エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 施策・計画 > 施政方針 > 部局長実行宣言 > 平成30年度 > 環境部


ここから本文です。

環境部

ID番号 1026352 更新日  令和1年6月11日  印刷

部長 影山 修司(かげやま しゅうじ)

私のこだわり

部長 かげやま しゅうじ さんの写真

 平成28年度から引き続き環境部を預かることになりました影山です。よろしくお願いいたします。

 私のモットーは、学生時代から事に当たるときは、出来る事を自分なりに一生懸命に準備をし、その後は、当たって砕けろの精神で悔いのないように行うことです。

 行政の仕事は、砕けてしまうことは許されませんが、環境部職員とともに十分準備をし、市民の皆様のご理解とご協力のもと、環境に優れ、住んで良かったと思える街とするため頑張ってまいります。

自己紹介

  • 1959年生まれ、市内在住
  • 家族:妻、娘二人
  • 市役所では、S58年に機械の技術職として採用され、公共施設やクリーンセンターなどの施設建設と廃棄物行政に従事してきました。
  • 趣味はテニス、日曜大工、庭いじり

環境部の役割

市民の日常生活や事業活動に直結した環境全般に関する事務を所掌しています。
環境負荷の少ない持続可能な「たからづか」を実現するために

  • ごみの減量・再資源化による循環型のまちづくり
  • 都市美化や環境衛生を推進し、公害のないまちづくり
  • 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量削減による低炭素化のまちづくり
  • 将来にわたり安全で安心して利用できる再生可能エネルギーを推進するまちづくり
  • 人と自然と生き物がともに生きてゆける自然共生のまちづくり

が求められており、私たち環境部が担う役割はますます重要になっています。
併せて、墓地の長期的かつ安定的な供給等に努めています。

重点的な取り組み

1 新ごみ処理施設整備事業の推進

クリーンセンターの写真
クリーンセンター


 宝塚市のごみ処理施設である「宝塚市クリーンセンター」は昭和63年(1988年)に運転を開始し、既に30年以上が経過しており、延命化を図る一方、新たなごみ処理施設の整備事業を進めています。
 詳しくは、下記のクリーンセンター施設建設課のページ(「新しいごみの処理施設の整備に向けて」)をご覧ください。

2 ごみの発生抑制・再使用・再利用を推進します(3Rの推進)

シンボルキャラクター「あーすちゃん」 の写真
シンボルキャラクター「あーすちゃん」

 宝塚市一般廃棄物処理基本計画に基づき、ごみの減量化、資源化等に取り組みます。また、ごみゼロ推進員の拡充や再生資源集団回収奨励金制度の普及促進に努めます。
 詳しくは、下記のクリーンセンターのページをご覧ください。

取り組み結果・達成状況

  • 一般廃棄物処理基本計画は下記のページをご覧ください。

〔平成30年度(2018年度)改訂しました。〕

 

  • ごみゼロ推進員研修会の開催
  • 再生資源集団回収加入団体を募集しています。詳しくは下記のページをご覧ください。

3 きずな収集(粗大ごみの運び出し含む)の普及促進及び収集サービスの充実を図ります

粗大ごみの挿絵

 ご自身でごみ出しが困難なひとり暮らしの高齢者または障がい者を対象としたごみ収集サービス“きずな収集”の普及促進とサービスの充実を図るとともに、老朽化した収集車両の整備更新を進めて1台あたりの積載量の積み増しを行い 、収集コースの見直し等により収集作業の効率化を図り、利用者の増加に対応できる収集体制のあり方を検討します。
詳しくは、下記のクリーンセンターのページをご覧ください。

取り組み結果・達成状況

  • きずな収集の利用世帯数は、事業開始時点(2011年(平成23年)9月)では49世帯でしたが、2019年(平成31年)3月31日現在で881世帯の方にご利用いただいています。来年度も継続してサービスを拡大していきます。
  • 塵芥収集車及びきずな収集用ミニダンプの老朽化に伴う更新については来年度も引き続き計画的に実施していきます。

4 市営霊園(墓地)の有効活用を図ります

長尾山霊園の様子
長尾山霊園

 市営3霊園(宝塚すみれ墓苑・長尾山霊園・西山霊園)を一括管理することにより、効率的な運営に努めます。平成30年(2018年)6月より、宝塚すみれ墓苑において合葬式墓地の貸出しを開始するとともに、一般区画の貸出し、長尾山の再貸出しを実施いたします。

取り組み結果・達成状況

  • 宝塚すみれ墓苑において合葬式墓地の貸出しを開始しました。
  • 長尾山霊園の再貸出しを行いました。

5 地球温暖化対策の推進に取り組みます

イベントの様子
講演会「お得なエコ技伝授します!~おうちのエコを楽しむ秘訣~」の様子

 平成27年(2015年)12月パリ協定に代表されるように地球規模での温暖化対策が我々の喫緊の課題として、各国で様々な取り組みが行われています。宝塚市においても、地球温暖化対策実行計画(平成23年度(2011年度)策定)に基づいた施策を推進しています。
夏場の節電対策を中心に市民や事業者、NPO、行政が協働して地球温暖化対策(省エネルギー)に取り組むための啓発や支援・推進に取り組みます。

取り組み結果・達成状況

 地球温暖化対策実行計画に基づき、夏季・冬季を中心とした節電の取組やECOオフィスプランに基づく公共施設の省エネルギーの推進を実施。

  • 環境に配慮した電力調達契約への切り替えを推進しました。
  • 啓発イベント等の実施により、省エネルギーの取組を促進しました。
  • ECOオフィスプラン(第4次宝塚市地球温暖化対策実行計画[事務事業編])を改定しました。

6 再生可能エネルギーの普及促進に取り組みます

イベント写真
講演会「災害時にも役立つ太陽光発電のすすめ」の様子

 本市で再生可能エネルギーを推進していくためのキーワードを「みんなでつくろう宝塚エネルギー ~再生可能エネルギー・省エネルギーで たからづかを もっと ずっと げんきに~」とし、市民や事業者、NPO、行政が協働して取り組むための事業を展開し、再生可能エネルギーを本市でも引き続き推進してまいります。

取り組み結果・達成状況

再生可能エネルギーの利用の推進に関する基本条例及び宝塚エネルギー2050ビジョンに基づく施策を実施。

  • 公共建築物への再生可能エネルギー導入ガイドラインを策定しました。
  • 公共施設への太陽光発電の設置を進めました。
  • 宝塚市再生可能エネルギー推進審議会を開催しました。
  • 講演会を開催し、再生可能エネルギーの導入を促進しました。

7 ぽい捨て及び路上喫煙防止を推進します

ぽい捨て禁止の挿絵

 市内でのぽい捨てや歩きたばこの防止啓発を行うとともに、JR・阪急宝塚駅や花のみち周辺の路上喫煙禁止区域内での喫煙防止の徹底を図るため、啓発の充実を行うとともに、悪質な違反者に対しては、過料の徴収を行っております。
 詳しくは、下記のページをご覧ください。

取り組み結果・達成状況

  • ぽい捨て及び路上喫煙の防止に関する条例により、路上喫煙禁止区域内において平成28年(2017年)4月1日より罰則規定(過料1,000円徴収)を施行し指定喫煙所を路上喫煙禁止区域内に2ヶ所設置するとともに啓発活動を実施しました。
  • ぽい捨てや歩きたばこの防止については、禁止区域内において月3回時間帯をかえて啓発活動を行い、喫煙が多いと言われている2駅において、啓発キャンペーンを年2回行いました。

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境室 環境政策課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号
電話:0797-77-2070(環境保全担当) 0797-77-2072(公害担当)
ファクス:0797-71-1159
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。