

今後10年間の企業経営の方針を示した水道事業及び下水道事業の新たなビジョン2025及び経営戦略に基づいて、事業展開及び経営健全化に取り組みます。

取組結果・達成状況

・小浜浄水場における夜間、土日、祝祭日、年末年始の運転管理委託について取り組みましたが、引き続き来年度の実施に向けて取り組みます。

・下水道汚水管路維持管理業務包括委託については、委託範囲や効果について検討しましたが、委託範囲について引き続き検討します。

3  水道施設の耐震化と管路の更新

水道の基幹管路(導水管、送水管、配水幹線)や配水池・加圧所の耐震化工事を進めるとともに、経年化管路の更新に取り組みます。

取組結果・達成状況

・すべての工事において耐震管を採用することで、耐震化率及び更新率の向上に取り組みました。

 

4 耐震性を高める上下水道局庁舎建替・移転

耐震性能が非常に低い上下水道局庁舎の建替に取り組みます。

来庁者や職員の安全を確保し、災害時の復旧拠点となる上下水道局庁舎を建替えし、スムーズに災害対応が出来るよう取り組みます。

取組結果・達成状況

・新局庁舎は、危機管理センター等との合築を予定していますので、関係部局と建設場所、機能など詳細について協議し、詳細設計に取り組みました。

5 水質の向上に向けて浄水処理の強化

川下川ダムを水源としている惣川浄水場で、夏にカビ臭が発生したことがあり、カビ臭除去のため浄水強化事業に取り組んでいます。

取組結果・達成状況

・詳細設計を見直し、粉末活性炭の接触池等の一期工事着手し、再来年度の完成を目指します。

 

6  汚水を安全に流す施設の耐震化

下水道施設長寿命化計画に基づき、管路施設の耐震化と併せ、再構築にかかる費用や維持管理費が最小となるようコストの縮減に取り組みます。

取組結果・達成状況

・武庫川右岸地域の汚水管路について、耐震化と併せた改築工事に取り組みました。引き続き武庫川左岸地区等の更新工事に取り組みます。

7 浸水被害を軽減するための雨水管の整備

市内の浸水被害を軽減するため、公共下水道事業区域における雨水排水施設の整備をしていきます。

取組結果・達成状況

・南ひばりが丘地区などの浸水被害を軽減するために、パイパス管整備等の詳細設計に取り組みました。

・老朽化している武庫川ポンプ場の更新工事の詳細設計に取り組みました。

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 経営管理部 総務課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎3階
電話:0797-73-3688 ファクス:0797-72-5381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。