エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  ホーム > 上下水道 > 水道 > こんなときは > 水道の修繕や工事をするとき


ここから本文です。

水道の修繕や工事をするとき

ID番号 1001658 更新日  平成26年11月27日  印刷

水道の故障

「じゃ口の水が止まらない」「急に水道の使用量が増えた」「庭や屋内で水漏れがしている。」などの場合、すぐに修理をしてください。家庭で応急修理できない故障は、止水栓またはメーターバルブを閉め、破損した部分にビニールテープなどをしっかり巻きつけるなどの応急手当をして市の指定給水装置工事事業者に修理を申し込んでください。
給水装置の新設、改造、修理などは、必ず市の指定給水装置工事事業者に申し込んでください。無届け工事は市給水条例で固く禁止されています。
公道に埋められた配水管は市上下水道局の所有物で市上下水道局が管理しますが、この配水管から分かれた給水装置は、みなさんの所有物です。この部分の新設、改造、修理などはみなさんの負担でしていただくことになっています。

業者選びは慎重に

新築や改築時には、次のことに注意して契約してください。

  • 市の指定給水装置工事事業者であることを確認してください。
  • できれば複数の業者から見積をとり、工事内容や費用について詳細に業者と打合せをしてから契約してください。
  • 工事後のアフターサービスなどについても十分に確認し、業者の連絡先も確認しておいてください。
  • 上下水道局に提出する工事申請書の指定給水装置工事事業者名を確認するともに、必ず本人が押印してください。

修繕も見積を

修繕を依頼するときも、事後のトラブルをさけるために、見積をとってください。説明もなく見積額を超えた請求は不当ですので、この点からも事前の見積が必要です。できれば複数の業者から見積もりをとるようにしてください。
市の指定給水装置工事事業者や給水装置工事に関する問い合わせは、市上下水道局給排水設備課 (電話:0797-73-3691)へどうぞ。

修繕範囲

給水装置は、お客様の所有物ですが、道路部分の漏水やメーターまわりの漏水につきましては、サービスの一環として 市上下水道局で行っています。これは漏水による陥没や水圧低下などの二次被害を防止するためであります。
(漏水修繕範囲詳細図は下記の添付ファイルをご覧ください。)

ただし、メーターボックスの破損や、メーター止水栓の漏水・作動不良による取替はお客様の負担となります。またメーターまわりの修繕をした後、コンクリートの復旧までは市上下水道局で出来ますが、タイルや鉄平石等につきましてはお客様の負担で復旧していただくことになります。

なお、メーターより以後(宅内)の漏水につきましては、お客様の負担で修繕してもらうことになりますので、指定給水装置工事事業者に見積・修理を依頼してください。

漏水修繕に関する問い合わせ

市上下水道局工務課(電話:0797-73-3687)

PDF形式のファイルをご利用するためには「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

上下水道局 施設部 給排水設備課
〒665-0032 宝塚市東洋町1番3号 上下水道局庁舎2階
電話:0797-73-3691 ファクス:0797-72-6381
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。