エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在位置:  トップページ > 企画展 > 第72回企画展


ここから本文です。

第72回企画展

ID番号 4000173 更新日  平成29年10月23日  印刷

イベントカテゴリ: お出かけ 文化・芸術

第72回企画展 '80sガーリーコレクション~"カワイイ"は時間を超える~

72ポスター


日本が好景気に沸き、様々な流行やカルチャーが生まれた1980年代は、多種多様なファンシーグッズがあふれるキャラクター達の黄金期。胸をときめかせながらファンシーグッズを買い求めた当時の少女たちは今40代・50代。子育てが少し落ち着き、子どもとファッションや文化について話をされているでしょう。一方、10代・20代の昭和を知らない世代にはこれらが新鮮にうつり、今再び注目を集めています。

今回の企画展は、昭和ガーリーカルチャーを懐古・発信するブログ「昭和的ガーリー文化研究所」で人気を集める、ゆかしなもんさんの協力を得て、氏が保有する1000点を超えるコレクションからセレクトした当時のグッズを展示。また手塚作品からは、ガーリー代表として「ユニコ」を展示し、昭和ガーリーファンシーの色あせない魅力を懐かしく新鮮に感じ取ることが出来る内容となっています。

80年代ファッションやカルチャーが一巡し、若い世代にも取り入れられている今、この企画展をきっかけにぜひ語り合ってください。

展示概要

日本が活気に沸き、様々な流行やカルチャーが生まれた1980年代は、多種多様なファンシーグッズがあふれるキャラクター達の黄金期。インターネットも携帯電話も一般的ではないアナログな時代に日本全国で人気を博したキャラクターグッズからは、当時のクリエイターの愛と情熱や日本の世相を感じることが出来ます。本展では30年ほどの時間が経過しても色あせないデザイン・可愛らしさに溢れたキャラクター達をおよそ1000点のグッズで紹介していきます。

80s女子部屋再現

企画展示室吹抜には「ダブルデッキラジカセ」、「キャラクターゴミ箱」、「籐篭(とうかご)」など、80sの女子部屋を再現。当時の雑誌・小物・文具・ガールズトイの展示と共に、ガーリーカルチャーを紹介します。

主な展示品

下記、主なグッズ紹介文は、ゆかしなもん氏自身の解説文です。

「ハローキティ」

世界中のみんなが大好き、キティちゃん! デビューは1974年。本名はキティ・ホワイトいうステキなお名前なのです。身長はりんご5個分、体重はりんご3個分というプロフィールも可愛い♡ 双子のミミィちゃんとも大の仲良し。愛らしさはそのままに、時代とともにさまざまにデザインを変化させながら、何度も「ハローキティブーム」を巻き起こして来た、サンリオのシンボル的存在です。

「うちのタマ知りませんか?」

83年、ソニー・クリエイティブプロダクツから発売されたのが、和猫のタマ。それまでは西洋風か無国籍なキャラが主流だったなかで、同社初の和名・和物キャラとして誕生した。グッズはもちろん、アニメや絵本、学習ドリルになったり!30年以上の長きにわたって愛される、国民的キャラに成長☆ポチやベーなど3丁目の仲間たちも個性的でキュート♡

「金太くん」

81年に誕生したミドリ(現・デザインフィル)の金太郎キャラ!それまでのファンシー業界はメルヘン系やアメリカン風のキャラが主流だったなか、和の日本男児キャラの登場は一大セン セーションに☆勇ましいけど、どこかかわゆい金太くんなのです。

鉛筆・カンペンなどのステーショナリー・ポケットティッシュ・手鏡やくしなどを展示します。

ユニコ

手塚作品からは手塚治虫のガーリーキャラクター「ユニコ」を展示。

1976年、手塚治虫が描き下ろした少女マンガ作品「ユニコ」の主人公。このキャラクターは、当時アメリカにあるサンリオのスタジオへ遊びに行った手塚治虫が、その場で思いつきスケッチし誕生したと言われています。物語は、幸せをもたらすユニコーンの子どもが愛を求めてさすらいの旅をする、愛おしくてちょっぴり切ないファンタジーです。「ユニコ」が全国に知れ渡ったのは、サンリオ映画として「ユニコ」(1981年)、「ユニコ魔法の島へ」(1983年)と2本続けて映画化されたことがきっかけでした。

 

【展示例】グッズの他に映像展示(ユニコ40周年プロモーション映像 等)・手塚治虫の直筆カラー原画6点も展示します。

日時

平成29年10月27日(金曜日)から 平成30年2月20日(火曜日)

時間詳細

9時30分~17時(入館は16時30分まで)

対象

どなたでも

施設

手塚治虫記念館
2階企画展示室

注意事項

休館日:毎週水曜日(ただし、1月3日は開館)・12月29日~12月31日

イベント情報をGoogleカレンダーまたはiPhone・iPad端末からiCalendarに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

ヘルプ

イベント情報をGoogleカレンダーに取込みます。 パソコンから取込ボタンをクリックする場合は、スマートフォンでご利用のGoogleアカウントを使用してください。

ヘルプ

イベント情報をiCalendarに取込みます。 注意!
パソコンでスマホ表示をご覧になっている場合、イベント情報は取り込みできません。iPhone,iPad等の端末でご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

産業文化部 宝のまち創造室 手塚治虫記念館
〒665-0844 宝塚市武庫川町7番65号
電話:0797-81-2970 ファクス:0797-81-3660
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。