エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > まちづくり・市政情報 > 施策・計画 > 第5次宝塚市総合計画 > 第5次宝塚市総合計画 後期基本計画の策定について > 第5次宝塚市総合計画 後期基本計画


ここから本文です。

第5次宝塚市総合計画 後期基本計画

ID番号 1014706 更新日  平成28年4月13日  印刷

宝塚市総合計画とは

総合的、計画的にまちづくりを進めるための指針として、将来の市のあるべき姿(将来都市像・基本目標)とそれを実現するためにやるべきこと(施策・事業)を示すもので、市が策定する最上位の計画に位置づけられています。

宝塚市のめざすまちの姿

「市民の力が輝く 共生のまち 宝塚 ~住み続けたい、関わり続けたい、訪れてみたいまちをめざして~」

計画のキーワードは「市民の力」です。市民一人ひとりが主役のまちづくりを実践し、市民の力を最大限に生かした「協働」を核とする新しい都市経営の確立をめざします。

後期基本計画の策定

第5次宝塚市総合計画の前期基本計画が平成27年度(2015年度)で終了するため、市民の皆さんや知識経験者などで構成する総合計画検討市民会議、総合計画審議会において議論を重ね、市議会の議決を経て、平成28年度(2016年度)~平成32年度(2020年度)を計画期間とする「後期基本計画」を策定しました。

計画の実現に向けて

将来都市像の実現をめざすために、社会経済情勢、市民アンケートの結果、第5次総合計画前期基本計画の評価、人口減少と超高齢社会に向けての対応などを踏まえ、前期基本計画で定めた6つの重点目標に、新たに「超高齢社会に対応したまちづくり」を加えた、7つの重点目標を掲げ、市民と市の協働のもとに、総合計画を推進していくこととします。

7つの重点目標

 <計画の推進に向けて>

 (1)市民と行政の協働による「新しい公共」の領域の拡充

 (2)行政マネジメントシステムの機能強化と効果的運用

 <施策展開において>

 (1)まちの個性を生かし、高めていくまちづくり(宝塚ブランドの強化)

 (2)子どもたちの成長を地域全体で支えるまちづくり

 (3)すべての市民が、安心を実感できるまちづくり

 (4)環境の保全と、循環型社会の構築に向けたまちづくり

 (5)超高齢社会に対応したまちづくり

計画書のダウンロード

●一括ダウンロード

●分割ダウンロード

概要版のダウンロード

●一括ダウンロード

●分割ダウンロード

多言語版のダウンロード

ダイジェスト 韓国語版

ダイジェスト 中国語版

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

企画経営部 政策室 政策推進課
〒665-8665 宝塚市東洋町1番1号 本庁3階
電話:0797-77-2001 ファクス:0797-72-1419
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。